This Category : 本:アイドル誌

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.22 *Wed*

QLAP 9月号(2012) ~亀梨和也

qlap201209

肩口に顔をうめる彼女(彼?)を覗く目が欲に濡れ、
おとがいに手をかけ、
はむっと唇を甘噛み、
おまけに鼻をかぷっりこ。

よきに妄想はからえ。
自分になぞらえるもよし、
誰かと置き換えてみるもよし。

ベタな妄想誘発を仕掛けてくる亀梨くん大好き。
亀梨くんがベタを発動すると、最強なのだ。
むずがゆさが快感。

白T・ジーンズ・裸足というLazyなスタイルもいいなー。
かまってほしい裏返しで、くまさんをかまってるみたいな
年下の男の子シチュエーション。
サプリのころバナナをぎゅっと抱きしめていたショットを
思い出したこともあって、
なんだかサプリの勇也に逢いたくなってしまった。

Kissしてみたり、しなだれてみたり、
くまさんと戯れる可愛い亀梨くんがいっぱい。
折込ポスターや高画質ピンナップでいけそうなショットばかり。
ちょっとは隙のあるというか油断しているショットもあるんだろうけど、
アイドル亀梨和也の技を堪能できるセレクトになってます。
まだまだアイドルで挑める亀梨くん。素敵。


ドリボのビジョンについて。

オレはもう26歳になったけど、ちょっと若さあふれる舞台に
戻したいなっていうのも芽生えてきて。
自分がいうのもなんだけど、ジャニーズの良さというか、
ジャニーズJr.のフレッシュさとか、ワチャワチャの時代を
取り入れたらおもしろいのかなと。
なので、Jr.の使い方も考えてますね。
自分がjr.として歩んでいた時代を、この空間で表現したくて。
デビュー前のjr.の感じが、劇中の未熟な若者とリンクして、
そこからデビューして光っていくところを、
子どもから大人になる瞬間を出せたらいいなと思ってます。

打ち合わせの段階では、
「これやったらカッコイイな」って思って発言するのは自分で。
結局、動いてみて苦しむのも自分なんだけど、
思いついたことに追いつくのも自分。
自分の頭の中に創りだした映像に持っていけるかどうか、
そういうプレッシャーはもちろんあるけど、
自分で言ったからにはできると思ってるし、やらなきゃなって。
まったく自分の不可能はことは、イメージしても浮かばないからね。



去年のドリボは、KAT-TUNメンバーの構成で、
KAT-TUNとシンクロさせたメッセージ性を持っていたから、
今年は新たな要素が必要なわけだ。

“若さあふれる舞台に戻す”
つまり成長物語・・ってことなのかなぁ。
フレッシュさって、苦さと裏表なので、
10代の頃の苦さも求めている感じがする。
経験値が足りない分、一気に化けるというか
飛躍するところがあるので、
初日から千秋楽に向けて、大きく変化していきそうな
舞台になりそうですね。

ジャニーズでは“もう26歳”になっちゃうんだねー。
最年長の立場に身を置いて、
座長を務めるというのも、なかなか精神的な追い込みがありそうですが。
フィジカルな面も、ポテンシャルを探る面も、
幾筋か見えるビジョンのなかで、
いちばん苦しそうな道を選んでしまうのが亀梨くんらしいというか。
だから、周りが期待してしまうのだろうけど。
「カッコイイ」が原動力というのも。
いや、これ大事だな。うん。

しかして、負けず嫌い上等の亀梨くんですからして、
Jr.に負けない可愛い26歳のカズヤが
現れるんじゃないかと予言しておこう。ふふふ。
スポンサーサイト

2011.06.12 *Sun*

Wink up 2011.7

・be one’s natural self

中丸くんと亀梨くんの基本ポーズレベル1、
素朴な直立中丸くんと中丸くんの肩にひじ掛けポージング亀梨くん。
高低差で、Tシャツがひっぱられて、隠れた腰つきにそそられますな。
裾がぴっ・・とはねあがるのが好きなのだ。
たまに、ほんの数センチわき腹が見えちゃったりすると最高~。

winkup201107
ひじ掛けポージングが好きなのは、どこか格好つけてしまう手のひらがあるから。
右手のひらが“おれ、かめなし!”してるの。

パリ風アルバムデコレーションで、ちっちゃいカットがぺたぺた。
KAT-TUNうるせぇ、な声が聞こえてきそうで愉しい。

色合いはシックだけど、ぱっと目をひくユニオンジャック柄のジャケット。
自己主張の激しいジャケットも、さっと手なずけて着こなすところが、さすが亀梨くん。
ワンポイントドクロのおらおらエッセンスの隠し味が効いた、きれい目カジュアルの仕上げが素敵。
アイドル誌とメンバーいっしょのあわせ技でか、「おれ、かめなちv」、舌チロ率も高し。

ストライプシャツで、一見地味な爽やかカジュアルに見える中丸くんですが、ちょいと覗くドクロ黒Tシャツ。
中丸くんもなんだかんだ言ってやっぱりKAT-TUNのN。
違和感ぜんぜんないもん(笑)

素トーク。
上田:中丸じゃない!?中丸は仕事のときはしゃべるけど、プライベートだと暗い(笑)

プライベートのテンションを折れ線グラフにしたら地をはっていそうな中丸くんを想像するに萌えまする。
楽屋で、中丸くんが友達と電話しているのを見て、寝てるのかといぶかしんでいたらたまに、低い声で、ん・・ん・・言っていたというエピソードもどきどきして聞いていたという。
えーと、これもギャップ萌え?
女の子がいるとテンションがあがる竜也さんも好きです。
“「しょうがないな~」っていろいろとされるのが大好物”とのことですが、ソロコンでお世話焼きさんのところを見ているからかな、亀梨くんが言うところの”「オレの知らない上田がいる!」ってなった”竜也さんが可愛いんだよね。

中丸:昔から一緒にいるし、これからもずっと一緒だろうし、もう家族にすら見せたくない素の部分も彼らには見られてますから(笑)

アレは見られちゃったのかなぁ・・。
さて、まじめな話、そういう答えを期待しているわけではないのだけれど、
素の自分というより、昔の自分と今に続く自分を知っていることにしみじみとされているところが
じわんとうれしかったのこころ。

亀:素のときは頭を使わないで生きてる(笑)

感想を書くときに“素で笑ってた”とか気軽に使ってしまうけれど、
自己申告するには、定義が曖昧で答えにくいテーマではある。
亀梨くんの答えが、ほぼ近況報告。
仕事と私事、状況が分離できるようには、素は分離できない。
野球解説大変なんだなぁ・・。
クオリティを出すことと経験を積むことの同時進行だものね。
お仕事での緊張を分解するのに、“ホテルで知恵の輪”、“家のベランダでボケ~”って、
そんなもぬけの殻状態の亀梨くんを想像して、きゅんと愛しくなるのがファン恋心でありますな。

仕事をしてるときは、仕事場における理想の自分の姿があるから素にならないね
“仕事場における理想の自分の姿”、
ちょっとなかなかこんな言葉出てこないですよ。
仕事と素の顔のギャップに亀梨くんの名前があがっているのは、この部分かな。
ananのセクシーな亀梨くんに、はぅ・vとなっちゃうけど、
やっぱり、仕事に対する姿勢と追求しているストイックな仕事人のところが
亀梨くんの魅力の大きな土台になってると思うのです。

 
・KAT-TUN缶

チャレンジ中の中丸くんの猫背姿があどけない。ラブリーv

アンサーズ、バスケと絵の質問について、亀梨くんと中丸くんの答えのキーワードが両方とも“イメージ”だ。
「いい絵をイメージできるか?」「イメージしたものをうまく描きうつせるか?」
描きうつせるか、というのが身に沁みてわかるーって頷いてしまった。
5年前だったら、抽象的に聞こえてわからなかったかもしれないけれど。

まちがいさがし。
「1コみつかんね~」の亀梨くん。
その1コ、羽鳥と同じところな気がする~。

2011.05.26 *Thu*

2011.6 POTATO

2011.6 POTATO ~BLACK or WHITE?

CMとのタイアップがあるとはいえ、撮影用小道具がタイヤというのは、
なんというか、まぁ力技なコンセプトだなぁ。
それでも、みんなで楽しく遊んでしまうところがKAT-TUN。
ちょがきな笑顔が可愛いぞ。

背中のけぞり~。
201106potato
うん、普通にやっちゃうよね。ついね。
しかし、亀梨くんがやるってると、なんだかあやぅいく見えてしまうな・・。

亀梨くんのうしろで“AIR CAR”する4人。
運転手さんがいっぱい(笑)

ビジュアル麗しくきらきらひかる5人。
中丸くん・田口くんは、ばしっと男前になるのに、
仁くん・亀梨くんの場合、女の子成分がアップするのはなぜなんだろうね。
ふしぎふしぎ。

・コンサート前のイメトレ

中丸:じゃ、結論としては・・
亀: ナシで(笑)
中丸:ええっ!
亀: っていうか、オレや聖って本番前は楽屋にいるよりも外に出て体を動かしたいタイプだもん


わかるわかると共感しておいて、この展開。
「ええっ!」テキストから飛び出して聴こえる中丸くんの声に笑っちゃったです。
これだから座談会はおもしろい(笑)

・KAT-TUN的にニンニクはアリアリ

亀: マジでオレ、いろんなメーカーから発売されているすりおろしニンニクの味の違い、わかるもん

    国産のにんにくかどうかも判別できる!


ははは。
ひとつのことにこだわって語りだすと止まらなくなられるところ相変わらず。
料理のことになると、ぐいぐい自分の意見を押し出しちゃうところも。

・勝手にメールを見るのは・・

田口:オレは別にアリだとおもうなぁ
中丸:出た出た田口


中丸くんのこの反応。
メンバにしか見せないガラの悪さが好きです。

・HEART BEAT KAT-TUN

およそ行きモードで畏まってる中丸くんを見られるのが楽しいシューイチ。
トラッドファッションも素敵。
金平糖を頬張る「ん~」の口許が可愛くてきゅんきゅん。
ラブv
中丸くんが食べているところを見るとどうしてこう幸せな心になっちゃうんだろ・・。

・Going my way

傾いた日差しにやわらかく透ける髪の毛に、切なくきゅんとなっちゃう。
開幕試合の張り詰めた空気漂うグラウンドを見つめているスーツ姿は、
立派な仕事人の青年なのだけど。

「坂本選手はわざわざグローブ外して握手してくれて。亀梨くんと握手したから、絶対ヒット打てるわ!って言ってくれたんだよ。そしたら、見事打ってくれてうれしかった~!」
アイドルとしてがんばってる亀梨和也と、
亀梨くんの選手に憧れる野球少年の心が、選手たちにラッキーを運んでると思うなぁ。

「オレもKAT-TUNに生かせたらいいな」
野球もKAT-TUNというホームも大切にしているお仕事ぶりに、
前向きなパワーをもらえるのだが。

中丸雄一でした んっ? 確認確認 あーー 亀梨和也でした

おやすみのちぅ特典付きKame’s Mail。
ぷしゅーってパワー抜けてっちゃうような、
いやいや新たなパワーで満たされちゃうような、
キュートなメール。
インタビュとメールの落差に、ぽかーん。
ま、いつものことではあるけれども。
これもギャップ萌えというやつなりか・・。

・はみだしPOTATO

亀: 小指も立てるのがオレ流。相手も“しーっ”だよって意味v

1582でさんざんやられまちた~、
禁断の蜜の味、オレ流しーっ。
ピンナップのウィンクよりも、P170の小さなフォトにくらくらやられてしまうのは、
やはり小首傾げの威力か。はぅ。

2009.11.11 *Wed*

2004.12 Wink up  ~Happy!: KAT-TUN

1年を振り返りかけあいトーク。

●KTU対談

上: 今年後半、ボクは礼儀正しい人になりました
亀: 上田くん、最近変わったね(笑)
上: ええ。ハワイでA.B.Cと「本当の自分」を見つける冒険に出ましてね
亀: そこで見つけちゃったらしいですよ、ホントの自分ってやつを(笑)
   ダイヤモンドヘッドのヘッドにいたらしいです。さすが上田くんらしいですね(笑)
上: あのハワイは本当にすばらしい旅でしたね、はい
亀: あのハワイのサブタイトルは「本当の上田くんを捜せ in Hawaiですから(笑)
上: そうですね。そういう機会を与えてくださったスタッフの方々、そして周りの環境、いろんなものに感謝したい気持ちでいっぱいですね、はい
田: うぜぇ~~(笑)
亀: おっと、今まで黙ってた田口くんが毒を吐きましたね(笑)
   田口くんもハワイで本当の自分を見つけちゃったみたいで
   しかもそれが黒い部分だったという(笑)
田: 逆に見失っちゃったのかも(笑)


 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

亀: オレは相変わらず、負けず嫌い精神でがんばったかなぁ・・
上: 亀梨くんはそうやって負けず嫌いというけれど、それはKAT-TUNのためを思ってのことだからすばらしいことであって・・
亀: ひくな、そこまで言われるとさすがにひくな(笑)
上: そして赤西くんとかアツくなってしまう人のまえでは、ちゃんと一歩引くこともできる部分はとてもすばらしいですよ


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

田: 最近のテーマは「礼儀正しく」なんだ
上: そうです。礼儀正しく、人にやさしく、つねに明るくさわやかに・・・です
田: ウソだぁ~~(笑)
亀: 大丈夫、上田の場合は、上にぬってるだけだから、またすぐにはがれてくるから(笑)
今年のKAT-TUNニュースは田口くんのケガという亀梨くんに
上: (吐き捨てるように)まぁ、あんなのはニュースのうちには入らないね
亀: ほら、もう早くもメッキがはげてきちゃった(笑)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

田: (礼儀正しい)キャラ、お客さんのまえでもちゃんとできるのかよ(笑)?
上: あたりまえじゃないですか!
   自分で言うのもなんですが、かがやく笑顔を忘れずに
亀: でもこの表面、水性スプレーなんでちょっとした水でもすぐ落ちちゃいます(笑)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

上: (首をかしげて笑顔で)ね~?
亀: (それにこたえるように)ね、ねぇ~?
田: ちょっと今、身体が逃げてたよ(笑)
亀: うん・・のろうと思ったけど、身体がちょっと拒否ったみたい(笑)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

亀: 来月号ではカメレオン上田くんが何色に染まっているか、みなさんお楽しみに!(笑)
上: (手を振りながら)お楽しみに~!




竜也さんの礼儀正しさを、水溶性スプレーで塗装された表面上と評する亀梨くん。
うまい(笑)
今なら、竜也さんと目と目を合わせて、「ね~!」ってしてそう。ふふ。


●A-TN対談

仁: 今日は上田の様子が変なため、話のテーマが「自分探し」になったらしいよ(笑)
中: オレ、今日ここに来るまえ、駅でふと“なんでオレは生きてるんだろう”っておもったんだよね
   駅のホームをみんなガーッと急いで歩いてて“なんでみんなそんなに急いるんだろう”って考えちゃって・・・
仁: っていうか、遅刻してんだから、誰よりもおまえが急げよ!
中: はははは、そうかそうか(笑)
   でも、マジメな話、オレって人間じゃないんじゃないかなって思うんだよね
仁: だって血、緑だもんな
   今度、おまえ主役で映画撮ろうと思ってるんだ
   “彼は犯人じゃないわ!” いや “ヤツは人間じゃないんだ”
   ・・・いや、やっぱ作りづらい
中: 勝手に始めて勝手に挫折するな(笑)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

中: 上田さぁ、ハワイでテンガロンハット買って、帰ってきてもず~っとしてんじゃん?
    あれ、オレ、ハワイでベタぼめしちゃったんだよね
   ハワイのテンションで“すっげぇ、いいじゃんそれ! めちゃめちゃ似合うよ!”って
    それ以来、その気になっちゃってるぽいんだよ(笑)
    昨日も1日中かぶってたもん
   メシを食うあいだも手放さない(笑)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

仁: あ、聖!
   プロテインは飲まないほうがいいよ
   あれは・・まゆ毛の色が変わる


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

仁: オレが見た今までで一番怖い夢
   渋谷の街を歩いてるんだけど、周りの人、顔がみんな中丸なの(笑)
   超こえ~
中: ・・・ふざけんな
   でもさ、まえに赤西がKAT-TUNみんなで車で移動してるんだけど、メンバーが5人いて、オレだけ生首だった・・っていう夢見たっていったじゃん
   あれ、マジで怖いんだけど・・
仁: え? オレ、そんなこと言ったっけ?
   それ多分テキトーに言ったんだと思う
中: っざけんなよ!
   その話聞いたとき、オレはマジでビビったつ~の!
   今までひそかに気にしてたんだよ!(笑)
仁: それはたしかに気になるよね(笑)
   オレはこれからどんな自分でいこうかなぁ。
   ちなみに最近、髪を切ってみた。でも、ちょっと切りすぎじゃない?
中: そう? 全然そんなことないけど
仁: このあいだ友達んちに遊びに行ってたら、壁にゴキブリが出たんだよ
   それでオレらがギャーギャー騒いでたら、その友達のちっちゃい妹は、それ見てケラケラ笑ってんの
   “つえ~”って思ってたら、今度は突然泣きだしたのよ
   ワンワン泣いて、どうやっても泣き止まないのね
   30分くらい泣き続けて、それで“どうしたの?”って聞いたら、泣きじゃくりながら
   ”仁の髪が・・長い”って(笑)
   え、ゴキブリが原因なんじゃないの?
   しかも、すでに切ったあとだったのに・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

仁: そうそう、ちょっと」くだらない話があるんだけどさぁ~・・
上: それは雑誌に載せてもいい話なのか?
   関係ない話なら、ライターさんが困るからあとにしろよ!
中: 今までおまえがインタビューのときにしゃべんなくて、ライターさんを困らせてただろう!(笑)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

中: 唐突だけど、オレは世界一になりたい!(笑)
仁: わかった!
   髪の毛傷んでるふうコンテスト、世界一!
中: “何もしてないのに傷んでるようにみえるんです!”って?
   ・・・やだよ、そんなの!(笑)
   もっとカッコいい世界一がいいよ


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

中: KAT-TUN的にはどういうグループにしていこうか?
仁: やっぱコンサートやるからね
   今までにないようなグループにしていきたいよね
中: まぁ、これだけキャラが濃いメンバーが集まってるからね
   オリジナルなことは間違いない
   しかもそのキャラが数ヶ月おきにガラッと変わっちゃうんだから(笑)



竜也さんのテンガロンハットをベタ褒めして調子にのせてるかと思えば、仁くんの怖い夢の話をずっと気にしてた中丸くん。
KAT-TUN内のベクトルが見えてくるかけあいトーク。
亀梨くんと仁くんのベクトルの矢印は、中丸くんに刺さる、と。

竜也さんに対する亀梨くんと中丸くんに対する仁くんのいじり方が同じで可笑しいのです。
ふふふ。


●KAT-TUN DISC 中丸雄一 ~ふたつのこころ~

亀梨くんプロデュースによる21歳の中丸くん。
こどもバージョンとスーツバージョン。
亀梨くん曰く、ちょっと冷めた目で世の中を見ている男”の部分を持っているだろう。
中丸くんを近くで見ていて、二面性を出そうとするところ、
とそんな中丸くんを撮ろうとするとすごく恥ずかしがっていたらしい中丸くんがかわいいv

中丸: いつのなったら自分で自分のことを大人だって自覚できるんだろうな
   

●堂島孝平のおまえにUPUP! Vol.017

光一くんに誘われ、「ジャニーズ野球大会(プライベート編)in東京ドーム」に参加したエピソード。
亀梨くん、小山くんもスタメンに名前が出てきてます。あと、中居くん、坂本くん、東山さん。
東京ドームで草野球・・すごい(笑)

たまには、野球してる負けず嫌いの亀梨くんも見たいな。

2008.11.30 *Sun*

2002.4 Duet

亀: 真ん中にロープがあるんでしょ?
   大変なことになるじゃん

聖: 寄せろ!寄せろ!

中丸: 隊員さんからも、・・

亀: ちなみにどっち?

中丸: ひだり


28日ミニステをYou Tubeでチェックしてきました~。

弟たちにまんまとのせられて、生放送で、思わず「ひだり」と答えてしまう中丸くん。
ひだりですか、中丸くん。
う~む。あまりにも情報がナマナマしすぎて。
ロープの訓練シーンがある度に、「あ・・今ひだり寄りか」なんて思ってしまいそうです///
左寄せのダンディ。


2002.4 Duet 湯けむり“秘”温泉合宿

湯けむりギリギリKAT-TUN。
仁くんタオル透けすぎ~。
春先の亀梨くんは、色白で、温泉であったまった肌はほんのり桜色に染まってそう。
d5
↑中丸くん、ひだり寄り中・・?


温泉であったまらなくとも、はしゃいで体温あがってそうな6人。
竜也さんと中丸くんの高校卒業祝いの温泉合宿。

浴衣でたわむれる人たち。
温泉宿の白地に紺色の幾何学模様の浴衣、栗皮色の半纏は地味ながらも、胸元足元ちらちらチラリズムなところがいいのです。
着崩れさいこ~。

貸切状態なのをいいことに露天風呂ではしゃぐちょがきな6人。

「さすがに晩い時間だから、オレたち以外誰もいないね~」
亀梨がニヤリ笑うと、バシャバシャ泳ぎ始める。
「カメ、ほ~らっ!」
水中から顔を出した亀梨に、冷水を浴びせる赤西。
「ちべてぇぇ~」

「(竜也さん、修学旅行の思い出話しに続けて)今日もKAT-TUNみんなで泊まってるじゃん。これもすごく修学旅行っぽくて、オレ、好きだなぁ」
顔を見合わせ、ウンウンとうなずく6人。
そして、亀梨。
「ま、高校には卒業があるけど、オレらはKAT-TUNとして、学校の友達よりもずっと長いつき合いになると思うんで、みんなよろしくっ!
オレたちの関係に卒業、つまり別れって言葉はなしにしような」


照れくさい言葉もストレートに伝える少年亀梨くん。

仁: 寝ないでしゃべるのって、楽しいよな。ストレス発散になる

なにをそんなに夜通し話してたのかなぁ。
女の子のことを意識する年頃でも、男の子同士でつるむ気楽さがちょ~楽しそうなの。
にこにこ笑顔のフォトが、ほんとに修学旅行のスナップショットみたい。

何年経っても6人集まるとミニステみたいにがちゃがちゃしているところがいいよね。
それにしても、中丸くん。
ひだり寄せですか・・。



2008.09.17 *Wed*

2005.2 Wink up

●KAT-TUN Original Style


コンサート(海賊帆)直前近況報告。

亀: オレの場合、落ちたのは狭いすき間だったけど、頭もぶつけなかったし、ホント、ラッキーだったよ

中丸: しかも速攻復活してたもんな

亀: うん、ホントそう
   オレ「強ぇ」って思った。しかも強運だなって

中丸: きっと守護神がいいんだよ

仁: わかった!
   きっとカメの守護神ゴキブリなんだよ(笑)

亀: めちゃめちゃ強いじゃん、ゴキブリ
   それで死ぬときは仲間に「あとは頼む」って言いのこして、部屋のすみでコロッと(笑)

上田: そう言えば、赤西って、今までそういうことなくない?

仁: うん、身体的なものはないね
   でも、ちゃんと痛めてるところあるよ

メンバ: (いっせいに) いつ、どこで!?

仁: え~っと・・そんなみんなの姿を見て「かわいそうだなぁ」って心を痛めてる(笑)

亀: ・・・・・・・・・・・あんまおもしろくなかったな

聖: あんまり考えないで話しだしちゃったって感じだったよな

仁: うん、その通り。
   オレって、パーティとかでしゃべっちゃいけないタイプ(笑)



なぜ、パーティ限定なり?(笑)
「今回は、ステージから落ちたりしないで(笑)ケガなく行きましょう」の亀梨くんの前振りからはじまる6人の対談。
みんな、ステージのハプニングやケガの思い出を振り返るなかで、つつがない仁くん。強運の人。

守護神ゴキブリって・・ははは。
まんざらでもなくノッてる亀梨くんもちょっと変だぞ。ははは。


  ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


仁: まだ振りも全部覚えてないもんな

亀: 昨日は、コンサートでやるラテン系のダンスの振り付けがあったんだけど、オレ、足がマジでヤバいんだけど

聖: オレも!すっごい筋肉痛で、今日は1日中階段が憎かった(笑)

仁: あの振り、超~難しいよな!オレが行った時点で、みんなちゃんと踊れてるの
   上田までできてるんだ

上田: なに、その「まで」って

仁: でも上田、オレの分まで覚えてくれてさぁ、あとでちゃんとオレに教えてくれたじゃん
   あれは感動したよ

中丸: いや、あれは最初・・

上田: (かぶせるように、しかもものすごい大声で)おーいっ!!

メンバ: うわっ、ビックリした~~

亀: マジで心臓止まるかと思った

中丸: 今の止め方、本気だったよね(笑)

仁: なんだったの、今の「おい」は?

亀: いやじつはですね。赤西くんは「上田がオレのダンスの振りを覚えて教えてくれた」って感激してましたけど、もともとあそこは上田のパートだったの
   変更で、そこが赤西のパートになった・・と。実は感動ストーリーには、こういう裏があったんですね(笑)

上田: あ~あ、言っちゃった

亀: 上田が仁のパートを覚えたのは事実なんだけど、それは決して「仁のために」っていうわけではなかったということです

仁: マジかよ!?
   なんだよ、せっかく「上田ってめちゃめちゃやさしい人だな」って感動したのに!

上田: だから聞かなきゃよかったのに

聖: 本気で止めたもんなぁ
   オレ、久々に上田の「心からの声」を聞いたもん(笑)



「あ~あ、言っちゃった」「だから聞かなきゃよかったのに」
振り付けを仁くんに教えている時点で、変更のことをヒ・ミ・ツにしている竜也さんが素敵~。

「じつはですね」ひとり状況が飲み込めていない仁くんに、竜也さんの代わりに説明し始める亀梨くん。
楽しそう(笑)


  ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

仁: でも昨日のラテンは、みんなホントにがんばったよなぁ。オレも筋肉痛すごいわ

中丸: オレはぜんぜん平気だな

亀: だからおまえの場合は、3日後くらいにくるんだって(笑)

中丸: ふざけんな!違うよ!
     そう言えば今日、電車の中で足がガクガクしたわ

聖: それはぁ、ただ単に足腰が弱ってきたってことなんだよ(笑)

中丸: ちげ~よ! 悪いけどオレ、足腰は強いんです!
     あのさぁ、オレのことを年寄キャラにするの、そろそろやめてよ。マジで本気にする人がいるんだからさぁ(笑)



振り付けの激しさに筋肉痛と闘いだったらしいラテンメドレー。
はしゃいでいるようにしか見えなくて申し訳なかった(笑)
メンバー同士顔を見合わせて、ピタッと静止するとこが好きです。
みんないたずらっ子になってるの。


  ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

亀: 今までのKAT-TUNコンっていうと、とにかく「騒げる」がキーワードだったけど、今回はそこに「見せる」っていうキーワードが加わった感じだよね

仁: さっき、スタッフさんに、なんとなくみんなの顔が輝いてるって言われたよ

亀: あ、それはですね、パール入りのファンデーションを使っているからなんです(笑)ちょっと肌が若々しく見えるように・・って、ウソです(笑)
   でも、そう見えるってことは、やっぱ気持ち的に充実してるんだろうね



お仕事忙しいくらいの方が、充実して輝いて、いいらしいゾ(笑)




●ごくせん

ごくせん1話の隼人。頬のラインがシャープ。
wu10

師匠が以前、仁の好きなところは?の質問に、を“さみしそうな瞳”と答えられていたことがあって、ずっと心に残っています。
人恋しがる人で、仲間を大切にする人で、芸能界の仕組みに慣れない人で、仁くんのそういうところを一言で言ったら、“さみしい瞳”をした人なんだなぁと思うのです。

1~2話の竜が側にいなくてさみしい瞳をした隼人も良かったですよね。



●伝言板

・堂本剛より 亀梨くんへ

亀梨くん、そのままいい子でいてね。キミは、とても先輩思い、後輩思いの優しい子だとオレは思うので。
ところで今度ドラマに出るそうですね。がんばれよ!
楽しんで自分らしく芝居して、芝居界でガーンとジャンピングしてくれたまえ。応援してるから。
で、カメ役?(笑)


剛くんからKAT-TUNへの伝言って、珍しい気が・・。
剛くんって、剛くんの言葉を持ってるなぁ。優しいなぁ。


・赤西 仁より 以下のみなさんへ

亮ちゃんへ。やっと言ってきたか。
中丸へ。あのさ~、中丸ってさ~、○○したとき、○○みたいな感じで、○○を○○してたよね(笑)

<でっかい初夢をひとつ教えて!>

映画に出演!
絶対出る!! 連ドラにもいっぱい出たい!!




さて、久々のデビュー前雑誌発掘でした~。
仁くんの映画発言がいつ頃からか遡って探してたの。
2003~4年の雑誌のインタビュでも見かけたのだけれど、どの号だったかわからなくなってしまった。
仁くんもKAT-TUNみんなも、まだまだ、夢の途中だ。


2008.09.16 *Tue*

2005.1 Wink up

HAPPY MERRY CHIRISTMAS! クリスマスツリーの前ではしゃぎまくる6人

●KAZUYA KAMNASHI +JIN AKANISHI

亀: お互いドラマ、がんばらないとね!これから、さらに毎日会うことになるんだね。
   でも、オレらさぁ、すごい人見知りするじゃん。どうする?

仁: 悪いけど、俺は今人見知り度、MAXいってるから(笑)
   でも、カメって人見知りしてるようには見えないけどね

亀: 人見知りっていうのとは、ちょっと違うかもしれない。仲良くなれそうか、そうじゃないか、最初の1時間くらいで見極めるの。それでそうじゃないってわかったら、もうそこから進まないって感じ。でもそのオレの変化みたいなものは、本人にはもちろん、周りの人も見ててもわからないと思うけど

仁: でもそう思ってるんだろうなぁっていうのは、オレはなんとなくわかるよ

亀: さすがにつきあい長いもんね。仁の人見知りは手に取るようにわかりやすい(笑)

仁: でも仕事場では、なるべく出さないようにしてるよ。普通の同年代の人と初対面のときとかが、一番苦手

亀: そんなこと言ったら今回のドラマ、周りは同年代だらけじゃん。心配ですね

仁: ・・・・今、想像しただけで人見知りしちゃった(笑)
   でも仕事だから大丈夫! 速攻、仲良くなるとおもうよ

亀: 仁は一度心開いたら、すぐにガッと仲良くなれるから大丈夫だよ。
   オレ自身、今回心配なのは集団行動。ほら、ふだんからオレって、誰かとツルむのとか好きじゃないし。丸二日いっしょにいたら、もういっぱいいっぱいになるタイプ(笑)



ごくせん撮影前、まだ隼人と竜の名も知らない頃のふたり。
撮影現場での人間関係を杞憂してナーバスモード。
お互いに自分の方が人見知りだと思っているところが、なんだか可笑しい。
同年代に人見知りな自己申告の仁くんですが、端から見る分には、年上(目上)の人に人見知りの仁くんと同年代に人見知りの亀梨くんに見えるかも・・。

亀: お互いに弱い部分をフォローしてやっていこうぜ。でも2人でくっつきすぎていたら雰囲気壊しちゃいそうだから意識して離れてみるとか

真剣に現場の雰囲気を考えているのが伝わってくるのですが、ははは。
意識しないと離れられないんだな、きみたち(笑)

   ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

仁: 1話から殴り合いのシーンがあるらしいね。なんか燃えるね(笑)

亀: ハワイで仁に腕相撲で勝ったけどね(笑)

仁: オレらふたりでケンカしたら、どっちが強いんだろうね

亀: え~、想像できないね。だってオレ、絶対キレない自信あるもん。
   たとえば仁とかに「かかってこいよ!」って胸ぐらつかまれたとしても「・・え?あ、あぁ、すいませんでした」って、たぶんめっちゃ冷めて言う(笑)

仁: オレも、どこかで押さえる部分はあると思うよ。・・・でも負ける気がしねぇ(笑)

亀: オレも、もしも殴られたら殴り返すけどへ(笑)
   やられっぱなしはないね。でもケンカは絶対にしない!



腕力だけがケンカの強さじゃないぞ~。と、ヤンクミも言ってたぞ~。
マシンガントーク勝ち、なんでなんで攻撃勝ち、ジャイアン勝ち、スネ押し勝ち・・とかありそう。
フィフティフィフティ、いい勝負なふたりです、きっと。


   ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

仁: これから収録スタジオに通うのが、大変そうだね。収録スタジオのそばに、アパートとか借りたいよね(笑)

亀: いいねそれ! でもふたり暮らしは・・・

仁・亀: (声をそろえて)ない!(笑)

亀: これで共同生活まで始めたら、24時間いっしょってことだもんね。それは耐えられない(笑)


といいつつ、“ふたり暮らし”前提の会話になってるんですけど。
収録後、ふたりでこそ~りマッサージに行かれていたことがわかるのは数年後・・。


   ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

仁: クリスマスのドラマにも出させてもらえることになって・・、うん、ホントがんばらなくちゃ!

亀: 仁、衣装学ランだよ? 大丈夫?(笑)

仁: 17,18歳の役でしょ。トッツーとか東新と同い年ってことかぁ・・がんばろ(笑)



恋に一途な翔役大好きでした。
そいうえば、このドラマはDVD化しないのかな。



●JUNNOSUKE TAGUCHI + KOKI TANAKA


聖: 田口のソロってカッコいいよね。ザ・ダンサーって感じで。
   いや、今日はぶっちゃけちゃうとさ、じつは今回田口がやろうとしてる曲って、いつか自分がやりたいと思ってた曲だったんだよね(笑)

田口: えっ、そうなの!? 知らなかった~。
     ま、早いもん勝ちってことで(笑)



「狂いかけた歯車」 聖Ver.・・田口くんとまったくアレンジ変わりそうですね。


   ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

聖: 田口には、いつまでもKAT-TUNの王子様キャラでいてほしいのよ。
   ほら、ほかのメンバーにはそういう人、誰もいないから(笑)

田口: まぁね~(笑)
    うん、わかった!



でも、その後、封じこめていたおたくキャラを開花されてしまうのだった。


●TATSUYA UEDA + YUICHI NAKAMARU


中丸: 上田のキャラチェンジも、よくもってるよな。
     っていうか、まえのクールキャラに飽きちゃったんだろ?(笑)

上田: いや、この年になったら、礼儀正しくっていうのは、人として当然かなって思っただけ。悪いけど、最近のオレは自分がそうなった分、人の礼儀とかに厳しくいくよ(笑)

中丸: 自分だけの世界にしておいてくれよ(笑)
     じゃあさ、大人のマナーブックとか読めよ。上田ってわかってるふうで、じつはわかってない部分があるから

上田: ちょっとやめて。そういう人を落とし込むような発言をするのは(笑)


   ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

中丸: オレは今回、ソロコーナーでかなり踊りますよ~

上田: 中丸くん、ダンスがとっても上手いですもんね!・・・ね?

中丸: なんだよ、その「ホメたらホメ返せよ」みたいな流れ(笑)
     そ、そうですか?

上田: 本当だよ。中丸見てると、ダンス好きなんだなっていうのが伝わってくるよ。
     自分のいいところ、見せるべき部分が、ちゃんとわかってるんだなっていうのもわかるし

中丸: (小声でこっそり) あとヒューマン・ビート・ボックスもっ!

上田: あっ、そうそう、あとヒューマン・ビート・ボックス!これもすごい。本当に人間が出してる声だって思えないくらい。やっぱり陰の努力ですよね~、ホント

中丸: ハハハハ。そこまでホメられると、だんだんうざくなってきた(笑)

上田: (はき捨てるように)まぁ、ホントはだれでもできることなんですけど

中丸: おい!

上田: ハハハハ。さぁ、中丸くん、ボクのコーナーも説明して!

中丸: 今回、彼は作詞作曲に挑戦するらしいです。冬の恋心を表現したいらしく、今は本番に向けて、磨きをかけていってる状況です。できあがりが楽しみですよ・・・
    (ボソッと) まぁ、きっとたいしたことないんですけど

上田: おい!

中丸: ウソだよ、ウソウソ!
     でもマジで、自分で曲が作れるっていうのは、すごいことだと思うよ。まだ、デモっぽいのしか聞いてないけど、本番を見るのがオレもたのしみだもん

上田: ありがと(ハート)


うむー。
ロバ丸さんたちの世界が出来上がりすぎていて、入り込めない・・。
楽しすぎです、ロバ丸おにいちゃんたち(笑)













さらさらストレートのはちみつ色、竜ビジュ亀梨くん。髪の毛の隙間からのぞく耳先が可愛いです。
隼人ビジュ仁くん、眉毛を薄く茶色に脱色されているので、儚げな隼人になってるの。
儚げな隼人って一体・・。

09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。