This Category : DVD

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.13 *Sat*

RUN FOR YOU ~楽屋コーナー

余人に状況を把握する隙を与えないノリからはじまる楽屋コーナー。

1053

正味58分間のおまけ映像は、
PV撮影3時間前にスタジオにはいったという亀梨くんの発言と、
卓球クイズの早回しを鑑みるに、
ほぼノーカットなのだろうか・・。

無駄に長いのだが、この無駄なるところがKAT-TUNの面白さ。
って、それでいいのか。
よかよか。
冗長なるおかげで、カメラが回っているのにちょい油断している姿を堪能したり、
癖のある仕草を見て、うふふ・・と微笑んだりできるってものです。
楽屋コーナーにかける意気込みを語る中丸くんを、
じぃ・・っっと見つめる亀梨くんとかね。
中丸くん、お顔の左半分に亀梨くんの視線がちくちくささってそうなの。
亀梨くんのこの癖見るの、好き。


・卓球をして回答権を獲得そして見ていただいている方にも勉強になるクイズ

中丸くんが、スタートの笛を吹くまでのぐだぐださといったら、
うーん、やはりこれぞKAT-TUNなりでござろうか(笑)
あわあわ落ち着かない段取りのうえ、あわあわ笛を取り落とす、
落ち着きのない中丸くん。
愛すべき27歳が今ここに。
ゲームの説明をテロップで省かれているところとか、
愛しさあまって大笑いですわ。
お腹カキカキ竜也さん、おへそ見えてます・・(照)

自信満々の答えをまちがう田口くんに、
スナップの効いたケリ一発てぃっと亀梨くん。
「おまえ入り口だけだな」
田口くんには、気を使う糸がゆるゆるな亀梨くんが可笑しい。

飽きても通る末っ子キャラクタの
亀: もう飽きたよ
上田:秋田v
と正解の“秋田”を導くミラクル。

東北のヒントが出ているのに、
してやったりと「香川県!」と答える中丸くんと、
直後にズルをする竜也さん。
うどんにラーメン問題が、サービス問題にならない中丸くん。
アイツの好物、ラーメンだったのにね(笑)
ルール改正のあおりを食って、理不尽な目にあう聖の
偶然にしてはお約束ポジション。
籠に入らなくてむぅっと尖がる唇や、
“ふぐ”と“いるか”の出題のときに、
唇を尖んがらかしている亀梨くんとか可愛いよね。
ところで、卓球クイズのなかで、竜也さんがズルって何回あったっけ。


・インディアン風ゲーム

亀: 上田、目ぇ閉じて目ぇ閉じて目ぇ閉じて
   ちゃんとぎゅーとやれ、おまえ
   すぐ(ズル)やるんだから
   ぎゅーってやれ、ぎゅーってやれ
上田:なんでそんな俺を信用しないの、亀

次男が信用できず、
目を閉じるだけでは甘いと判断し、
ぎゅーっぎゅーっ指示を出す末っ子とのやりとりが、
まぁ微笑ましい。

コンサート後のホテルで、メンバと大富豪をしていて、
トランプのジョーカーの代わりに聖の名刺を出した竜也さんの
エピソードを思い出してしまった。
他のも多々エピソードを抱えていそうな竜也さんのズルっ子列伝、面白そうだなぁ。

亀: 帽子・・帽子にぴよっ♪って

ぴよっ♪
可愛い~v
目を閉じると甘えたキャラスイッチが入るのか・・。
ぎゅーっと閉じて、なぜか奥歯もぎゅーっと噛み締める亀梨くんもラブリー。
「目、開けるよ?」
“ばちっ”て音がしてそうだ。

誰を落とすか、誰が敵で味方か、
相手を読み、流れを読み、
なかなかの心理戦ですな。
周りが自分の癖を知っている奴らばかり故、
卓球クイズとは違い、みんなから立ち上る負けん気が見える。

ひっかけもガードもガチガチぎこちない様子見の一巡目。

亀: “ライブ”が楽しいっていうのは
中上田聖: ・・・・・・・

わはははは。
動揺して目混ぜする四人が可笑しい。
「ライブ」の単語を発しながら、ちらちら亀梨くんへと視線が泳ぐ聖がもう笑いが止まらないっす(笑)

攻めに転じて、守備が甘くなる亀梨くん。
これは、悔しいというより屈辱であるな。
1052
そういえば、亀梨くん、モノクロなウォーリーをさがせみたい。

まさかの聖がはめられる、流れに乗ってきた2巡目。

亀梨くんのしらすクッキング講座で、思わずびっくり、

亀:最後、スダチ、キッ・・て絞るの

亀梨くん家のキッチンには、スダチ完備でござるか。

亀: まぁ、おかずっちゃおかず
   それをご飯にのっけてもいいし
   やってみ?

名前を呼ばれたい願望はないのだが、
これは言われてみたい、

やってみ?

ぎゃぼーん。
想像だけで赤面しちゃうなり。

メンバの心がひとつになる3巡目。

突然歌いだす亀梨くんに、仁くんとふたり歌ってたんだよなぁときゅんとする。
そうそう、亀梨くん、ずいぶん声がのびるようになってるよね。
聴いていて、高音がきもちぃもん。

ひっかけ見え見えな質問をしておいて、
さり気ないひっかけの会話を織り交ぜる竜也さんが、
結局、2・3巡目のヒットマン。
ズルっ子は伊達ではなく手ごわい。
アビリティ警戒レベルが高い中丸くんも強し。

このゲーム、一番弱いのは、けっこう顔に出てしまう聖なのでは・・。
大丈夫かな。
ま、第二回インディアン風ゲームを期待しましょう。

長時間になってくると、TV用とは違う声音が聞けるのが楽しいですね。
やっぱりトーンが違うの。
仲間内で話すときの普段着っぽい低めの声が好きです。くふ。
スポンサーサイト
category : DVD

2011.08.09 *Tue*

RUN FOR YOU ~PVメイキング

・メイキング

このシーンは、もちろん描いてしまうだろう、羽鳥ならば。
てへ。

1050

シーン解説中の中丸くんに、
ちぅ振りでちゃちゃする亀梨くんの愉しそうなことといったら。
ははは。
音声には入っていないけれど、
中丸くんには、ちゅっ・・vの音が聞こえているのではなかろうか。
見事にフリーズする中丸くんに、至極満足気な亀梨くんのいたずらっ子笑顔が、
小悪魔ちゃんの羽ぱたぱたしっぽぴよぴよしているのに、
すっごい無邪気で、
ちょ~可愛い。
聖が助け舟を出さなかったら、もう一度迫ってそうだったですね、亀梨くん。
それほどにノンフィクションとは思えない中丸くんのフリーズっぷり。
なんて期待にそう人だ。
また、中丸くんが「ごくり」と唾を飲まれるから、
冗談で流れる雰囲気にならなくて、

亀:俺がお前に、突然ちゅっ・・として、
  マジなんだけどさ、って言ったらどうする?
  しかもちょっと酒入ってたらどうする・・?

酔っぱらいの戯れか、
或いは、酔いの戯れにみせた本気なのか。
恋愛物における推進剤につき、前後のパターンにおいて
幾通りかのシチュエーションが浮かぶわけですが、
いやー、際どいところ迫ってくなー、亀梨くん。

中丸:一日待ってみる

まぁ、なんと慎重、かつ優柔不断な答えであろうか。
KAT-TUNのNのつぼを外さない答え。
末っ子にいじられるおにぃちゃんは大変ですな。
あ、後ろで、このやりとりに気づくことなく、
平然と準備してる竜也さんが映りこんでるのもおかしい。
偶然とはいえキャラクタの割り振りがお約束過ぎなんだもの(笑)

いつも、うわー・・って思うのが、スタッフさんの数。
たくさんのスタッフさんたちが動いていることにいつもびっくりする。
監督さんカメラさん大道具さん小道具さん衣装係りさん・・。
ひとりにスタッフさんが3人付いていたりして、
微細に衣装やヘアメイクを整えるんだね。
そんな中、

みんなで丸くなって、♪勇気の花。

ノートの切れ端に、大切なメッセージが書き付けてあって、
青空からひらひらと手元に舞い降りてきたような。
心に沁みる。
歌詞があやふやになって、ぐだぐだになってしまうところもね。
KAT-TUNらしいな。

楽屋コーナーで、さり気ないやさしさを見せている聖ですが、
PV中も亀梨くんに対して甘い。
声音が妙に甘い。
聞いているこちらがもぞもぞ照れるくらい甘い。
末っ子が可愛くて仕方が無い感じ。

「ソイヤッ!」
聖の掛け声に、振りのタイミングがばっちり合う。
気合入れのムードメーカ、良いヤツ聖。

亀:今日6月29日です

HRプロジェクト前日の収録だったんだ・・。
ユニフォームを着ているとあまり目立たないがっちりさも、
タンクトップ姿の背中を見ると、
プロジェクトにむけて鍛えているのが分かる。
たくましい~。
萌え出づる黒タンク姿(もっと引きでいっぱい見たかったよー)の
肩先フォルムに幻惑されつつ、
衣装を受け取るスタッフさんに、「ありがと」の一言に、
じぃん・・。
スタッフさんたちときちんと丁寧語で接している田口くんも
いいなぁって思う。
やっぱりこういうの大事なことだなぁ。

それにしても、
最後の最後まで、工場長シリーズを気にかける中丸くん
(「やんでよ」の後の低い笑い声が、ときめきが走って仕方ない)が可笑しい。
次回は、メンバーに、手作りの脚本がばっちり配られそうだな。
category : DVD

2011.08.08 *Mon*

RUN FOR YOU ~PV

閉鎖された無機質な空間、
寂しさ諦め怒り希望・・ない交ぜの表情、
KAT-TUNの王道できましたね。

CMではタイトル通りがしがし走っていたけれど、
PVでは、走り出す前の、エネルギーを蓄えている場所にいるイメージ。
プロローグというか、プロローグのアウトラインほどの設定は、
あとは見る方のご自由にというお誘いであって、
誘いにのって、妄想の翼がばっさばっさ羽ばたくってものです。
ま、いつもの如くベタではありまするが。

機密の匂いがする実験室に閉じ込められた彼らは、ESP保持者かミュータントか・・。
能力の振り分け設定がさすがに妙味があってうまいなぁ。
聴覚の竜也さん、視覚の亀梨くん、
物体に働きかけができる中丸くん、
磁場を狂わせる聖。
田口くんはなんだろ、細胞の変異とかかな。

プライバシーもなく特殊能力を弄られている姿の切なさは、
“アイドル”が持つネガティブな面とリンクしているから、
余計に響いてくる仕掛け。

しかし、どうしても田口くんだけ笑ってしまいそうになって、むぐむぐ。
す・・すまぬ。
だって、ダジャレでその場を凍らせる能力につき、
寒さへの耐性実験が行われているみたいなんだもの。

キーワードがKAT-TUNならば、
彼らは、名前(記憶)を奪われていて、
自分の名前を取り戻すことで脱出できるのかもしれない。
そこで、登場させたい名前を運ぶキャラクタ。

夢のなかで、聞き覚えの無い声で名前を呼ばれる。
自分とは気がつかない名前に心揺さぶられ、
夢のなかではじめて会うことになる5人。
そこに現れる、もうひとりの仲間。

「なんでなんでなんで、なんでもっと早くこねぇの。
 待ちくたびれただろ!」

はい、仁登場でした。
仁だったら、夢見かなぁ。
夢のなかを行き来できる、ナイトメア。

能力が発揮されるのは眠っているときなので、仲間になった後は持ち運びが大変。
うっかり落っことして、夢の中で仕返しされたり。
バンジーで突き落とされたりしてね。中丸くん限定か、それは。
この設定の最大限のおいしさは、目覚めのちぅシーンだったりして。
あれ、おかしいな。
なんだかSFからラブコメになりそうだぞ・・。

孤独と、孤独を知る強さの実験室シーン、
仲間がいることの心強さのダンスシーン。
ふたつがいっしょになったときに生まれる大いなる希望のラストシーン。
でも、ラストがはじまり。
こういうストーリー仕立て好きです。
ゲーム世代なもので。

PV、かなりリピリピしてます。
TV出演分も。
やはり踊るKAT-TUNを見るのは心湧き立つなぁ。
それぞれの癖がでる揃いのダンスも、わきわき湧き立つ。
竜也さんは、踊り方少し変わったかな・・。
ところどころバレエっぽいキメ方するのね。
中丸くんの曲がるストローみたいな踊り方は相変わらず。←大好きv
亀梨くんの荒っぽくてでも静かに流れる踊りで、
野球少年モードと違って、
はっきりと向こうに落とす相手(ファン)を見据えている目にどきどき。
category : DVD

2011.06.01 *Wed*

KAT-TUN学園祭

5年後同級生が集まるストーリー仕立てのWHITE PV。

1035

中丸くん聖と亀梨くんがすれ違うシーンは、
5年間会わなかった間のあまりの変貌っぷりに驚いたシチュなのか、
ますます美人さんになった亀梨くんに目をみはるシチュなのか、はてさて。

ふたりと亀梨くんのすれ違いが、
颯爽と現れた転校先に目を惹かれるの図に見えてしまう羽鳥。
みんな学生服だったら完璧。
そこで、いつもの如くはじまる学園妄想。

同級生設定もそそられるけれど、先輩後輩関係もいいなぁ‥なんて、
KAT-TUN学園シチュが渦巻く。ぐるぐる。
学ラン、ブレザーどっちがいいかなぁ。

普段、いがみ合っているのに、いざとなれば目と目で通じあって、あうんの呼吸で動き出すじんかめとか。
学園祭にまつわるエピソードだと、夜の学校も描けるぞ~。にへ。
相変わらずベタ満載の妄想たちですが、考えはじめると止まらなくなっちゃうですね。
category : DVD

2008.07.16 *Wed*

中丸くんと仁くんと亀梨くん

中丸くんのもみ上げをこしょこしょ。
ちょがき亀梨くんの人差し指も“いたずらな指先”だ・・。

800


無性に中丸くんのもみ上げにちょっかいだしてる亀梨くんが見たくなり、ごそごそ神サマーライブオン。
突然、無性に見たくなるシーンがあるのです。いくつかある。
そのうちのひとつが、ここ。このシーン。

メイク中のふたり。
動けないから、視線だけきょろきょろってなってる亀梨くんが可愛い。
「おまえ、今日ちょっともみあげズレてね?」
中丸くんのもみ上げを触る亀梨くんの指先が、“悪戯”なんだもん~。

こしょこしょ・・こしょ。

亀梨くんが無意識でも、相手が意識していたら、どきっとして困ると思うあの指先。
でも、中丸おにいちゃんは、妹の“イタズラ”にいい加減うんざり~(笑)

「ボンドついてね?」

指にボンドついた・・なジェスチャした後、ふっ・・口の端でわらう笑顔。
ワルなしくん顔にもやられるんだよな。

ほいで、続く仁くんがまた可愛いんだ~。
亀梨くんみたいに、カメラを鏡に見立てて髪の毛を「セットしてんだから」の仁くん。
セットしている仁くんのまねっこする中丸くん。ちょがきだ(笑)
中丸くんに割り込まれて、

「くしゃv」

中丸くんの頭をかる~くぽんってたたいて去っていくの。
ここで、そんな仁くんに大笑いする中丸くんがまたすっごくいいんですけど。
「あっはっは」て笑う中丸くんを振り返って笑って行く、仁くんもいいな~。
可愛い・・v

「くしゃv」

も、気がつけばいっぱいリピリピです~。

神サマーDVDは、まだまだ青いKAT-TUNさんたちの青くささが目にしみて気恥ずかしくなるので、リピ度が低いのですが。
カメラがまわっているのに、まだ慣れていないギコギコぎこちないKAT-TUNさんたちも楽しくて結局リピリピです。
category : DVD

2008.06.10 *Tue*

DON'T U EVER STOP ~メイキング

キメ顔から一瞬で、ヘン顔に溶けてしまう田口くんと。
そんな田口くんに「たぐち、なんかしてる・・?」ひとりだけ気がついてメイキング用カメラを見遣る亀梨くん。
「OK!」の声に、現場に意識が戻っちゃうんだけれど。
左手から自分たちを映しているカメラで遊んでいる田口くんと「んんっ?」て顔している亀梨くんが可笑しくて。
きょと・・なお顔していて可愛いv
791


メイキングの亀梨くんが、テンションが低いせいか、なんだかいつにもまして幼げに見えるの。

ほよん・・ぽよん・・ちまっ・・

としてる。
カメラの端に小さく映りこんでいるところなど、とくにそんな感じで。
PVのなかでは、帽子の裂けた隙間から、険しい瞳がのぞくのに。
同じ衣装を着てるのに、紫の帽子を斜に被って影を落としているのに、ほよほよしてるんだよな~。
天然ラブリーな亀梨くんにきゅんvがいっぱいです~。

DON'T U EVER STOP ~メイキング

中丸 「どぉもーーーっ!」

メイキング名物中丸くんのハイテンションご挨拶。
あ~、メイキングがはじまったな~って気がする。

メイキングによく見られる風景、小ネタに奔るメンバーたち。
リアフェから通し番号を振って整理できそう(笑)
中丸くんのドリンク紹介&聖の物まね付、聖のモノくるくる回し芸、工場長シリーズ、定番化詐称居眠りする田口くん。
工場長シリーズのぐだぐだアドリブも楽しいけれど、毎回してくれないかな・・と思うのが“指スマ”。
結構みんな本気で、負けねぇ・・てムキになっているところが楽しい。

それにしても、PV中の格好いいKAT-TUNさんたちのちょがきさといいましたら。
6人そろえば、いつでもどこでもちょがきなままですね、この人たち。

わははは。
ほんと楽しい~。


・まじで!?

聖 「18金でルビー」
「「「まじで!?」」」

すげぇかぶってるし(笑)
仁・上田・中丸くん3人して、聖の装飾歯を覗き込むとこが可愛い。


・おにぃちゃんたちにいじられる末っ子亀梨くん

上田 「靴下おかしくない?(笑)」
聖 「かめ、くっせ」
いじられて、けたけたぶさかわな笑顔。
ほいで、ここ。

中丸くんと聖にいじられる亀梨くん。

中丸くんの「目を閉じて」に素直に目を閉じる亀梨くんに、うひゃ~///でございます。
目を開けたとき、にこっ・・てちょっと微笑むところが可愛らしくてきゅん。
はっ・・だれだれだれ、ってわざとらしくきょろきょろするところも可愛いv
ほよほよん。

え~、中丸くんや聖の前以外で、素直に目を閉じることないようよろしくご指導くだぱい~(笑)

790

据え膳を食うのが実は苦手かもしれない・・。




・ラブリー亀梨くん

鏡を見ながらお帽子被って、キメを確認した後、ふっ。
工場長小芝居にて、入りのタイミングを見計らってみんなの後ろをうろうろうろ・・。
中丸くんの連れてきた"工場長”に2度跳ね上がりびっくりしてるとこ。
ロフトシーンのため、セットの鉄骨をよじよじとよじ登っていく亀梨くん、こざる。
最後に四つんばいになりながら「んしょ」って右足をおっきくあげるとこが妙に可愛くて、リピリピ。



・T-T

田口 「(タイミング)合わせた?」
聖 「や、合わせてない」

といいながら、ぴったりあってるターン。
見ていて気持ちいいくらいぴったり。



・帽子ポーン

練習時に、♪傷ついて トップトップ・・首をふるタイミングが合わないことを、大げさにこてん!とかしげて伝えていた亀梨くん。

♪傷ついて トップトップ・・あわあわポーン!

本番でも、大きく首をかしげ。
思わずこぼれる帽子。
受け止めようとするも振り付けとまざってしまい、結果、帽子ポーン!
仁くんの前を飛行するミラクル(笑)

亀梨くんの帽子が目の前を横切るという予測不可な事態にくふくふ笑ってしまう仁くんと、
わしわし踊り続けるご本人。

ぷくくっ。
帽子を拾いに行く仁くんが、でっかいわんこに見える(笑)

中丸 「かめもとうとう人のせいかぁ・・」
聖 「カッコつけて帽子被んなきゃいいんじゃない」
亀 「おまえうるせぇんだよ。うるせぇんだよ」

ぽそっとつぶやきツッコミしてる中丸くんも可笑しいけど。
カッコつけをからかわれて、ぷぅ・・な亀梨くんも可笑しい~。
あえてカッコつけなところをツッこむメンバと、メンバからだと、ぷぅ・・ってスネちゃうとこが可愛い。



・竜也さん・・っ!?

だっ・・だいじょぶ?
つか、なんでそこで転んだんだろうか。不思議です~(笑)


・K-TNTAU

ラストのソロ撮影、いつもKAT-TUNの順番だから一番最後まで居残りって言ってた中丸くん。
今回は、違うのねぇ。
セットの都合かな・・じゃんけんで決めたりしてないかな・・。



・DON'T U EVER STOP

仁くんの唇の動きが映るカットで、唇や舌先が日本語の発音の動きではなくて、ENGLISHだ~って動きをしてるのがわかるんだけど、どきどきします。
仁くんに感じるクレバーな格好よさ。



・赤西仁のボケ予想ダービー

亀 「低レベルなのがいいじゃない?」

って、言うなぁキミも(笑)

「はっはっはっはっはっ・・!」

わはははは。
仁くんの物真似する亀梨くん・・引きつり笑い方そっくり!(笑)

792


「こっそり撮ってくパターンにしないと・・」

はっ・・じんのすることなんかわかってっし

みたいな?
じんの行動パターンなんか当たり前に”読み”まくりだぜ俺なこの感じ。
何気に自信満々さがたまりません~。

仕掛けられ人の仁くん、ちょっと違う雰囲気を感じ取ってきょときょとしてる。
ま、結果全員ハズレでしたが、これがほんとにカメラのまわっていない楽屋裏だったら違う結果になっていたかも・・。

田口くん予想の「そのまんまスルー」が何気に可笑しかったです。
それは、田口くん専用リアクションなのでは・・。




ラストのワンカットオフシーンには、笑顔のKAT-TUNさんたちがいっぱい。
音声無しの動きだけなんだけど、はしゃいでるメンバーを見てるのがすごく楽しい。
にこにこ。


エクステ長髪仁くん、格好よかった。
こういうエクステみたいな小技を使われると思わなかったから、羽鳥的には意外だったなぁ。
高原を制する騎馬民族の若き王・・近隣諸国にその名を馳せる覇王を演じられそう。
今の赤西仁だったら、パワーのあるキャラクタに負けないと思う。

あの髪型で黒・金基調のアジアンテイストな衣装をまとう仁くんを見てみたい。
「天馬の血族(竹宮恵子)」みたいなファンタジー系。 ←例えがマイナすぎ?
亀梨くんの、jumpin'upや離さないで愛で白・紫基調の衣装と対になるような感じで。

並び立つふたりが見てみたい。
category : DVD

2008.02.12 *Tue*

LIPS~メイキング

2008.2.6 LIPS ~メイキング

上田 「中丸さ、前回反省したんじゃなかったの」
中丸 「反省しました」

はしゃぎすぎな自分にダメだし中丸くんからはじまるメイキング。
はしゃぐのもお仕事お仕事。

仁 「お前さ、ね、あとで疲れんだろ?」
中丸 「そだよ」

前回はしゃぎ疲れられたのだろうか中丸くん。
弟たちにまじろうとするところに、仁くんからドクターストップ。
仁くんモテるわこの人と思う瞬間。

・黒魔道士ジン、白魔道士タグチ

マチさんの感想を見て、なるほど。田口くん魔導士みたい。
腹黒白魔導士Lv.47。←何気にLv高い経験豊富。
パーティ編成でいけば、仁くんは、衣装的に、黒魔道士ポジかな。
気まぐれ黒魔道士。 魔力は、レベルに比例せず、気分に比例。
ご機嫌なときは、MAX9999ダメージ(笑)


・仁 「中丸さん待ちでーす」

ものまね上手いです、スタッフ口調。
や、わからないですけど。
仁くん耳がいいから無意識にイントネーションとか耳コピしてそう。


・ツッコむかめ

中丸 「はいはい、なるほどねー」
亀 「聞けよ! べしっ!」

聖 「あぁ、自分のヤツだからか~」
亀 「ぺちこーん!」

早業ツッコみ、激しい・・痛そうね(笑)
左端で、目ぱちくり「うっわ・・」な表情している仁くんが可笑しいの。


・お姫さまだっこ亀梨くん

お姫さま抱かれ慣れしすぎてる・・。
ためらいもなく、すっと聖の首にまわす右腕。相手に重さの負担をかけない姿勢。
つれなさを感じさせながら、その身のまかせっぷり。
昨日今日では身につかないお姫さま抱かれ方。
すばらしい。


・続・工場長

主演監督赤西仁「工場長」、なんとシリーズ化。
第二段、「これだから現代っ子は・・」

HEY×3の亀梨くんによる平泉成氏ものまねは、ここがルーツなりや。
仁亀ふたりの共同ネタだったのかな。


・見どころ

上田 「ズレているところも見どころといえば、見どころなので」

竜也さん推奨の見どころメッセージが、的確すぎると思う。


・アニバーサリー

キメキメ目元メイクで、にこにこアニバーサリーを歌う耕作くんがいる(笑)
剛くんの歌い方似てるし。似ている物まねもできるんだ・・。
ひとり座って、中丸くんと聖をきょろきょろ見上げるあどけない表情が可愛い。


・新シリーズ

主演監督赤西仁「うちの母親の体重が減ったって」

真に迫る小芝居!
わはは。おもしれぇよあかにちくん。
こういう小芝居させたら天下一!(笑)


・ボイパ3連発

仁からはじまる~ボイパジェスチャ。
中丸くんの販売特許かすめ取り。 仁くん手首の動き柔らかい。
やる前から笑いすぎ、聖。
お澄まし顔で、しれっとやる人亀梨くん。 ちょっともたもたしてる。
ラストにカメラ越しアングルでも一回もたもた。

いちいち背伸びしてバッテンを出す中丸くんの後姿が愛しい。
後頭部のつむじさえ愛しいのです。ラブv


・抗えない唇

事務的にカメラワークの打ち合わせを一言二言かわして、音が入れば途端に仁の世界。
カメラに映る仁を映すカメラ。
カメラの奥で怪しくつりあげられる口の端。
妖魔の如き怪しき唇で誘い込むのに、寂しげな澄んだ瞳。
ほんとに、この人は綺麗。


・ロバ丸な人たち

竜也さんの髪の毛を手直しする振りをする中丸くんと竜也さん、ちょ~真顔(笑)
竜也さん、少し噴出してるけど。

上田 「感想は?」
中丸 「感想? すごい良かったよ、衣装。ははははっ」

ははははっ←低い笑い声が素敵v
和みますわ、ロバ丸おにいちゃん組。


・何撮ってるのかなぁその”ちょ~すごいの”で
712


仁 「それ、横山くんも持ってた。ちょ~すごいんでしょ?」

かまってかまって仁くん。甘えた口調が可愛いv
しかしツレない亀梨くん(笑)

仁 「何撮ってんの。見して」
亀 「ムリ」
仁 「はぁっ、なんで!?」
亀 「ムリ」
仁 「だから、なんで!?」


仁くんに背を向けて、デジカメを覗き込まれたくない様子を見せられると、ついこんな妄想に奔ってしまうではないの。

亀 「(はー仁の隠し撮りが見つかるかと思って焦ったし・・)」
category : DVD

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。