This Category : 舞台

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.09.26 *Wed*

LOST MY WAY

DREAM BOYS 2012も残すところ3日間6公演ですか・・。
舞台レポを眺めているだけでも早く流れていく公演期間、
亀梨くんたちにはもっと早く感じるんだろうな。
千秋楽前の休演日、憩う時間があればいいけれど・・と思いつつ、
気力で奮われているお姿も好きなので、追い込まれる状況に対して
ちょろっとあってもいいよなと薄情さもあり、申し訳ない。

期待してしまうんですよね。
ぎりぎりで踏ん張ってる亀梨くんに。

千秋楽間近、体の疲れが抜けずとも精神が研がれ集中している表情。
ナーバスな剣呑さがわずかにのぞいたり、
ひとりで楽しくなっちゃって止まらないカズヤin和也がいたりして。

精悍さと可愛さの振れ幅が大きくなるというか、
美人度も増してうっとりすること多し。

今年は、カズヤに逢える機会を得ることができませんでしたが、
舞台のあとの、ふわふわした夢見心地、味わいたかったな。

垣間見たロンドンオリンピックの開会式のなかで、
アナウンサーが聖火台への道程に“カタルシス”という言葉を用いていて、
本来はこういうシチュエーションに用いる言葉だったんですね。
悲劇的結末の意で捉えていました。
“一気に快い感覚に昇華しだす”
では、ドリボ舞台のカタルシスはどこだろ・・?

個人的におこるカタルシス、
物語上計算されたカタルシス。
後者のひとつは、やっぱりLOST MY WAYかなぁ。
ベムと裏表の世界。

キャストが変わり、曲目が変わり、ブラッシュアップされていくのに、
変わらない印象がある。
ロングランって不思議。
初めて観る人にも、毎公演観る人にも
大きなカタルシスがもたらされるのがドリボの魅力ですね。

k88a

2012の舞台写真で見る亀梨くんは、水蜜桃みたい・・。
甘く瑞々しく全身から妖しく香る。

学ランカズヤのサービスショット愛でたかったー。


怪我なくつつがなく千秋楽を迎えられますように。
スポンサーサイト
category : 舞台

2011.10.03 *Mon*

DREAM BOYS 2011 観劇記4 ~絆

DREAM BOYS 2011がレポートされている雑誌のなかでは、
“LOOK at STAR!”2011年11月号が良かったです。
フォト構成もテキストも積年のDREAM BOYSからの流れをご存知の編集の方が、
丁寧に作ってくれたんだなぁと感じいります。
激しい動き、
舞台の空間の広さ、
ステージと客席が一体になっている臨場感、
9ページにわたるフォトのどれもが、小さなフォトでさえも、舞台の空気を掴まえていて素晴らしい。
舞台特有のどこか遠くを見つめるカズヤの表情、
涙で潤むユウイチの瞳、
もつれた絆の糸の端を握るコウキ、
光と影のコントラストが迫力のボクシングシーン、
タイトルが入る1ページ目だけでDREAM BOYSが要約できる感じ。
「何もかも引きうけてやろうじゃねぇかっ!」
カズヤの運命が赤く燃え上がるように、
赤い布とともに飛び降りるシーンが、ばーんと大きく1ページ。
DREAM BOYSの中心もしっかりと押さえてある。

静止画のボクシングシーンは美しい迫力があるのだけど、
まめちくびがちょんと可愛くて、思わずぷふっ・・ってなったりして。
これもDREAM BOYSの醍醐味のひとつなり。

偶然チラリズムポーズになっちゃったところを混ぜてくれる茶目っ気も素敵なのだわ(笑)

lookatstar201111c

キラキラした衣装の上に、普通の紺色のバスローブを羽織るカズヤが可笑しくて、
バスローブなのに両手をぽっけに入れちゃうカズヤが可愛くて、
真面目なシーンなのに、笑ってしまいそうになって唇うにうにしてたシーンチョイスがうれしい。

幻惑のLost My Way。

lookatstar201111a

貴公子然とフライングする亀梨くんフォトの横で、自己申告吊られてる中丸くん。
ほんとだ、吊られてる(笑)

lookatstar201111b


骨格は変わらないけれど、テーマが変わっていたDREAM BOYS 2011。
自己の構築から、絆の再生がメインへ。

今回のDREAM BOYSが物語性を持って胸に響くというようなレポをいくつか見ましたが、
桟橋や天国とのはざまの遊びのシーンが無くなって、
ストーリーの連結がはかられているからだけではなく、
テーマが変わっていたからだと思う。

今回のカズヤは一匹狼で仲間を持たない。
「明日のステージはない」
カズヤから、仲間を捨てるところからはじまる。

「周りのやつら好きになれなくて」
「上りつめたあとは下っていくだけなんだから」
「永遠の仲間だと思っていたのにいつかばらばらになる
 そんな脆い関係だったんだ」

科白が、科白以上の意味を持って突き刺さってくる。
そこにいるのが、カズヤ、コウキ、ユウイチだけに。

親に捨てられた子供のままでいるカズヤは満たされることがなく、
自分に自信が持てないユウイチは3人との過去から離れられず、
力が失われていく恐怖でコウキは怯えている。
そこに、マダムと真琴が絡みもつれていくところや、
カズヤの芯の強さ、
ユウイチ(ポジション)が持つ周りのことを一番に想う優しさ、
コウキの情の深さがカズヤを救い上げるDREAM BOYSの土台はほぼ変わらないのだけれど。
あまりにも直情的に響く科白が入り込んでる。
フィクションだとわかってはいても、重い。

今回、絆の視点を得てみると、
天国との狭間で、コウキの無償の愛に触れることでカズヤの心がひらかれて、
親子の絆を取り戻すシーンに繋がっていくのがわかって、
カズヤとマダムのシーンが泣けました。

舞台上を流れる抽象的な時間の流れも自然と体で感じていて、
その感覚が面白かったです。
大回転やキューブの激しいアクション、
額縁に沿って宙吊りで歩く演出がカズヤの心理、または運命の比喩だったのかと改めて気づく。
激しく動く運命の抽象さを、
亀梨くんは、フィジカルに表現して観客を揺さぶっているわけだ。
うむむ、これはすごい。
フライングとか今まで切り離して見てた。

「小さいときからずっと一緒だった3人
 離れ離れになったこともあったけど
 心はいつもつながっていたんだな」
ユウイチの(たぶん)独り言。
絆は失われたのではなく、ただ見えなくなっていただけ。
コウキが肉体を失う変わりに、みんなの手に絆を握らせてくれる。

科白が科白以上の希望になる。
メッセージとして受け取ってもいいよね・・。
とこっそり手を握り締めました。←ガッツポーズ。

亀梨くん、聖、中丸くんが、
カズヤ、コウキ、ユウイチに血肉を与えて、
舞台に魂が宿る。
舞台の魂に触れる機会を得られて、しあわせです。
category : 舞台

2011.10.01 *Sat*

DREAM BOYS 2011 観劇記3  

まっすぐ前を見つめてごらん~♪

3人の歌声が耳に残っていて、
未だに心ふわふわ漂っております。
帝国劇場に辿りつけば、3年前の感動もまた蘇ってきて、
舞台というのは、なんとも胸を熱く焦がし続けるものだなぁ。
やはり生(LIVE)は大切だと思う。

千秋楽ももはや遠く過ぎ去りし日々ですが、
9月22日観劇記をば。
雑誌、ドラマ、ラジオと目白押しに押し寄せておりますが、
この感想をまとめておかないとどうにも前に進めませぬ~。

 1070

・前髪が伸びて、左目をほとんど覆い隠し、顔に落ちる影がカズヤ。
これが、カズヤを“ひとり”に見せていた。
サイドはストレート気味、後ろ髪がくるくる外はね。
千秋楽後のGoingでは、割合すっきりして見えたので、この後Cutされたのかも。
汗をかくシーン毎にくるくるが解けてストレートになっていったので、
お隣に座っていたグループの方たちが、幕間で、
「亀ちゃん、休憩時間何をしてるのかしら」
「髪の毛くるくる巻いてるんじゃない」
と会話しておられるが聞こえてきて可笑しかったです。

・息を詰められると、みぞおちが深く沈んで、おなかぺこん。

1071

・2幕OVERTURE。
お隣の人の予測ははずれて、さらさら洗い髪のまま。
奈落から微動だにせずせり上がってくる亀梨くんが、精巧に作られた
人形みたいで、怖いくらいであった。

・桟橋のシーン。
胸元大きく開いたシャツの間に誘惑されるチラリズム。
どうしても覗き込んでしまう。
本能が吸い寄せられる空間とでも言えようか。
プラス、ここは欄干に寄りかかる亀梨くんの腰つきもたまらない見どころ。
ビバ、くねくね(@鳳蘭氏)

・映画の撮影シーンで、フードを脱ぐ際、
なぜか肩肌脱ぎでしばしの溜めがあり、1582的艶っぽさにどきどき。
何しろフードの下は素肌なんだもの。

・棒にんげんが踊ってるメモより抜粋らくがきでした。
舞台中は、メモを取る手も熱くなって、
小クラの裸ジャケットを思い出す中丸くんの撮影スタジオシーンなど、
“へそ かわいい”
“へそ毛”←丸囲み表示
中丸くんのおへそ(とへそ毛)を繰り返しメモしていたりして、
後でメモをみて、きゃー///ってなっちゃったです。
ま、ほんと可愛かったのですが、中丸くんのおへそ。

・またまたお隣の人の会話エピ。
「この席真ん中すぎて、亀ちゃんとしょっちゅう目があうみたいな気がする・・」
その錯覚わかるー。
羽鳥の席は、真ん中から少しずれた通路側で、
亀梨くんがさーっと通り抜けていかれるとその白い肌の残像にしばらくぼぉ・・っと。
これが銀色の髪の残像妄想へ繋がるのですが、
ま、残像イメージなくらい一瞬垣間見る素早い通過なのだった。
通路際だったら、甘い匂いがくんくんできたかなぁ。

・ところで、ベムは銀髪ですが、わきの毛も、えーと・・あ、いやいや、・・も銀色なのだろうか?

・高く澄んでいて、さらっとした甘みがある中丸くんの歌声。
セピア色に染まった記憶を懐かしく振り返って、
鼻の奥がつんときそうな歌声。
ライブでは聞いたことがない声だったのでびっくりしてしまった。
優しい声だけど、3人の歌声が重なっても埋もれない。

・亀梨くんは、声量が増して、くせのない真っ直ぐな声が届く。
浜辺に打ち寄せる波音みたいなかすれた歌声、
ダンスが加わると渦巻く熱風みたいな、
でも鋭利な刃が木の葉のように舞っていそうなCOOLな歌声。
Lost My WayにしろBAD DREAMにしろ、
歌い踊る亀梨くんが作り出す熱量はすさまじい。
category : 舞台

2011.09.30 *Fri*

DREAM BOYS 2011 観劇記2 ~MC

DREAM BOYS 2011 9月22日 2幕MC

亀:皆さん、本日は、お越しいただきましてありがとうございました
  100周年、たくさんの方に支えていただきながら、
  日々、全身全霊で挑まさせていただいてます
  KAT-TUNから3年ぶりに田中聖くんが帰ってきてくれました
  そして、約1000年ぶりにステージに立ってくれました中丸雄一くんです

雄:亀は万年といいますが、僕がこのステージに立ったのは、ちょうど1000年前です
  ・・そんなに経ってない
  急に振られて、亀は万年が出たのってすごくない?

亀:いつもは100年振りとか言ってるじゃないですか?
  残り3日、全部違うように言ってやろうかなと
  
雄:挨拶なのにボケるっていう
  一切普通に紹介しないってことですね?

「2012年から来た中丸雄一くんです」
「僕は未来人です。・・違いますね」
亀梨くんのぼけと中丸くんの軽いのり突っ込みがまったりと続く。

 ~・~・~・~・~・~・ 

亀:帝国劇場に立たせてもらえることは、
  何回やっても新鮮なんですよね
  メインキャストが変わるから、新しいものを創ってる感覚で

  ライブとは違うよね
  グループとして創っていこうと距離感が近いけど
  舞台は、一個人一個人で役割が決まってる

 ~・~・~・~・~・~・

聖:チャンプは、日本一で番が少ないメインキャストだと思う
  2幕に関しては、寝っころがって死ぬだけですもん

亀:ぼくは、何をしているときも聖が見てるなぁと思ってがんばってますよ
  壁フライングしてるとき、スタンバイしてるもんね
  ダーッと通り過ぎても、気づいてますよ
  聖がパジャマで立ってるの

 ~・~・~・~・~・~・

聖:ボクシングシーンで、亀の顔を殴っちゃった

亀:クリーンヒットしました

聖:そろそろ我慢できなくなっちゃって

亀:ここだけの話ですけど、鉛の板が入ってました

雄:物語変わってきますよ

亀:聖、優しいんですよ
  1幕終わった後、携帯電話が鳴り響いたんですよ
  「まじ、ごめん」って

聖と中丸くんの楽屋は同じ階だけど、亀梨くんは階が違うので、
ふたりとの会話は電話で行われるらしい。

 ~・~・~・~・~・~・

聖:シャワー室が中丸の楽屋の近くなんですけど、
  ものすごいルシエルが聞こえるんですよ
  なんだろうと思ったら、中丸が準備しながら、
  めっちゃルシエル聞いてた
  
雄:ランダムにして流してるから、
  たまたまルシエルだった

聖:しかもクリスマスVer.

亀:エルフの森のなか~♪(ヘリウムボイス)
  あのときの俺の声ときたら、ヒドイもんだよな
  歌い終わりの癖が、ちょーあんの
  さがすぅ~♪(びよーん)
  
ヘリウムボイスで、歌い終わりが鼻から抜けてびよーんと跳ね上がる、
昔の自分の歌真似してる亀梨くん。

 ~・~・~・~・~・~・

KAT-TUNの初持ち曲“RED SUN”を社長が大嫌いというエピから、
振り付け師さんの歌詞勘違いエピへととび、盛り上がる3人。

聖:Break Awayを激励と言ってたからね

亀:嵐~嵐~for dream♪じゃないですか
  それを「嵐~嵐~oh please♪」って
  「Jr.も声出して歌おう!」って言われて、
  oh please♪じゃねぇよ!って

聖:これが限界だって♪って歌があったんですけど、
  「採れたてうまいんだって♪」
  野菜・・!?

振り付け師さんのアバウトな歌詞に戸惑い、突っ込みたいけど突っ込めずもやもやする亀梨少年が
思い浮かぶ熱弁さ。


 ~・~・~・~・~・~・

亀:ここで言っていい?

雄:言いましょう言いましょう

亀:SHOCKで、おまえやらかしてない?

雄:(ごくっ)それは言えるエピソードですか?
  言えないエピソードは止めてくださいよ?


びくっと固まった中丸くん。
言えないエピソードがそんなに思い当たるなりか(笑)
帝国劇場の思い出を語られるとき、“SHOCK”時代からなのがうれしい。
Show must go onがちゃんと受け継がれてるんだなってこと。

この舞台で何を得られたか中丸くんに問うときに、
「ゆっち」呼びした亀梨くんをさらりとスルーした中丸くんが可笑しかった。

 ~・~・~・~・~・~・

話題は、中丸くんのオリジナルキャラクタ“ゲン タニシ”へ。

亀:中丸くんが、ヒューマンボー・・

雄:ボー!?

亀:ヒューマンビートボックスをやるときに、
  「みなさんこんにちは」って言ってたのが
  ゲンタニシっていうくっだらないキャラクタなんですけど(笑)

くだらないとはき捨てるように言うも愛情の裏返し。
ゲンタニシが大好きな亀梨くん。
中丸くんに、「ゲンさんやってよ」とおねだり。

雄:亀梨くん、このキャラ食いついてくれますね

亀:僕、好きなんですよ
  プライベートで使ってますもん
  みなさんおはようございます(ゲンタニシ調)
  すみません、ウーロン茶ひとつください(ゲンタニシ調)

雄:亀梨くんと気づかれた場合、すげぇ心配すると思うよ?

亀:だって、僕、ゲンタニシですもん
  プライベートはゲンタニシの気持ちなので、
  街で見かけたら、
  「タニシなう」
  にしてもらわないと

雄:亀梨くんですね?って言われたら・・

亀:ちがいますぅ(ゲンタニシ調)
  よく似てるって言われるんですよぉ(ゲンタニシ調)
  
  握手してくださいって来られるのは、まだいいよ
  「亀梨さんですか?」「はい」
  さーっっ(確認して去っていく)みたいな
 
ぽつーんと置き去りにされてしまうことが結構ある模様。

 ~・~・~・~・~・~・

雄:有楽町のエレベータだったんですけど、
  おじさんとおばさんがこっち見て、こそこそ話をしだして、
  「嵐!嵐!ぜったい嵐だし」
  俺、KAT-TUNだし!

聖:KAT-TUNです、って言えよ

雄:KAT-TUN知らないしって言われたら嫌だし

亀:そこは自信持ってけよ
  
雄:負けましたよ

亀:がんばれよ 

1073

 ~・~・~・~・~・~・

亀:新しい名前欲しいな 

雄:変えるなら、Kではじまらないとだめですからね

聖:きくらげ!

亀:それだったら、ゲンタニシのほうがいい
  GET-TUN~デビューシングル

雄:Kにしようよ

亀:Kがいい?

聖:Nをにらにするから、Kはきくらげにしよう
  Tはたまごにしよう

亀:一生のお願い!
  Tはタニシにして

聖:じゃ、タニシ

亀:これ一生のお願いな
  もうお前にお願いすることないから(ふっ)

聖:こんなんで使っちゃっていいの!?(焦)

亀:Uは、うに・・いや、Uだけ上田でいいや
  きくらげ、タニシ、たまご、上田、ニラ
  ふたりで歌うときは、ニラをちゃんとこう持って
  で、上田はちゃんと坊主なの
  
雄:すっげ、くだらね(ぽそっ)

1072

竜也さんポジションになって、ニラ(中丸)とシンメのお手本を見せる
ちょーアイドルキメ顔亀梨くん↓
1074
カメラにぬかれてアップになったときの背中合わせでカメラ目線を送るレクチャーの図。

 ~・~・~・~・~・~・

亀:この後、4時半から仕事なんで・・

雄:俺、坊主(上田)とラジオあるわ

亀:みんなばらばらに仕事して
  夜9時合流ですよね

舞台から中丸くんをはけさせようと絡む亀梨くん、
ひとり笑いがとまらなくなり、
  
雄:なにヘラヘラしてんだよ

聖:ヘラヘラって・・

亀:部活の先輩後輩みたい(笑)


仁くんもかなり絡みにくいぼけ方をしますが、これは亀梨くんも負けてない。
上田with野菜たちのプロデュースが楽しくなってしまう末っ子。
そんな末っ子を憮然ともてあますおにぃちゃん中丸くん。

甘くしっとりとした声音の落ち着きある座長のご挨拶からはじまったのに、
中丸おにぃちゃんというストッパーがいるからか、
ゲンタニシあたりから、単なる甘えたの末っ子へ変身~。
中丸くんが側にいると、ほんと安心しちゃうんだなぁ。

category : 舞台

2011.09.27 *Tue*

DREAM BOYS 2011 観劇記1 ~大回転

回転に入る前の、
水面を鏡状に鎮めるみたいに、気を澄ましていく亀梨くんのゆっくりと深い呼吸が、
会場中の心を吸い寄せ、静かに支配する。
加速する回転のスピードが熱く刺激する。

大回転バンジー。

遠心力でかかる大きな力を制御するのに、どれだけの負荷がかかっているのか。
下からゴムが跳ね上がるとき、
すごく歯を食いしばられるんですよね。
スピードのついたなかを、体の中心がぶれないようにコントロールするのに、
亀梨くんのなかに一点に集められる集中力がすごい。
ロスマイは、とらわれますが、
ここでは、ぐっと掴まれる。

ふんばっている声というよりは、
「ひゅっ」と息をはく音がして、
体びびっと射すくめられました。

連続回転の動はすごい迫力ですが、
回転に入る前の、気を澄ましている静の亀梨くんに引きつけられます。
顎の先からぽたぽたしたたり落ちる汗、
前を見つめる目が、すごく綺麗なの。

それにしても、バンジー回転の迫力もすごいが、亀梨くんの腕もすごい。
力を込められたときの筋肉がもりもり。
驚愕。
この1ヶ月間で、めきめきもりもり二の腕が大きくなられたのでは・・。
しゅっと細くなられた顔と同じ大きさに見えるのだわ。
ほんと。

終わりに、どや顔で客席を見下ろす亀梨くん。
汗でキラキラ光る顔で、ふっといたずらっこな笑みを浮かべるのが
きゅぅんとする可愛さ。
知らぬ間に強張っていた体の力がほっと抜ける。

1069
category : 舞台

2011.09.26 *Mon*

DREAM BOYS 2011 ~千秋楽

舞台の興奮が、キラキラが、瞳に口元に髪の毛の先に残ってるみたい。
スーツとネクタイをきっちり着こんで、気持ちを切り替えることなく、
舞台の余韻に浸っていられたらといいのに・・と思うけれど、
うれしかったです。
千秋楽直後の亀梨くんに会えたGoing。
いい千秋楽を迎えられたんですね。
すっきりとしたすごくいい笑顔。

落合監督と江川氏のインタビュを感じ入って見ている亀梨くんも、
江川氏を見上げてあどけない笑顔の亀梨くんも、
ちっちゃなワイプのなかでくるくる変わる表情の亀梨くんも、
いいお顔。

EDはちょっと目元がしぱしぱされていたような・・。
Goingのお仕事が残っているとわかっていても、
舞台で全力を出してこられたんだろうなぁ。

『もっともっと進化しなくちゃいけないと思ったし、
 もっと進化できると確信しやした

 この関係ずっと宜しくっ

終演直後のメッセージ。
もう次のステップへ進むことを考えてあるところが、
ああ、亀梨くんだなぁ・・。
感動の文面に可愛い絵文字をくっつけてしまわれるところも、ま、亀梨くんだ(笑)

ほいで、“中丸のページ”。

『特にホットケーキはありがとう。
 美味しかった。
 また会う日まで。
 さようなら。
 ホットケーキ。』

帝劇へかける想いは、ホットケーキへのノスタルジアから始まり、
ホットケーキに捧げるポエムで幕が降りるのであった。
ははは。
観劇中、中丸くんの細さに、あの大量のホットケーキたちはどこに消えていくのだろうか・・、
という思いを胸に抱いてしまいましたよ。

1ヶ月間舞台の上で過ごされたことで中丸くんが得られたものについて、
語られる言葉を楽しみだー。←22日MCネタ。


千秋楽と300回公演達成、
おめでとうございます。


そして、舞台の感動をありがとう・・。

category : 舞台

2011.09.22 *Thu*

羽鳥DREAM BOYSへ行く

22日、一公演、一発勝負観劇に行ってまいりました。
楽しかったーv
素敵な舞台でした。

先刻まで、帝国劇場にいたのになぁ。
心は、まだ劇場にいるのに、
体はもう福岡の夜空の下いて、なんだかふわふわしてます。

1066

はじめてのLost My Way指揮者Vre.に
こころふわふわ。
category : 舞台

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。