This Category : ライブ 2009~2010

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.14 *Sat*

KAT-TUN LIVE TOUR 2010 ~テレビの時間

テレビの時間 5月5日福岡/6月19日熊本

・Going! (亀梨+田口)
 だべだべ

・脳研 (中丸)
 福岡: ととのいました
     福岡名物とんこつラーメンとときまして、双子のマジシャンとときます
     その心は、どちらも替え玉ができます 

 熊本: ととのいました
     熊本のバスガイドとかけてスポンジととく
     どちらもキュウシュウ(九州・吸収)はおまかせください

・必殺仕事人 (聖)

・最強ホラー映画「着信ナシ」 (亀梨+上田)
 メールを待ち続ける男亀梨。しかし、彼の携帯電話は、沈黙したまま。
 腹立ち紛れに乱暴にテーブルに放り出す。
 そこへ通りすがる上田。
 「ちょっと待って、メールと電話いっぺんに来た。5、3?行く行く!」
 もしや・・と期待を胸に自分の携帯を慌ててチェックしてみれば、電話もメールもなし。
 自分のエリアだけ電波ナシにヘコむ亀梨。
 「ぷしゅー」
 
 ・ゲゲゲの鬼太郎
 
 目玉親父(聖): 頭痛い・・
 一反木綿(中丸): 風邪ですか?
 目玉親父 : ううん、ドライアイ
 ~・~・~・~・~・~・
 一反木綿: 原因がわかんないんですけど、最近、腰とか体中が痛いんですよ
 目玉親父: ・・・(黙って彼の足元を指差す)
 一反木綿: ふまれてるーっ!
 鬼太郎(上田)に体の一部を踏まれていた一反木綿

・J熱大陸 
 (亀梨)
 楽屋にて、亀梨くんヘアメイク中
 真横で、アフロヘアをドライヤーでセットされている、無駄な抵抗はよせな葉加瀬中丸
 ~・~・~・~・~・~・
 らせん階段をとんとんっと軽やかに降りてくる亀梨くん
 階段の下で、一心不乱にバイオリンを奏でる葉加瀬中丸
 (聖)
 控え室に向かう聖を追いかけるカメラ
 そこには、休憩中のメンバと、
 一心不乱にバイオリンを奏でる葉加瀬中丸


ライブDVDの特典映像として欲しい、田口くんの「ポチッとな」からはじまる“テレビの時間”完全収録。
中丸くんの「ととのいました」ご当地ネタ、
いったい何パターンあるんだ、質より量の力技、葉加瀬中丸のJ熱大陸、
プチコント鬼太郎、着信ナシなどなど。
全部見たいー。

アップテンポに切り替わる息をつかせぬスピード感、しかし、ネタはゆるゆるという。
こういうの大好きv
お約束の番宣もこんな風にネタを仕込んでくれると楽しい。
おかげで、MCがフリーになって楽しくなった。ははは。

コスプレ大会や惑星の王様によるマジック同じ系統というか、こういう仕込み好きだよなぁ、KAT-TUN。
テレビの時間が録画なら王様マジックは生放送、みたいな。
これはこれで、アウトラインは決まっているけど、同じ事をするのにメンバが飽きてきて、アドリブが暴走するハプニング事故がおきるのが楽しい生の魅力がありますが。

いつ何時も自分のアイデンティテイが揺るがない葉加瀬中丸くんが最高。
見るごとに愛が深まっちゃうなり。
アフロヘア、ラブv
J熱大陸の亀梨くんが、何気に“俺、亀梨”でキメてるのも可笑しいのだ。
聖が楽屋に入っていくカメラに映りこむ亀梨くんが、俺亀梨でペットボトルの水を飲んだりしてるの。
着信ナシも、ちょっとイライラして携帯をいじる手つきが、ちょ~“俺、亀梨”してた(笑)
「ぷしゅー」とテーブルに突っ伏すときのつむじも可愛いかった。
リピリピして見たいなぁ。
スポンサーサイト

2010.08.13 *Fri*

2010.8.11 MOUSE PEACE ~上田竜也 福岡

MOUSE PEACE unifing with FiVe 
 TATSUYA UEDA LIVE 2010


竜也さんソロLIVE楽しかったーv
にこにこ。

まずは、FiVe。
曲を聴かせるというよりは、ねぇちょっと語り合おうよというメッセージソングを軸に、4曲、20分ほど。
心の銃をぶっ放したり、会場中で手を繋ぎあったり。
ハートウォーミングなミニライブ。

暗転一転。
荘厳な鐘の音が鳴り響き、迷い込む深き森へ。
竜也さんの世界へ。
モニタに映る、森の中で「迷子(lost)になったの」と途方にくれる少女の映像。
「城(castle)に住む王子(prince)が助けてくれるよ」と彼女に手を差し伸べる年老いた執事。
少女は、イコールわたしたち。
王子に捕らわれゆく・・。

雷鳴とどろくなか、竜也王子登場。
手前に謁見の間、奥に階段が続き、一番高い場所で、玉座にふんぞり返る王子様。
シフォンを重ね合わせた真っ白の衣装、半パン、グラサン姿。
オレ様王子様竜也さんがかっこいいー。素敵v
中世というか、えーと、FFっぽい古いお城。大きいお城なのにほとんど人気もなく、王子と数人の召使。かび臭く淀んだ空気。そして、何年も、何百年も容姿の変わらぬままにいる王子・・みたいな。
「叫べふくおかー!」
KAT-TUNでは見られない竜也さんの煽りだー。
一気に温度の上がる会場。
バックバンドも攻めてくる。

“RABBIT OR WOLF”の映像が、アリーナツアーのときと変わっていて、ざらっとした質感から、血の匂いは残しつつ、ちょっと透過された感じに。
それにしても、いつ聴いても息がつまる。
高カロリーな寓話だなぁ。

再び一転。ステージライトがキラキラになって、
「おなかすいた(へろへろ)」
はらぺこマン登場なのだ。
やさぐれた王子からはらぺこマンに変身。
ステージをすてててーっと走りまわる竜也さんが可愛いv

あいさつ。
上: 台風小僧のたっちゃんでーす!
   台風に負けるなー!負けるなー!なーっっ!

   2年前にマウスピースをやったんですけど、
   扇子持ってる人がいるね(にこっ)
   はじめてのツアーということで、来てくれてありがとうございます

   飛行機の揺れハンパなかった
   台風が来るから羽田に戻りますとか言われて、
   「とんでもねぇな!」
   飛行機の揺れこんなだぜ?(腕を上下にくねくね)
   男とか女とか関係なく、人として怖かった
   KAT-TUNの中丸くんだとおもらししてましたよ
   
   次が最後の曲です・・うそ(にへっ)

外雨降ってた?とか客席と会話する竜也さん。
緊張されているせいか声が上擦っていて、そわそわ落ち着きがなくて、甘えた感じに話しかけられて、わーわー竜也さんが可愛いよーとぐるぐる。

降り積もる雪の中、しっとり歌い上げる“Love in Snow”。
クラップクラップ、ポップな“フレンズ”。
喧嘩もするけど楽しい仲間、でも彼女できたり成績あがったりしてるといやいやしちゃう青春からまわりな、竜也さんらしいキュートさいっぱい。

また、一転。お城の中をさまよう少女。
現実と幻想を行ったり来たり。
開けてはならぬと注意された“禁断の扉”に近づく少女。
禁断は、破られるために存在するのだ。
鍵穴からのぞく少女の目に映るのは、“ルシエル”と銘された人物画。
そこには、無口キャラを作っていたころのトゲトゲネックレスをしていたころの竜也さんが。
ぶはっ。(一斉に吹き出す会場)

厳かな神曲、パイプオルガンの調べ。
上空から降臨する片翼の黒天使竜也。
ファイナルファンタジークライシスコアみたい。←例えがFFばかりだな。
黒いフードマントを頭からすっぽり被り、“Deep red drop”。
またまたポップにハイスピードに“teen’s”。

MC&メンバー紹介。
上: ふくおかー!楽しいぞー!
   今日、親戚のおじちゃん見に来てるんですよ
   おじちゃん?
中: 親戚のおじちゃんでーす

わぉ! 中丸くんきてくれたー。
アリーナ席とスタンドAの間に設けられたスタッフコントロールブースに座って見てた中丸くん。
ピンスポットライトを浴びながらステージへ。
眩いライトのなかで、すごーくすごーくすごーく普通の中丸くん。
だって、白いポロシャツに黒のチノパンかなGパンかな。
黒髪、前髪横わけのナチュラルな短髪、アクセもなんにもなく白ポロシャツですよ。
あまりの普通さに、まきのくんも「ゴルフの帰り?」と突っ込む。

上: いつもKAT-TUNといるから一人でいると違和感ある
   俺が、もしここからいなくなって中丸ひとりになったら、
   俺の違和感味わえるよ?
中: 見てて不思議だった
   上田が女性に囲まれてるなーと
上: マウスピースといえば、女性ですよ

中: 天候が荒れているので羽田に引き返すことがありますと言われて、
   「ふざけんじゃねぇよ飛行機」
   と思いながら来ました

竜也さんと中丸くんは、別便だったよう。
中丸くんは、「寝てたら着いてた」。

上: メンバー紹介見てる?
中: や、オーディションに参加してたんで、大体わかりますよ
   ギターの人エクステつけたんだなぁとか
   まきのくんは今日蝶ネクタイなんだなぁとか

上: メンバー紹介します
中: 階段こうなってるんだ・・(よそ見)
上: 聞いてー!

今のノリツッコミ我ながら良かったとはしゃぐ竜也さん。
「中丸くん、待望の女性ですよ」とふられた女性陣のメンバー紹介に、
「どうしてバイオリンをはじめようと思ったんですか」
「どうしてサックスをしようと思ったんですか?」
とか硬く絡む中丸くん。
硬い・・硬すぎる。そこが好きなのだが。

ギター、チェロやバイオリン、コーラス・・呼び捨てでメンバを紹介していく竜也さんが、楽しくて仕方ないって顔してるの。
ソロライブがんばらなきゃという気負い、
ひとりじゃないバンドのメンバが支えてくれてるという安心、
短い準備期間でもやってやるーというバンドの士気、
メンバの名前を呼ぶ竜也さんからすごく伝わってくる。
マニュアルに登場した内気なギタリストさんに、
「挨拶しな?」
とか、ぶっきらぼうな優しさにきゅん。
竜也さんの人懐っこいところも見られて、きゅんきゅん。
ダンサーさんのバースディも会場でお祝い。

中: 福岡公演ではじめて歌詞カード配ったんですよね
   俺、見ましたよ
上: これ、よだれマン
中: 絵のセンス、ゼロですね
上: うそっ!?
   かわいいよね
客: かわいいー
上: みんな俺に対して優しい
中: バファリンみたいですね

中: ニートまん、僕が作詩したのは載ってないんですか
   ツアー中、ニートまんの歌を作るからって聞かれて
   いくつか書いたじゃないですか
   使われてないですね(真顔で糾弾)
上: 使われてないですねぇ。あはは

中: 今日の蝶々はピンクなんですね
上: よく気がつきましたね
   初ピンクです
中: 気分で変わるんですか?
上: や、在庫の関係です

みんな竜也さんの真似して蝶々シールを買うので、同じく通販で買っている本家竜也さんも手にしがたくなっているらしい。

中: 石垣くんは、ステージドリンクは何ですか?
石: 水です
中: だと思ったんです
上: 俺はコーラ
中: そう、上田くんは、今年になってステージドリンクをコーラにしてるですよ
上: おまえが流行らせたんだよね
中: でも、ステージ上では飲んでないですね
上: ステージで一回飲んでみ?
   はまるぜ
   お客さんの前で、「ゲポッー!」って
中: ・・・血糖値は上がりますね

テンション低めな中丸くんとちょい早口でテンション上がってる竜也さん。
豪華なセットのなかで、ロバ丸おにぃちゃんたちの公開ラジオみたいな地味な雰囲気になっちゃってるのが可笑しいの。
そういえば、剛くんもJコンステージドリンクはコーラだった。
剛くん曰く、水と違い喉の潤いが流されずにいいらしい。

「亀が・・」って、亀梨くんの名前がちょろっと出てくるのもうれしかったりして。
中丸くんが竜也さんのベルトの注意をしていて、「いつも亀になおされるんだよね」とか。

東京ドームでボケをすべった後、うつろになり、順々にはけるラストの挨拶でステージに残って亀梨くんの後ろにぽけらっと立っていた、ステージの穴に落ちたなど、5万5千人の前でスベったら怖い話。

「せっかく来たから福岡のみんなの印象に残りたい」と言っていた中丸くん。
階段を上ってはけようとする。ははは。
思いがけずろば丸おにぃちゃんコンビが見られてハッピー。

竜也さんのピアノ演奏で、“花の舞う街”を客席みんなで歌う。
青空広がる沖縄が舞台の“育ち島”。
竜也ワールドは広いぞ。

再び、お城の映像。
夜眠れず、王子に会いに行こうとする少女に、「夜の王子には会えない」と老執事。
そして、官能の吐息とともに、
竜也さんの入浴シーン。
裸でバスタブに浸かる竜也さんにどきっ。
上半身だけだけど、急に乳首があらわになるからびっくりどきどき。
先刻の人懐っこい笑顔はどこに・・。
妖しく色香をふりまく、“Marei Antoinette”。
破壊的で孤独な王子。
メイドに膝枕をさせ、キスを奪うシーンも。

急展開、なぜか3匹の龍が暴れ、炎につつまるお城。
ファイガとブリザガが入り乱れ(やっぱりFF)、世界の崩壊。

新たな世界に光が射し、“遥かな未来へ”。
前髪をちょんまげにして、ゆらゆら揺らして歌う竜也さんが可愛い。
ノースリーブのフードジャケット、半パン、ぺたんこ草履。
竜也さんの妙味がたっぷりつまった、顔文字踊る“ニートまん”。
羽が舞う“愛の華”、桜が舞う“花の舞う街”。
水の演出がすごかった。
水のなかに閉じ込められてしまうように見えたくらい。


♪今日のふくおかの思い出を逃がさぬように

ピアノと儚い歌声。
この甘いラブソングは、竜也さんの分岐点になる曲かも。
♪ラララーララ
想いをメロディにのせて、竜也さんと客席で歌声を重ねる。

アンコール。
上: ジャニーズウェブ見た人ー?
   これが例のビデオカメラです
   今から思い出を撮るからね
   俺のプライベートタイムです。ふふ。
   これ、すごいアップになるんだよ
   たっちゃん妖精ってうちわも見える
   これ帰ってひとりで見るんだー。ふふふふ。

客席をじぃっくり撮っていく竜也さん。
羽鳥も写ったかなぁ?
アンコール曲は、“ヤンキーの片想い”。
歌いながら、ステージを駆け回る、ジャンプする。
しゅわしゅわはじける竜也さん。
会場に浮かんでいたよだれマンのでっかい風船が割れて、中から小さなよだれマン風船(飴入り)がふってくるサプライズプレゼント。
もらえたvラッキーv

上: マウスピースボーカルー
客: うえだたつやー!!

竜也さんの紹介をする客席。
「お前が好きだよ」大合唱。
うは、楽しいー。
客席全員でジャンプジャンプジャンプ。
最後の締めのジャンプ、みんなでおっきくジャンプ。

上: みんなに囲まれて幸せです
   もっともっと成長していくので、ついてきてください
   召使募集中でーす 
   バイバイ

召使募集中の王子さま(笑)
中丸くんは、アンコールの終わるギリギリまで、スタッフ席でステージを見てました。
じぃっと静かにステージを見入っていた中丸くん。
中丸くんの目は、どんな風にステージがうつるんだろう。
観客と作り手の目、両方で観ているんだろうなぁ。
あ、保護者の目もあるかも。おじちゃん(笑)

羽鳥は、スタンドAやや前列。そして、ど真ん中。
羽鳥の席から直線を引いたらステージに竜也さんがいる。
中丸くんもスタンドA前のスタッフ席にいて、羽鳥→中丸くん→竜也さんと直列、みたいな。
中丸くんの四角い背中越しに見る竜也さんですよ。どきどきしたなぁ。
ステージを少し上から眺められるくらいの視線の高さで、竜也さんは少し遠いけれど、ステージ全体が視界に入る、セットやライティングも中心で味わえるという、まことに素晴らしき哉この席。
どの席でもこの席だったからという楽しさがあるけど、360度体感できたような、すごく贅沢した気分です。
ソロステージだから味わえる贅沢さだった。
テンション上がって、舞い上がってる竜也さんをたっぷり見られるのもお徳。
やんちゃで懐っこい竜也さんが可愛らしかった。ラブv

ステージを彩るライティングも良かったし、歌詞カードみたいにダークとライトがくるくるとひっくり返って行ったり来たりするのも面白かった。
幻想的な惑いをまとう竜也さんとちょ~明るいポップスター竜也さんがくるくる現れる。
合間に、テンパってる竜也さん。ははは。
セットや演出が凝っているのに、まだこなれていないところがあって、そのたどたどしさが手作りな味になっているのも良かった。
これから洗練されて切れが出てくるんじゃないかなという予感。

ライブ楽しかったです、竜也さん。
マウスピース!



入り口で配布されていた歌詞カード表面&
空から降ってくるよだれマンの飴入り風船
2010mousepeace1

歌詞カード裏面
2010mousepeace2



2010.06.21 *Mon*

KAT-TUN LIVE TOUR 2010 熊本 MC2部

KAT-TUN LIVE TOUR 2010.6.19 熊本 MC2部

亀: 九州の娘、美人が多いよね
   
中丸: 今日は、持ち上げる方向でいいですか?

亀: 本心です

上田: そーだそーだ!
    本心だぞぉ!

明らかに本心じゃないだろ、な竜也さん(笑)

亀: 九州のおしゃれの感じ好き
   おしゃれしてるのにナマってるとこ
   「なんしようと?」

~・~・~・~・~・~・

亀: 今回、ワールドツアーの前に、アリーナをまわれて
   しあわせだな

 ~・~・~・~・~・~・

中丸: 髪型で悩めていいな
    
亀: 努力してるもんな?

中丸: 努力してるんです
    いつもセットしてないように言われるんですけど、ブローしてセットしてるんです

亀: 机置きブローですよ
   普通、ドライヤーを手に持ってブローするでしょ?
   中丸は、テーブルの上にドライヤーを置いて、風を固定して、そこに顔を近づけるんです

メンバしか見られない器用な中丸くんのブロー姿。いいなぁ。
毎公演セットしていると力説中丸くん。
でも、すぐ汗でちるちるに。羽鳥も天然だから(髪の毛ね)、わかるわかる、そのご苦労。うぅ。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: 中丸、最近説明が多い

中丸: 会話が説明くせえってことか?

上田: もう26歳ですからね

中丸: いっしょじゃん!

亀: 上田若いよ

中丸: や、こいつは若作りがうまいんですよ
    普段、初めて会う人に年齢聞かれて、「26歳です」って言うと、みんな驚くんだ
    私服童顔・・

ロバ丸おにぃちゃんたち、どちらもお若いっす(笑)

 ~・~・~・~・~・~・

上田: OPで壁を壊して出てくんじゃん 
    聖が、壁を蹴って出るんだけど、今日は亀もその気になっちゃったのかなぁ
    壁を蹴るんだけど、壊れなくてよろけてた(笑)

亀: 中心部重くて、反動で(弾き飛ばされるジェスチャ)
   真ん中蹴ったらアカンわ~

ティアドロでOP衣装でおらおら格好つけてるところで、格好つけそこなってよろけてるかめなちくん哉。
ぷふふ。
よほど可笑しかったのか竜也さん、おまぬけ亀梨くんをリーク。

 ~・~・~・~・~・~・

熊本が九州のどこに位置するか、上?上?下?下?わちゃわちゃ言い合うメンバ。

中丸: あんまり言ってると俺らあほみたい

田口: 頭がチーズ(地図)みたいに溶けてるからな

メンバ: ・・・・・・

亀: なに言ってんだ、このイケメン

中丸: あ、ちょっとうれしいでしょ?

亀: わかりやすい(笑)

田口くんのギャグがウケず、

中丸: これが福井だと笑ってくれたのにね

亀: あと3分後くらいに笑いが起きるよ
   時差があるから

福井と熊本の時差3分。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: はい、集合~集合~

アルバムをまだ聴いていないファンへ一言。
「後でKAT-TUN会議な」みたいな言い方が可笑しかったの。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: 離れても~♪
   FARAWAY、俺好きv

喉があたたまっているからか、かすれた歌声が綺麗に響いて、ほんの一小節口ずさまれたアカペラのFARAWAYにきゅんと切なくなる。

 ~・~・~・~・~・~・

聖: 離婚シンドロームに出ます
   明日も撮影

聖がさっぱりして見えると思ったら、ドラマ撮影中だからか~。
おひげゼロ、落ち着いた黒髪で正統派ジャニーズしてる聖がかわいい。

 ~・~・~・~・~・~・

上田: ソロライブが決まりました

中丸: え・・そんなあっさり

亀: 初だし情報なんだからね
   もっかいいくよ
   個々の活動もいろいろあって
   田口くんも ←遠回りして竜也さんにいく方向

田口: ぼくは、映画「アナター」に出ます

亀: 上田くんもお知らせが・・

上田: 2年くらい悩んで、決意したところなんですが
    2年間報告が遅くなってごめんなさい
    実は、この度、わたくし上田竜也は、(ためるためる) 
    ソロライブをやることになりましたっ!

メンバ: ふつーかよっ!

竜也さんがためにためたのに、ボケなかったことを突っ込むメンバ。
竜也さんが突っ込まれてるの珍しい(笑)
田口くんの「アナター」うまい(笑)
特殊メイク後の顔が思い浮かぶ・・。

 ~・~・~・~・~・~・

上田: 昨日、知ったんです
    社長から電話がかかってきて
    「もしもし、上田さ・・もしもし?もしもし?」(ジャニさん物真似)

中丸: ルス電にはいってたんだよな?
    社長からってわからなくて、こいつ「誰だよ、これ(怒)」って。
    はははは。

上田: どっかで聞いたことある声だなぁと思って、中丸に聞いたら、
    「ジャニさんだよ!」って

ラジオ収録中にて、中丸くんがちょうど傍らにいた模様。
そのときの竜也さんの様子を伝える中丸くんの笑顔が、聖のときみたいに気の置ける友達に向けた笑顔で、なんかもうライブ中ってことを忘れてる中丸くんの普通の笑顔だったの。
このにかっとした笑顔を見られただけで、ライブに来てよかったというくらいの素敵な笑顔。きゅん。

ここを発端に、ジャニさんにまつわる電話逸話で盛り上がるメンバたち。

聖: ルス電のテープを自分の声にできるやつのとき
   「もし? うん・・、うん・・、これルス電だから・・」
   そしたら、社長からルス電入っていて、
   「もしもし?もしもし?これ電波悪いのかな!?」
  
ルス電と気がつかれない社長さんがずっと話していたという。

亀: 俺も。ルス電に入っていたことがあったの
   「かめ、電話にでないな・・」
   電話の置く音がしてから、20分くらいキッチンをうろうろする音が入ってたの

うっかりプライベートの音を聞かされるはめになってしまい、しょっぱい顔する亀梨くん。
   
聖による携帯の(電話に出る方ではない)表面を耳に当てていたので、逆ですって言ったら、裏面にひっくり返さず、上下をひっくり返したエピ。
テキストにするといまいちか・・。
や~、このエピソードは笑った笑った。

亀: 会議中、「YOUたちなんとかかんとか」って怒ってたらしいの
   そこに電話がかかってきて、会議中だからってガチャって切って、
   「もしもし!!」机バーン

これも、テキストにするといまいちか・・。
みんな話しながら笑いがとまらなくなってるのが可笑しい。
社長さん最強伝説。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: ぼくらもソロライブに参加してるかもしれません
   
上田: ほんとですか?

亀: 言っていただければ

聖: ライブ終わってみれば、「キーボード田中聖」ってこともあるかも

 ~・~・~・~・~・~・

関西Jr.登場。
衣装ブツブツ、腕ムチムチをしょっちゅういじられることになる桐山くん。
先輩の立場から後輩をいじりまくるメンバが楽しいぞ、このコーナー。

亀: 俺、ダイチのものまねできるよ?
   してい?

OP自己紹介の後の顔真似をする亀梨くん。
口をへの字にして、視線を左右にふる。
似ているかどうかわからないけど、照れてぶっきら棒な顔真似をする亀梨くんの表情がちょ~かわいかった。
お返しに、ダイチくんによる格好つけてる亀梨くんの物真似。

聖: 亀梨くんは墓穴を掘ったということですね

亀: 中途半端にでしゃばるのはよくないということですね

 ~・~・~・~・~・~・

聖を笑わせるミッション桐山くんのすべらない話3・4連発。
横山くんのエピソードには笑いました。思い出しても可笑しい。
犬と獣医さんの話の後、

亀:ワンちゃんはね、お話できないからわかんないよね

ぽそりとつぶやいた亀梨くん。

 ~・~・~・~・~・~・

中丸: 遊園地で一番面白いのはコーヒーカップです

亀: 中丸さ、ジェットコースター平気なの?

中丸: 平気

亀: 何でバンジーだめなの?

中丸: 落ちるのがだめなの
    バンジーはもってのほか

亀梨くんの口から、バンジーという言葉が出たとたん、一瞬でこわばった中丸くんの苦いお顔といったら。
すごい拒否反応・・。

 ~・~・~・~・~・~・

Jr.の衣装チェック。

亀: 長野くんの衣装着てんの?
   じゃ、ウルトラマンに変身しちゃえ

 ~・~・~・~・~・~・

亀: KAT-TUNで振起しするときは、大体みんな田口見てるよね
   田口大活躍
   一緒にステージでなくていいから、振りだけ覚えておいてもらえるかな・・

聖: KAT-TUNのSDカードみたいなもんですよ

マイクを逆さまに持たしてみたり、いたずらっこな笑顔で田口くんもいじる亀梨くん。
でも、Jr.の子が田口くんをいじると、「KAT-TUNばかにしてんじゃね?」とかばってみたり。
メン愛。

亀: 今度みんなでガチャッとまじってごはん食べにいきたいね~

面倒見のいい先輩だったり、座長さんだったり、末っこで暴走してたり。
いろいろなポジションを持っている亀梨くんの、いろいろな顔を見られるのが楽しい。
ポジショニングの違いで、話し方も変わっていたりするんだよね。

そうそう、関西Jr.が前に出て話しているとき、KAT-TUNメンバはそれぞれセットの配管に腰掛けているのですが、なぜかバスタオルをひざ掛けにしていた亀梨くん。
ひざこぞうさんが見えない由々しき事態に。
バスタオルはずせ~はずせ~と念波を送る羽鳥でしたが、届きませんでした。がっくし。

2010.06.20 *Sun*

KAT-TUN LIVE TOUR 2010 熊本 MC1部

KAT-TUN LIVE TOUR 2010.6.19 熊本 MC1部

中丸: この会場、縦に長いね

亀: LIPS、いつもより3倍長いじゃん?
   運動会のチャチャチャンチャチャチャンチャチャチャチャチャッ♪みたいだった
   めっちゃ走った

メインステからバクステまで遠い分、間奏も長くなってたんだ。ははは。
ちなみに、亀梨くんが口ずさんだのは、「クシコス・ポスト」でした。←徒競走、BGMでキーワード検索した。
こういう時BGMがついてくるのがかわいいかめなちくん。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: 飛行機、着陸できないかと思った

中丸: 上空で30分迂回してたんですよ
    機長さんが、「このまま降りられなかった場合は東京まで戻りますのでご了承ください」って

亀: 飛行機って降りるときは、ヴィーンって向かい風で降りるんだって
   昨日は手動で降りずに自動降ります、追い風だから機体が浮くかも説明あった
   で、ヴィーンホワッホワッホワッって

中丸: 俺の飛行機は、着くかもしれないってときにもう一回上がった

亀: 中丸みたい

中丸くんだけ別の飛行機搭乗のようでしたが、メンバが乗っていた飛行機が、霧による視界不良で着陸できなかったらしい。
低い声で話している亀梨くんが、ホワッとか擬音だけコミカルな鼻濁音になるのがおかしいの。
中丸くんの機長さんのアナウンスの物真似していて、きゅんv
パーサー役とかこないかなぁ。制服ちょ~似合いそう。

 ~・~・~・~・~・~・

中丸: 本番前にいきなり団子食べたね

亀: いきなり団子ってどのタイミングで食べるからいきなり団子なの?

聖が「いきなり客の口に突っ込む」と言うと、「おいもが喉につまります」と条件反射で冷静にうけてる中丸くんがいておかしい。

亀: だご汁うまいジュセヨー

韓国関係者が下見に訪れているとのことで、ちょこちょこ韓国語がまじる亀梨くん。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: 我ながら、今回のアルバムのバランス好きv
   5人そろってユニゾンで歌ってたりするのも多くて新鮮だった

中丸: N.M.P、9割くらいCG使ってるんですよ

亀: 田口現場にいなかったもんな?

田口くん、100%CG(笑)

 ~・~・~・~・~・~・

聖: 客席に鳥がまぎれこんでる?

亀: 昨日、リハーサルで歌ってたんだ
   そしたら鳥がぶわーっ飛んできて、えっ・・どゆこと?
   熊本ということで、鳥も“とり”こんでいこうかと
   田口、くやしいでしょ?(笑)

 ~・~・~・~・~・~・

亀: 聖は、KAT-TUN戦略大臣だから

えーと・・なんの流れだったっけ。
戦略大臣のインパクトが強くてこれだけ覚えてる。ははは。

 ~・~・~・~・~・~・

聖: 俺、明日事務所入った日だ
   明日で人生の半分ジャニーズ
   こう見えて、俺、一番ジャニーズ

中丸: 昔はかわいかったんだけどなぁ

ひとしきり聖とメンバの昔話。聖が突然田口くんに呼び捨てにされたエピソードとか。
「かわいかったんだけどなぁ」という中丸くんの笑顔が、ゆるっと緩んですごいおにいちゃんの顔になって、ときめいてしまった。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: 個々の活動がありますが、上田さん報告があるんですよね?

中丸: 初出し

聖: 中丸出し

上田: じつは、鼻の中ににきびができました
    というのは冗談で、
    ソロライブが決まりましたー!


ひゃっほー!
竜也さんが福岡に来るv
うかれてほかにどの地域を回られるのか忘れてしまった。
うれしいな~明太子ライヴ竜也さん~。
亀梨くんによると、ワールドツアーをやりながら、これから発表できることが増えていくらしいです。
HAPPYなお知らせがたくさん出てきそう。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: みなさんにご協力願いたいことが・・

なになに?と思ったら、突然マッチさんの誕生日メッセージ収録に突入。
わぉ。

カメラ準備の間、情熱大陸を口笛で奏でる亀梨くん。
おめでとうございます、おめでとう、おっめー・・メンバがそれぞれどんな感じか軽く言い合いながら、その場の雰囲気に合わせて段取りされて、まとまっていくのが、もう面白くて。
現場で作品が決まるってこういう感じなんだ。
MC中だからみんな座ってたんだけど、KAT-TUNライブ盛り上がっているところを見せようということで、立ってくれる?なんて、シーンをプロデュースしてたのが、亀梨くんと聖。
俺らが先にコメント撮ったほうがいいかな、その後ファンのみんなでOK?って最終的に流れを決めていたのが亀梨くん。

亀: 校長先生の話わかりましたか?
客席: はーい!
亀: 茶髪にしてる子は後で担任のところへいくように

亀梨くんらしいベタな小芝居もはいりつつ。
カメラの準備ができて、スクリーンが収録画面に切り替わると、そこに映っているのがカメラモードのKAT-TUN。

亀: KAT-TUNです!

ライヴの顔とはまた別の・・。
一瞬で切り替わるお仕事モードのお顔。
目ぱちくり、びっくりした。

亀: マッチさん、お誕生日
客席: おめでとー!
メンバ: ございます

結局、中丸くんか田口くんがございます付け加えちゃってた(笑)

亀: 天使のような~ SAY!
客席: 悪魔の笑顔~この街にあふれているよ~♪

ギンギラギンをふられたら、会場一斉に“ギンギラギンにさりげなく”熱唱。
わははは。
歌詞カードも出てないのに、みんな歌う歌う。
羽鳥も歌ったよ~。きもちぃかった。

亀: みんなアドリブきくね・・

や~熊本すごいな、って羽鳥も思ったもん。くまもとさいこ~。
スペシャル収録楽しかった~。

 ~・~・~・~・~・~・

マッチさんが後輩に慕われている話から、

田口: 俺の後輩、平成JUNP?

亀: 後輩っていうけど、デビューから言えば1年くらいしか変わんないんだよ?
   そうすると、俺ら妙な貫禄あるよね

聖: 結成して10年だからね

 ~・~・~・~・~・~・

亀: 俺ら嵐のバックについてたの知ってる?
   黒い靴下を両手につけて踊ってたの

中丸: PV出た?

亀: 俺、出てない
   呼ばれなかった

中丸: 俺も呼ばれなかった
    すげぇショックだった、な?(亀梨くんと顔を見合わせる)

亀: 田口は、関東近郊だけ呼ばれる要員で
   俺ら、一生懸命全国ツアーについてまわってんのに
   カンコンキンコンの田口だけPV呼ばれてた

関東近郊がうまくいえなくて、カンコンキンコン、かみかみ亀梨くん。
Jr.のころの競争はげしいんだろうなぁ。
中丸くんも亀梨くんもいまだにほんとに悔しそうに話されるから。でも、こういう悔しさがちゃんと残っているのが大事なことなんだろうな。

 ~・~・~・~・~・~・

関西Jr.のすべらない話。
はまちゃんによる、田口くんエピ。
ドリボ舞台中高熱を出して、何もいっていないのに、ユンケルと風邪薬を差し入れてくれた優しい田口くん。翌日お礼を言いにいったら、田口くん本人が風邪を引いていた。

聖: 田口っぽい
   最後のつめが甘いとこ

亀: いい先輩じゃん

聖: 人柄なのかな 
   優しくしても後輩がついてこないところは

Jr.の姪っ子ちゃんエピの流れから

亀: じゃ、俺作るわって、がーってやってて(フライパンふるジェスチャ)、
   後ろにフワッて人の気配がしたから振り向いたら誰もいなくて
   またガーッてしてたら、
   「カンチョウ!」
   姪っ子にカンチョウされた

振り向いたときは姪っ子さんが小さくて見えなかったらしい。
なにをされてもうれしい甘いあま~いおにぃちゃんなのだ。

Jr.のすべらない話が次々と続き、いざ桐山くんという順番で、ハズして聖に突如指名される亀梨くん。
えー!?といいつつ前へ。
やる気だこの人。
恥ずかしさとやる気のないまぜになったお顔といったら(笑)

亀: はじめまして~KAT-TUNの亀梨和也です~(ぺこ)
 
ヤマトナデシコで共演した宮尾くんのエピソード。

亀: しゅんちゃん、見た目クールなのに天然で
   いろんなことが起こるわけですよ
   しゅんちゃんが家に泊まりにきたときに、僕、仕事が早かったので先に家を出て
   外からカチャって鍵をしめたんです
   2時間後、鬼電がかかってきまして
   そのころ、料理の番組に出ていて回鍋肉作ってたんですけど
   電話かけたらしゅんちゃんがセコムに捕まってました

みんなで台本を読みながらドラマの話をしていたら、宮尾くんの靴の飾りボタンが取れて、縁起悪いなぁとつぶやいて立ち上がったとたん頭を照明にぶつけて、即効不吉さがやってきたしゅんちゃんの話その二も。

そしてそして。
田口くんのエグザイル邂逅の話をうけて、再び立ち上がる男亀梨和也。

亀: ちょ、おもしろい話ありますよ
   
ここで、聖が「止めんなよ、面白いからいーじゃん」と口を挟むので、何かと思えば案の定、MCが長いとイヤモニにスタッフからクレームが入っている模様。
しかし、ここからもとことん長かった。

亀: ちょっとしゃべらせてもらおうかな
   普段はクールだけど(えっへん)
   よくいく健康ランドに空き時間があったから行ったんですよ
   シャワーガーッして、サウナにはいったら、タカヒロがいて
   「あ、どうもー」
   サウナ汗ガーッして、水風呂バーッして
   きもちぃねきもちぃねーって
   サウナ戻ったら、エグザイルのダンサーの人がもう一人増えてて
   サウナ入って、水風呂入って、エグザイル増えてて・・ 
   最終的にエグザイル4人に囲まれて 
   周りエグザイル、俺一人ぽつーん(ちっちゃくなって座ってるジェスチャ)

話が熱くなると、ジェスチャも熱い。
右むきがサウナ、左向きが水風呂で、サウナと水風呂を繰り返すくだりで、中腰姿勢で右左右左くるくる忙しいかめなちくんの図。

Kinkiさんと張り合うくらいMCが長かった。
血筋なりか。ははは。

2010.06.01 *Tue*

KAT-TUN LIVE TOUR 2010 福岡 覚書らくがき

1003
1004
1005

ライヴメモの中から、らくがき部分を先にピックアップ。
これで3分の1くらいかな。
こんな感じでちょこちょこメモってます。

2010.05.09 *Sun*

KAT-TUN LIVE TOUR 2010 福岡 MC2部

KAT-TUN LIVE TOUR 2010 マリンメッセ福岡 5月5日 ~MC2部

亀: 福岡、ノリいいね
   楽しい~
   みんなめんたいこみたい

   ノリすぎて、ワーッってしてたら、ブレスレットが1本無くなってた
   (ほら、と腕を見せる)
   これも運命と言うことで、誰か拾ってたら持ってかえってください

 ~・~・~・~・~・~・

中丸: Mステの白衣装どうだった?

亀: KAT-TUNってあんまり真っ白ってないじゃん?

中丸: ぼくらも悩んだんですよね

亀: 最初はもっと真っ白だったのね
   悩んで、俺黒を入れてもらった

   リハーサルで座ってたら、ゼブラクィーンが横にいて、
   俺ら優等生みたいじゃんかよ~
   ゼブラクィーンに食べられちゃうよ~
   
 ~・~・~・~・~・~・

亀: 博多の子は、好きな人に「好ぃとぉと?」とか言うの?

   (客席が、一斉に答えて)
    
   聖徳太子になりてぇ

6.7年前のLookingコンでも「聖徳太子じゃないからいっぺんに言われてもわかんないの」なんて言ってたから、可笑しくてふきだしてしまった。
客席に、好きたい言う人~?好ぃとぉと言う人~?とかアンケートとって、ぐだぐだになるのも変わらず(笑)

亀: 好きったい?
   好きっちゃ?!
   それ、ラウンドワンだろ!
   (聖とふたりでボーリングのジェスチャ)

「好きっちゃ」じゃなくて、「好きっちゃん」なのーと、客席でもどかしくなった人も多かろう。
好きっちゃん。うまかっちゃん。

 ~・~・~・~・~・~・

中丸:「物をしまって」っていうの何て言うんだっけ
     
客席: なおすー!

中丸: そう、なおす、なおす

亀: じゃ、「なかまるなおして」って言ったら、中丸片付けられるの?

中丸くんのかさぶた=“つ”って言うんだよに「つ!」「つ!」言い合うメンバがちょがき。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: ごはんがおいしいじゃん
   ラーメンがすごいでしょ、ちっちゃい餃子、モツ鍋、めんたいこ・・
   屋台が有名なんでしょ?

田口: 天竺(てんじく)じゃなくて

聖: 三蔵法師じゃないんだから

亀: はい、田口5スベリ退場~♪

 ~・~・~・~・~・~・

亀: この中で平成生まれの人~?

客席: はーい!の声がいっぱい ←(笑)

聖: 失礼だけど、あなたは違う

亀: みんな平成だったら困る
   KAT-TUNみんな昭和だからね

 ~・~・~・~・~・~・

中間くんの広東語講座の流れから、

亀: 台湾でくどくときって何て言えばいいの?

中間: 我愛称(ウォーアイニー)

亀: ウォアイニー・・絶対使おう


OPの戦国武将ムービーのポーズをとりながら、広東語読みの自己紹介。
ぜんぜん聞き取れなかったけど、竜也さんの名前が「サンチェ」の発音に近いらしく、サンチェさんネタで盛り上がり。
韓国語講座もはじまって、わちゃわちゃクロストーク。

亀: (ロッテのキム選手インタビュのエピソード長々)
    ・・っていうオチのない話なんだけど。てへ。

聖: ・・・ま、亀だからいっか


左端から中丸くん亀梨くんと隣同士に並んでいるので、何かといえば末っ子亀梨くんのいじられる材料になる中丸おにぃちゃんの図が可笑しいの。
聖がまた亀梨くんに甘々だったりするし、末っ子キャラかめなちくん楽しい。

2010.05.08 *Sat*

KAT-TUN LIVE TOUR 2010 福岡 ~相思相愛

おっきなおっきな投げKiss。

亀梨くんからの、想いよ届け!

んーっ、てためてためて。
ぶんっ、とおっきく腕を振り上げた先から飛び出した亀梨くんのハート。
ぱぁぁっ、と会場中に広がって。

きゅんっ、て胸が鳴った。

1001

5月5日、福岡2部。
FALL DOWN、ん?亀梨くんのテンション高い・・?
なぜかわからないけど、ライブがはじまってすぐ亀梨くんがとばしてるのがわかる。
濃いサングラスして、甲冑テイストの重い衣装に包まれて、ステージに立っているだけでも伝わってくる気迫。
「ヘイ、ふくおかーーっ!」
噛み付くようなあおり声。
曲を変えながら、指先までしなやかで激しいダンスが続く続く。

HELL,NOの亀梨くんがすごかった。
俺を触って?って、挑発するかのように手のひらを体にはわせながら、激しく腰を揺らし踊る。
汗で光る首筋は、衣装の下に隠れている、汗で濡れた肌を思わせる、露出のない衣装で生々しいNude感。
激しく踊る昂揚と欲情って似てる?
イケナイものを見ているドキドキ。
息が上がりながら歌い上げるLove yourself。

トロッコに乗っているときでさえ、手すりに仰向けでのけぞってもたれながら声をはりあげていて、MCがはじまっているメインステージへ戻るのが遅れたのは、酸欠になられたのではと思ったほど。

「やっべぇー楽しいー」
ステージに現われながら、ぽつりとつぶやかれたのが、それはどこかココロ飛んでいってたのが戻ってきたような感じで、「うわ・・」って、もうドキドキした。

ファンの歓声で視線で“亀梨和也”になる。
ライブの亀梨くんちょースパークしてた。

これこれ、この見せつけてやるぜなパフォーマンスですよ。
ある意味、ねじ伏せられにライブに言っているわけですが、いや、ねじ伏せられたな~。
一体感、ってことをよく言ったり聞いたりするけど、私は、ステージから放たれる圧倒的なパフォーマンスが会場の一体感を生むと思う。
客席へのフレンドリーなファンサービスとかからではなくてね。
花道席やトロッコ側で手を振ってもらえるとすごくうれしいんだけど、スタンド席に埋もれていても感動があるのは、KAT-TUNのパフォーマンスに、自分と同じように周りもドキドキしているのを感じるから。つまり、それが一体感なのだと思う。

前半から、亀梨くん体力配分考えてないなこれは・・ってくらいとばしていて、後半まで全力疾走。
ずっと顎の先から汗がしたたってた。
ダンスは激しくエロく、笑顔はキラキラ可愛く、紫てんぐに絡む末っ子ピンクテングはキュートでスパークしてる亀梨くんを見るのが楽しいの。
僕らの街で。
はじけてたのがうそみたいに、歌詞そのままに切なくて。

ラストに、おっきな投げKiss。
気持ちあふれ出たようなKiss。

この回、亀梨くんを見ていた人はより深い一体感をおぼえたんじゃないかな。


「これからもKAT-TUNと同じペースで、相思相愛のまま、先へ先へ進んでくれたらうれしいなと思います」


相思相愛。
気恥ずかしくて、ちょっとごろごろ転がってしまいそうな言葉も、こんな亀梨くんを見たあとだったから、じんわりあったかく心に届いて、あの場所で直接亀梨くんの声を聞くことができて、よかったな。
しあわせ。

Happy Happy Happy。

09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。