This Category : ごくせん

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.17 *Sun*

ひとりじゃない

♪走りだすよ NO MORE CRY

不意に耳にするからかな、それも忘れていた頃に・・。
いつ聴いても何度聴いても、心がざわざわとざわめきたって、
一瞬で連れていかれる。
隼人と竜のところへ。

ヴィレッジヴァンガードの一角で流れていたNO MORE CRYのリメイクVer.に、
ボールをはさんでにらみ合う隼竜がフラッシュしたかと思ったら、
隼竜シーンがチカチカ瞬いて、頭のなかがごくせんであふれてしまった。

ああ、そうだ。
この曲も羽鳥の元気の出る一曲だわ。
溌溂な元気ではなくて、決意表明のような硬さがまじっちゃう感じだけど。
一歩踏み出す前の張り詰めた思いも何故かある。

隼竜にとらわれてふわふわしながら家に帰って、
おとっときのスペシャルティコーヒーを淹れて、
ごくせんに浸る日曜の午後でした。

1.2話あたりは、まだぎこちなさがありますね。
話数を重ねるごとに、どんどんいい表情が出るようになってくもんなぁ。
でも、一番多くリピリピしてしまうのは、1.2話だったりする。

タケの告白シーン。
お互いが気が付いていないところで、
同じ痛みを分ける。
仲たがいしていても、つながっているふたり。
誰かのために強くなれる。
やっぱり、いいな隼竜。ふふ。
1034
スポンサーサイト
category : ごくせん

2009.11.16 *Mon*

隼人と竜の第二ボタン

宵っ張りを誇る羽鳥が、あろうことか12時の鐘が鳴る前にねむねむの日々です。
眠くてぐー、寒いとお腹減ってぐーの日々。

季節の変わり目に弱くて(とくに大きな気温差)、うとうと眠くなってしまう。
こんなときは、PCをつけるのも諦めて、ちゃっちゃと寝る体制に入ります。
英国滞在記などを軽くかもして(@もやしもん)、隼竜のことを思いながらうとうと夢の中へ。
隼竜の夢は見られませんでしたが、KAT-TUNの楽屋にインタビュに行く夢を見ました。
緊張しました。ふぅ。

おともだちから、“ごくせん THE MOVIE”新星堂オリジナル特典のお知らせに笑ったよ~のメール。
というのも、隼竜第二ボタンのレプリカセットが欲しいってネタまじりのリクエストをしていたからなんですけど。
どうやら特典として白金学園の第二ボタンが付くらしい。
お・・惜しい~(笑)

ごくせんらしくちょっとベタなセレモニーを演出していていいですね、これ。
もうちょっと突っ込んで、隼竜Ver.も作ってくれればいいのにな。
隼人が銀釦、竜が金釦。
ふたつでひとつ。
マニアックに限定した方が逆にウケると思うぞ。

当時は、亀梨くんを知りたてなこともあって、ふむふむと受け入れてましたけど、竜の第二ボタンエピソード。
大事な第二ボタンが傷つかないように裏返している設定でしたが、今なら突っ込める。

竜くん、乙女・・。

や、この場合、亀梨くんのほうか。
さすが乙女シチュフェチ亀梨くんだな、っと。

duet200502
“↑Duet 2005年2月号” 

ちなみに、表側は、竜の役名にちなんで弟さんが見つけてきてくれたという龍デザインのボタンになってました。
ごくせん当時あちこちで話されていたエピソードですが、4・5年前のことなので、ご存じない方もおられるかも。

ごくせん以前、或いはKAT-TUN結成以前からファンの方たちが、KAT-TUNを思う曲といえば、“ハルカナ約束”かな。
羽鳥は、ごくせん隼竜でKAT-TUNにはまったこともあって、KAT-TUN=“GOLD”です。

♪汚れたシャツが君の地図さ

このフレーズが、隼竜と、当時のKAT-TUNにも重なるイメージ。

GOLDを歌うKAT-TUNを見ていなかったら、きっと、隼竜よかったなぁだけで通り過ぎてた。
役者でありながら、歌って踊れるジャニーズのもつ2面性。
ここにひかれるけど、はまるのはやっぱり特別。
KAT-TUNのGOLDは、歌、踊り、衣装、オラオラパフォーマンス・・一気にきました。
うん。
今でも、KAT-TUNのパフォーマンスを魅せてくれる曲だと思うのだけど、ライヴでは大抵トロッコにのってしまわれるので残念。
たまにはがっちりGOLDを踊ってるところを見たい。


さて、隼竜第二ボタンレプリカリクエストをもう一押ししてみる。
よろぴくお願いします~。 (←どこに押せばいい?)


<11月18日 追記>
TSUTAYAのオリジナル特典に黒銀Ver.
わぉ!
ちゃんとね、“第二”って付いてるところが可笑しい。
隼人こだわりの銀じゃなくて、やっぱり金釦かな~。
情報ありがとうございましたv
category : ごくせん

2009.10.26 *Mon*

おうちで「ごくせん THE MOVIE」

ちょ・・こら、隼人・・

竜を手にしたい

934

やったー!
ごくせん THE MOVIE DVD発売。
羽鳥も竜せんせを手に入れるぜ。
ま、隼人はこの後ケリをケリをくらって竜を手にできないと思われますが。
ふふ。

でっかいスクリーン。
竜の声が降りそそぐサラウンド。

映画館で観るごくせんもいいけれど、待ちわびていたお家でごくせん THE MOVIE。
これで、気になるシーンをリピリピ。
竜せんせを思いっきりじろじろ。
竜せんせの甘い香りも吸い込めちゃうぜー。(それはない)

ふっふっふっ。


2010年1月20日・・まだちょっと遠い未来。
メイキングもついてるんだ。
撮影合間のきゃるんな笑顔の竜せんせに会える・・?
わくわく。

封入特典、竜の第二ボタンレプリカも欲しい~。
一応リクエスト。
隼竜の第二ボタンセットで欲しいなり。
って書いてたら本気で欲しくなっちゃったな。


亀梨くん、ドリボ千穐楽おめでとうでした。

舞台レポから届けてもらったカズヤのたくさんの顔。
いたずらっ子の笑顔、歯をくいしばっている険しい顔、ため息を誘う妖艶な顔。
実際に観劇することはできなかったけど、進化したドリボの姿が伝わってきてたの。

今頃、しばしの休息中かな、もうお仕事してるのかな。
まだね、亀梨くんのなかにはカズヤの想いが熱く残ってそう。

次は、羽鳥もカズヤに会いに行けますように。
category : ごくせん

2009.08.06 *Thu*

ごくせん THE MOVIE

竜ーっ!

竜がいた。
竜がいました。あれからちょっと大人になった竜が・・。


ごくせん THE MOVIE ~伝説の卒業生 小田切 竜


「りゅーっ!」って叫びながら夕陽に向かって走りたい。
そして、「夕陽じゃねぇし」って竜にぽそっと突っ込まれたい。

「竜」の名前を叫びたいです、今。

MOVIEのなかの22歳の竜。
初めて出会ったときから変わらない竜の大好きなところそのままで、初めてみる大人の顔をしている竜もいて、「竜・・竜・・」って、ずっとどきどきしてました。

はちみつ色から随分と落ち着いてしまったセピア色の髪の毛の間からのぞくとんがってる耳先、
は?のカタチに口がぽかんと開いて、一拍遅れて「は?」って音声になる怪訝な反応、

そんな大好きなとこ変わってなかった。うるうる。

ラーメンをふるふる振って冷ましてる猫舌なとこも相変わらず。
ま、このシーンはご本人曰く、確信犯でしたが。

ヤンクミをまだ受け入れていない3Dの教室で、懐かしさに浸っているような、昔の自分たちを目の前にしてやりにくそうな、困り顔まじりの無表情。
怜太をひとり行かせた仲間に怒るでもなく熱く語るでもなく、いつかわかると静かにを話す竜。

はじめて見る成長した竜の顔。
ヤンクミと同じで、竜の言葉にもウソがない。
残る4人を怜太のもとへ向かわせたのは、この竜の言葉が彼らに届いたからでもあるよね。
竜が先生としての第一歩を踏み出したシーン。
先生になるかどうかわからないけど、竜は人を動かす言葉をつむぐことができる大人になってるんだなぁ。
格好いい。
でもって、ちょっとだけ寂しい~。はは。

職員室にいる竜が格好よかったです。
そこいらの大人より修羅場をくぐってきて、度胸がすわっているから、実習生なのに「何様?」って感じの存在感。
机に軽く体重をかけて、腕組んでるふてぶてしさが最高なの。

あとあと、画面の片隅に、佇んでいるだけで、色気があふれてくるところは、威力倍増してる竜。
お・と・なの色気、というより、竜の持つ中性的な色気がパワーアップしてる。

竜のというか、亀梨くんのというか。
亀梨くんが本質的にもっているあの中性さが、竜みたいなキャラクタだと制御なしであふれ出てくるなぁ。
くらくら・・竜に酔っちゃうなりよ。

ケンカが強い竜もちょ~格好よかった。
ケンカ上等!
大学生だけどお坊ちゃまだけど、竜はこうでなくちゃね。うむうむ。
けっこう手が早い暴れ者。
見た目にだまされると痛い目にあうのだよ。と自慢したくなるこの気持ち(笑)
つか、ケンカ強くなってたなぁ。
さすがに肉弾戦は久々だろうけど(そうでもなかったりして)、何か格闘技を習ってるのかも。
隼人といっしょに・・。ふふふ。

「はやとーっ!」

隼人の影もいっぱい見つけたぜ。ふっふっふっ。
「はやとー!」って叫びながら夕陽に向かって走りたい。
そして、「夕陽じゃねぇし」って竜にぽそっと突っ込まれたい。
てんどん。

3Dの盛り上がりをひとりちょっと離れたところからクールに見ていた竜。
MOVIEでも、現3Dの生徒、赤銅の卒業生、職員室の面々からいつもちょっと離れたところにいて、物事を見渡して、ヤンクミをフォローする竜の立ち位置も良かった。

まだ子どもでいられる時間に素直に子どもでいられなかった18歳の竜は、自分のなかに溜めこんでしまうことしかできなかった。
ヤンクミにはちゃんと言えよ、と廉には言うくせに、最後まで自分のことは最後までヤンクミに何も言わなかった竜。
22歳の竜は、22歳らしい悩みを抱えてる。
自分で何かを探さなくちゃってがんばってる。
ヤンクミもそれがわかるから「べつに」って答える竜に深くつっこんでいかなかったのかなぁ。


映画は、なんか幕の内弁当みたいでした。
豪華おかずの取り合わせでおなかいっぱい胸いっぱい。
前半怜太編は、MOVIEだからかヘンに力の入った2次元的デコラティブな演出にとまどったりもしたけど、TVシリーズの面白さや爽快さやおかしみが奥底にあって、映画本編を支えてる。

ヤンクミに世話をかけられないと意地をはる廉、
見てることしかできないなんてと苛立つ廉たちに、「自分たちにできることをやればいい」と迷いも無くきっぱり言い切る竜、
ごくせん2の隼人と隼人父がテーマだった第8話を思い出すやりとりに、じーん。
他にも、TVシリーズの下地があちこちに流れていて、あぁ・・と思っては、じーんと胸が熱くなってしまう。


映画をやっと1度観られたところで、ノベライズもまだ読んでいないので、見逃しているところた、気がついていないところきっとたくさんあるけど、好きだったシーン。

柱にもたれながら、鉄と会話しているところ。
お酒がはいっていたからか、自分と関係性の薄いテツだったからか、ぽろっと悩みを打ち明ける竜。

座敷、薄暗く落とした照明・・大江戸一家の和造りの家にいると竜の色気が増すところもいいのだ。

廉たち6人を残して、帰ろうとするブーツを履くシーンも好き。
ブーツのチャックを上げる音に萌える。

ツッチーとの偶然の出会い。
ずっと「小田切」って呼ばれていた竜が、「竜・・!」って呼ばれたのがうれしかった。
仲間に会って、親密な笑顔を見せる竜が可愛い。

親指だけ外に出して手をポケットに入れて立ってるところ。

うむ~。
何気ないシーンでも竜がいるだけで大好きなシーンになって、全部書き出せない~。



ごくせんは、私にとっては“からっぽ”にしてくれる作品、かな。
小難しいロジックもギミックもレトリックも要らない。
「アタシについて来いよ!」
って、ヤンクミを信じてついていけばいい。
兄弟仁義をBGMに義理と人情がちゃんとまかり通る気持ちよさで、“からっぽ”にしてくれる。

ほいで、隼人と竜がいてくれる。
はは。

エンドロールは、それぞれ自分の未来をみつめてがんばってる姿。
ごくせんって、そう言えば、悪役がいないね。
ヤンクミは黒瀬にも、未来を与えた。

「あきらめんな。失敗してもいい」

ヤンクミが蒔いた種がたくましく育っていく。
笑顔で、ちょっと涙がにじむけど、笑顔のラスト。
最後は、やっぱりヤンクミに、ありがとう。
category : ごくせん

2009.08.02 *Sun*

ごくせん THE MOVIE ~六本木ヒルズ 浴衣まつり

こんがり焼き肌、こげかめなちくん。
おいしそうな焼き上がり~。 いまが食べごろココナッツ。

日に焼けただけで、こんなにも男くさくなるんだなぁってびっくりです。
もうね、男くさいよね。
オトコの匂いをくんくん吸い込む羽鳥。
くふん。


さて、六本木の浴衣まつり。
お日さまをいっぱい吸い込んだ肌と金茶の髪ビジュで、浴衣をしゅっと着こなす立ち姿が素敵・・v

黒地に骨格標本柄の白抜き、短めにたくし上げてる丈・・全然正当派じゃなくて、亀梨くんらしく崩してるんだけど、さっぱりして見えるの。
ほいで、腰骨まわりでガチッと締まっている角帯が男前~。
でも、前髪ふんわりプチポンパ、両サイドに小さな編みこみの力の入れようは女の子力だな(笑)
クールにととのえられた眉とこの髪型がすごく似合ってる。

粋でいなせ、そして、ときおりしなやかな曲線を描く艶姿。
惚れ惚れ。


浴衣の下は、やっぱり素肌なのかな・・。
1枚めくれば、Myojo9月号で披露されたお裸がつまっているのかと思うと、や~もうどきどきしちゃうですね。

浴衣の醍醐味といえば、正面から見えなくとも、サイドからのぞける衿あわせの隙間。
ちょいと着崩れてきた頃には、いい感じに胸元もゆるんで、きっと訪れるはず。

チラリズムちくび。

お裸と向かいあうときとは趣きが違う、浴衣の衿からのぞくチラリズムちくび。
そ・そ・る~。
にゃは。

そんなわけで、てけと~に夜店を冷やかしていたら、竜のチラリズムちくびに襲われてフリーズする隼人の図。
915

浴衣で夏祭りにお出かけ隼人と竜。
タケがはりきって竜の髪の毛を可愛くアレンジしてくれそう。

真夏の誘惑。 真夏も誘惑。
がんばれ、隼人。
category : ごくせん

2009.07.13 *Mon*

ズームイン ごくせんいれコミ情報 

は・・はじめちゃん・・・!

とココロのなかで叫んでしまった金茶色の亀梨くん。
はじめちゃんがいるように見えたの。

にこにこ笑顔の番宣中だったから余計にかな。
ふいに表情が消えているときは、竜になっていて。
色白ビスク肌に金茶・・、まだやんちゃさが色濃く残ってる大学入りたてくらいの竜。

金茶色の亀梨くんにどきどきです~。
はぅ・・。

お坊ちゃまキャラクタが続いていたから、久々のわるなちくん風味にどきどき。
竜とかはじめちゃんとか、金茶色されてるとき、猫っぽくなるところも好きv
きまぐれな茶トラ猫。
きまぐれで、勝気。
プライドちょ~高く、目を細めて狡猾な笑みを口の端に刻むかと思えば、無邪気に甘えた声で擦り寄ってくるにゃんにゃん。

短くなった襟足を、右耳下を掠めるように、人差し指でちょいちょいはらわれる仕草がまたくるのです、これが。
くるくるくるん。
あのちんまい指がエロく見える瞬間。

あと、いれコミ情報最終回、「ギラッギラしてますね」玉森くん紹介シーン。
「ここギラギラ」みたいに玉森くんのオレンジ色の髪先をみじみじいじる亀梨くんの手だけ映るところ。
なんて触れ方されるのやら、あの指先。
見てるだけで感じちゃいそうだ。

912

ごくせんビーフストロガノフ。
亀梨くん、脚開きすぎ(笑)
お行儀わるいちょがきなスタイルも、

羽鳥アナ: ビーフストロガノフをあんなに格好よく食べられるんですね~(感嘆)

羽鳥アナには、格好よく見えるらしい。
しかも亀梨くんしか目に映ってない様子。
相変わらず亀梨くんラブラブな人ですにゃ。
ま、肩膝立ちでビーフストロガノフを食べる亀梨くん、格好よかったけど。
↑羽鳥アナに負けてない羽鳥(笑)

ごくせん番宣、半分以上とりこぼしちゃったので、YOUTUBEでフォロー。便利。
羽鳥が、MOVIE竜くんに会えるのは来週かな。
直前SPを見ていたら、なぜかDVDを見るより上がってる隼竜熱。
これ以上上がらないと思っていても、上がるもんですね~。

まだ会えぬMOVIE竜くんにじらされつつ、しばしギラッギラな隼竜に浸っていようと思います。
category : ごくせん

2009.07.01 *Wed*

そばにいるよ

教育実習生竜くん解禁の日だったですね~。
すっかり忘れてましたが、MOVEI竜くんがどんな風なのか気になるざわめきがネット越しに聞こえてきて、そぞろ気になってしまい、羽鳥のココロもざわざわです。
とりあえず、ごくせん2でも見て、落ち着・・・かねー。
いつ見直しても何度見直しても隼竜にときめきMAX落ち着かねーです。
まいったまいった。

でも、満たされる。隼竜な潤いv

誤解がとけた後、お互いを信じる強さを手に入れたふたりが見られる3話をリピリピ。
隼人も竜もお互いを失っていたとき、荒んだ表情をしていたのに。
竜が自分の隣に戻ってきた後、3Dをひっぱるの余裕シャクシャクのおばか全開笑顔、
3Dのノリにのりきれず、ぽかんとした屈託ない隙を見せるようになった竜、
言葉にせずとも通じ合えるヤツが隣にいるだけでこんなにも違うのかという・・。

工藤に隼人ピースをかます隼人とか、倉庫に一晩閉じ込められる隼竜とか好きなシーンばかりですが、

竜: わり・・
隼人: ・・・なにが?

このシーンが好きです。すごく好き。
隼人が俄然男前に。
「なにが?」ってぶっきらぼうなのに、なんであんなに声音が優しいの。
竜の言葉を封じ込めて、竜の心を優しくつつむ隼人。

あと、横暴な刑事に掴みかかろうとした隼人の気配を察知して止める竜と思いとどまる隼人のシーン。
隼人に足りないところは竜が、竜に足りないところは隼人が持ってる。
ふたりでひとつなところにきゅんv

ふたりでひとつだけど、ふたり揃うと一人前じゃなくて、無敵になるとこもいいんだな。
仁亀も・・。


映画公開まで竜に会えないけど、その分想像を楽しむとしますか。
ゆるゆるはやりゅライフ。

885


「疲れたもうあいつらについてけねぇヤンクミすげぇよおれ年とった」
「りゅ・・竜?」
「なぁ、隼人。あの頃に戻りたいって思ったことある?」
「なに、竜にしては珍しいこと聞くね?」
「るせ」
「竜は?」
「・・わかんね。半々?」
「んー・・あの頃ねぇ・・一日中竜といられたからな~戻ってみてぇけど」
けど、何もかもほろ苦い思いでいっぱいだったあの時期をもう一度やり直すのはしんどいかも。
「・・竜?」
「・・・・・・くぅ」
「はは。“せんせー”おつかれ」


category : ごくせん

09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。