This Archive : 2007年07月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.28 *Sat*

2007.7.24 ぷっすま ~スシ王子!

Kinki Kids10thアニバーサリーおまつりにて、光一くん剛くんツーショットをたくさん見られる
しあわせな今日この頃。
相方剛くんとのツーショットを見慣れすぎた頃にやってきた、光一くん中丸くんコンビ。

あー。
光一さん・・ちみっこい・・・。

561


ちょいと猫背でお膝曲げの中丸くんよりちみっこい光一くん。
中丸くんのお膝が折り曲げ気味なのは、緊張してかしこまってあるようでもあり、
ちみっこい光一くんのお隣用ポーズのようでもあり。

基本Sなおふたり、はてさて、どんなコンビ色になるのやら、想像もできず、どきどきしておりましたが、
「光一くんで」←押しのつよい腰の低さなんだ、これが(笑)
ジョブ=「はやし立て係り」中丸くん。
清清しい戦力外っぷり。

真面目で緊張しぃでお荷物になる後輩中丸くん楽しかった~v
わり食う先輩光一くんが超楽しかった~v

光一くんには緊張ほぐれない様子ながら、バラエティ番組の経験値は上げつつある中丸くん、
緊張をきっちり笑いに変えてくる。
思いのほかゆるゆるモードだった光一くん。

身長差も含めて楽しかったです。


ぷっすま、”あいまい記憶力王決定戦”。
 
一回戦、”Dr.スランプ 一話”。
DBにはコアな中丸くんも、Dr.スランプは圏外の模様。
むかしのことは記憶にありません、物忘れ自慢をしていた光一くんですが、
結構覚えてらっしゃるじゃないの。
間違った記憶もまじりつつ。

「おちんちん」連発王子さま。

仁にはおらおら突っ込む中丸くんも、さすがに光一くんには苦笑い。
光一くんまでそういうこと言っちゃうから、
最近、うちのブログも”ちんちん”連発になって困る。

光一 「アラレちゃんはね、アカネちんアカネちんって言うのよ」
中丸 「アカネちん!」

ははは。
アカネちん連発してる光一くん。
棒読にアカネちん言ってる中丸くん。
けっこういいコンビ。

自分のしあわせを信じて奇数のSmellうんこを選ぶ光一くん、まんまと撃沈。
お約束のようにわり食う光一くん素敵v

2回戦、”ドラえもんのび太の恐竜”。
一から順を追い、エピソードを分析して答えをさぐる理論的な光一くん。
わからないながらも感性で勝負、中丸くん。
「ハグ!」って・・・。
なんて素敵な答え。
そんな答えさらたら光一くんも責められませんって(笑)

罰ゲーム、お色気おっぱい大きさ当て。
ぎこぎこきごちない中丸くんが可愛いv
光一くんが浮かないように一生懸命おつきあい。

562


KAT-TUNのなかでは真面目派中丸くんですが、
「(電気ショック)低くてもリアクションとれますから~」
そんな業界のお約束発言してもいいのかな(笑)

第3戦、”キン肉マン悪魔超人編”。

「屁のつっぱりはいらんですよ、くらいですよ。知ってるの」
「うんこに限りなくちかいうんこなんですよ」

光一くんの記憶も大概ジャンクだなぁ。
相方剛くんがかなりはまっておられたので、剛くん経由の知識でしょうか。
「ぎゅ~どんひっとすじ300百年♪」
素面で宴会芸なノリ。
そんなぐだぐださが大好きv(笑)

VTRを見つめる中丸くん、なんだかまぶしそうに眇められてる目。
ふっ・・と笑われる片方口角があがる口元ノースマイル中丸くんのブラックなお顔がいいです。

中丸くんにも、ものまねの洗礼、お題:プロゴルファー猿。
知らない!知らない!涙目で訴えながらも、

「ナイスショット!」

わはは。
がんばって口元お猿さんしてる~。
てんどん、ナイスショット!
先輩たちにウケてよかったねぇ。

わり食いまくってる光一くん、下っぱ有効活用の中丸くんタッグ堪能いたしました。

スシの王子さまも楽しみだ♪
スポンサーサイト

2007.07.28 *Sat*

Blue Friday

Show Wa!亀梨くん、サプライズMステ見参!!

だったそうで・・。
まんまと見逃し、未遭遇でした。

それらしい素振りくらい見せやがって欲しいゾ。
ぶーぶー。

しょうわ代表亀梨選手、負けずに可愛さ振りまいてらしたようですが。
主役HeySayでも手を抜かず可愛さ振りまき?

563


タイムパラドックス。
13歳ゆーとと同い年だったら、深川明彦くんの頃かな。
13歳かめなちくん、まゆ毛ぼーん!ヘリウムボイス・・ナマイキさ隠せず、つんつん尖っていて可愛いv
Hey!Say!7にまじっていても、きっと亀梨くん見ちゃうな。


・・・たぶん。

や、木くん、ちょいと気になるキャラかも~。ゆーとも可愛いv(笑)

スシの王子さま、一部地域につき、2週遅れです。
がっくし。

Blue Fridayこんな日もあるなり。

category : 日々是好日

2007.07.26 *Thu*

カツマニュ 21-A / なかまるページ 100

・カツマニュ 21-A


やるなーあのババァ(笑)

わはは。
よほど宝くじ売り場のオバチャンが気に入られたらしい。
ババァ扱いな親密度仁風愛情表現。
うひゃうひゃな笑い声が聞こえてきそうなの。
わはははは。

プラベの、ちょいと楽しかったことをお話してくれる仁が嬉しいv

「ちっ・・ハズれた」
「スクラッチなんてちまちましてないで、宝くじ買いなよ。あんただったら、どーんっと当るよ」
「マジマジッ!?」
「マジマジー。長年売ってきたあたしが言うんだから間違いない。宝くじ当る人相してる!」
「・・・宝くじくだパイ(キラーン)」

あ・・隼人になっちゃった。
なんて妄想想像してみたり。

宝くじ買われたんですね・・。
この人の勝負運”ハンパない”からな~。
まじに、一発一攫千金されそうな気がするのがこの人の怖いところなのですが。

当選発表の頃には、
「うお~。オレの宝くじさまがいねぇ~~!」
どこかに行方不明にしてしまっている気も・・。
くじ運強く、ツメ甘く。

「あれ、ぜってぇ当ってた!」
「あ~はいはい」←かる~く流すメンバ。

縁起でもない妄想しちゃってごめんな、仁(笑)
大当たりお祈りいたします。

ごっきげ~んな仁くんカツマニュ、良かったな。
にこにこ。


・なかまるページ 100

100回!
おめでとさんー!

なかまる枕詞”にょきにょき”もすっかり定着。
いつの間にか楽しみになってるなかまるごはん報告。
ちょろっと思わせぶりなお仕事予告。
”ミスター”への親おばかさんっぷり。

ほどよく脱力系にょきにょき日記。
100回もれなくぜ~んぶ楽しい中丸くん、ありがと~で~す。

ベストフォト投票イベント・・NY景色や、短いシリーズもよかったですが。
羽鳥は、王道に(王道かな・・)中丸家フォト。
中丸くんのご寝所なんてどきどきしたもの・・///

個人的に”ジグソーなかまる家”と名付けて、楽しんでおります。
ジグソーパズルのワンピースみたいに、ピースが揃っていくと中丸家ができあがりそうだから。
最近、中丸家ジグゾーフォトおみかぎりでさみしいです・・。

ボーリングスコア順位。
これ、びりっけつ竜也さんのことを言いつけたかっただけでは・・?(笑)

にょきにょき日記これからも楽しみで~す。

2007.07.24 *Tue*

2007.20 cartoon 福岡 2部 ~MC

MC


・ちょ~

亀 「ミヒマルGTさんのこと知ってた?」

仁 「知ってたよ。♪かませイェイイェイェイ~」←突然歌いだす仁くん
  「ヘイ!DJ!」

亀 「今度のゲストは、♪この街で出会っては~」←突然歌いだす亀梨くん
  「ちょ~うれしかったんだけど」

仁 「ちょ~いい娘だったよね」



普通に当たり前に突然歌いだすふたり。
ちょ~じんかめ!だった~。



・クリは何個か数えてみよう


亀 「クリちゃんね~。ふふっ」

中丸 「緊張しました?」

亀 「クリちゃん?」

中丸 「・・・”クリスタルK”さんね!」

上田 「ダーツのゲストもクリちゃん」

中丸 「!?・・クリスタルKさんは、100Qしか出てないから!」

亀 「ダーツは~、大魔神佐々木さんか、クリちゃん~」


果たして何回この言葉を言ってたのやら。
にへっと笑いながら、MCの流れもかまうことなく「クリちゃん」連発する亀梨くんと、その度にこわばった顔して「クリスタルKさん!」と訂正するカツンの中丸くん。
カツンの良心中丸くん、あわあわ慌てて大変。

クリちゃん連発する亀梨くんのいたずらっこな笑顔、にへっ。
ナマコ発言してるときと同じ笑顔なの(笑)

クリちゃん暴走している末っ子亀梨くんをさり気に止めていたのが、お兄ちゃん仁くんでした。お~。



・特選田中3号

仁 「特選・・っ・・ん、あれ・・」



アメリカンジョーク・・じゃなく。
ふつーに言い間違ってたぽかったです。はは。



・イリュージョン聖

とくたな見ていないファンに怒ってみせる聖。

聖 「事故にみせかけて照明落とすゾ!」

客席 きゃ~~!

ほんとに落ちた照明!・・の明かり(笑)


デビュコンのコスプレ大会でマリオ効果音プラスしてきた福岡スタッフ。
聖の発言にあわせて突然客席の照明を落とし演出!
メッセのスタッフの方もカツコン楽しんでくれているみたいで嬉しいなぁ
~。


・いでよ!シェンロン!

腕の擦り傷について話を振られた田口くん。
理由を説明しようとしていたらば・・。

聖 「田口、さっき廊下で「いでよ!シェンロン!ってパンツ脱ぎだしたんだ」

田口 「ばかばか。ちがうよ~」←珍しく大慌てで必死に否定しようとする田口くん

亀 「シェンロンは、わかりやすくいうと蛇です」

仁 「えっ!・・田口のって、シェンロンなみ!?」

聖 「とかげくらいだろ?」

亀 「それは”中丸の”だろ~(笑)」

中丸 「・・!? おまえに見せたことないだろっっ!」

田口 「・・・・」
   「・・俺に弁解させないで終わるつもり?(とほ)」


シェンロン発言を止めようとしつつ、”とかげ並み”はスルーできず否定する中丸氏。

亀梨くんへ。シェンロンって龍じゃね?
以上、業務連絡でした。ぺこ。



・カートゥンにおけるシェンロン=明太子の法則

田口 「シャワー室に置いてた洗顔料がなくなったから、バスタオル巻いて、楽屋にもどって、だれか洗顔料持ってないか聞きにいったの」

   「聖とうえぴがそのタオルを取ろうとすんの!」

上田 「だって・・俺と聖がドラゴンボールを集めてて」
   「ちょうど2個足りなかったんだ、な?」

聖 「そうそう」

中丸 「!? なんでこんなシモになってんの!?」

亀 「ふふっ。楽屋のままお伝えしてるよね」

中丸 「シェンロンと変えて言ってますけどね・・」

仁 「じゃ、明太子にしよう!」

中丸 「や・・今後の明太子に影響するから」


や、昨年散々、明太子の話で盛り上がっていかれましたけども(笑)
話題をドラマの番宣に切り替えようというところで、もうひとつ代替提案していた仁くん。


仁 「じゃ、たぐちんこは?」


え~と・・。
さくっとスルーされてました。



・LA修行

田口くん花パパ番宣にて。

田口 「第7話も見てください」

亀 「第7話には、シェンロンも出てくるかもしれません」

仁 「田口が「いでよ!シェンロン!」」←シェンロン降臨のポーズ

聖 「おまえ何しにLA行ったんだよ」

亀 「このポーズ覚えにいったんでしょ?(笑)」←仁くんの降臨ポーズをまねする亀梨くん。


(ここ、あとでらくがき付けます~)

ちょ~じんかめ!(笑)


・お買い得土下座

田口 「おれスーパーサイヤ人になっちゃうよ!」
 
    メハ~! ←ドリンクボトルにつけてるキーホルダーの悟空ボイス

聖 「おまえ、もう帰れ・・」

中丸 「(田口を見て)わ、得意の半泣き」

仁 「おまえ、謝れ」

田口 「ごめんなさ~い」 ←がばっと土下座。

中丸 「田口の長所、安い土下座~!」
   
聖 「結局、怪我については全然わからなかったよな」

田口 「ま、みんなでプロレスしたってことで」

メンバー 「「「してねぇよ」」」 ←丸く収まらない人たち

中丸 「うそつくの最悪」

田口 「ごめんなさ~い」 ←安い土下座ふたたび。



田口くんのぐずっている半泣きお顔は、可愛いくて好きですが。
羽鳥的には、土下座連発は、男の人としてちょっと見ていて辛くて。
なので、亀梨くんの「田口、それ親に見せるなよ~」発言が嬉しかったな。
さぱっTVご披露されちゃいましたけど。はは。



とりあえずMC編。後ほどながな~がとどこまでスクロールさせんだ~(怒)な感じに付け足しま~す。




2007.07.23 *Mon*

羽鳥さん家は2th

2005年7月23日。
ごくせん放送時に2ヶ月間作っていた隼竜サイトを閉じて、あらためてKAT-TUNサイトをはじめた日。
サイトからブログになり、半年お休みしたり、その間に当初からのエントリを全て削除してリニュしたり。
右往左往しつつ、とまどいつつ、カタチを変えつつ。
KAT-TUNへの恋ココロは変わらず、3年目に突入でっす。

ちょびっつ過去振り返り。
2年前の夏、はじめて描いた隼竜はこんなのでした。
jk1


サイトを閉じたときにトップ画だった隼竜。
絵柄は変わりましたが技術的に進歩なし・・む~。

jktop5

無知無謀勘違いの三重奏にて、なぜかイラストサイトを目指していたりして。いい年こいて若気の至り。いやはやお恥ずかしい。

しかして、ただいま、小ネタらくがきまじりのKAT-TUNらぶらぶ日記ブログに落ち着きました。
それもどうなの~・・って感じですが。
お恥ずかしい度変わってない・・(笑)

しばらくはこの調子でKAT-TUNらぶらぶ、つぶやいてるかと思いますので。

3年目のSelfishKAN、よろぴく~ぴくぴく~♪


category : 日々是好日

2007.07.21 *Sat*

10th Anniversary

キミがいるだけで ありふれた日々が 鮮やかに彩られ 愛が満ちてゆくよ


満ち満ちてゆく Kinki Kidsへの恋ココロコロコロ。

10年経っても恋してる。
この人たちに。


10周年おめでとうございます。

10年間、ときめかせてくれて、ありがとうございます。


年月を重ね移ろうなかで、
成長したり、鈍くなったり、環境が変わったり、いろいろなことが変化して、
それでもいつも、
カタチは変わっても、
好きって想う距離、好きって感じる温度は変わらずにいる人たちです。


Kinkiプッシュ総一色メディアに煽られて10thを感慨深く振り返ってしまうこの頃。
当のご本人たちにしたら、「最近昔の映像ばっかり見せられてかなわん。はよ、10th記念まつり終わらんかな」だったりして。
20日Mステで流れたちょがき光一くんのぐだぐださといいましたら。

テンパってぐだぐだ光一くん(笑)

SMAP兄さんたちの"HeyHeyおおきに毎度あり"前説Kinki Kids。
このシーン、鮮明に覚えてます。
いっぱいいっぱいの光一くんにはらはらした思い、あのときのままによみがえるほどに。
光一くんもよほどツライ思い出だったのか、
10年以上まえのことなのに必死にいいわけしてたなぁ。

着メロ10位に”愛のかたまり”。
新曲でもないのにランクイン。
Kinkiファン以外にもDLされてるのかな。
剛作詞・光一作曲ということで思い入れあふれる曲。
Kinkiを知らなくても、曲を聴いてもらえることがあれば嬉しい。

過去映像、”情熱”あたりが流れると、
必死にぱきぱき踊っているKAT-TUNがいるんだけども。
ぱきっと踊る仁くん。しゅっと踊る竜也さん。
面白い。←一生懸命踊っているのに面白いなんて思われてしまう人たち(笑)
Kinkiさんには、有難くないかもですが、昔の映像特集をがっちり組んで欲しいものです。ふふ。

”39”アルバムも特典DVDもリピリピ、ア~ンドリピ。
時折KAT-TUNもまじえつつ、忙しくてしあわせv

特典ライブDVD、KAT-TUNがバックについているコンも含めていろいろな年代のコン詰め合わせ。
Newsコンは、ファンと触れ合うことを楽しむソフト重視な感じですが、
KAT-TUNコンは、ステージセットとかハード面もこだわって魅せてくれる感じ。
それぞれのグループの色の魅せ方、どちらも素敵なんですけれ、
KAT-TUNにKinki Kidsと重なるライブ構成を感じてうれしい。


"Your Favorite"、わたしもこの曲大好き!がしっ!(握手)みたいな。
並ぶ曲名見ただけで、にこにこ、自然と顔がほころぶラインナップ。

光一Favorite、”このまま手をつないで”。
拓郎さんが、KinkiにLoveLve愛してる主題歌の作詞作曲を提示して、
番組内にプロジェクトが発足したときに、自分が好きな曲を聞かれて、光一くん、この曲あげてたの。
それで、好き→大好きになってしまった曲。好きな人には単純につられます。
光一Favoriteに入っていて特別うれしくなった曲。

収録されている曲以外にも、みなさんそれぞれ好きな曲がたくさんあることと思いますが、
羽鳥は、この曲かな。

♪まけたらアカン

アルバム収録されなかったけれど。
♪パワ~アップアップ、元気がでる1曲です。振り付けも可愛かったv

”まけたらアカン”収録にて、今でも覚えているところ。
おにぎりをむすんだ剛くん、光一くんそのおにぎりをじーっと見つめて。
ぱくり、と一口。
客席にむかって、
「ええやろ~。俺、食えんねんで(にやり)」
おまえらと違って俺は剛の握ったおにぎりを食えるんだぜ~と嬉しそうに自慢。
この芸風、ネタなのか本気なのか両方ありの、光一くんちっとも変わらないな(笑)

つらつら振り返って思い出すKinkiさんといえば。
モデルルーム見学ロケにて。バスタブにはいってみる剛くんをみて、すかさず一緒にはいりにいく光一くん。
光一くんがSかMか問われていたのに、即効「おまえSやろ!」と答えちゃって、はっと気がついて耳まで真っ赤になってしまった剛くん。

うむ~。
・・格好いいところが一個も出てこないのはなぜだろう。
ジャンクな記憶ばっかり出てくるんだわ・・。


39特典DVD大好きなシーン、”Anniversary”
559


センターステに戻ろうとしていた光一くん、カメラのまん前でアピっている剛くんを見て。
俺もアピったろ・・とやってきて。

560


照れ笑いいっぱいで、ぬぼ~っと頭を突き出す光一くん。
そうそう!ここでカメラ目線しないのが光一くんだな~(笑)
お目々三角照れ笑いで、カメラに頭押し付けちゃう光一くん。
わたしが、ときめいて仕方ない大好きな光一くん(笑)

光一くんのあと、光一くんにお付き合いしてカメラに頭くっつけていく剛くんも大好きだぞ~。

光一くんと剛くんにときめきっぱなしメモリアル10th。
これからもいっぱいときめかせてください。


2007.07.18 *Wed*

2007.5.20 cartoon 福岡 1部 

20日1部、超楽しかった~!
何しろお席が良かった。羽鳥的に大好きなお席だったの。

ステージど・真横スタンド2階席。

マリンメッセ会場では、スタンドNにあたるところ。
一般的には、あまり人気がない席なのかもしれないですけど。

奈落からせりあがってくるところ。
OP、リフターにミニトランポリンを使って飛び乗るところ。
亀梨くんソロの台宙。

ステージを真横から斜め下見られる、俯瞰構図。
正面から見られない動きが見られる面白さ。
楽しいんだ~。

MC時、正面からは隠れるようにこしょこしょしているメンバの動きも、バレバレで見えちゃうの。ぷふっ。

真横なので結構メインステ近く。
正面ステージセットが2階席の高さで左右にのびる移動場所があるので、右スタンドを煽りにきてくれるとより近く。
彼らを感じることができる。
20日はトロッコが出たので至近距離もあり。

トロッコ復活。これはもうスタンド席には嬉しかった。
サインボール投げも復活。

両方ともなかった19日。
いろいろ事情はあるのだろうけれど。
なんだかやんちゃなKAT-TUNがこじんまりまとまっちゃったみたいで寂しくて。
この思いが通じたみたいに、次の日、構成を変えてきてくれたことが嬉しかった。
少しでもファンと触れ合えるカタチに変えてきてくれたことがほんと嬉しかったです。

さてさて。コンレポするには、ちょいと時間が経ちすぎて、どのシーンの出来事だったかあやふやふにゃふにゃです。
メモも解読不可能状態になりつつ。

かめのおしりを見つめる仁

 ↑メモの走り書き。
へ・・?亀梨くんのお尻じぃ~って見つめる仁!?
・・って、よくよく見たら「かめのあおりを見つめる仁」だったんですけれども。
ときどき自分の書いたメモに、うひょ?!と驚かされつつ。
ふにゃふにゃレポなり。


・SHE SAID

亀 ♪約束の地へ

約束の地は亀梨くんのちんちんが如く、跪いて顔をよせていく聖。
いつもは、坊主頭を艶かしく撫でまわして応える亀梨くん。
この回は、ふっと微笑んで、聖の額を人差し指で、つんっ・・。

人差し指で、つんっ!

人差し指で、つんっ!(3回ゆった/笑)、しょっぱなからヤラれるぜ。
亀梨くん。


・WILDS OF MY HEART

仁 ♪聞こえない

ソロのとき、マイクをはずして歌う仁くん。
無音になって。
唇の動きだけで煽ってくる。煽られる。

仁 ♪全部忘れていく~ 

がなりたてる歌声。
割れる歌声もいいんだ。ライブだから聴ける仁のがなり歌声。
かっこいー!


・僕らの街で

♪誰もけしてわかろうとは しねぇんだろ?

1部、”しねぇんだろゴコロ”は、哀愁やさぐれ風。

hu~n~5人の歌声を包むように流れる仁の歌声が優しい。


・Movin' on

亀 「中丸、へん顔するんじゃねぇよ」

イントロからもう笑っちゃいそうなのを我慢していた亀梨くん。
笑いをこらえる口元がむにむにしてたの。

♪記憶とは違う場所に・・・くふっ

自分のソロでとうとうふきだしてしまって。
慌てて後ろの中丸くんのいる方を向いて、中丸くんのせいにしちゃった(笑)
隠れるように正面に背中むけられても、羽鳥の席からは、くふくふ笑っている亀梨くんが見えるから、可笑しくて可笑しくて。
困ったときの中丸くん!(笑)


・ファッションショー

サイン色紙にらくがきが流行っていた模様。
竜也さん、中丸くんがメンバの似顔絵を描いていてました。


・Peak

亀梨くん、ゆーとにカンチョウ。



・ピース!

メンバーそれぞれトロッコ乗り継いで1周してくれる演出が嬉しい。
仁トロッコがやってきたとき。

ピース!

ちょこっとはにかみ笑顔で、ピース!を飛ばしてくれた仁くん。
うひょ・・慌てて仁くんにピース飛ばす羽鳥。
隣のTさん(その節はお世話になりまちた~)とそのお隣の人たちがピース!していて、仁くんピース返ししてくれたのね。

ピース!!

仁くんのピース!超嬉しかった!


ピースも嬉しかったけれど、近くで見られた仁くんの笑顔も嬉しかったです。
すごく優しい瞳をしてたから。


・GOLD~Messenger

1周するトロッコが、バクステ後ろに6基並ぶのが壮観。
6基・・の数がしみじみ嬉しかったり。

GOLDを激しく踊る5人と、ぽつーんと佇んでた仁くん。
半年のブランク?・・や、前からこんな感じか(笑)


・サインボールの行く先 Part 2

558

↑衣装忘れちゃったので、てけと~
メインステージセット上段にて。
サインボールを投げようとした亀梨くん、視線は前向きのまま、シュッ!
ボールを右側にフェイント飛ばし。

あっ・・!

と驚かせるはずが、右後ろにそれて、ステージセット裏に落下。ひゅるるーん。

あ~・・。

な結果に。
カッコつけ失敗、カッコつかずに、がっくし。
かくんとうなだれられた姿が超可愛かったです。
右スタンドあおりにくる途中で、「おれのボールどこ行ったんだろ・・」ってステージ裏を覗き込んでたのも可愛かったv



MC

・アテンションデジャブー

亀 「椅子の上に明太子が落ちているので気をつけください」



・どこに行ってたの~?

中丸 「赤西くん、半年間いなかったということでね・・」

仁 「おまえ、どこ行ってたんだよ!?」

中丸 「おまえがな!」



・愛のチカラ

亀 「今日丸一日追加だよ。ほんとは、今頃東京だったんだよね」
  「みんなが来てくれなかったら、福岡にいなかったわけだしさ」
  「みんな俺たちの人生を変えたんだぜ?」


そうそう、愛のチカラで変えてみせたの!(笑)


・聖、石版投げる!

中丸 「DVDチェックしているひと少ない・・」

亀 「チェックしてるのに手あげないんでしょ?」 ←なぜかスネている亀梨くん。いじいじした言い方が可愛い

聖 「そんなヤツには、サイン色紙と見せかけて、石版投げるぞ!」

亀 「わはは。”田中聖 石版投げる!”」


どこから石版なんて単語が出てきたんだろう?
”赤毛のアン”思い出すんですけど(笑)


・アップアップなんです

聖 「前半で、俺とかめと赤西がソロ曲やった」

仁 「や、やってない!やってない!」
  「ソロまでやる余裕ないです」

亀 「余裕・・って、もう何公演やってんだよ?」

仁 「や、もうアップアップなんです」
  「SHE SADEのイントロでアップアップがピークに達してるんです」


SHE SADE、OP一発目の曲なんですけれど、赤西さん。


・お顔は大事だよ~♪ 
  
仁 「ドームでは全部出れるようにがんばりたいと思います!」

客席 拍手

中丸 「こんなヤツに拍手なんていらないですよ」

仁 中丸くんの顔の前にマイクをかざす

中丸 「顔を隠すな!」

聖 「一応売りもんだよな」


一応って!(笑)


・Jの秘密

中丸 「喜びの歌のジャケット、ジャニーズWEBでもチェックできるんですよ、最近」
 「今まで見られなかった写真が携帯で見られるんですよ!」

亀 「そうなんだ~」
  「写真自体、うちの”J”は使わないもんね」

仁 「それは、なんの”J”かはっきりしてください」

亀 「ジャニーズの”J”です。決して赤西 仁の”J”ではありません!(笑)」

田口 「なんだ・・淳之介の”J”じゃなかったのか(ふっ)」←花輪くん口調



「赤西 仁の”J”じゃありません!」
くふくふ笑いながら言ってる亀梨くん。


”LOVE J”の ”J”は・・? 


まだひっぱってたこのネタ。えへ。
この発言出たときに、切実に問うてみたいのココロ、
”LOVE JのJは・・?”
だったよ~。

仁くんの黒グローブとったら”LOVE K”とか書いてないかな・・。ぽそっ。


・じゅんの行きま~す

亀 「田口、今日前髪パッツン!じゃね?」

仁 「on the まゆげ」

中丸 「お前、こけしみたいだな」

田口 直立不動でくるりん1回転こけしパフォーマー

亀 「アムロッ!」

田口 「行かないよ~」

亀 「え~、行って行って」

田口 「じゅんの、行きま~~す!」←超甘えっこ口調

聖 「・・・行っちゃえよ(ぽそっ)」


聖すっごく嫌そうなお顔して、どっか行けよ(ぽつり)。
亀梨くん仁くんがジャニさんの真似して「You行っちゃいなよ」を繰り返してた(笑)

想像、淳之介たこ(マント)を背負って宇宙を天駆けるガンダム。
あり・・かな。



・あかにしファンタジー

田口 「ぼく、今度”ドラゴンボールZ”に出ま~す!」

亀 「”ドラゴンボールAF”でしたっけ?」

聖 「”ドラゴンボールAF”っていう、GTの続きがアメリカで勝手に作られてんだ」

仁 「あかにしファンタジーでしょ」 ←A=赤西 F=ファンタジー

亀 「・・みんなLAに行っちゃうじゃん(ぽそっ)」


亀梨くんによれば、あかにしファンタジーワールドでは、みんなLAに旅立ってしまう設定らしいです。
って、亀梨くんのLAネタ微妙に笑えないような・・(笑)



・メハ~!

中丸 「DB出るんですか?」
   「何役ですか?」

田口 「悟空役です」

亀 「じゃ、ワンシーンだけ再現してください」

田口 ドリンクボトルにつけている悟空の声が出るキーホルダーをマイクにあてる。
   
    メハ~!

聖 「かめはめ波~!ってしたかったんでしょ?」
  「悟空が言ってたの、”メハー!だから」

亀 「・・ちゃんと仕込んどけよ」

中丸 「来ると思ったら、速攻来た、みたいな」
   「そんなフェイントかける悟空ひきょうだろ」

田口 「わかりました!」
   「真面目にいきます!」

中丸 「それ自体がもう真面目じゃねぇよ」←呆れて素になってた突っ込み中丸くん


結局、「かめは・・・・・・メハー! 」ってなっちゃう悟空に、悟空はそんなフェイントかける卑怯者じゃないと非難轟々なメンバー。

亀 「かめはめ波、すごいよね。打つのに10分くらい使うよね」

中丸 「ナメック星の爆発まで3分なのに30分使ってましたからね」

聖 「や、3話使ってた」 ←もっと使ってたよ~たぶん。


DBのことになると脱線止まらなくなるひとたち。
鳥山 明さん(DBの作者)がカートゥンKAT-TUNのゲストに来てくれるといいよねぇとしみじみ言ってる田口くんに「自分の番宣しろよ~」な亀梨くん。
ようよう番宣語るも、

田口 「6話は切ないですけど・・」

中丸 「大猿に変身するとか?」

下ネタは慌てて止めるくせに、DBネタはとことんひっぱる中丸くん。

仁 「客席でDB知らない人が多いんじゃない?」

仁くんがたしなめるも、Jr.の紹介時に「ガーリックJr.のみなさ~ん」言っちゃう人につき説得力なし。


・キスのお相手

メンバーがキスシーンを撮っている話から、

中丸 「みんなキスシーンあるんだ・・・」
   「ふーん・・俺、魚持ってるシーンしかねぇ」

メンバーみんな大笑い!

聖  「魚とディープキスすれば?(笑)」

中丸 「魚、くせぇのな!」

亀  「な!」 
   「生きてる魚臭いよな!」←お魚臭い発言に食いつく亀梨くん。
                ひと恋1話の時かな。

田口 「あれ、はらわたがあるから臭いんだよ」

聖 「なんの豆知識だよ!」


・中和能力

中丸 「生きたふぐ持ったことないでしょ」

亀 「えっ・・ふぐ、毒大丈夫なの?」

仁 「こいつ毒大丈夫!」

中丸 「どんな特殊能力だよ。俺も持ってるから大丈夫ってか?」
   

”特殊能力”言ってる中丸くん。
ゲーム用語ですよね、それ(笑)


・役者中丸雄一

仁 「中丸くんの役は、さかれまいとするさけるチーズですよね?」

中丸 「そう!さけるチーズってさけるもんじゃないですか。なのに絶対さけないぞという意志を持っているチーズ・・・って、コラーッ!」

聖 「溶けまいとする溶けるチーズでしょ」

中丸 「そう!チンってしたら溶けるもんじゃないですか。なのに絶対溶けないぞという意志の強いチーズ・・・って、コラーッ!」

亀 「むしろ、チンしすぎて、カチカチカチッってなっているチーズでしょ」

中丸 「そう!スシ王子ってタイトルなのに、チーズ出るってところがおかしいでしょ?チンして溶けても溶けても外に出られないチーズ・・
ってコラーッ!なが~い!」 ←なが~い!のセルフ突っ込みがおかしい(笑)

田口 「みんな違うよ。賞味期限切れだったチーズだよ」

中丸 ちらっと田口くんを見てスルーお約束



すっかり番宣+ネタになっているスシ王子。
メンバのフリに、即座にノリ突っ込みできる中丸くんの切り替えしがすごいすごい。


・どM之介

中丸くんにスルーされて、可愛そうな僕え~んな顔する田口くん。

亀 「そんな可愛そうな顔しないでよ」

聖 「や、コイツほんとは気持ちいいんだよ」
  「いじられるのが最高に気持ちいんだよ!」

亀 「どMじゃん・・」

亀梨くん、なにがそんなにつぼにはまってしまったのか、四つんばいにうなだれて脱力。

中丸 「だから、カートゥンOPで聖に蹴られて嬉しそうな顔してんだ!」

聖 「蹴られて、あんっ、とか言ってるもんな」

仁 「田口マゾ之介じゃない?」

田口 「ヘンなイメージうえつかる・・」

否定しようとするも噛んでしまう田口くん。


・うえぴー!

Jrの紹介に入った頃、ガッシャンキーン(ハウリング)なマイクの落ちる音。

中丸 「誰、マイク落としたの?!」

亀 「うえぴー!」

のそのそうさぎ穴から出てくる竜也さん。

上田 「申し訳ありませんでした」

仁 「音声さん、ガン切れだよ?」
  「うえだ~~~っ!(怒)って(笑)」

俺は謝った!な竜也さん、しれれ~とまたうさぎ穴にはける。

聖 「はけんの?!」

仁 「やり逃げてはけるなんてサイテ~だよな」

といいつつ、竜やさんの真似してはけていく仁くん。
いつの間にかはけている亀梨くん。

亀梨くん、MC・コン後、さぱっとはけるよね(笑)


中丸くんが、DVDアルバムの番宣しているときだったかな。
「Yes!」と何回も相槌をうっていた亀梨くん。
でも誰も「欧米か?!」な突っ込みをしてくれなくて、寂しそうでした。


・後半

どの曲のシーンかわからなくなったのでひとまとめ。

宙パイプがセンターステに降りてくるとき、他メンバーはまだ花道練り歩いているのに、絶対センターステ真ん中にいるのがこの人、仁くん。
見上げて、パイプの真ん中にすぽっと入れるようにスタンバってるの(笑)
わくわくして待ってるの。
自分を覆うようにパイプが降りてきて、超満足そう。
どこのちょがきだ~可愛いな~もう。ふふ。

花道にて。
亀梨くんの肩に手をかけて、ちゅ~って顔を近づけていく聖。
あとちょっと・・もうちょっと・・なところで、亀梨くんが、くふっと堪えきれなくなって避けちゃった。ちぇ(笑)



・あなたにお手紙書きましょう

・ゆーと→かめ

亀 「映画行こうね。くれよんシンちゃん・・ぜったい面白いから!」  「シロ」

ゆーと 「・・はい」


シロ一押しする亀梨くんに困ってしまうゆーと。
絡みづらいお兄ちゃんだよね(笑)


・かめ→父上なかまる

亀 「拝啓、父上さま」
  「~~本来の仕事場まで3人で走りましたね。ぼくと、父上さまと父上さまのお母さま」
  「そのことが忘れられません!忘れたいのに、忘れられないんです・・」

中丸 「・・おれいないんだけど、どこ?」

亀 「父上さま」
  
  はっ・・として、はは~と中丸くんにひれ伏す亀梨くん。
  
   「お主何者だ?!」

中丸 「・・意味わかんねぇよ、おまえ」 ←た、確かに^_^;

亀 「九州だから坂本竜馬かなって」 ←なぜ、時代劇・・
「あぃ!とぅいまてぇ~ん!」

  「中丸とこうしてKAT-TUNになって8年くらい経つわけじゃないか!」 ←急にアツく語りだす亀梨くん
  「俺たち6人でいろいろなこと乗り越えてさ」

中丸 「8年・・いろいろなことがありましたね」

亀 「・・ありすぎだよな・・(しみじみ)」

中丸 「最初の頃ケンカいっぱいしたよね」
  「楽屋でかめの枕を俺が使ったら、まじキレして」

亀 「だって自分の枕がないからって、俺の枕とったんだよ?」
  「あぃ!」←中丸くんにパス

中丸 「とぅいまて~ん!」 
   「かめ・・今日絡みづらい」
   「ま、2年目に入ったしね。こっからでしょ?」

亀 「こっからっしょ」
  「こっからなんで、よろしく」
  「俺は、おまえと出会えてほんとによかったよ」←わざとら~しく情感たぁっぷりのせ


中丸くんに絡みづらいと言われてしまった亀梨くん。
聞いているこちら側でも、そのズレがわかったくらい。
ネタを仕込んで笑いを求めるところなのに、ナニかを伝えたいのが止まらなくなってる感じ。
かすかに漂ってる苛立ち、みたいな。
中丸くんがこの空気軽くしなくてはって、言葉を探しがちだったの。
8年間・・ありすぎだよな、と答えた亀梨くんの言葉はとても実感がこもっていて。

今、ここでメンバー内で何かあったという感じではぜんぜん無くて。
外側でなにかあったんかなとは思ったりもしたけど。
わたしが勝手にそう感じてしまっているだけで。
何かあったかもしれないし、何もなかったかもしれない。

でも、このズレを感じたから、重く響いたんだ。
2部の亀梨くんの言葉。

「日本一になろうぜ!」



・仁→うぽぽ族竜也さん

仁 「LAにいる間、俺はずっと上田のことを想っていました」
  「愛しくて、恋しくて、あいたくて」
  「あなたのことを想いすぎて・・・最終的にうっとうしくなりました」
  

  「~~これからもココロの優しい上田竜也でいてください」


・聖→じゅんの

聖 「手紙を読む前に、ひとつ気になったことがあるんです」
  「亀梨くんが言った一言なんですけど」   
  「・・坂本竜馬、四国じゃね?」
  「九州って、西郷隆盛じゃね?」
  「亀梨くんへ。業務連絡でした」

業務連絡でした、ってうさぎ穴にむかってぺこりおじぎしてた聖。
わはは。
しっかり訂正されちゃった亀梨くん。聖、スルーしてあげてくだパイ(笑)

アンコール

・リアフェ

仁亀 ♪めんたい~こっ手に入れるんだーーっ!

うつくしい明太子ハモリ仁亀。
回数を重ねる毎にハモリがうつくしくなってる!(笑)

556


♪てっきと~なノリでバックれて~ 

亀梨くんソロのとき、田口・聖・亀・中丸と4人横並びでコミカルダンス。
左右にてこてこ横ステップ。
中丸くんがよくしている両手と片足を交互にちょいちょいって上げる振り。
曲とあわない可愛い振り付けしてる4人組、と。

ちょっと後ろで、その4人を「なにしてんだ、あいつら」って感じに胡散臭そうに眺めている竜也さんと仁2人組。


昨日から、仁くんの鎖骨攻撃ちょぷ!と反撃にでた中丸くん。
アンコール、隙あらば、ちょぷ!

軽くちょぷを繰り出し、鎖骨を両手クロスでガードした仁くんに、ちぇっ残念と背を向け・・、と見せかけて。
急速回転、振り向きざまに、油断している仁くんにちょぷ!

すってん!

フェイントちょぷの威力すさまじく。慌てて避けようとした仁くん、すてんと後ろに転んじゃった。
転んだのに気がつかれなかったのではないかってくらいに、顔がフリーズしてた。どれだけ鎖骨弱いの、仁くん・・。

転んでしまった仁くんに中丸くんも驚いて、慌てて手を差し出してました。
「ごめん・・」て謝まりつつ、2部でも鎖骨攻撃してましたけど中丸くん(笑)


・ Will Be All Right

♪I sing it what you worry about will be all right~ベロベロバ~

ベロベロバ~ベロベロベロバ~

ワンコーラス終わり、ウィルビーオゥベロベロバ~。
仁くんがベロベロバ~と言い出すと竜也さんが続けとばかりにベロベロバ~。
ふたりしてベロベロ言いまくり。
うるせぇよ!(笑)

仁くんと竜也さん、あちこちでつるんでたな~。
仁くんがなるべく一人にならないように気配りしてあったように見えましたが。
いっしょに悪ノリして楽しんでいただけかも。
まだ、ちょっととまどわれるところも見える仁くんとちょがき悪ノリ竜也さんコンビも楽しかったです。




同じ内容のライブでも、そのライブ毎に、違っていて。
メンバの調子とか会場の空気とか、違うライブが生まれる。
どのライブも参加できて嬉しくて楽しいけど。

けど。
スペシャルなときが、あるんだ。

竜也さんがぎゅって、羽鳥の手を握ってくれたことは、忘れられないスペシャルだけど、これとは違う、別の。
スペシャルな出来事があったわけではないのに、ライブ全体がカラダに響く。
楽しくて楽しくて。
このままずぅっとKAT-TUNライブの中にいたくて、アンコールのとき終わりが悲しくてちょいと涙ぐんでしまったくらいに。

羽鳥’sスペシャルライブだった20日1部でした。


2007.07.16 *Mon*

プレミアム Kinki Kids

光一 「NHKさんは困りますね。(むかしの映像たくさん)持ってるから」

TV初登場ステージとアイオン初期映像。
NHKさん、素敵!いっぱい映像持ってるから(笑)

「みなさんこんばんは堂本光一です(もごもご)」

わははは。
懐かしい~!このかつぜつの悪いもそもそ話し方だった光一くん。

”003”をボクサーに扮して踊るキンキを見て、
太一 「ストリップじゃん!」

あ・・ゆっちゃった!(笑)

ぱんいち+ブーツ履きKinki Kids。

ドリボもコンセプトがボクサーなのって、そういうサービス込みなの?

このとき、バックで、長瀬くんもでーっかい図体して、居心地悪そうに、ちびっこJr.に紛れて踊ってるんですけど。
正統派美少年っぷりキラキラ長瀬くん。10年経つとあぁなっちゃうのか・・。

このステージの光一くん、可愛いんだ~。
必死で緊張していて視線がきょときょと泳いでいて。
このきょときょと頼りなげな瞳が可愛くて可愛くて大好きなのです。
幾度となくことあるごとにリピってました。
ビデオテープの時代、あまり見るとテープが痛むので、思う存分繰り返し見られるよう、マスターとは別にもう1本ダビングして”見るよう”作ったりしてたの。

”たよりにしてまっせ”曲の途中からスマップ兄さんたちがバックにつくのですが、彼らがステージ端から登場した途端に、ぶわって歓声がふくれあがって。
キンキふたりのときはなかった、会場の熱量が一気に上がって。
バックのスマップ兄さんたちに、すっかりステージ持っていかれてしまうんですけれど(むべなるかな、カッコいいもんな~スマ兄さんたち)、なるほど、こうしてステージというものを覚えていくのだなぁ。
このタテに繋がっていくところ、面白いなぁ。
お陰で、こちらもタテ繋がりからなかなか抜けられなくてしまって困りものです。

ちょがきな頃の映像は恥ずかしくても、相方にいちゃついてる自分映像は恥ずかしくないのか光一くん。
うふふっ・・って満足気なのはなぜなんだ。
キミの恥ずかしい基準はどこなんだ?(笑)

語り的には、やっぱりどこかで一度聞いたようなことが多くて、それなりに、でしたが。
ふたり並んで話す姿をがっつりと見られる機会はそうないので、嬉しかったです。
話しながら光一くんをちらりと見遣る剛くん。
剛くんが、自分のことを語るとき、俯いて照れくさそうに聞いてる光一くん。
ふふ。なんかいいなぁ。

お買い物でうろうろする亭主光一くんの真似する奥さん剛くん。
似てる~そっくり~(笑)

翼くんに「いいねんで」ってメッセージを送る剛くんの声音がすごく優しい。
剛くんの言葉、そのままご本人にそっくり返して伝えたい言葉だけれど。
剛くんだから、こんなに優しい声であったかい心で伝えられるんだな。


剛「一人のアーティストとしてリスペクトしてるから」

14歳からずっと一緒にいて。

Kinki Kidsの堂本光一を。
Kinki Kidsの堂本 剛を。

つくっていったのはお互いの相方だと思うわけです。
誰よりもまず、自分のことを認めて欲しいのが相方、だと思う。

一番側にいる人に負けないように。
一番側にいる人の尊敬を得るために。
常に高めていこうとする意識がKinki Kidsをつくってる。

剛くんのリスペクトしてるって言葉、光一くんにとって、最高に嬉しい言葉なんじゃないかな。


ファン投票1位「愛のかたまり」。
シングル曲ではなくて、この曲が1位になるあたり、ながく愛されてますよね、Kinki Kids。

好き具合を語ると長くなってしまう「愛のかたまり」。
羽鳥も大好きな曲です。


衝撃発言だったのが、剛くんのKAT-TUN発言。
フォアグラ(社長)さんの言葉が足りなすぎて、自分らがどうなっていくのかわからない件にて。

剛 「KAT-TUNとかの戦略をいろいろ見てても、あ~だからここジラしていくんちゃうかなとか、今となってはすごいわかりますけど」

意外にも、剛くんからKAT-TUNの名前が。
うむ~・・これって・・。
デビューのことではなく。
剛くんの関心の度合いからみると、仁の休業についてのような・・気が・・・。はは。



今でもことあるごとに、カメラは苦手だとぶつぶつおっしゃるキンキさんたち。
無表情、棒立ちポーズを自分たちでネタにしているほどですが。
(その割に、オフショットは苦し紛れでも楽しんでそうな光一くん/笑)

ちょがきキンキくんたちも、雑誌でいろいろやらされていた時期があったんだ。
着ぐるみもよく着てました。
419


2007.07.14 *Sat*

2007.711 カートゥンKAT-TUN 15

亀 「ビリーーッッ!!」

いつまでやらせんだーっ!ちょっとここに来い! ってか?
思わず叫ぶ人亀梨くん。

わははは。

今週のスペシャルツボリスト。
酸欠状態、同じタイミングに同じ顔して天を仰ぐ仁亀。
快挙シンクロ率100%。
きもちぃ~ほどぴったりあってるぞ!きみたち(笑)


Today's Guest MCU

亀 「今週も気合入れてこ~。なかまる?」
中丸 「ズームイン!!」

上滑り気味中丸くんへの突っ込みガン飛ばし仁くん。
目を細めて威嚇。

挑発左アングル素敵・・うっとり。
シュピッと一時停止、カメラ越しに見つめられてうっとり。


100Qスタート!
3・2・1・・カウントダウンしながら肩を揺らし、足をぱたぱたリズム刻み。
ちょこまかした動きが可愛い亀梨くん。

白ブリーフMCU氏を見ながら、親指あむあむ。
ところどこりで、先日の気をつけよう発言も効果なく、うっかり8ビート貧乏ゆすり。

なんかもうちょこまかしてるの。可愛いなぁ。

554


ビリー面白かった。
踊りの振りが揃わないメンバが同じ動きしてる!
すげ~!(笑)

ビリーブブートキャンプ仮入隊直後、くじけている中丸くん。
いざいざこれからはじめるぜ~のかる~いステップ時から、すでに、ビリー隊長に胡散臭せぇなコイツ・・なお顔。
二の腕体操だけでギブギブ!はぁー面倒くせぇ!な余裕無さがたまりません~。

反対に、余裕さが素敵な竜也さん。裸足で挑まれる本気さ。
ボクシングで鍛えられてるんだなぁ。二の腕アップダウンなんて逞しい二の腕の動き。素敵v
竜也さんの座っている席の足元にぽつんと残されている靴が妙につぼです。


左パンチに流れるKAT-TUNと逆方向右パンチに流れるMCR氏。
おかげで、MCR氏と聖のパンチに挟まれてしまう亀梨くん。
ありあり・・?って縮こまっちゃうのが可愛い。
でもってなんとか続けようとして、聖とお見合い。
狭い隙間で、ちまっビリー体操。

ちょこまか亀梨くん可愛いな~(笑)


ときメモ。
中丸くん→仁くんへのお手紙コーナーでおなじみ、ときメモ。
ときめきっぱなしメモリアル~(うそ)。

亀 「ちなみにメンバーの中で誰かやったことある?」
中丸 「いや・・ないっすねー」

わはは。
この時点で、自分で地雷踏んでしまってる中丸くん。
目きょときょと唇うにうに、メンバに追い詰められるが最高っす(笑)
追い詰められて、必死に言い訳、自白に追い込まれる中丸くん、姿勢を正して膝を揃えてしまう、ヘタレさが好きなの、ここ。


田口 「インナーが、いいなー」

しなっと脱力亀梨さん。
うつむき加減、指くわえ、ちょいひねり気味に傾くカラダ。
あっは~。

これ、隣に座っていて、しなっと拍子に肩がちょんっと触れたりしたら。
即、オチますわ・・。


フィギュア目利鬼。
やばい・・鳥山系超うらやましい・・。

一番高いフリーザを選ぶ田口くんさすがオタク仲間(笑)
つか、フリーザさま高けぇな!

田口くんに負けて悔しいらしい仁くん、自分が選んだ白黒アトムのお値段の低さに「まぁまぁまぁ・・」って顔して引き下がるのが可笑しいんだわ。

首がふりふり動く怪物クンフィギュアを揺らしている亀梨くんの手が可愛いv
ふりふり動きにつられて選んでしまったっぽい怪物クン、一番チープでしたけど。はは。

ちなみに、わたくし羽鳥がはまっているフィギュアは、パンダーゼットで~す。
超可愛いんだよ~v



DAT-TUN5 Guest 片岡安祐美


亀 「オレもうダーツやりたくない!(ぷんっ)」

だだっこ小芝居亀梨くん、可愛い・・。
まだ高校生役イケるのでは~?
一ちゃん・・プリーズ(ぽそっ)

年下女の子に、すっかりおやじっちKAT-TUNさんたち。
おやじはこう絡みます見本。
ぐだぐだ接待ダーツ(笑)

亀 「おれ、中2?で止めちゃってるからさ・・」

ちょっぴり切なそうな亀梨くん。

仁 「ぼく、セコンド・・」
LAで鍛えたアメリカンジョークですか?
や、昔からか(笑)
中丸くんの突っ込みに、舌ぴろ~んってごまかし。
和みました。ふふ。


亀 「かわいいな~ちっちゃいな~」

うん・・キミもちんまり可愛いです(笑)
欽ちゃん走りをやりたがるちょがき亀梨くん可愛い。

みんな絡みまくるなか、仁くん絡まないんだなぁ。
仁 「行け、アユミちゃん」
ちゃん付け呼び応援。

ちぇ。
もう優しいなぁ。気が無いようでいて、さり気に優しい。
こういうとこ、仁の側って居心地いいんだろうなぁって思う。
ふんわりあったかい優しさ。


今週のお見送り当番:仁

仁くんに耳打ちMCU氏、うらやましいゾ~。
田口くんが喜び、仁くんが体験してみたいフィギュアってなんでしょう。

等身大ガンダム?
等身大おねぃちゃんフィギュア?(笑)

秘密にされると気になります。


仁くんのふわくるもさもさ髪の毛。
小鳥が巣作りできそうなの。
555

ついでにぐうたら亀梨くんも寛いでそう・・。←内輪ネタ。

2007.07.11 *Wed*

’06 DREAM BOYS ~DVD

'06ドリボズDVD感想リサイクルアップ。


情熱は狂おしいほど
240


ベイサイドクラブ。
廃墟に近い建物。退廃と刹那と冷めることない熱きなにかとわずかな光。
アルコールとドラックに染められない希望と寂しさ。

ここに佇んでいるのはたぶん、オレ。


チームバトルが繰り広げられるなか、後ろで壁にもたれて佇んいるカズヤから目が離せず。
闘争煽っていた当の本人が、喧騒からはずれて。
ただじっと見ているだけ。
熱いところと冷めたところ、上手く見せてくる。

ビジュアルが素晴らしく麗しく。
亀梨くん、美人です・・。

OPベイサイドの衣装いいですよね。
ピチピチ赤いおズボン!
お腰の振りが一層艶かしい(笑)

右足を軸に左足を大きく蹴り上げ。
腹ちら→勢いでフード被りつつアヒル口で、ターン。

格好いい!

横顔のシーンが多いので、首筋のラインを見られるのも嬉しいカメラ割り。


喧嘩相手の挑発も、ブンツカブンツカ効果音付中丸くん。
「カモーン!」
なぜだ・・どうしても笑っちゃうんだカモーン!(笑)
片方ジャケット脱ぎ脱ぎマイクコード絡ませつつ、左腕に見惚れます。

ストリートファイターなかまる 「っんだごらぁ!」
わはは。柄悪~いv

モブシーンで一人びびょ~んって超跳ばれるところが可愛いくて。

中丸くんの髪、トップが短めで、中丸くんが動くとトップ部分がピコピコ動くのも可愛いです。
ラブv

236

指くわえちゅっ・・。
一体ナニを挑発したいのだろうか、この人は・・。


TheMovie  すべてを賭けて信じてみたい237

肩甲骨ラブv

擬似おパンツ一丁中丸くん、折角の機会ですので、いろいろじろじろ。
踊るときに肩をすくめるクセのある中丸くんの肩甲骨の動き。
ステップ踏むときにふくらはぎの筋肉に力が入るところ。
じろじろじろ。
・・それにしても中丸くんおカラダ細いな~。

TheMovieロゴ入り電光大画面のアップ中丸くんも可愛いの。
キメのアップでぱちくり瞬き。
にゃんこ手ファイティングポーズ。

最高に可憐に姫ビジュな亀梨くん。
ここで脱がれると、妙にイタイケなことしている気になるですけど(笑)

薄紫色のぴらぴらケープをまとった亀梨くん、すごく綺麗。
フライングしながらまとったケープがふわりとはためいて。
鎖骨がまた艶っぽく。

女神さま・・。

ボクサーパンツが、裾口大きくひらひらなの。
フライングしているとき、真下の客席って、こう・・覗けそうですよね。

スバルと試合後、勝利のガッツポーズに勢い余って飛び跳ねるカズヤ、パンツの裾も勢いよく跳ね上がるので。
スロースローリピリピ。
ちゃんと黒のスパッツ履いてました・・(笑)


へっ!言わせねぇよ!
239

ピエロのお鼻の中はこぼれおちるほどの私生活。

ピエロの鼻をいじられて気持ちよさそうな顔する中丸くん。
にこにこ笑顔でお鼻で遊ぶ亀梨くん。

聖と中丸くんのピエロのお鼻で遊ぶ亀梨くんのにこにこパントマイムキャラすごく可愛い。

すたすたすた・・磔の楔をといて両手合わせて、聖と中丸くんの元へとことこ歩き。
てけてけてけ・・中丸くんのピエロお鼻を聖にくっつけようと迫っていく亀梨くん。
可愛いな~。ふふ。
同じ衣装で激しく妖艶に踊っていた人に見えません。

ちまちまちんまり亀梨くんv

中丸くんに腕をパチコーン叩かれて、にっぱーって笑ってる亀梨くん超可愛いの!
にっぱーって!
ちょがきなぶさかわ笑顔。

ちんちんに当たった振りして、「セーフ」って両手泳がせている亀梨くんもすごく可愛い。
怪しい仮面付です振りまくちょがきぶさかわ笑顔。


ドリボズで一番好きなサーカスシーン。

はいっ!(勢いつけ)

ピエロなかまる「へっ!言わせねぇよ・・。はいっ!」

ここ大好き!
「あっぶねぇ~へっへっへっ」も大好き!
ピエロ中丸くん大好きだ!

お帽子(とんがり帽子!)がゴムつき。
顎で飾り紐のりぼん結び。
袖口ぴらぴらしてる上着。
原色派手派手ピエロ衣装になぜかビジネスマン風肩掛け黒かばん。

中丸くん、ナイフほんとに投げてるのかな・・?
てやっ!て、わりと思いっきり投げてますよね。

ナイフを投げる前に、右手をびしっと上げてポーズつけ。
ここ大好き!

なかまるピエロさいこ~!


「亀梨を助けよう!」
ピエロに扮して現れる中丸くん。
「ちゃんと使えば全然危険じゃないモノだから」ナイフ持ち込み、持って帰れよ(笑)
「これはなにかの間違いだよ!」ってあなた、おかげで二人ともピンチですから(笑)


真実が明らかになるのを待てばいい

逃げも隠れもしない。
でも。一瞬怖くて立ち止まった。
ナニかに閉じ込められた気がした。
お前の姿を探した。振り向けばかち合う瞳。
そっけなく行けよって促す。
あ・・俺、大丈夫だ。
だってお前俺のこと信じてる・・だろ?
俺、大丈夫だ。


241


242


カズヤを守ろうと動くリョウとジン。
子供回想シーンで、カズヤが二人に甘えている感じで。
長じて、強がることを覚えてクセになったカズヤが、ふと弱さを見せて、それに応えたジン。
このシーン好きだな。現実と交叉して見られるところも。


妙に仁亀モード注入で、まんまと”手の平で踊らされている”感がしてスルーしたいのに、しっかりうっかり引っかかりまくり。

「赤西・・どうしたの?」
「・・・」
「何か言えよ」
「オマエが何か言うことねぇのかよ」

リ・・リアル仁亀・・。
はは。
そんな簡単に煽られませんっ(ふむっ←鼻息)、いやいや煽りますな幼馴染設定。
折角子供時代の回想シーンがあるのだから、ジンがユウタのナイフに刺されたところで。
  ↑
なんだか勢いあまって、躓いて、自滅しちゃったように見えて仕方ありませんが、とりあえず。

「じーんーーっっ!!」

叫び”カズヤ”ですと完璧だったのにな・・。


”たったひとつの出会いがたったひとつの未来を変える”

仁亀モード抜き抜きで。
このシーンで、亀梨くんと仁くんが同じ登場口にはけていくシーン。
同じ方向をむいて進んでいないふたり。
同じ方向に進んで欲しいというわけでもないですが。
それでも。
あ・・、って思ってしまった。


カズヤを守ろうと動くリョウとジンの、このシーン好きでした。
子供回想シーンで、カズヤくんが二人に甘えている感じでしたので。
長じて、強がることを覚えてクセになったカズヤくんが、ふと弱さを見せて、それに応えたジンくん。

視線が重なるから。煽れる~るる~。


Ladys and Gentlemen
亀梨くんの素肌チラリズムにどきどきする土下座、横アングルちょっとやばかった(笑)
この後、田口くんを助けて蹴りを入れる、ボクサーなのに足蹴り亀梨くん、竜みたいで格好いい。

245


亀梨くんへの賛辞のひとつに”無駄にエロい”がありますが。
(仁くんへの賛辞でもありますが・・、そんなツートップKAT-TUN/笑)
このシーンこそ”無駄にエロし”最高峰。

・・・のひとつ?

このスバルに土下座のところ。
おズボンの破けているところから素肌が覗くの。

素肌覗き配分が絶妙!
覗いている素肌絶妙!

亀梨くんの左膝エロい。

チラリズム最高!(笑)


萩尾望都のエッセイの中で、野田秀樹氏演出”夢の遊民社”の舞台を生で観、同じ舞台をTV放送で見た時に同じ陶酔感を得られなかったという件がありまして。
人の目は意外と舞台空間を広く捉えているようだとあります。
ドリボズも帝国劇場で舞台としてみるのとカメラ切り取られたモニタで見るのとは随分違うと思いますが、残念ながら、生舞台を見る機会がなかったので具体的に比べられません。
2幕で亀梨くんが逃走する場面は、モニタではなく生視覚で見ていたらもっともっと息を呑む息詰まる迫力あるところかなぁと思うのですが。

田口くんのラート技、”うたわら”ご披露されたときに、「すごい!」と思って見ていたのですが、DVDではそれほど大技パワーが伝わってこず、もしかしたらカメラワーク悪いのかな・・という気も。

なのに、無駄にエロし”亀梨くん伝えまくられまくり感じさせられまくり・・。

髪の毛

さらさらカズヤにあわせて流れる髪の毛、これがいいのだ。
ベイサイドクラブで、スバルを挑発する亀梨くんの左頬ラインとか頬にかかる髪の毛とか尖らせる唇。
ぴくっと眉を動かす表情。
狙ったエロさよりも。
その後、くるりとまわるり、ふわりと揺れる髪の毛、右頬のライン。
薄く開く唇。

表情に翳を落とし、動きに合わせ、風に吹かれ流れる髪の毛。
素敵。

輝いてるキミの目が未来さえ変えていく238


ロープひとつで空中を舞う亀梨くんが綺麗なの。

すごく綺麗。

ロープを手にとって。ひとつ大きく息を吸って。
まっすぐと前を見つめるその瞳が綺麗。

緊迫感がもたらす凄み、生で感じたい。


総括、各種矛盾と謎のお取り合わせ詰め合わせ。
狂い始めた運命の糸より絡みあっている矛盾の糸は解けず、ストーリーはさっぱりわかりませんでしたが。
なかまるピエロが素敵でしたv
category : DVD

2007.07.10 *Tue*

プラスで行こう!

全オプション装備! 亀梨くんプラス多すぎ~!(笑)

553


傷は男の勲章ですからキラーン。
たんこぶも青タンも鼻血もすべからく勲章ですからキラーン。

わはは。
なぜ亀梨くんひとりそんなにやんちゃな暴れんぼーになってるの?
避けるところ避けるところ全部ヒットしました、みたいな(笑)

でっかい絆創膏、でっかいたんこぶ、ぐるぐる青タン、どぼちて振り子涙、たり・・な鼻血。

完璧~(笑)


1日遅れでマジックキュウイCM見ました。
ロッテさん面白いな~。
1年前、バレーとタイアップしていた1回きりのCMも面白かった。

KAT-TUNファンに届けるんだ~!と把握されすぎたキャラ使いとけんかネタ。
素晴らしい~。

効果音担当日和見中丸くん。
仲裁にはいる聖。

これが田口くん仲裁だと、いつの間にかひとりボコられてる運命の田口くんにて。
そうそう、聖だから威力あるんだ~。わはは。

そんなわけで、

「おれ、今度の+Xはキュウイ味がいいな!」亀梨くんの振りを待っている仁くんと、(←一瞬見詰め合っているふたりがフレーム内に収まるブラボー)

無難にキズが少ない仁くんと、

暴れた後のハネた髪がわんこの耳みたいになっている竜也さんと、

けんかネタでスポーツ新聞を騒がせている際どい演出、

がつぼでした。

キメにはずさず格好よくガムを食べくる亀梨さんもおさすがです。

2007.07.08 *Sun*

2007.6.20 カートゥンKAT-TUN 12

「だってミロっておいしんだもん」

わっは~と恐竜笑いな亀梨くん。
笑いすぎてアチアチと両手で自分扇ぎ。

瞬間沸騰するほどの面白さを、このCMで感じている亀梨くんが、謎です・・。


Today's Guest 阿部サダヲ

阿部サダヲ氏、はじめて見ましたが面白い方ですね。一見、人を見透かしてしまう怖い人かと思ったのですが(今もちょっとそう思ってますが)、年上さを驕ることなくKAT-TUNと対等に向き合おうとされる良い方。素敵v

中丸くん以外でハンチング愛用なさっている人もはじめて見ました。
中丸くんにハンチングを被っていただいて、張り合っていただきたかった~。

・コウキにお手紙

かわいい文字、かわいいネコちゃん便箋、田口くんを想うかわいい女の子のココロ。

”田口淳之助”の名前が出るまで、ネタバレしないこの素晴らしさ!

ちゃんと80円切手も貼ってある芸の細やかさ。こういう小ネタ仕込み大好きです(笑)
中丸くんが手紙を読んでいるときに、両手をポッケにつっこんで覗き込んでいる好奇心亀梨くんと。
「田口淳之介より」「本人!?」
んんっ?なお顔で倒れそうになる亀梨くんを慌てて受け止めようとする聖の、ふたりの絡みがかわいいのv

中丸くんに”見つめっぱなし”な絡みを仕掛ける仁くん。
544


・中丸 「止めてください、文字を」
 仁 「はい」
    ↑
この低い声の「はい」が素敵v
中丸くんを見つめる左アングルの顎から耳にかけてのラインとかまっすぐ見つめてる瞳とか。
ぴたっと静止している仁くんの端正な顔立ちが見目麗しすぎて。
いかんせん普通に見惚れてしまいます。
仁くんの視線を無きものにしている中丸くん、すごいわ~。

・ドキッとする異性の仕草は?

阿部氏 「ノーブラ」 ←これ堂本兄弟でも同じ答えでしたけど(笑)

リクルートスーツ→うぶ毛→ジャージ姿→オーバーオール・・この一連の流れでひっかかってくるメンバの違うこと(笑)

頑なな潔癖さのリクルートスーツに食いつく中丸くん。
うぶ毛とスッピンジャージシャンプーの香りに食いつく亀梨くん。
オーバーオールタンクTのわき乳に激しく食いついてしまう仁くん。

話を振る阿部氏がノッてきたKAT-TUNメンバをそのまま置き去りにしてしまわれるので、食いついたカツンさんたちが目立つ目立つ。

楽屋裏で、「俺はこのシチュ!」なんて妄想シチュ話で盛り上がってそう。もっと際どそうですけど(笑)
中丸くんの発言からすると、裏でもロマンチスト亀梨でみんなを引かせてるのかな。


・亀 「歌手の方でいますよね、高いところいくと手があがる方」
 仁 「それいくらやっても高い声でなかった・・」

亀梨くんのすぐ隣に手の上がっている人が・・。


・将来の夢はオリンピック選手

亀 「わはは。これ完全てきと~に書いたでしょ?」

すっかり阿部氏に和んでる亀梨くん(笑)



スマイルアスリートNo.1決定戦 ~背筋力

551


仁くんのベィビースマイルかわいすぎる~るる~。

結構歯を食いしばっておられるのに。
口角をきゅっとあげて、笑顔の表情を作り上げて、その表情を崩さないようにしてるの。
ん・・?そういう作戦?意外とカシコイ?(笑)

135kgの記録を出した仁くんに、「くっそーばか力め!」な顔して、ガンとばし亀梨くん。くっそー!負けねぇし!な顔しているところが好きです。ふふ。

「笑いながらじゃ 力入んねーよ!」

とメラメラ負けず嫌い燃えたわりに、あり~?な結果に、プチッと逆ギレ。
わはは。
怒な科白なのにスマイルしなくちゃが残っているのか、ちょびっつ”怒りながら笑っている”状態になっていて可笑しいの。

しかも、このビジュでドスの効いた声!

「そこらへんの女の子より俺の女装のほうが綺麗やし」と今と変わらずファンの子を立てない発言をなさっていた光一くん、16歳のころ。
ベストテンを当時そのまま再現コーナーで、聖子さんのモノマネをされたことがあったのです。
それを見た友達が、「見た目かわいい女の子なのに、歌声が太い男の声だからびっくりするよ~」って言ってたの。

ふと、この時のこと思い出して。
亀梨くんをあまり知らない人が、このビジュでこのふっとい声出されたら、びっくりするのかな~なんて思ってました。

ま、このギャップがたまらないわけなんですけどね(笑)


ひよひよえさを待つ小鳥の赤ちゃん笑顔がかわいい中丸くん。
途中で、ひっぱることだけに頭一杯になって笑顔のこと忘れちゃってるおまぬけさん・・。
中丸くんも負けず嫌いだな~。お陰で、棒みたいなお姫様抱っこと「面倒くせぇ」ってやさぐれる中丸くんが見られて幸せv



2007.07.07 *Sat*

修二と彰

放課後の教室で、ひとり。
俺は、願いごとをひとつ探してた。


551



星に願いを きみの願いを

半年前に越してきたこの海辺の町は、とても綺麗に星が見える。
だからという訳ではないだろうけど、まさか高校生にもなって七夕のイベントに参加させられるとは思わなかった。
教室の隅には、笹飾りをまとった大きな笹。
俺の手元には、朝のHRで配られた一枚の短冊。

さわさわ・・

開け放した窓から舞い込むオレンジ色の海風が、笹の葉とクラスメイトの願いをのせた短冊を揺らした。
潮の匂いと青臭い笹の匂いが混じる。
みんな結構はしゃぎながら思い思いに願いと自分の名前を記した短冊をつるしていて、その数は、一コマ授業が終わるごとに増えていった。

なんでみんなそんな簡単に願いごとが書けんだよ。
なんで適当なことさえ思いつかずにこんな時間まで居残ってんだよ俺。

つか、これって、誰か願い事叶えてくれんの?
彦星と織姫?
1年に一回しか会えなくてあとは暇だから暇つぶしに誰かの願いでも叶えてまわってんの?
そんなボランティアな話だったっけ?

持て余した短冊をつまんで、目の前に翳して、ひらひらと振ってみる。
濃い藍色からうすい水色へとグラデーションを描く和紙は、このままできれいな笹飾りになるだろう。

あーもう・・。

空短冊のままでいいや、とため息をひとつついたついたそのとき、教室のドアがガタッと開いた。
「草野・・」
帰ったんじゃなかったのか、あいつ。
放課後チャイムが鳴ると同時に教室から飛び出していってたけど。
「しゅ~じくん、発見~!やっぱりいたナリ~。自転車まだあったから・・自販によってきた」
彰が、俺に笑いかけながら紙パック入りのコーヒー牛乳をひとつトンッと机の上に置く。
「はい。差し入れだっちゃ」
「・・サンキュ」
ちょっと喉が渇いていたから、有難く奢ってもらうことにして、もうすでに汗をかいているパックにストローを差し込んで、一口飲んだ。
甘くてほろ苦いコーヒー牛乳の味が口の中に広がる。
俺の席の前の椅子をひいて背もたれに肘をかけて向かい合わせに座った彰も、同じようにストローくわえていて、
上下する喉を見ながら、
今、口ん中同じ味してんだなぁ・・・
なんて思う。

「草野、帰ったんじゃなかったの?」
「ん・・や、緑のぺんを買いに行ったのよーん」
「緑のペン?」
「そ。緑色のペンで書くと願い事が叶うんだっちゃ。って、知らないの!?しゅ~じくん」
「知らね・・つか、色とか関係あんの?」
「あんのー!これだからしゅ~じくんは・・」
と言いかけて、彰は机の上の何も書かれていない短冊に目を落とした。
「や、えっと、これは・・」
悩んでいたなんて悟られたくなくて焦ったけど、咄嗟にうまく言い訳なんて出てこない。
「修二はさ」
彰は、俺の短冊を人差し指で軽くなぞった。
「いーっも人のことばかり一生懸命だから、自分のことになるとわかんなくなるんだね」
「は?・・なにそれ」
何を言い出すかと彰を見れば、なんだかすごく優しい顔して見つめてくるからちょっと戸惑う。
「願い事、交換しよっか?」
「・・交換?」
彰は、にまっと笑うと、鞄から自分の短冊を取り出し、買ってきたという緑のペンで、

”修二くんのおねがいごとがかないますように by 彰”

と書いた。
「ちょ・・なにそれ・・」
「はい。しゅ~じくんにも貸したげる」
にっこり笑いながら、俺に緑のペンを差し出す彰に、思わず受け取ってしまった。

あーもう・・。

どうせ何も思いつかなかったし。
コーヒー牛乳奢ってもらったし。
ま、いいかと思って。
ずっと空っぽだった短冊に緑のペンで願いごとをのせた。

”草野の願い事が叶いますように 桐谷修二”

「もう、しゅ~じくんてばなんで”彰”って書いてくれないのー」
「うっせーよ」
「他人行儀だっちゃ」
「他人だろ」
「ひ・・ひどいナリ。しゅ~じくんが苛めるナリ」
よよよとわざとらしく泣き崩れる彰を放って、俺は中段あたりの笹の葉に短冊を結びつけた。
「ほら、お前もつるせば」
「では、僭越ながらしゅ~じくんのお隣に」
「やめろ!」
タタタターン♪と結婚式のときによく聞く曲を鼻歌で奏でながら、彰が俺の短冊の隣に自分の短冊をつるす。
「ちゃんと緑色で書いたから願いはきっと叶うナリー」
「ふ、どうだか・・アバウトすぎだし」
「こっちの方が、お願いストライクゾーンが広くていいのー」
「わけわかんねぇよ」

2枚並んだ短冊が揺れる。
なんだか可笑しくなってしまって、俺は下をむいてこっそり笑った。




翌朝、七夕の日。
俺は、昨日彰の口車にのったことを激しく後悔する羽目になった。

さわさわ・・と揺れる笹の葉。
ざわざわとざわめいている教室。
笹飾りの前に集まっているクラスメイトがわらわら。

「な、見た?これ・・」
「やーん、やっぱりこのふたり怪しくなぁい?」

戸口に突っ立ったまま呆然とする俺。

怪しいって、なに!?
やっぱりって、なに!?

「おっはよ~!しゅ~じくん!」
「く・・草野」
彰は、俺の後ろに立って、額に手をかざして俺たちのことが話題になっている教室を眺めた。
「あらー早速俺の願い事が叶いそうな気配ナリー」
「は?なにそれ・・」俺は、肩越しに彰を見上げて睨みつけた。「よくわかんねぇけど、じゃおまえ俺の願い叶えろ。あれ破ってこい!」
「ムリ!」
一言で却下して、彰は、笹の葉~さ~らさら~と歌いながら教室に入っていく。
くっそーーっ!緑のペン効かねぇじゃんかよ!


俺は・・

俺は・・

俺は彰の口車にのらない人間になりたいです・・(願)






羽鳥は、迷わず短冊にお願い事が書けます。

一攫千金!

欲望一直線なり~。

2007.07.05 *Thu*

2007.7.4 カートゥンKAT-TUN 14

離っさないでグローブ 掴っんでてグローブ
550


本日のスペシャルツボリスト:佐々木氏プレゼンツグローブに離さないで愛亀梨くん

これ、おれの!

グローブを手にしたまま、離しません!他のメンバには触らせません!な亀梨くん。
ちょがきな独占っぷりが可愛い~v


Today's Guest 小池 栄子


・FAT-TUNなかまる

小池さん 「意外に見れるな」
中丸 「・・・(ぴき)」

”美しい方々”からひとり漏れなく漏れてしまったFAT-TUN中丸くん。
ぴきっと固まって目きょときょと泳ぎ。
「や、わかりますよ」にゃんこ手でお鼻こしこし。
やられキャラ中丸くん、やっぱり可愛い。ラブv


・ダイエッター仁

仁 「脂肪あります・・あるんでダイエット中なんです」

仁くんがダイエット!(驚)
や~、びっくりしました。
この人の中に”痩せようおれ・・”な意識が存在したことにびっくりです。

仁 「炭水化物は抜いて・・」
亀 「おかずだけってこと?肉なら肉だけ?」
仁 「肉だけ」
亀 「ビールとかも飲まないってこと?」
仁 「ビール・・は飲みます(にへっ)」
亀 「わはは。飲むんだ」

仁亀でおはなし・・・
こんなちょっとした絡みが嬉しい。
全然ちーっとも絡んでくれないんだもの・・。
このときの、仁くんに問いかける亀梨くんがおよそゆきに作っている声ではなくて。
普通に会話している声のトーン。低くてぶっきらぼうな感じ。
いいな~v
おどおどたどたどしく答えられている仁くんがおかしいんですけど。
そのとまどい気味さは何ゆえ?


・一人で平気か?

亀 「男は、なるでしょ・・?」

亀梨くんが男ココロを語ってる!(驚)
や、語っていいのでした(笑)
乙女ココロをくすぐる小芝居係亀梨くん。
「ん・・一人で平気か?」
小芝居でもしっかりくすぐってくださるくださる。
おまけにちょがきににへって照れ笑いされちゃうところが可愛いな~。


・亀 「チェーンかけてる時点でちょっと怪しいよね」

そこでピンときてしまう亀梨さん。
シュ~ラ~バシュラバラバ♪修羅場と紙一重なご経験でも?


549


・中丸 「耳とかやだ」
 仁 「何か いるの?」
 亀 「ちっちゃいおじさん?」


わはは。
なんだこのふたり(笑)

中丸くんの耳のなかネタで一致団結。
中丸くんをはさんで仲良しさん~。


ちっちゃなおじさん、ちょっといいかも・・。
レレレのおじさんみたいに箒持ってるの。お耳がむずっ・・ってなったら耳の中をレレレのレ~ってはわいてくれるの。
はぅん、うっとり・・みたいな。


・大縄跳び

片腕ぐるぐる回してばたばたしている竜也さんが可愛い~v



DAT-TUN5 Guest 佐々木 主浩


佐々木氏のおみやげに超興奮野球少年亀梨くん。
プレゼントを受け取るのに手のひらの汗をぬぐわれるほどにて。
どれだけテンション上がっておられるのやら。

仁 「一番活躍した人が・・」

ん?亀梨くんに気を遣われましたか、仁くん・・。
グローブ争奪戦、勝者のはっきりするじゃんけんだと、亀梨くん負けたときに、手がつけられないくらいスネまくりそうだものね(笑)

ダーツしながらでもグローブを離さない亀梨さん。
おかしいからキミ!(笑)

これ、おれの!

100%純粋に無言で圧力をかける亀梨さん。
これで、この人からグローブ取り上げたらどれだけ極悪人になることか・・(笑)
この勢いで、ちゃっかりとふたつとも貰われたんじゃないだろうか。
はは。

中丸くんの一投を邪魔する亀梨くん。
まんまとハズしてしまう目にあってしまう中丸くんの、ダーツがはずれたコンッとかる~い音が妙につぼです。


秘密の仁くん。

しぃ!
しぃ!

人差し指唇あて、肩すくめ、上目遣い可愛さ三段攻撃。

可愛いんですけれど。
可愛いんですけれど、なんだか。

そのまま「秘密ね」って、その視線の先の人の唇奪ってほしいような・・。ぽそっ。


お見送り当番:竜也さん

一人で平気か?

せっかくばしっと男前にてんどんキメたのに。
ド・M小池さんに置き去りにされてしまう自称ド・S竜也さんぽつーん。
わはは。
そのままの可愛いキャラでいてくださ~い!(笑)

2007.07.04 *Wed*

Happy Birthday! 23th Jin!!

仁くんへ お誕生日おめでとうございます

jin2


やわらかな笑顔とか、
まぁるいココロの仁を見られるようになって。

あらためて感じる、お休み前の尖がっていた仁。

いろんなことに、いろんな人にぶつかって。
とげが抜けたり、角が削れたり、殻が破れたり・・。
痛いのやだなんて言いながら、随分と痛いことが多かったと思うのだけれど。

こんな風にとまどっているところも見せてくれる。

なんの飾りもなく。
いつもそのときの赤西 仁を見せてくれる。

ほんとのことをほんとだよって伝えてくれる。

赤西 仁が好きです。



なかなかに大胆不敵な渡米もありの波乱万丈な22歳のあと。
できれば、もう少しお手柔らかに穏やかにお願いしたいところですが(笑)

ひとつ歳を重ねた23歳の仁も楽しみ楽しみ。


仁にとってのしあわせをたくさん掴み取れる23歳でありますように。







お誕生日おめでとうございました!ぴーす!
ジャニーズブログランキング


↑涼華さん家のぱくり・・1回してみたかったの~。

2007.07.01 *Sun*

勇也と弘人

548


「やっほ。ゆ~くんが遊びにきたよ~」

「帰れ!」

「べつに弘人に会いにきたんじゃないもん~。廉くんと遊ぶのに来たんだもん~」

「・・なおさら帰れ!」

「ひろくんてばヤキモチ?」

「誰がひろくんだ・・」

「廉くん可愛いよね。ばいばいって時、子犬みたいな瞳で寂しそうにうるうるして”また来てね”一生懸命笑って言ってくれるの。きゅん!としちゃうよね(自分抱きっ)」

「・・・お、俺だって廉と遊んでるしっ(いじっ)」

「(ぷっ)そういうひろくんも可愛いよ」
「や、ほんとは弘人を誘いに来たんだけどさ」

「は?行かねぇし」

「早っ・・つか、いいのかな~そんなこと言って(にやっ)。せっかく耳寄り情報持ってきたのに」

「・・ナンだよ?」

「Yスーパー、5時からL卵1パック98円!」
「行くでしょ?」

「・・・行く・・」




勇也くんは、廉くんと仲良しなのです。←という設定でお願いします。
勇也に「ゆ~くん」なんて懐く廉くんに、ちょっぴり寂しいお兄ちゃん弘人。

キャラクタ的に表面上対立することが多そうですが、共通項=家族思いな庶民派。
ふたりともスーパーのお得情報には敏感。
ここだけはがっちり結託。情報交換。

卵パック手に持ってレジに並ぶふたりが見てみたい、そんな妄想小ネタでした。



1度しか目にしていないので、うろ覚えなんですけれど。
携帯のCM(たぶんAU)で面白いのがあったのです。

お風呂に入りながらワンセグ機能を使ってドラマに浸っている後輩の女の子と。
バケーション中(?)手持ち無沙汰にその娘に何度か電話する先輩。

後輩の女の子が見ているドラマは、シリアス物でどうやら涙を誘う山場シーン。
ドラマはシリアスもので真面目に演じられているけれど、笑いのネタが仕込まれているキャスト・科白にて、傍から見るととても可笑しい。
「(何度も電話してうざくて)怒った?」「(ドラマ見て)いえ、泣いてるんです」「何で!?」相手の状況が見えなくて、会話がかみあわない。

いちいち書き出してしまうと野暮ではありますが。
ちょっとずつ”ずれ”が重なるところが、くすりと可笑しいこのCM。

ちょいとシチュエーションを変えて。
後輩=亀梨くん、先輩=仁くん、ドラマ=中丸くんor田口くん仕込んでみたら・・。

昭和初期設定のシリアス青春ものを真面目に演じている中丸くん田口くん。学生服着用。
そのドラマに感動して涙しながら見ている亀梨くん。お風呂に入っているシチュはそのままパクり(笑)
自分の都合で、亀梨くんに何度も電話しちゃう仁くん。

「ちょ、怒った?」
「泣いてんだよっ!(逆ギレ)」
「え・・なんでなんでなんで(慌)」

KAT-TUN仕様で絵コンテきってみる・・。
ん、このパクリ、結構ハマりそう?
KAT-TUNファンにしか通じない内輪うけですけれど(笑)

ふたたび風邪をこじらせてしまって、新しく処方された風邪薬はなんだかぽや~んうとうと。
眠くなってしまって困りものですが、こんなときでも(こんなときこそ?)KAT-TUN映像摂取。
ぽやぽやとカートゥン・サプリ・ひと恋など見てしまう週末でした。

うーん・・それにしても。
ぽやんとなっても妄想はしちゃうんだな・・。
category : Mix World

07
2
3
6
9
12
13
15
17
19
20
22
25
27
29
30
31

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2007年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。