This Archive : 2008年01月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.30 *Wed*

700pieces ピース!

・piece74
74

誤解だったけど。一番に駆けつけてくれたのオマエだったけど。でもまだ怒ってんの俺。お前なんで一人で抱え込んでんの?なんで俺に言わねーの?何のために俺いんの?でもどっかから俺だから言えなかったんだろーっつう自分ツッコミの声が聞こえてきてムカつく。気がつかなかった自分にムカつく。くそ。でもやっぱ竜が悪い。竜のせぃ・・。
そう・・だから・・・・。


「・・・ごめん」



2006年11月ごろのSelfishKANはこんな感じでした。
・・・月日は流れ、流れている割に、芸風スタイル変わらず。
授業中に、らくがきまじりのお手紙を書いていた頃からみても、していることはまったく変わっていないような・・。

らくがきファイルは、通し番号を振って整理しているのですが、いつの間にやら”700”番目の数字を振っていました。
’07年9月からしばらくブログをお休みしたときに、そのまま辞めようと思っていたので、それ以前の分はほとんどこの場所から削除してしまいましたが、SelfishKANを始めて、700枚のらくがき紙片を散らかしたことになります。
ふわぁ。
さすがに700ともなると、いっぱいらくがきしたなぁとしみじみ。
呆れました。はは。

PCの乗り換え時に、昔のフォトショらくがきログはPCと共に捨ててきましたが、絵版ログはいっしょにお引越し。
こっちは捨てられなかったの。
甘酸っぱいような、しょっぱいような、羽鳥のアルバムです~。

ちょびっつ過去振り返り。
スポンサーサイト
category : 日々是好日

2008.01.29 *Tue*

2008.3 Myojo

P35 ・なぜヤツらの日常はこんなにもすちゃらかなのか?

ポラ撮りスクラップブック風なちっこいフォトがたくさん。
楽しいv 
中丸くんがちょ~楽しいことになってます。

45センチすき間に収納されてる・・!

うーん・・びっくりだ。
お洋服半脱げにしてみたり、マフラーぐるぐる巻きにしてみたり。
お写真の中でも、ちっとも落ち着きない中丸くんが可愛いv

「やー、楽し。男の子に生まれてよかった。」
”男の子”を楽しんでいる中丸くん。なんかいいな。
それがサッカーゲームに熱くなっていても(笑)

「服脱いでまたヘコんだ」
注4のお写真、中丸くんと聖の身長差が3?・・?
すき間サイズの細さも好きです。 ラブv

「Keep the faith!っつって叫んだのが、俺の唯一の英語でした」

てんぱってたニコラス氏との面談にて、「Keep the faith!」
面白いなぁ中丸くん。 オンエアで見たかったなり。


明後日を向きながら、カメラ目線で、むにぃと唇に力入れてる仁くん。
このお写真が好き。
唇をむにぃ、ときどきされますが、この仕草が好きなの。

↓ふぉっふぉっふぉっ・・言ってるのかな~、って。
698


「まさに居眠り運転ですよ、俺、ってか(にやり)。・・ジョークだっつーの。」
・・そか。ジョークか・・。 妙に感心してしまった・・。

「仕事のときは完全武装だけど、今回は武装解除」
ここで、くすっと笑ってしまってはいけないんだろうなぁ。

「なんでもかんでも値上げってさ、どうかと思うよ。結構こたえてるよ、俺は」
「鍋、モツ煮、鍋、モツ煮・・で、冬越せる」

慎ましやかな生活感あふれるお言葉もすっかり板につかれて。
でも、大事な感覚。

2008.01.28 *Mon*

1ポンドの福音 R-3

Round 3 <2008.1.26放送>

・R-3 福音シーン

欲望は仄暗くあがきもがく

694




・チャリティバザー

晴れときどき耕作大型台風でしょう。  ←トロの天気予報パクリ。

普段クールなふりして赤いマフラーを譲ってあげない石坂さん。
ムキムキになって耕作と追いかけっこ。
ちょがきだ~。 
負けずキライなボクサーだものね。こんなちょがきなところ見せられると可愛いなぁ、この人も。

「じゃあじゃあ同じの編みますから!」
「・・夏になっちゃうだろっ」
「春です~春っ」

耕作自分で編むのか? 
夏になっちゃうだろ・・←そんな問題か? しかも、一瞬迷っただろう、石坂さん。
耕作の手編みにココロ揺れ動きましたか?(笑)


・今宵も真夜中の台所で・・

りんごでしばかれる耕作、頭ゴツッゴツッ・・効果音ではなくまじ音なんだ。(@Myojo)
小林「ほんとごめんね」 でも、容赦ないゴツッゴツッ連打。 小林さん素敵v
魚肉ソーセージとりんごのとろけないアンハーモニー。


・お騒がせキャラ義彦参上

青臭いナマイキ風吹かす義彦V.S天然Loverそよかぜ風吹かす耕作。
どちらも可愛いなv 
平成生まれちねんくんと並んでも可愛いかめなちくん、って・・。

かえるぴょんぴょん跳びなサンドバッグお掃除。 
練習生にまじって雑巾がけもしました、のエピソードから生まれたシーンだろうか。
ぴょんぴょんかえるはしてなかったろうけど。
髪の毛片耳かけはしていたかもしれない。

わ・・若奥さまかめなちくん!
どこでもかしこでも色気振りまいてちゃだめだ、若奥さま~。


・ぎっくり腰会長

「ア~メ~ン♪」

わははは。苦しいときだけ神頼み♪


・にこにこ腹筋

何気にすごい、にこにこ腹筋。
汗飛び散り、お花こぼれ舞う腹筋。

シスターアンジェラ、ちょ~アリーナ席うらやましいゾ。
オプション耕作の汗。うらやまし~い(笑)
697



・勝己 V.S.義彦
695

屈折率3回転ひねりやまだ勝己くんと、にこにこぷん太ちねん義彦くん。
この対決も面白かったです。
声変わり途中のふたりだからこそ出せるリアリティがある。
耕作をハメようと悪企みなところ、いい表情するなぁ、知念くん。

「久々の実践燃えたわねぇ」母の言葉に目をそらす勝己。
「やる意味がないからやらないだけだよ」

強要されはしないけれど、隠された期待は感じる・・。
どう変化していくのかな、勝己くんも。


・シスターのお守り

お腹減ってお口ぱくぱく・・酸欠金魚耕作。ぱくぱくぱく・・ぱふぅ。
ふしゅるる~。
あは。可愛い。
椅子に座って、へにょ~んうなだれ。
立っているシスターを見上げる格好になるから、こう上目遣いになって。
十字架ロケットのお守りを首にかけてもらって、きょとんと見上げるのあどけなくて可愛いんだ~。
「ありがとうございますっ! ほっほっほっほっ」
ぴょんぴょんぴょん、へんてこりんな十字をきる耕作が可愛いすぎる~。るる~。


・自分との闘い

減量・・って、飢餓なんだ。
飢えなんて味わったことないけど。狂っちゃうくらいの欲なんだ・・。
閉じ込められたドアを背もたれにしてずずっと力なく耕作。
必死に欲望を閉じ込めようとして。 
ごくりと動く喉ぼとけ。 光を失ううつろな表情。

シスターへの誓いと欲に引き裂かれながら、泣きながら食べることが止められない耕作が、哀しい。
食べてしまった後、精気を失う目をした耕作が哀しい。
へヴィだ。

ほろほろ涙。


・リスタート

「重いだろう、期待に応えるっていうのは・・」

三鷹さんの言葉は厳しいけれど人を責めないな。

ロケットの中の会長の写真を見て、ふっ・・と微笑んだ後、走り出すときの表情がすごくいい。
前を見つめる瞳。

間違ってもやり直せる。
間違った場所からでも走り出せる。

そして、一歩を踏み出す耕作。


・畑中耕作と亀梨和也

柔らかな音楽にのせて。
映し出されるハードな練習風景。

試合シーンだけではなくて。
練習シーンもきっちり見せられる。
そこまで見せることができる、もうここは私には亀梨和也のシーン、でした。
耕作に亀梨くんが透けて見えました。
流れる汗も歯を食いしばる顔も素敵。

内に秘めるストイック、肉体が表現するフィジカル。

汗に濡れた前髪からのぞく瞳、
懸垂している背中、

圧倒的にせまってくる”亀梨和也”だった。

 
・お助け耕作参上

不良にわき目も振らず、シスターに向かって一直線。
シスターロックオーン。
「Wait! Wait!」 わはは。Wait!ゆってる。

ぼこぼこ殴られる耕作も痛いけれど、見てるだけの方も痛い・・。


・変身!

ウルトラマン耕作に変身~。 
試合用ボクサーパンツに身を包んで現れた耕作が凛々しい。
ボクサーに見えました(笑)

胸に手をあてるシーン、好きです。
闘いにいく前の精神統一。 透明な聖なるオーラに包まれる感じ。

696


しかし、そこは耕作くん、さすが。
”シスターとおデートしたい”パンチ! 雑念まみれなり・・・。


「かっこいいな、耕作さん」
「うん。かっこいい・・。どうですか、シスター」
「・・はい」

へたれだけど格好いいヤツ、耕作。
苦しい減量をやり遂げたところも、不良たちから身を挺してシスターを助けたところも格好いいけれど。
いちばん耕作が格好いいところは、言い訳しないところ。

言い訳をしない男の子、格好いいよね。

信じてたのに・・あなたは最低ですっ、ってシスターに言われたときも、
義彦の策略に負けて食べてしまったときも、
試合前に怪我をしてしまったときも、

どうでもいいときは言い訳しまくりなんだけど。
大事なところでは、ぐっと言葉を飲み込む。
時間がかかっても大事なところを守って結果を出す。

格好いい。

2008.01.24 *Thu*

カートゥンKAT-TUN 42

●Today's Guest F-BLOOD 藤井フミヤ/尚之

・東洋医学 足つぼマッサージ

足つぼをぎゅむぎゅむ押される亀梨くん。
肝臓つぼ、脳つぼ余裕でクリア。

中丸 「先生、一番痛いであろうってとこを思いっきり押してもらっていいですか」

わはは。確かにノーリアクションはつまらないですけど、さらりとS進行。
胆のう・腸つぼで悶え苦しむ亀梨くん。
中丸くんの思うつぼ。

地を這う叫び「いってーーーっ!」、泣きまじり「いったぁ・・い」

手をぐぅにしてふるふる身悶える亀梨くん可愛い。
そして、カメラアングルが素晴らしい。

お股おっきく広げてしまう亀梨くん・・をなめるようなヴァーチャルリアリズム仁目線アングル。

♪Yeah~! 素晴らしすぎる。

先生の後ろにへばりついていた仁くん。足つぼに興味津々。
ビタミンCチェックしたりデドックス体験しちゃったり・・何気に健康志向と見受けられるこの頃。
足つぼマッサージを受けている仁くんもちょ~見たかったです~。

「かめ、ちょ、ヤらして」
「やだ」
「なんで!? ちょ~きもちぃくしてやっから。ね、ヤらしてって」
「やだっつってんだろ。いてぇし」
「だから、きもちぃくして・・」


足のつぼ押しを実践したくて後で亀梨くんに迫っている仁くん・・いないかな~。
にゃは。



●危ないプレゼント交換 アリシア・キーズ

・アリシア&中丸 夢のコラボ ♪No One

「Can you sing for me?」 すかさず、中丸くんの背中を押して、HBBセッションの場を作られた仁くんが素敵。
「どゆことどゆことどゆこと・・あっ!」
焦りつつも、ブンツカツカ・・かっこいい! 
ボイパは、中丸くんご本人が思った以上に、大きな威力となって今中丸くんの中にあるのではないかしら。
世界的アーティストともこうして音楽で繋がることができる。

ブンツカツカ、格好よくキメながら、ジェラルミンケースを握り締めているところが愛おしいv(笑)


・人文字 ”STAR”

普段は、M亀梨くんが、必死にSになっている頃、
692


KAT-TUNのAの人は、明太子 on hatで、聖に怒られていた。
693


必死にSになろうと、エビぞっている亀梨くん。
指先まで丸く、Sのココロ。
「あってる?あってる? なかまる、見て」 
一生懸命だなぁ。可愛いなぁ。
自分の体で足りない部分を、上着を脱いで付け足そうと、じたばたばた。
忙しいSさん。

Aの棒足しに帽子を渡された仁くん・・あは。
もう、仁だ・・仁がいる・・って動きするなぁ。聖にどつかれて、あはvな笑顔が可愛い。

仁 「俺、足りなくね?」
亀 「こうすればいいんだよ」
仁 「お~!」

亀梨くんのアドバイス通りの、Aのカタチをもぞもぞ演じている仁くん。
ピッと上げているつま先がいいな。
おズボンの裾と靴の間から覗く白い靴下もいい。
水に浮かんでにじんでいるような、よれよれ明朝体フォントがいじらしいAさん。


・お帽子プレゼント

ニット棒を目深に被って、「びみょ~」って苦笑い亀梨くん。
てっぺんをみょ~んとひっぱって、髪の毛を無造作にわしゃわしゃ。
15歳、16歳頃?、仁くんとふたり、こんなお帽子被っている写真を見かけていたから、ちょがきに見えて可愛かった。

斜に被って、ピアスをアクセントに光らせる仁くん。
い・・色っぽいです・・///
髪を耳にかけるその仕草も色っぽい。

あとで、交換して被りあいっことか、してないかなぁ。
てっぺんにぽんぽん飾りがついている田口くんのお帽子が可愛いかったので、このお帽子をみんな被っている図が見たいです。

2008.01.22 *Tue*

メレンゲの気持ち ~亀梨和也

メレンゲの気持ち <2008.1.19>

薄浅葱色チェックシャツ、ふわくる髪の毛、ちょっと眠たそうな瞳。

●撮影現場の裏側

私服公開・・こんな感じかな?
691


「ただいま”1ポンドの福音”の撮影現場、昼休憩になりました」
片手にカメラを持って、自分撮り亀梨くん。ぽそぽそ仁みたいな語り。
「そしてそして、ボクシングドラマということで、前室には、ボクシングドラマということもあって、ボクシングの道具がしっかりと用意されてます」
「結構スタッフさんも皆さん、ボクシングいっしょにやってくれたり、結構熱いチームで熱い現場になっております」

しっかり前振りも効いて。
控え室前室にて、熱くシャドーボクシングや腹筋をしているスタッフさん達。
ズムサタ仕込のネタ仕込み。
熱いゼスタッフさん!(笑)

「衣装部屋です!(ににっ)」
「耕作くんの衣装が・・。ここで僕は着替えているんですが」

お~。10着以上並んでいる耕作くんの衣装・・。
衣装だけ見てもときめきますわ(笑)
「耕作くん」・・亀梨くんが、自分が演じる役を”くん”付けて呼んだりするところ。
耕作が、亀梨くんと別に存在している感じがするの。

「冬なので、僕もちょっとここで私服公開~」 
「靴もかなりあったかぁい靴です」

冬なので ←(?)
あったかぁいというところが、温かさを伝えるまぁるく囁く口調で、可愛くてとろけました。

「それじゃあ、ちょっと楽屋に戻って・・くふっ」

カメラに映った途端、びしばしトレーニングをはじめるスタッフさんたち。
熱いゼスタッフさん!(笑)

●ボクサー役で拳が変形

ぎゅっ・・と。
両手を握り締める亀梨くん。
グローブの下でも、こんな風にぎゅっ・・と硬く握り締められてるんだろうな。
手の甲が赤く硬くなってる。

共演者方に腕の筋肉をぺたぺたされて、「うわぁ!」って驚かれてご満悦~♪
触られるときに思いっきり筋肉に力を入れて、ついでにお顔の筋肉にも力が入って、触られ待ちしている亀梨くんが可笑しい。


●癒し系の時間

「ワンちゃんといっしょにいたりするのも癒されますし」
「最近、スケボーはじめたんですけど、友達と一か所にたまって遊んでるのが楽しい」

何を話そうかな・・考えてるときの、上向き視線きょろきょろ。
「うん」って自分で自分に相槌いれちゃったり。
あは。可愛いな~。

●ワンちゃんとお散歩

「普通に代々木公園とか行きますけど・・」
気づかれない?
「結構(見られてるの)わかりますね(ちょ~うぜぇなお顔/笑)」
「ギャーとは来ないんですけど、遠くで携帯を(写メってるジェスチャ)してる人います」


●話しかけづらい?

(松浦)わたし代官山でお見かけしたことあります
「うっそーっ!?」 ←すごい驚き様
(久本)話しかけんなよってオーラあるんですかね?
「や・・意識はしてないんですけど~」
「気取ってるんですかね。街にいるときは・・ふふっ」

街にいるらしいレプリカント亀梨くんはあまり気取っていないなりか・・?


●アグネス氏のアイドル時代
自分の家の前にたえずファンがいるんで。夜も野宿してるんですよ
「えーっ!?」
「即効、ピッポッパ!(電話をかけるジェスチャ)ですよ!」

ピッポッパ! あは。亀梨擬音は、いつもかわいいですね(笑)


●初めての海外ひとり旅

プライベートで一人でフランス行ったんだって?
「んっ!」
「楽しかった!」
「どきどきしました・・飛行機とか」
急に受け答えが、ちょがきになってしまう亀梨くん。
「お金とか気をつけろってずっと言われてたんで、ずっとポッケに手を突っ込んでて」
「観光客だと思われると狙われるから地図とか開くなって言われたからこっそり(ポッケのすき間から覗くジェスチャ)見てた」
「美術館もひとりで入る勇気ないから、本屋さんはいって、本なんかずっと見て」

「見えるものが全然違う! 仕事で行くのと」
「全部自分がトライしないといけないから、鮮明に覚えてます」

きらきら笑顔で旅の思い出を語る亀梨くん。
雑誌なんかでインタビュ受けているとき、こんな表情してるのかな。表情だけではなくて、体全体でお話してあるの。
ほいで、ときどこあひる口。
「ずっとロンドンに行きたいですね~(むにゅ、あひる口)」みたいな。
可愛いv

言葉がわからない地図も知らない街でひとり。
骨格のつくりが全く違う、がっちりしている西欧人のなかにいるのもあって、迷子になったちっこい子供の気持ちになる。
不意に切なく人恋しくなる、そんなとき見た景色って鮮明・・。

英語を覚えてまた行きたいらしい。
ひとりなんて言わないで、英語を覚えている人とふたりで行けばいいと思う。



●男も乳がんに・・
690

男もなると聞いて、やおら胸をもみもみ触診をはじめる亀梨くん。
両手でもみもみ。 力を込めてもみもみ。
自分の胸をもみもみ楽しくなっちゃったのか、もみもみかめなちくん(笑)

(高畑)触ってくれる人がいるときは変化がわかるんだけどさ
「あははははっ」 ←のけぞって照れ笑い。かわいいv

その後も、しつこく、ぎゅぎゅっとつぼ押さえ風もみもみ。
周りの話をふんふん聞きながら、手はもみもみ。

「お風呂ぐらいじゃないですか、(自分の体)触るの」
「(自分の体)触ってあげなきゃ・・(ぽそ)」

英語を覚えている人にもみもみ触ってもらえばいいと思う。



●亀梨くんがKAT-TUNメンバーを丸はだかに

Q:一番セコイのは?

「田口・・か、赤西」
「田口は、せこいというかせこくはないんですけれど、几帳面。いくら使ったとかちゃんとノートに書いてる」
「赤西は、昔、家に入ると500円を入れてもらうとか」

デビュコン時は”口座に200円振り込んでください”が仁’s流行ネタだったですね。
チャリンチャリン音がするワンコイン単位なのが可笑しかったです。


Q:一番おとぼけなのは?

「・・たぐちぃ?」
「俗に言うKY(空気読めない)な部分がありますね」 
「話が、ポーンと飛ぶんですよ。みんなで、どっしよっか~話してるときに、”ね、N.Y.の街にしよう!” は?今曲の話だから、みたいな」

話しながら、田口であってますよね?と確認するみたいに小首を傾げて上目遣いで、久本さんを見ている亀梨くん。
田口くんとの会話再現、「は?」は彰に対する修二の顔。うざそう(笑)


Q:負けず嫌いなのは?

「俺もそうですけど、結構みんな負けず嫌い」
聖= 「内に秘めるような負けず嫌いなんですよ」
赤西= 「とにかくしつこい負けず嫌い。勝つまで絶対やる」
中丸= 「わかんない。・・・なんかわかんない」
上田= 「固定されてて、負けたくないものは絶対負けたくない。俺もそうかな・・や、俺も負けず嫌いですね」
田口= 「・・負けていいんじゃないですかね。ははっ」


Q:私生活が謎なのは?

「上田、っぽいんですけど、中丸」
「恋人と手をつないで歩いてるとことか想像できない」
「なんか・・普通っぽい感じなんですよ。大学生みたいな。生活感があるというか・・平気で寝ぐせで来たりするし、ボタン掛け間違えてたりするし」

「”この間さぁ、公園で車停めて寝てたら、バックしまぁすってトラックにガンっってぶつけられたんだよね・・”って。 な、なんで公園で寝たのかなぁ(困惑)みたいな」

「女性とか全然想像できない」←女性関係を指をクロスさせて表現する人(笑)
「女の子といっしょにいるっていうのが、想像できない。なんかショックですもん。もし(女の子)といたとこ見たら」
「女と歩いてるよ~っっ!て。全然想像つかない」

中丸くんの謎の私生活について、「なんか・・なんか・・」とつなぎながら必死に話す亀梨くん。
亀梨くんの語る中丸くん像が素敵なの。どきどき。
寝ぐせでボタン掛け間違えてる中丸くん。素敵v 
なんだか呆れ混じりに一目おいてるイメージで語られるか、
普段見ている中丸くんと全然違う無頼漢中丸くんがいるみたい。

”私生活が謎”→”女の子といっしょにいるところを見たくない”熱く切々と訴えてるのが可笑しいのです。
”お兄ちゃん大好きな思春期の妹”みたいなんだもの(笑)


Q:自分が女だったら一番彼氏にしたいのは?

「誰もやだ」 ←親指あむあむしながら、甘えたな言い方してる(笑)
聖= 「付き合ったらすごい尽くしてくれると思うけど面倒くさそう。なんかうるさそう」
赤西= 「・・ちょっとマイペースすぎる。なんか好きな・・自分が思ったとこに行っちゃいそうな」
中丸= 「まず、想像できない」 
上田= 「上田・・・なんかやだ。上田・・別にいいんですけど・・・うえだぁ!? こう寝て(ふたり並んで寝ているジェスチャ)(間近に)上田がいるとやだ。なんか不思議。テレビで見てたいって感じ」
田口= 「付き合っててご飯食べ終わって家帰って家計簿とか付けてたら嫌じゃないですか?」

自分だったら?
「自分も案外面倒くさいっすね」
「でも、自分が自分のこと一番よく知ってるから、女だったら分かりやすいのかもしれないけど」
「どうなんすっかね?付き合ったらね」
(久本さん)付き合ってみる?
「大丈夫です!」ちょ~可愛い笑顔でお断り(笑)

雑誌インタビュで飽きるほど聞かれている質問であろうに、真剣に取り組み。
一生懸命女の子のココロ中。 彼女になったつもり中。

竜也さんとお付き合いできるか否か、ベッドでちゅんちゅん朝をむかえるシチュまで想像しちゃってる・・!
そこまでリアルに考え込まなくても・・。
面白いなぁかめなちくん。

マイペースなのはお互いさまのような気がしますわ。

よく聞かれる質問でも、近くにいる人過ぎて、答えにくいのかもしれないなぁ。
うむむっ、って答えに悩まれる表情が可愛かったです。

2008.01.21 *Mon*

1ポンドの福音 R-2

Round 2 <2008.1.19放送>

・R-2 福音シーン

めそめそ耕作。

689

おくちチャック!お水飲まないもん!
おくちチャック!シスターの名前呼ばないんだもんっ・・!

かめなちくん新境地。 めそめそめそ・・べそかかせさせたら天下一~。
先輩上田の嘘にひっかかって、めそめそ。 
真夜中の台所でめそめそ。
試合に負けてめそめそ。

かわいい~//

めそめそした次の瞬間、ぴかぴか笑顔。

かわいい~//

あは。ほんとに瞬く間にくるっくる変わる表情。
もうこれだけで随分カロリー消費してるんじゃなかろうかと思う。
上がったり~下がったり~・・ココロ急上昇急降下。



・枯れ葉舞う場所

もう一度行き倒れてみる耕作・・「逢いたいなぁ・・」シスターに恋心募らせながら、しっかり片手に焼き芋。
「ん~・・スウィ~トv」

1週間ぶりのおさらい。そうそう、耕作こんなキャラでしたわ・・(笑)


・真夜中の教会

来栖氏につまづいて、すってーんころん。
後ろ向き変形M開脚お背中チラリズム、まことに福音でございます。


・肉まんに操られる耕作

勝己の肉まんを見つめる真剣な眼差し。
聞いてないようで、実はちゃんと聞こえている耕作くん。
とりあえず聞こえてはいる耕作くん。
故にややこしくなる(笑) 
うっかりしっかり耕作デート策略を操っている勝己くん。


・電気のマキノ

シスターの突っ込み待ち耕作
687


ちょ~しあわせ笑顔! のままころりん。

わはは。
可笑しくて可笑しくて。 可愛くて可愛くて。
リピリピ。
延々と耕作にころりんさせてしまう、ここ(笑)


・真夜中の台所

「ふ~ら~れ~た~」

焼きそばヤケ食い。めそめそヤケ食い。

ここまでやるんだ・・!?

2話目にして、耕作を極めすぎる役者亀梨くんの素晴らしいシーンでした。
めそめそヤケ食いシーンですけれど・・(笑)


・真夜中の台所 その弐
686


「ジズダ~ わずれようとじでんのにぃ~(めそめそ)」

天下一めそめそ + 天下無敵体育座り。
最強の組合せだ。


・神様のいるところ

「神様を信じてるのは俺たちも同じ」

じっと自分の拳を見つめる耕作。
亀梨くんの拳が赤くなっていて・・あぁ使い込んでいる拳だなぁと思って。
きゅん・・。

シスターに叩かれた頬をおさえながら、ちまっと体育座り。
かわいいなぁ。 きゅん・・。


・礼拝堂

「絶対に勝ちますから!」

神様のいる拳でやくそく。


・来栖 V.S. 耕作

リング場に居並ぶシスターたち・・(笑)

「うぉーーーっ!」
叫ぶ耕作。ビリビリ空気振るえる雄叫び。

いくらガードしてるといっても痛そうなパンチ。
ボクシングの試合、迫力と熱があるから、コメディだけではないドラマとしてきっちりと締まってくる。


・ちょがき男泣き
688


図らずしも来栖さんの恋のキューピッドになってしまった耕作。

えぐえぐ・・びぇ~ まつ毛に光る涙にきゅん。
駄々っ子耕作寝転んでおしりぴこぴこ。 かわいい。
おしりぴこぴこさせても天下一だな、かめなちくん(笑)


・修道院の門前で
685

ダンボールに入れられて、くぅーん・・て鳴いてそうだったので、つい・・・。

早朝、門の前に座り込んでいる耕作。
いつもなら時間も場所も関係なく騒いじゃうのに。
蒼白い顔、試合後の生々しい傷跡。 せつない表情。

亀梨くんの決め技にほだされます・・(笑)



漫画を読みながらアドバイスしてくれる先輩、
立ち止まっていたらさり気なく、無理やりに、のせ上手でその場から動かしてくれる会長、
答えはくれないけれど、悩んでいいんだよって悩む時間をくれる院長、

迷える子羊でいいんだ・・。


勇気をくれる見えないメッセージ。
笑って泣いてじわーんとあたたかくなる。

亀梨くんひとりじゃ造れない耕作。
周りの役者さんたちも耕作を耕作にしてる・・。

なんだか亀梨くんと耕作が重なったりもしました。

2008.01.17 *Thu*

カートゥン特番:大人のオキテ100

先輩教えて下さい! 大人のオキテ100<2008.1.12>


ふたりが作り出す雰囲気が同じ・・。
682


隣同士の立ち位置が、嬉しい。
画面の端っこで、体が揺れて腕とかぶつかっていたりしてるの。
そんな距離が嬉しいんだ~。


●男は料理 =亀梨

680


「ちょっと」 とジェスチャした親指をそのまま、あむっ。
なんでくわえちゃうかなぁ。 可愛いなぁ。
両手をポッケに突っ込んで、あの太ももの角度から見ると、足の外側に重心を置いて立ってる感じ。可愛いなぁ。

「豚と牛バラ入れたら どうかな?」
お~! 
牛バラもちゃんと知ってるんですね・・なんだか、牛バラ発言の亀梨くんにときめきめきました(笑)

「やった~! すげぇ・・言ってみるもんだな」
ベーコン一塊サービスして貰えると思って、喜ぶ亀梨くんのちょがき笑顔がちょ~可愛い。
5.6塊ドドンッと、積み上げてサービスプレゼントしたくなるくらい可愛い。

亀梨くんのなかでは、みじん切りがブームなりか・・なんでもみじん切り。マイマグロもこっぱみじんこ切り。
お肉とたまねぎの甘さ、カレー粉ピリッとしてそうなカレー、美味しそう。

仁くんが、亀梨くんVTRを見つめてる~。微笑んでる~。
なワイプがちょ~嬉しかったり。
「かめの手作りカレー食ったことある」なんてサービス発言ないかな・・、っと。(ぽそ)


●一流を知れ! =上田

竜也さん・・竜也さん素敵。惚れるわ~。
ノッカーを鳴らさず、不意打ちにドアを開けるところからしてやられます。
ガッツ氏のちゃちないかさまにひっかかったりしない反射神経。
はまぐりをうまく開けられないお坊ちゃまっぷり。
リングネーム・・「おれさま上田」の方がいいと思う。

「大変だったんですよ・・」
斬るに斬られぬゲストのおじさんたち・・心中お察しします(笑)
苦笑している竜也さん可愛かったv ラブv

「A・・青木」
大笑いしている亀梨くんと、「色がちげぇ」ぼそっとつぶやいている仁くん。
「N・・N男」
憮然とする中丸くん。
ワイプショットも楽しい。


●大人の女性がドキドキする方法 =仁・田口

仁くん、田口くんのふたりが並ぶとやっぱり迫力ある。
黄昏時のオレンジ色、長くのびる影。 
このシチュだけで、絵になるんだ~。

もくもくとお洋服選び、店内をうろうろ仁くん。
緑の靴を持って、明後日向いて悩んでいるお顔がちょ~かわいい。
「グリーン持ってないかなぁ」とさり気なく後押しされて、む?っておちょぼ口。
ぽやぽやおひげ。
あは。かわいいなぁ。
「25万9140円になります」仁くん、普通に驚いてる(笑)

番組的に盛り上げお仕事している田口くん、未公開シーンにて「中身ねぇな」なんてこっぱみじんこ切り。どんまい!田口くん。


●所さんと謎の世田谷ツアー =中丸・聖

所さん、中丸くん好きですよね。いじるの・・(笑)
LiFE BAGの、

”なかまる君”

ひらがな! このひらがな表記にテンション上がった(笑)
なかまるくんの命を守る、鼻眼鏡。 
沖縄編OAをチェックされたのでしょうか。 
亀梨くんと田口くんが、お土産屋さんの片隅にあるマネキンでぐだぐだしていたのも見られたのかなぁ。

ガンガンで焼き芋。
画面後ろで、こそっと煙に襲われて、目をしぱしぱさせている中丸くんが可愛いですv

世田谷ベースで遊ばせてもらっているふたりもすごく見たかったけれど。
収録を忘れてはしゃぎまわってそうなの、見たかったです。またチャンスがあるといいですね。

中丸 「しょうがない 2人だけだったかしさ」
聖  「だったかしさ」
中丸 「わははは」

最後まで和まさせてくれる中丸・聖コンビ。

 
●世界的スターを笑わせろ =中丸

タキシードにサングラスで、デパ地下でお買い物。
直前まで、大スターの名前を伏せられてしまう中丸くん・・すっかり芸人枠扱い。

ほんとに大スターとの面談だった中丸くん、ニコラス氏の前で大緊張されて、うつろな目。
点目(笑)
火照る頬を両手で押さえ、キュキュと小鼻をスクラッチ。
てんぱってるてんぱってる(笑)

「”スシ王子”、ってタイトルなんですけど」
「That's very fine!(笑)」

ボイパご披露、”スシ王子”番宣ができてよかったよかった。


●誕生日サプライズの正しいリアクション講座
681


後ほど実演させられるとは思わず、有田氏の説明をふんふん聞いている仁くんが可笑しい。
てれてれ笑顔がちょ~可愛かったです、仁くん。
”誰も信じられなくなります” そんなあなたが信じられなくなりますな演技派。 
あの笑顔にならだまされてもいいわv

かめ 「だめだめ? だめ?」

その甘えたさんな口調は一体・・。

仁  「なんで知ってんの?」

プレゼントの中身は、亀梨くんの新作上半身お裸ブロマイドですか・・?

2008.01.16 *Wed*

LIPS

LIPS <2008.1.12 大人のオキテ>

“優しい雨が・・”とあるけれど、外界から遮断されるくらい雷鳴轟く激しい雨が窓を叩いているような激しいドラム。
閉塞感。
心に突き刺さってくる哀しさ。
 
仁の吐息交じりの低い歌声が切なく響く。

ハードロックなのかな、メタルなのかな・・この曲調を6人のボーカルで、ひとつの世界として築けることがすごい。
はじめて聴いたときは、打ち込み音の激しい音だけが耳に残ってたな。楽曲のことはわかりませんが、打ち込み音を抜いただけで、バラードになりそう。


動の曲に、静のKAT-TUN。

スタンドマイクプレイもいいですわ。
デコメマイクが、中丸・聖ロケの前振り効果で、生焼け焼き芋(もしくはモスラ)に見えますけれど(笑)

仁亀シンメお帽子アイテム!
お帽子アイテム、大好きなのです。 
目深に被られると濃い影が落ちて。 
唇、顎のライン、隠される直前の強い眼差しの残像が強く迫ってくる。素敵。

なんだか不思議なのことに。
仁亀が後ろに下がってT-TUNが前にでる陣形が、前にいるときより、ふたりの存在をすごく感じる・・。迫ってくる。

ジャケットをひらひらさせてカメラ越しに煽る亀梨くんのシーン、思わずくんくん・・くん。
匂いが風にのって届きそうだったんだもの。 
こう、わきの下辺りの匂いが・・。 くふん・・くんくんしてみたいなぁ。

してみたいと言えば。
マイクを持ちながらポジションチェンジをするときに、すれ違いざまに仁くんの足を踏んでみたい。
好きな子は苛めたくなるちょがき羽鳥です。えへ。

684



新曲について、密かに予想していたことがあったのですが、見事に外れました。
キット勝運~♪みたいな、コミカルポップス調で、

「勝運!」

自分応援コンセプトでくるのではないかと思ってたの。
1ポンド主題歌になるだろうし、受験シーズン、バレンタインシーズンだし・・。
安易な商戦は組まれなかったですね。はは。
でも、いつかどこかでやってくるんじゃないかと思う。
勝運カツンSong。 ・・・ない?

2008.01.14 *Mon*

1ポンドの福音 R-1 ?

Round 1 <2008.1.12放送>

・R-1福音シーン

おズボンのすき間付き腰骨!
675


ボクサーおパンツより、黒おパンツいちより、遥かにどきどきいたしました。
上半身お裸ジャージ。
際立つ細腰がいい。 腰骨がいい。 すばらしい。  

Tシャツを着る仕草にもときめきました。胸元まで一旦下ろして、止められるからなんだかチラリズムなことに。

度々アップで抜かれる唇、
秤に乗るときの筋張った素足、すね毛、くるぶし(!)、
まめちくび、

まことに福音でございます。 

(↑ちなみに福音の意義使い方違いますので。念のため)


・OP

窓のない闘技場。スエた汗の匂いが染み付いてそう・・。
たこ焼きのソースの匂いに気をとられて、お鼻ぴくぴく、モノ欲しそうな顔する耕作の表情と亀梨くんの「食べたーーーいっっ!」絶叫ナレが可笑しい。
たこ焼きににやけちゃってるおばかさんな顔。

ほいで、耕作の繰り出すパンチのスロー演出にて。
逆光に透けるふさふさわきの毛も可笑しいんだ~。あは。


・さらば、おれ

空腹でふらふら耕作、どっかいっちゃってる耕作。
かわいいな・・。

焦点定まらずにうつろう瞳。
「さらば、おれ・・(ガクッ)」

「はい・・がんばります (パチクリパチパチパチ)」
単純エネルギー満タン。
わはは。
可愛くて可笑しくて可愛くて可笑しい~。

こういうちまちまとしたコミカルな動きがはまるはまる。
可愛い可愛い。


・公園で

試合中は発揮されないけれど、実はすごい動体視力と身体能力の持ち主というのが分かる。
日常アクシデントで(日常でもないか・・)、さらっと描かれるところがいいな。


・ぎゅっ!とね

679

イメージトレーニグ ↑


  ↓ 果たして現実は・・
676


耕作が恋モードに奔ると、お花が舞ってみえます。
かめなちくん効果(笑)

「ひまです!」 にこっ。 ←ちょ~かわいいv

サンドバッグを相手に抱きついたり、ちょいとけんか売って小突いてみたり、ちまっと細かい動きしてるのも楽しい。
かめ耕作とサンドバッグの絡みもちょっと楽しみだったりする。


カーン! 鳴り響く戦いのゴング 耕作 V.S. シスター
677


鉄皮面のシスターとむぅな耕作にらめっこ。
わはは。タメるな~。


・計量審査

鬼丸と計量審査を受けるシーン。
タンクトップの後ろ襟首をひっぱって脱いでるの。
カートゥンのTシャツの脱ぎ方談義を思い出して、ふふっ。

おパンツいちもいいけれど、その過程を見られるのが嬉しい。
お着替えのシーン最高~でございます。


・鬼丸 V.S. 耕作

「わかりました。俺、明日負けます」

「なんか、俺・・負けたくないです。シスター」
「なんか、負けたくないです」

「負けたくないでーーすっっ!」

シスターと鬼丸を思って、負ける気で挑んだ試合で、はじめて勝つことへの欲求を見出す。

こ・・耕作~! じわじわ・・。

「まだだ!まだだ!まだだーーっ!」

かぶさる亀梨くんのナレがいいな。
心の絶叫が、効いてくる。 じわじわじわ・・。

じわじわ、やられました。 

ボクシングに改めて目覚めながら、「カツ玉牛~!」パンチで勝ってしまう・・ま、こんなヤツなんだ、耕作って(笑)

カツ玉牛エネルギーとシスターへの恋心エネルギー。
単純エネルギーで動く、かめ耕作が、可愛くて楽しかった。 
かめエネルギーも満タンでございます。

2008.01.13 *Sun*

1ポンドの福音 R-1 ?

耕作の笑顔が可愛かったです~。

にこっ・・


きゅん!
プロデューサーの方が、どうしても使いたい、その魅力を伝えたい亀梨くんの笑顔について熱く語られておられましたが、それだけではなくて。

勘違い・なりゆき・思い込みで動いてしまう、高橋留美子の作るキャラクタがはまってる。
普段から、ついやってしまっているよな、小芝居・小技が自然に、融合してるの。
こういうところも、狙われたんだろうか・・と(笑)

周りの迷惑を顧みない(というか気がつかない)傍迷惑さで、側にいる人たちを振り回しちゃうけれど。
だからといって、巧く立ち回れるわけではなくて、ものすごく不器用。
優柔不断で、あっさり流されたりもする。
不器用で、流されて、失敗を重ねながらも、ひねることなく前に進もうとする一途な強さを持っている。

格好悪くて、憎めない耕作。 プラス亀梨くんの可愛さ。
愛しくなるかめ耕作です。


仁主演:有閑倶楽部(一条ゆかり)に続いて、亀梨主演:1ポンドの福音(高橋留美子)がきたのがなんだか面白いなぁ。
少女漫画と少年漫画の違いはあれど、老舗女性作家の作品を演じることになったところが。

亀梨くんがどこかの雑誌で、耕作が成長していくことについて語っているのをみて、あれ・・?とひっかかったことがありました。耕作って成長しないキャラクタなのではないかと思ったから。
人は経験に学んで成長していくべきであるという亀梨くんらしい受け取り方、取り組み方ではある。

高橋留美子の作品は、登場人物が成長しない。
同じシチュエーションが繰り返されて、繰り返しのなかにディテールが描きこまれていく。
登場人物が主張しないテーマが浮き彫りになっていく。
そんな描き方をする作風。 一条ゆかりとは正反対の描き方。

ドラマとしてわかりやすく耕作の成長が描かれるのかもしれないけれど、成長しない耕作を演じて亀梨くんは成長するんだろうな・・などと、とりとめのないことが巡っておりました。
どうもほんの少し(・・少しだけ)漫画フリークのところがあるので、漫画が絡むと思考があちらこちらにとんでしまって困りものです。
両極端な作風を持つ作家の作品を仁亀が立て続けに演じられるから、とりとめない思考がぽこぽこしてきてしまう・・。

まぁまぁ、それは置いときまして。
日常、現実を美化することなく、前向きに“ま、そんなものだよね”と。

前向きベクトルとじんわりあたたかさに包まれる高橋作品のエッセンスをうまく抽出して、丁寧に細かくちりばめてあって、面白かったです。
カメラワークもテンポも良かったな。

この試合を最後に引退。 息子に勝つ姿を見せるのだ。
勝利への渇望とボクシングへに対するゆるぎない信念を持つ鬼丸は、耕作の、
「カツ玉牛食べるんだーーっ!」
なんてプリミティブな欲求の一撃でリングに沈んでしまう。

“ま、現実ってそんなものだよね”

678


でも、ちゃんとあたたかいものが残るのです。
勝負に負けても満たされることがあることを伝えてくれる。
笑いつつ、ほろりと涙するおかしみが胸に残る。

そして、亀梨くんが創る耕作が愛しい。
1話にして、心わしづかまれです~。 

2008.01.08 *Tue*

2007→2008 ジャニーズカウントダウン

どの組合せも最強のカードになる。
ひとりひとりが、ジョーカー(切り札)な人たち。

ユニットシャッフルすごかった・・。
すごく楽しかったです。
見る人によって、組み合わされたユニットのテーマがそれぞれ違って見えたり、
隠しテーマを見つけたりしたんじゃないかな・・。
そんな楽しさもあったユニットシャッフル。


・OP ~喜びの歌

仁亀がふたり並んで登場~! 
颯爽と花道を並んでステージに向かうツートップ。
マイクかかげていないふたり。 
颯爽と揚々と見えるはずだ(笑)

ふたりが並んで歩いている・・それだけで、じーん。うるうる。
スタンバイ状態なときに、なにか言葉を交わしながら花道に出てきての。
何を話していたのかなぁ。ふふ。


・ベストヒットメドレー

・Keep the faith

聖の落とした眼鏡を拾っている仁くん、カメラの端に映ってましたね。
咄嗟にかがみこまれるから何かと・・。
胸元に眼鏡のつるを差そうとして巧くいかず、もたもたされる姿がかわいかったです。


・ひとりぼっちのハブラシ

仁くんとT-TUNのコラボ。
緊張した面持ちながら、仁の優しい歌声が綺麗に響いて。
ワンフレーズのソロだったけれど、仁の魅力にあふれていて良かった。
カウコンの熱狂も忘れて、仁の歌声に浸りたくなるくらい。


・カナシミブルー

669


3Dのクールビューティ 沢田 慎と小田切 竜がきたぜーっ。

年末、福岡ではごくせんの再放送があっていて、
当日、飛行場の待合ロビーでもごくせん松潤を見ていたものだから、
ピコピコーンと慎と竜の幻影が重なる重なる。
 
芝居っ気のあるふたり、この絡みもありですなぁ。
華と毒があるふたり。
毒とわかっていても飲み干さずにはいられない甘美な毒をもっているふたり。
嵐とKAT-TUNの絡み、シャッフルの威力を一番感じました。

フレームアウトしながら、ちゃっかり舌ぺろウィンクなアピを残していく亀梨くんが素敵。
隙あらば、さすが(笑)


・抱いてセニョリータ

竜也さんが色っぽい・・//
もっと竜也さんをアップで欲しかったなり。


・青春アミーゴ

錦戸くんと仁くんがとことこ歩いてきたときは、まさかまさか・・。
一瞬ぽかんした会場、ぶわっと膨れ上がった歓声。
気のおける面子のなかで、お茶目な仁くんが可愛いかったです。
振り付けの振りして、錦戸くんに蹴りを入れてる仁くん(笑) 

♪旅立つ日の綺麗な空 抱きしめて 親指ぴこぴこ
手の平ひらひら 視線きょときょと 締めに 押忍!

あはは。 可愛い~v

Newsコンに行く度に男前な錦戸くんに惚れて帰ってくるのですが、
この人、ほんとに男前。
といいつつ、男前錦戸くんにはほんと申し訳ない。

108つじゃ足りない煩悩がうごめく、本能が囁く、

  P×亀×仁

でも見たかった・・です (ぽそっ) 

672



・羽鳥的大笑いシャッフル

・ミソスープ・・J事務所が誇る歌唱力の持ち主坂本くん&てごます。 
と、ミソスープ作ってるおかんですかい茂くん。

・ナポリタン・・V6コンでじゃんけんで負けたメンバが東山さんとケンタくんのコスプレしてナポリタンを歌う企画があったから。シャキシャキ踊ってるメンバが可笑しい。

・ファンタスティポ・・光一くん、へっぴり腰なファンタスティポを踊るの巻。

・Daring・・歌う前にはふはって息をつめて、
上擦って途中まで滝沢くんの存在を忘れている光一くん。
わはは。
照れ笑って歌うのちょ~可愛かったですけど、一応“王子”つながりでしょうに。
こういうところハズす人だなぁ(笑) 
でも、いいのだ。
そんなところが大好きなのさ。

シャッフルではありませんが、
松岡くんと長瀬くん。このふたりが並ぶと濃ゆい。 
肉眼で見る豆粒大でもでかいでかい。
濃ゆい濃ゆ。い 
あの横山くんが薄味に見えてびっくりするくらい。


・Real Face

仁亀+聖の舌うち チッ!
仁亀ふたりで、ダブル舌うちv
ダブルウィンクv
チッ!の前にカメラを気にしている仁くんが可愛いかった。

トロッコでぐるぐる回っているときは、3階にいて、パイプに寄りかかって艶かしい腰つきをしながら客席アピしていた(と思う)亀梨くん。
パイプに両肘をついて客席に身を乗り出すときの反る背筋と突き出す腰つき。
・・艶かしい。

2階後方にて、田口くんとどつきあい。右腕を真っ直ぐ大きくブンブン振り回して田口くんをぱしぱしぱし。
3回やって、田口くんに逃げられる仁くん。
ちょがきだ・・(笑)

そして、ずっと一生懸命手を振ってました。
ほんと一生懸命に。 
客席を見つめて手を振ってた・・。



・ちゅ~ちゅ~セブン

3階建てトロッコから降り立った仁くん、ひとり上着を脱ぎながら小走りでステージ下のうさぎ穴へ。
羽織袴に着替えるためだったのか。
どんどこどこどこ・・シェンロンの背中に乗って、ちゅ~ちゅ~セブンで登場。

仁 「キンチョーしますね。こういうのは」
  「今年は、変わらずマイペースに。 ただ、留学はしないと思います」

671


↑みつこさん目撃情報~(パフパフ)によりますと、仁くんの留学はしないと思います発言で、亀梨くんが体を折り曲げ両手ばしばし叩いて、爆笑していたらしく。
新年一発目で、こいつはよぉ・・と思われた方もいらっしゃるかもですが、身内の笑いを最優先にとりに行く男、仁でありました。


・雨のMelody

CM中、キンキが歌っていた“雨のMelody”。
左端で、両手をぴらぴらさせながらぐるぐる輪になって踊っている関ジャニさんたちと、
右端で、バックダンスをばっちり決めているKAT-TUN。
パキパキと踊ってた。 
やっぱり体が覚えているのかなぁ。曲にのって自然に体が動いている様子。
もう一度見たかったシーン。


・今年の抱負

桜井 「2007年はどういう年でしたか?」
亀  「周りの支えがすごいあったなぁと感じた年でした」
仁  「うんうん、わかるわかるわかる」

桜井 「2008年はどんな年にしたいですか?」
亀  「こうして6人揃って始動しているので、フル活動したなと思います」
仁  「わかる」
   「言ってることすごいわかる」

亀梨くんの発言に「わかるわかる」ぽそっと参加している仁くん。←おまえが言うなよ(@かめ)みたいな(笑)


・年男 赤西 仁

実態は七五三。
670


羽織袴の正装させられちゃった仁くんが、ちまっとなっていて可愛かったです。
着物なのにキプフェ衣装のブーツのまま、ぽてぽて歩いている仁くん。

ちょ・・
ちょ~かわいい・・!

照れくさいのか、息苦しいのか、むずがって体くねっていたり。
メンバのなかで、所在無さげになっていたり。
KAT-TUNメンバの元に戻ったときに、聖になにか言われたのか、あの格好でもてぃっと蹴りを入れてた人。
つい今しがた、年男って紹介されたばかりだぞ、キミ(笑)

滝沢くんとすれ違ったときに、抱きついて背中ぽんぽんしてもらって嬉しそうだった甘えっ子仁くん。

二宮さん家の和也くんの“ゲームニッキ”によれば、二宮くんが2階まで飛ばした色紙をぽかんと驚いてみていたらしい・・。
口半開きでぽかーんとしているお顔が思い浮かぶ。
あは。想像の中でも可愛いなぁ。 
きゅん!

ひとりぼっちのハブラシ、青春アミーゴ、ちゅ~ちゅ~セブン、
KAT-TUNと共にいるとき、
仁への歓声がすごかったです。

仁のリアクションで、会場のボルテージが一気にあがる。
一際大きな歓声につつまれる。
仁個人へとおくられる歓声は、本当にすごくて。

この人は愛されてるなぁと、歓声の渦に巻き込まれながら、できることなら、ちょっと仁の頭をはたきたくなりましたわ~(笑)
例えそれが一過性の熱だとしても。 

今、この時、赤西 仁のためにあるのだから。


このすごさを感じ取れるようになって感じているのは仁自身だと思うのだけれど。
ほんとおいしいとこ持ってくなキミは(笑)


一年のはじまり。
なかよしKAT-TUNさんたちと、
えーと・・必要以上になかよしキンキさんたちを見られてしあわせなはじまりとなりました。
にこにこ。


2008.01.05 *Sat*

Happy Jhonny's Days!

過ぎたる一年を振り返れば Happy Jhonny's Days!
新しき一年の Happy Jhonny's Days!計画を立て、羽鳥にしては珍しくパワフリャーに実行。
いざ行かん東京ドーム! キンキコン・カウコンへ。
Kinki Kids・KAT-TUNと、ライブで共に年越し、共に新しき一年の幕開けを迎えました。

ひゃっほ~!

今年も素敵で無敵な Happy Jhonny's Days! 
迎え撃つ未来 Happy Jhonny's Days!

みなさまにとっても素敵で無敵な Happy Jhonny's Days!の一年となりますように。





countdown

kinkiφ



東京ドームという限られた場所に、限られた時間、心を同じくする人々が大勢集まる。
すごいなぁ・・。
大晦日は、キンキコン→カウコンの流れで、決して広くはない場所に、延べ10万人以上の人であふれかえって。
みんなライブにテンション上がっていて、ものすごい熱量。

会場の周り、あちらこちらで、繰り広げられている誰かと誰かと出会っている喜びのシーン。
普段は遠く離れていて会えないけれど、ライブ会場で会えるJつながりの友だちの輪がたくさんできてました。
地方から集まった人の割合ってどれくらいなんだろう?
”全国”から人が集う”カウコン”・・すごいなぁ。←2回目。
わたしも普段は遠く離れてなかなか会えない花遊師匠やみつこさんと久々に再会できて嬉しかったですv

Newsコン、カウコン、キンキコンレポをぼちぼちと描いてゆきたいですが、想いがあふれすぎてぐるぐる。
ココロふわふわ。
2日も経つというのに、まだライブ会場をふわふわ漂っています。


さて、ライブ参加のみの旅でしたが、いくつかの素敵な出来事がありました。
まずは、自分が乗っている飛行機の影をはじめて見たこと。
正午頃に羽田に着く便に乗っていたのですが、低空飛行にはいって、ジオラマのように見える街並みに、自分の乗っている飛行機の影が落ちて。
ちゃんと”飛行機”の形をしてる・・! 
当たり前か・・。なんだか宮崎駿の映画の中にいるみたいだった。
町の一画を覆い隠すくらいの、大きな大きな影をつくって飛んでいるのが、すごく面白かったです。
地上にいたら、ピカピカお天気の空の下、急にでっかい影が横切っていってびっくりしそうだ。
でも、航路の下に住んでいる人たちは慣れっこなのかもしれないな。
ディズニーランドは上空から見てもおもちゃ箱みたい。

めでたく初日の出を拝む。なむなむ。
丸の内方面にホテルをとったのですが(けっこうコンお仲間がいました/笑)、最上階の東向きの部屋だったの。
高層ビルの間から力強く昇る日の出。
欠けたお月さまと金星がひとつ輝く夜空に、点々とビルを縁取る灯りが光る夜景も綺麗でした。

羽田空港の展望台から、富士山も拝む。なむなむ。
てっぺんがちょぴっと見えるくらいでしたが、それでも特別な感じ。

唯一悲しかったことは、コンに合わせて動くのでゆっくりした時間がとれなくて、ずっとコンビニおにぎり続きだったこと。きちんとごはんを食べないとすさびますわ。
ごはん大事だ~。

たった1時間飛行機に乗るだけの移動ですが、日常から切り離される分、ナーバスになって普段見逃していることを見つけたり。
素敵な出来事が続いたので、そぞろ旅心が湧きました。
カツンノアメリカツアーもいいけれど・・。どうやらキンキさんの全国ツアーがはじまるっぽい。
ライブとツアー、一石二鳥~。

駆け巡りますか・・。ふふふ。
category : 日々是好日

2008.01.01 *Tue*

2008 あけましておめでとうございます

新たなるスタートラインにたったKAT-TUN。
今年は、6人揃って駆け抜ける姿を思う存分楽しめそうです。

思いっきりどきどき、と。
どこまでもわくわく、と。

高みを目指すKAT-TUNは、いっしょに高く高く飛ばせてくれる。

うし! 飛び上がるぞ~!

435happy


昨年は、SelfishKANに遊びに来てくださってありがとうございました。

コメント欄を通じて、羽鳥といろいろお話してくださったみなさま、本当にありがとうございました。
「はじめまして」の声もたくさんいただいて、びっくり・・。 嬉しかったですv

ときどき、Blogを続けることに迷うこともあるけれど。
あたたかい目で見守っていただけることで。 声をかけていただけることで。

”羽鳥かの”でいることができます。


今年も、また~りペースになりそうですが、よろぴく~♪
category : 日々是好日

01
2
3
4
6
7
9
10
11
12
15
18
19
20
23
25
26
27
31

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2008年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。