This Archive : 2008年02月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.02.29 *Fri*

カートゥンKAT-TUN 47

衝動に理由はない、と思うんですけれど。
「おれ髪の毛くりくりしたい」という発作(発作か・・)はどこからやってくるのだろうか、不思議です。

くりくり、くるくる、もしゃもしゃ・・?
それでも可愛くなる亀梨くん哉。

729


くるくるくるりパセリ髪型に気をよくされたのか謎なハイテンション。

→なんだかぽそっと呟いてる
「後列か」 
「わさび色の服着てるし」 

→ぺたぺたする
中丸くんの肩に手をかけ、竜也さんも引き寄せて、お兄ちゃんたちの真ん中でご満悦のキメ顔。
中丸くんも、結構ぺたぺたされてるのに、気にも留められないところが可笑しい。

→じぃーーっと見つめる
仁くんも中丸くんもじーーーっと見つめてる。
カメラに映っていないところでも誰かをじーーーっと見つめていそうなの。
ご本人には、見つめてるって意識はないんだろうなぁ。
でも、見つめられている方はどきどきしそうです。
          

Today's Guest Every Little Thing 持田香織/伊藤一朗

●男子全員で無の姿勢 実演

仁くんと亀梨くんが同じような姿勢してる~。
お腹に手を置いて寛ぎスタイル。 仲良しスペシャル。
“無”というよりも、“空(からっぽ)”になってる人たち。
聖、くたくたぬいぐるみみたい(笑)

●昭和っぽいゲーム祭り

?箱の中身は何じゃろなゲーム

亀  「モッチーが持ち込んだ企画ですから・・」
中丸 「おいっ・・今なんつったお前」
亀  「モッチー」
中丸 「・・いいなぁ」

わはは。
ぽそっと呟きに終わらず、ぴくっと反応して拾われる中丸くんにより大笑い~。

なかまるは、無になった。
728


惜しみなくテンパってくれる中丸くん、最高~。大好きv
ぐがぼ~なスローエフェクト。裸の少年でもかけられてたなぁ。

「がーっといけ!」という亀梨くんに、左横の仁くんが中丸くんの腕をがーっとさせちゃう、ナイスコンビプレイ。

こんなとき、つい一致団結しすぎてしまうKAT-TUNさんたちがやっぱり楽しい。ゲストのこと忘れてるでしょ、キミたち(笑)


?スシあんルーレット

直線な視線。
727


中丸くんよりも内心テンパってそうな人仁くんですが、小芝居は忘れず。

仁 「うわぁ・・・なんか」

声、震えてます赤西さん(笑) 「セーフ」すごい嬉しそうな笑顔。
そんな仁くんを後ろからじーーーーっと見つめ続ける亀梨くん。
見つめる見つめる。

伊藤さんのアタリを確かめるのにメンバーで寄り添って下から見上げている、竜也さんと亀梨くんのツーショットがちょ~かわいいv
わくわく期待に満ちてる笑顔。たのしそ~。


?ジェスチャー当て

仁 「ウルトラマン!」

笑顔でガッツポーズ。
あは。可愛いな~。

伊藤氏、下手くそすぎる脱力系ジェスチャーが面白いです。

仁 「ちくびがここにあったぞ・・?」

なぜ、ちくびとおもうなりや(笑)

亀 「おしりかじりむしーーーっ!」

すごい飛んでる。あはは。
「おしりザル」
見たままそのまま直球勝負。
「はなすげぇはなすげぇ」と聖を困らせていた亀梨くんを思い出しました。


●スペシャルコラボレーション with ELT

・Shapes Of Love

ふわふわさらり・・と踊る竜也さんが素敵。
きゃるるんミルキー笑顔。 ぽわ~ん・・//

亀梨くんが首に巻いているのはいつも腰巻にしてるやつかな。
手首をひねって腰においてリズムをとるところがいいな。
仁くんのお帽子斜め被りもやっぱり素敵。♪恋してる~の手の振りと、間奏でてこてこステップで真ん中によっていくとこが可愛いです。

・僕らの街で

ライブで聴いた、仁の歌声が重なったときの感動を思い出します。
hu~n~とメロディではあったけれども、そこに仁くんの歌声があることにどれだけ感動したか・・。

じ~んとしんみり・・を吹きとばしてくれる亀梨くんのちょ~黒縁眼鏡アイテム。

仁 「それ・・どしたの?なに、その頭と眼鏡」
亀 「変装」
仁 「や、それ仮装だろ・・」


リアル亀梨くんが、リアルではない仁亀の亀を演じているみたいなんだもの。
わかりにくくて申し訳ない。しかし、一部の方にはわかってもらえそうかな・・。
う~ん・・パラドックス。
スポンサーサイト

2008.02.29 *Fri*

あの子がもっと知りたい

私事は、現在なるべく記述を避けているところですが、常々尊敬の念をいだくrさんよりバトンを受け取りましたので、以下回答です。

あの子=羽鳥が知りたい・・? 
わたくしを簡潔でまとめますれば、こういうDVDソフトを揃えている人、でしょうか。

これから”有閑倶楽部”が加わる予定。




ex2
ex3
category : 日々是好日

2008.02.25 *Mon*

ハピバ! まつりたくん

725


まつりたも、お誕生日おめでとうでした。過去形・・。
意図された偶然により、亀梨くんと同じ2月23日生まれなの。
やっとこやっとこ2歳になりました。
相変わらず「中丸ー!中丸ー!」ゆってますが、誰に似たのでしょう(笑)

彼の名前は、プロフィール欄にもありますが、KAT-TUNのデビュ祭りにちなみ、”祭汰(まつりた)”と名づけました。
名字は、語呂合わせです。
デビュー記念日ももうすぐ・・今年は、こころおきな~くHappyにお祝いできそう。
ゆめゆめ油断はできませんが・・。
平穏も刺激も存分に与えてくださる人たちだからなぁ。

23日は、亀梨くんのお誕生日なので、ごろごろのんびりしようと決めていて、予定通りごろごろ。
本を読んだり、らくがきをしたり。 
ごろごろブラボー!

ひとり静かにお祝いしました。
PCも立ち上げることなく、窓ガラス越しに、すっかり春の勢いな日差しをぽかぽか浴びつつ。
2月も下旬になると、ここ九州では随分日が長くなったなと感じられます。

夜、少しだけネットめぐりをして、いくつかの亀梨くんお祝いケーキの画像を見ました。
7月4日にも思うことですが、23日は一体いくつの”かめ””かずや”ハピバケーキがあったのかな・・。
ケーキについて、普通に身近にあるものだけれど、やっぱりスペシャルなときのスペシャルな食べ物だと思うし、少なくとも私には、ハレの象徴。
買い物のついでにちょっと買って帰ろうかなという気軽さより、いつもとは違うスペシャルな思いをこめて、或いは求めて用意するもののひとつです。
持ち運びもすごく気を遣わないといけないし。

亀梨くんのために思って用意されたケーキ、たくさんあったんだろうなぁ。
いつも自分のことでいっぱいいっぱいになってるけど。
こんな風に、誰かの笑顔を願うことができるってこと、しあわせのココロですね。

ケーキの用意はしなかった羽鳥ですが、まだKFC黒胡椒チキンを食べていないので、近々チャレンジしようっと。


まつりたくんも素敵な2歳を過ごせますように。
category : 日々是好日

2008.02.23 *Sat*

Happy Birthday ! 22th Kazuya!!

亀梨くんへ 22歳 お誕生日おめでとうございます

kame33



TV・雑誌・DVDメディアで会える。
時に、ライブで同じ空気のなかで会える。

たまに、夢の中で会えたりもする。


出会ってからの日々、毎日会ってるのに。
出会ったときと変わらないときめきのまま。

毎日どきどきときめいてます。“亀梨和也”に。

ふっ・・と低温度な微笑み、目がなくなるくらいの笑顔、
手をぱしぱし叩いて大笑い、昔の自分を見せられて照れまくってコロコロ、
おズボンのすき間つきこし骨、おぱんついっちょ耕作(笑)、
えと・・あとなんだろ・・・“亀梨和也”、丸ごと!

22歳の亀梨くんにもどきどきときめくんだろうな。
ふふ・・楽しみ。


今がんばっていることが、未来に繋がる。
今できることを、求められる以上にやってみせる。

自分がやりたいことができる自由を、自分の力で掴みとるために。

今立っている場所。
未来に自分が立っている場所。

足元だけではなく、遠くまで見渡した、そんな言葉が21歳の彼から聞こえてきて。
あ、なんか、変わられたな・・と思いました。

きっと、これからもっと広く遠くなる。
“亀梨和也”であるために、前に進む人だから。


この頃、笑顔が柔らかいなぁって思うのです。

ひとりでのお仕事でも。
メンバのなかでわいわいしていても。

きゅん・・とする笑顔がたくさん。
その笑顔だけで、しあわせのココロ。


22歳の“亀梨和也”も笑顔とともにありますように。

2008.02.21 *Thu*

KAT-TUN Manual A-26

A-26 


”中丸のばかやろう”

移動中、つかの間の休息を楽しみ、隣の弟を放置したばかりに、”ばかやろう”をつけられてしまう中丸くん。
わはは。
寂しがりな弟がいると、お兄ちゃんも大変~。

パラダイスで極楽ですみたいな感じで半笑いで幸せそうに寝てた

半笑い・・それはたしかにパラダイスで極楽に幸せそう(笑)
傍らで中丸くんの半笑い寝顔を見られて羨ましいでございます~。

構ってもらえなくて仁くんもふて寝したのかなぁ。
仁くんこそ、負けじと、半笑いでパラダイスで極楽な寝顔してそうなんですけれど。
いびきつきグガゴゴ。

724


次の日のなかまるページで、寝ている間に口のなかに何か突っ込まれていました、みたいな反撃がないかわくわくして待っていたのですが、この件についてはスルーでした。
ちぇ。
や、そういういたずらをするとしたら亀梨くんの方かな。
仁くんは、ぶーぶーすねつつも、毛布をかけてあげそうだ。

竜也さんだったら、「ちょ、中丸なに寝てんの」と無情にも起こしてそう・・というのは、まったくもって、そうであってくれたら楽しいという私の願望です。

この中丸と道中記カツマニュをぽちぽち携帯で打たれていたら、仁くんの携帯は、”中丸”の次に”のばかやろう”と予測変換がくっついてくる状態になっているのだろうか。
なんて想像すると可笑しくなってしまって、ひとり笑いして困ります。

こんな風に、メンバーとの絡みを書いてくれるから・・ご機嫌麗しいようでなによりなにより。
にこにこ。

さて、ジン最上級”くそ”がうつって、うっかり使用せぬよう気をつけなければ。


はぁくそ楽しくくそ笑いました。

2008.02.19 *Tue*

1ポンドの福音 R-6

Round 6 <2008.2.16>

●R-6 福音シーン

リングの上でおふとん!
723


リンゴーン福音鳴るシーン多々なるR-6の中で、たったひとつの福音を選ぶのに悩みました。
5つくらいあった。
並み居る笑いと感動の強豪シーンをおさえたのは、リングの上でおふとんシーンリンゴーン。

リングの上におふとんを敷いて寝るの図、原作にあるのですが、すごいですよね。
ちょっと思いつかないですよ、こんなシチュエーション。
私には、すごいインパクトのあるひとコマだったのです。

原作と違って、ジムに下宿している設定故、このシチュはないだろうと諦めていたところ、期せずしてここに・・。 感動・・。

「この上では立っていなくてはいけない気がするよ・・」
眠れなくてじたばた暴れる上田さん(笑)

高鳴る胸をおさえるように胸の上でぎゅっとおふとんを掴んでいる手、足ぱたぱた。
同じ屋根の下にいるだけで、浮かれているお手軽耕作が可愛い。



●耕作ひとり祭り劇場
720


「わたし・・・・・・・・・・あなたが好きです」 OhYesYes!タオルぶんぶん。
「俺もおまえが好きだっっっっ!」自己美化200%劇画調。

てめ・・待て耕作ーっ!
前回の感動シーンが、こっぱみじんこ。
わはは。
リピリピする度に大笑いです。



●耕作幻覚スコープ

街行く人が耕作に見えるシスターの”耕作スコープ”。
いいな、これ。 欲しいキラキラ。
ほいで、仁亀スコープに改造するのだ。
街中が、仁亀で溢れて見えるの・・素敵。 うっとり。

亀梨くん七変化(四変化かな)が楽しい~。
耕作スコープグッジョブグッジョブ。

渋いサラリーマンの格好で頭の匂い嗅いで鹿爪顔。
老眼鏡上げ下げするおじさん、袖口からちょこんと覗く指先は可愛いまま(笑)

そして、氷帝のかめなちくん・・!

高校生耕作の制服が氷帝学園と同じデザインなんだもの。妙なところで舞い上がってしまいましたわ。
茶髪だったら、氷帝コスプレはじめちゃんになるのか。←どこまで思考が飛ぶのか。
亀梨くん、まだ高校生役だいじょぶ!(笑)

幻覚は所詮幻覚なり。
現実の耕作くんは、幻覚を打ち砕く可愛さでございました。
721


偵察にかこつけて、シスターにあーんをおねだりする耕作。
隠れて待ち伏せとか、上田さんへの低温度突っ込みとか、可愛いだけではなく、いい感じに姑息になってきてさらに楽しくなってきました、耕作くん。



●おパンツいっちょで踊る耕作とともに煩悩も踊る るる~

おパンツいっちょで、ファア~ンぱくぱくファア~ンぱくぱく。 
妄想小踊りとてちてたー。

きゅきゅっとくっきりはっきりプリプリおしりをついじろじろしてしまう。
亀梨くんがふるふる揺れると微妙に揺れる明太子あたりもついついじろじろしてしまう。
申し訳ない。チーン。



●畑中さん退散~!

好き好きパンチがじわじわと。シスターに幻聴をもたらすほどの威力に。
所構わず言い続けて甲斐がありましたね。

「シスター好きです」6Ver.
わきゃわきゃ耕作がいっぱい・・v
耕作天国(笑)

慎み深いシスターは、わきの毛は幻想なさらない模様。


●くんくん

シスターに渡されたタオルの匂いを嗅ぐ人たち、くんくん。
石坂さん、あなたも・・!?(笑)


●力ずくで開け!

勝己 「僕には、何もないからがんばれない」

いい子だなぁ勝己くん。
みんな、何かのためにがんばってることわかってる。
そんなみんなを羨ましいと思ってる。 

「お腹すいたぺこぺこぺこ。ぺこりんちょ」

ぺこりんちょ(笑)
寒くてお腹減ったボクを連れて帰って、な耕作が優しい。

シチューを作って勝己を待っているジムのみんなも優しい。
一番古株の上田さんは、勝己がもっと幼いときからいっしょにいるのかな。みんな勝己のお兄ちゃんみたい。

メリメリと教科書を引き裂いて、今までと違う自分を感じてにこっと笑う勝己の笑顔が明るい。



●シスターの夢になります

「畑中さんは私に夢を見せてくれると・・楽しみにしてます」

耕作との関係はうやむやにしたまま。 
はっきりさせずとも、耕作にやる気を出させるシスター。
耕作に振り回されていたシスターも強くしたたかになってきました。
恋する女の子も強くなくちゃね(笑)



●僕と家族になりましょう

白くくすんだ冬の太陽の光。吐く息が白い、ピリッと冷たく澄んだ空気。
公園のシーン~並木道を歩くふたりのシーンが好きです。

幻覚の耕作は好き好きと叫んでシスターを悩ましているけれど。
シスターに好きだと告げられてからの耕作は、「好き」って一方的な布告しなくなってしまった。

その分、会話をはじめたふたり。まだまだテンポはあわないけど。
公園で、自分のとっておきの場所を楽しそうに語る耕作の笑顔が柔らかくて、きゅんとします。

耕作のさぼり癖を怒るシスターはやっぱり生真面目さんで。
ちっこい時から変わらないんだろうなぁって、ふたりが今佇んでいる時間に、過去の時間が交差して見える。
ふたりの時間が重なってくの。

「シスターも俺と結婚したら家族になるんですよ」

「シスター、僕と家族になりましょう」
しっかりと、シスターの目を見る耕作の、シスターといる未来を想ってきらきら輝く瞳。

冬の日にふと思い出すかもしれない。
家族になったら。
こんな素敵な記憶を共有していくんだな。


722


並木道。
ストレッチをしながら前を歩く耕作。
そんな風に自分の前を歩く耕作を見たいなぁ、って。
シスターのことがうらやましくなってしまったシーン。 

シスターの恋心がうつってしまったのかなぁ。
耕作に恋したのかなぁ(笑)

2008.02.17 *Sun*

オリコンスタイル 2/18 ・ TV LIFE 2/5

●2008 2/18 oricon style

相合傘じんかめ
713


直立不動無表情、無になろうがんばっている亀梨くんと。
不本意ですな表情しながら、そんな亀梨くんをちょこっと肩先で挑発しているよな仁くん。
仁くんの隣で余裕なくしてしまう亀梨くんを見るのも面白い(笑)


6人でまた~りトーク。
また~り具合もそのまま文字おこししてある感じ。
仁くんと竜也さんの科白があまりなくて、コンのMCみたい。

赤西 「なんで1個上乗せしたの?(笑)」

中丸くんへの鋭いツッコみをする仁くんと、

田口 「MVさ、マイクがにゅ~っと出てきて気持ち悪いよね」

をはじめ、結構どの発言も腹黒節な田口くんがつぼでした。

2008.02.16 *Sat*

1ポンドの福音 R-5

Round-5 <2008/2/9>

●R-5 福音シーン

とどけ とどけ とどく・・? とどけ!

「わたしは、あなたが好きです」

717




●木の葉隠れの術
711

ニョキニョキニョッキ蓑虫耕作。 気配を殺し、枯葉になりきる・・。
かさこそ枯葉に埋もれて、目きょろきょろ。 
ターゲットオン!
すたたたたーっ。 風のように身を切り素早く音も無く忍び寄る。

偶然の出会いを演出するために、忍法木の葉隠れの術を使えるなんてキミだけだ、耕作。
姑息なわりに、あっさり見破られる詰め甘さ、髪の毛に枯葉。
可愛いなぁ(笑)


●シスター、耕作を想う
719




●耕作と勝己

勝己 「耕作さん、チョコもらった。シスターアンジェラから」
耕作 「えっ・・!? お、俺に・・っ」
勝己 「僕に (にこっ)」

耕作 「何かあったんですかねぇ(うるうる)」
勝己 「耕作さんがしつこくするからじゃないの?」

かつみはこーさくをいじる楽しさをおぼえた (DQ)
いじるというか、いじめたくなる可愛さだよね、勝己くん。うんうん。
結構おいしい勝己ポジ。


●耕作と紀子ちゃん in 三品食堂

お互いに都合のいいところしか入らない耳を持つふたり。
しかし、成り立つ会話。
シスターのライバルになるのかと思いきや、実は、耕作と同類紀子ちゃん。

バレンタインチョコに三品食堂のトレードマークを描いちゃう紀子ちゃん、好きです(笑)
この天然組コンビも面白い~。


●恋する乙女なの

718


シ、シスターおれのこと・・きらきらきら
シスターアンジェラ・・きらきらきら

恋する乙女パワー炸裂だな、耕作くん(笑)

恋する姿がヒロインより可愛い亀梨くんをらくがきしようと眺めていると、やっぱりすごいの。
半そでから覗く腕の筋肉。半パンから覗く足の筋肉。
撮影の合間にもどんどん逞しく成長しているんだなぁ。すごい。


●会長最強伝説

一瞬でボクサー5人をのしてしまう会長。
屍累々。 会長素敵v(笑)


●耕作と修道院長

シスターの想いを耕作に届ける院長。
柔らかな声音で、穏やかな笑顔で。
院長の言葉は、耕作にまっすぐ突き刺さる。

成り行きを見守っていた院長が、院長の立場でふたりのために動くことは、悩めることだと思うのだけれど。
自分の伝えた言葉に、深く沈む耕作の顔を見る院長は、どこまでも穏やかな笑顔。


●耕作と石坂

考えすぎて、思考でっかちになってしまった耕作に真剣勝負を挑む石坂さんが格好いい。

ジムの中では一番器用そうな石坂さんも、ほんとは不器用だったりして。
自分もダメージを受けることを覚悟して、耕作にぶつかる石坂さん・・この人が、一番耕作の恋を応援していたのかなぁ。


●耕作と上田

ぶつかっていく石坂さんと受け止める上田さん。

耕作 「おれ、無力です・・何にも、できないんです」
上田 「あっそ」

静かに相手のことを受け止めるだけ。
こんなときは、相手の痛みに流されそうなのに、上田さんは、ただ静かに受け止めるんだ。
どうしたらこんな風になれるんだろう。

無力です
もう大人なのに
力、欲しいです

耕作のココロが誰かと重なる。



●あなたの誕生日です


シスターにできること。

”誕生日”の贈り物。 

耕作にしかできない、耕作だからできる贈り物。

「振り向いてはいけません」

過去を振り向かず、未来へ。

「振り向いてはいけません」

今までシスターを支えていた存在の神様に背を向けて、自らの意志で振り向く。
耕作へ・・。

「わたしは、あなたが好きです」

礼拝堂・・彼女の神様がいるところで。
彼女が嘘をつけないところで。

シスターの心が好きって叫ぶ。

R-2での上田さんと耕作の会話がすごく効いてる。
勝ち負けということではなくて。

シスターの誕生日は、心・体ズタボロになって、シスターのためを想う心を持って、生まれ変わった耕作の誕生日でもあるんだ。

「シスター好きです!」

しつこいくらいに繰り返される耕作の好き好きパンチ。
自分中心でも、自分の思うまま、好きってぶつける耕作の「好き!」が好きなの。
なんの技巧もない。 
あるがままの、好きのカタチ。

「俺も、シスターが大好きですっ!」

パリンと砕け散ったシスターの殻がふたりに降り注いで、きらきらひかる。
ふたりの笑顔がきらきらひかる。
耕作が大人になってしまったら無くなっちゃうのかなと思ったけれど、全然そんなことなかった。
耕作の”好き”は、変わらなかった・・。
嬉しい。

ふたりのしあわせの笑顔が嬉しい。

2008.02.15 *Fri*

カートゥンKAT-TUN 45

亀梨選手に声をかけるキャプテン赤西選手
714


中丸 「全員の顔・身長・体重を取り込んで実際に選手を作ってます」

おぉ~!
亀梨選手が赤西選手を見上げてる。上目遣いアングル。
ウイイレやる~。

何を話してるのかな、気になる気になる。
「だいじょぶ」、みたいにちょっと肩をすくめて。
仁くんが前を向いて自分から視線が外れたところで、ふっ・・と口元に笑みを浮かべる亀梨選手。

性格も取り込まれているのだろうか・・。


●Today's Guest m-flo ~VERVAL/☆Taku

しっとりつやぺたんこ。
716

ぺたんこ黒髪だと、ますます幼げで、高校生でも通りそうです、亀梨くん。
そうすると、仁くんとの年の差が5.6歳・・、パラレルじんかめの世界がリアルに今ここに。

色白の肌に、黒と赤の組合せ。
揺らぐ少年でありながら切れ味鋭い印象だなぁ。



●m-floとコラボレーション

仁 「なんで俺の写真ないんですかね・・」

さも心外に訴える仁くん。
目しぱしぱ瞬きが可愛いv

亀 「控え室 足りなくないですか?」

階段が控え室だったJr.だんご時代、KAT-TUN6人狭い楽屋に放りこまれていた時代を思い出されたりしたのかしら。
妙に可笑しい、素朴な質問(笑)



●ガンダムマニアスイッチ ON

街にいるガンダム、野球選手ガンダム・・わはは。
くだらなさが積み重なって、面白い~。

亀 「入ってみ。入ってみ。ガンダム入ってみ」

・・してみ、な語尾が可愛い。この語尾には、いつもきゅんとする。
ちなみに羽鳥的心に残るガンダム名シーンは、「どけどけ~死神が疫病神を連れてお通りだー!」です。デュオラブv



●血液型ランキング もっともKYなのは?

仁 「まとまんないまとまんない」 
ピンポーン♪ ←正解の効果音(笑)
おまえが言うなよ(@かめ)みたいな(笑)

1位:B型 マイペースで周囲に無頓着。すぐ悪ノリする。

亀 「わかる!わかるわかるわかる!」

わかるわかる(@仁)うつってる亀梨くん。
わかるわかる・・身に覚えがありすぎなりか?

☆Taku氏 「マイペースですね」
亀 「俺も最近言われる」

・・最近?

ついでに、
羽鳥 「わかる!わかるわかるわかる!」
”B型なので” 便利な免罪符だ。ふふ。



●ウイニングイレブン m-flo&-TU v.s. KATN

ウイイレに釘付け 瞬きもせず
715


中丸 「正月の1週間、ずっとやってました、俺」
    「やべぇ! やべぇ!」
    「いや俺も。いっ・・10日10日俺」
仁 「ひでえな、お前」

2008年の中丸くんは、どこかズレてる負けず嫌い。←オリスタ。
仁くんも思わず突っ込む(笑)
ウイイレに大興奮中丸雄一24歳。大好きv

ウイイレになった途端、はしゃぐ中丸くんが可愛いです。ちょがきだv
なかまるオンステージ。

やべぇやべぇ、って髪の毛くしゃくしゃ。
正月休みに、バームクーヘンを食べながら寝食惜しんでがんばられていたらしいウイイレ。
ゲームの中の赤西選手のポカに「赤西ちゃんとやれよ」突っ込み。
コントローラーを握れば、
「ゴーゴー」「オイ、赤西!」「俺俺俺」 叫びまくり。
そして、ゲーム中の中丸選手はお疲れさん。
ゲーム中の中丸選手も愛しい・・v

モニタを睨みつける真剣な表情。ちょ~必死。 
なんだかなぁ・・”男の子”してる(笑)

そんな中丸くんに苦笑いながら(赤西!の怒号に苦笑いしたところに、きゅん)仁くん、こちらも「ヘイヘイヘイ~♪(巻き舌)」煽る煽る。
O型コンビうるせぇな!(笑)
 
ウイイレメーカー選手、結構みんな似てる・・。ので、お体にぴたっと貼りつくぱつぱつユニフォームがちょっと恥ずかしい・・//(笑)

亀 「すげーすげー!ちょ~テンション上がる~!」

あぁ・・この人も時々ゲーマー人でしたね。 
ワイプから飛び出すほどの大興奮っぷり。

メンバー分身の術で人数合わせ。
隼人、竜、黒沢、はじめ、河太郎選手とかいたら楽しいのにな。
局違い、あるけど。 中丸くんと河太郎のビジュ、変わらないけど。

赤西選手のコーナーキックを、ダイレクトにヘッドで押し込む亀梨選手。
先制ゴール!
KAT-TUNの点取り屋JKコンビ。
ゲームの中でも、すばらしいコンビプレイっぷりをありがと~。 ウイイレありがと~。
ゲーム中のクールな亀梨選手と違い、ゴールにはしゃぎまくる亀梨くんが可愛い。

仁亀ハイタッチ見たかったです。ぽそっ。
t2


罰ゲーム、青汁水責め・電撃ピリピリプリーズ。


2008.02.13 *Wed*

作品は一生

どこかで一度書いたのですが、以前、テニプリサイトを作っていました。
肥大したテニプリ世界の片隅に存在した、ちっちゃなちっちゃな羽鳥のサイトにも5.6人の方が遊びにきてくれてたかな・・。
そんな小さなコミュニティのなかでは、みんな同じ方向を向いてる。 
一種類のベクトルしか持っていない。
みんな同じ観念をもって、固定していく世界。


耕作に感情移入するドラマだったのか(驚)は、そういう見方もあったのかという驚きと、
そういう見方をしてもいいんだ・・という驚きでした。

1ポンドは、客観的にシチュを楽しむものだなという固定観念があったので、お~!って、自分の中で壊れたのが面白かったです。

当たり前ですが、好み、世代、環境によって受け取り方が違う。
同じシーンが、人によって面白かったりつまらなかったり、解釈が違っていたり。
同じドラマなのに観ている人の分の見方がある。 想いが発生する。

面白い~。


羽鳥は、まだまだドラマを見慣れなくて、ストーリーを追うのに精一杯。
つい漫画の文法で見てしまう私には、どうにか漫画を読むように読み解ける”1ポンドの福音”は、楽しいドラマです。


全体的に面白くて、いつまでもわくわくした楽しいココロで満たされるものもあるし。
いっちょ感動させたろか、と計算されたシーンではなくて、まったく個人的な思い出のなせる業で、何気ないシーン・・ちょっとした片言の科白や登場人物の後ろに映りこんでいる背景なんかがずぅっと心に残ったりする。
時間が経って、ストーリーは思い出せなくなっても、その作品の切れ端とそのときの想いだけが残っていることもある。
登場人物のある種の声だけが、いつまでも響きつづけることもある。

一度観た作品はそうしてなにかしらのカタチになって心に沈んでいくから。
まぁ、つまんなかったな、ちっ・・という思いとして残ることもあるけど(笑)

「作品は一生」

と、がんばる人の創リ手の息を感じながら見られることで心に残るシーンというパターンが増えたり。
ドラマとしては外れた見方になるのかもしれないけど、でも、そう感じて心に残るシーンもあるんだ。


面白くても、いまいちつまらなくても、すっげぇつまらなく思えても。
人それぞれそれはそれこれはこれ。
自分が感じたままでいいですよね。←結論。

ドラマ感想は、ドラマの文法を知らないので、いつにもましてヘンなこと書いているんだろうなぁと思うところで、ちょっと気にしていたけど、気にしないようにしようっと。

B型だし。 

674


野ブタ。修二くんとひと恋弘人くんは、感情移入型のキャラクタでしたね。
彼らに入り込みやすいように、モノローグ演出シーンが多くありましたが、このときのナレーション語りの亀梨くんの声が好きでした。

1ポンドは、作品のカラー的に、このモノローグ演出がないので、ちょっと寂しい。
耕作のモノローグがあったとしても、騒々しいだけかな。

シスターシスターシスターアンジェラアンジェラアンジェラ・・

うん・・黙っておいてもらおう。

2008.02.12 *Tue*

LIPS~メイキング

2008.2.6 LIPS ~メイキング

上田 「中丸さ、前回反省したんじゃなかったの」
中丸 「反省しました」

はしゃぎすぎな自分にダメだし中丸くんからはじまるメイキング。
はしゃぐのもお仕事お仕事。

仁 「お前さ、ね、あとで疲れんだろ?」
中丸 「そだよ」

前回はしゃぎ疲れられたのだろうか中丸くん。
弟たちにまじろうとするところに、仁くんからドクターストップ。
仁くんモテるわこの人と思う瞬間。

・黒魔道士ジン、白魔道士タグチ

マチさんの感想を見て、なるほど。田口くん魔導士みたい。
腹黒白魔導士Lv.47。←何気にLv高い経験豊富。
パーティ編成でいけば、仁くんは、衣装的に、黒魔道士ポジかな。
気まぐれ黒魔道士。 魔力は、レベルに比例せず、気分に比例。
ご機嫌なときは、MAX9999ダメージ(笑)


・仁 「中丸さん待ちでーす」

ものまね上手いです、スタッフ口調。
や、わからないですけど。
仁くん耳がいいから無意識にイントネーションとか耳コピしてそう。


・ツッコむかめ

中丸 「はいはい、なるほどねー」
亀 「聞けよ! べしっ!」

聖 「あぁ、自分のヤツだからか~」
亀 「ぺちこーん!」

早業ツッコみ、激しい・・痛そうね(笑)
左端で、目ぱちくり「うっわ・・」な表情している仁くんが可笑しいの。


・お姫さまだっこ亀梨くん

お姫さま抱かれ慣れしすぎてる・・。
ためらいもなく、すっと聖の首にまわす右腕。相手に重さの負担をかけない姿勢。
つれなさを感じさせながら、その身のまかせっぷり。
昨日今日では身につかないお姫さま抱かれ方。
すばらしい。


・続・工場長

主演監督赤西仁「工場長」、なんとシリーズ化。
第二段、「これだから現代っ子は・・」

HEY×3の亀梨くんによる平泉成氏ものまねは、ここがルーツなりや。
仁亀ふたりの共同ネタだったのかな。


・見どころ

上田 「ズレているところも見どころといえば、見どころなので」

竜也さん推奨の見どころメッセージが、的確すぎると思う。


・アニバーサリー

キメキメ目元メイクで、にこにこアニバーサリーを歌う耕作くんがいる(笑)
剛くんの歌い方似てるし。似ている物まねもできるんだ・・。
ひとり座って、中丸くんと聖をきょろきょろ見上げるあどけない表情が可愛い。


・新シリーズ

主演監督赤西仁「うちの母親の体重が減ったって」

真に迫る小芝居!
わはは。おもしれぇよあかにちくん。
こういう小芝居させたら天下一!(笑)


・ボイパ3連発

仁からはじまる~ボイパジェスチャ。
中丸くんの販売特許かすめ取り。 仁くん手首の動き柔らかい。
やる前から笑いすぎ、聖。
お澄まし顔で、しれっとやる人亀梨くん。 ちょっともたもたしてる。
ラストにカメラ越しアングルでも一回もたもた。

いちいち背伸びしてバッテンを出す中丸くんの後姿が愛しい。
後頭部のつむじさえ愛しいのです。ラブv


・抗えない唇

事務的にカメラワークの打ち合わせを一言二言かわして、音が入れば途端に仁の世界。
カメラに映る仁を映すカメラ。
カメラの奥で怪しくつりあげられる口の端。
妖魔の如き怪しき唇で誘い込むのに、寂しげな澄んだ瞳。
ほんとに、この人は綺麗。


・ロバ丸な人たち

竜也さんの髪の毛を手直しする振りをする中丸くんと竜也さん、ちょ~真顔(笑)
竜也さん、少し噴出してるけど。

上田 「感想は?」
中丸 「感想? すごい良かったよ、衣装。ははははっ」

ははははっ←低い笑い声が素敵v
和みますわ、ロバ丸おにいちゃん組。


・何撮ってるのかなぁその”ちょ~すごいの”で
712


仁 「それ、横山くんも持ってた。ちょ~すごいんでしょ?」

かまってかまって仁くん。甘えた口調が可愛いv
しかしツレない亀梨くん(笑)

仁 「何撮ってんの。見して」
亀 「ムリ」
仁 「はぁっ、なんで!?」
亀 「ムリ」
仁 「だから、なんで!?」


仁くんに背を向けて、デジカメを覗き込まれたくない様子を見せられると、ついこんな妄想に奔ってしまうではないの。

亀 「(はー仁の隠し撮りが見つかるかと思って焦ったし・・)」
category : DVD

2008.02.11 *Mon*

耕作さん観察日記

耕作から生えている葉っぱ。
711


髪の毛に枯葉を絡ませているおまぬけな姿が可愛い・・v
耕作にくっついているというだけで、なぜか枯葉さえ可愛く見えてきます No Reason。

破けて飛び散る羽根枕の羽根にまみれていたはじめちゃんも可愛かった。
髪の毛にぽやぽや羽毛。

金田一一役のときに、ピアス・ネックレスがNGなので、せめて靴紐だけでも~、と言ってみたけれど却下された話をされていて。
アクセ類は、亀梨くん的にお守りなのかなぁと思ったことがあります。
あるいは、鎧・・かな。

耕作の衣装を、パーカー付きの可愛いのにしてもらったと嬉しそうでしたが、はじめちゃんのときみたいにアクセを付けられなくて不安なんてことはなさそう。
ボクサーとしての体を作り、自前の体で勝負。
役者亀梨和也は、逞しく成長されておられるようです。


全9話”1ポンドの福音”もちょうど真ん中、折り返し地点。
R-5は、ちょこっと”めぞん一刻”風味を感じました。

ひとつの漫画が、アニメ・ドラマ・映画・ラジオ・ノベル・舞台化(プラス同人化)・・と様々にメディア化され、原作が頂点ではなく、原作も二次メディア化作品も同一の位相にあるWJ世界にいるせいか、原作と違うというところにはあまりこだわりませんが、作品の持つ特性が上手く描かれているとやはり楽しい。

ドラマ1ポンドは、1ポンドの原作だけではなくて、ほかの作品もくわえて、高橋留美子としての特性を抜き出してあるみたい。
そういう描き方もあるんだなぁ。

と驚きつつ。
先日いただいたメッセにも驚きつつ。
複数の方からなぜか同じ内容で、曰く、

>かめは好きなのに、耕作が自己中のおばかさんで感情移入できなくて困る


・・・!? 
耕作に感情移入するドラマだったのか(驚)です~。
原作を読んでしまっているので、先入観はあり・・。←感情移入する見方は私の中にはなかった。
ところどころはそれもあるけれど、常時ではなく・・。

メッセの中で、耕作のおばかさん度の例えに、R-3の教会のバザーを壊してしまうシーンが挙げられていて、羽鳥的には、このシーンすごく楽しかったんですけれど、言われてみれば傍迷惑でおばかさんな耕作でした。

耕作というひとりの生身の人間がただ走り回るだけで、会場が崩壊してしまう。
ちょ~パワフル。
そんなものすごいエネルギーのかたまりの持ち主なのに、大好きなシスターに怒られただけでしゅん・・としちゃうの。
わはは。思い出しただけでも可笑しい(笑)
セットがおじゃんになるのが単純に面白かったりもして。

耕作のパワフル度の見せ場で、シスターたちに迷惑をかけるというおばかさんな点にはフラグが立たない。
これは、少年漫画のグラマーなのかな。

ということで、少女漫画の代表と思われるグラマー、”モノローグ語りで感情移入をはかる”見方を試してみました~。
ポテンシャルの高い耕作に寄り添うのは難しいので、勝己くんにチャレンジしてみた。

”耕作さん観察日記”

銀河英雄伝説外伝ユリアン・ミンツ日記風。
(羽鳥は、同盟軍が好きです)

勝己になったつもりで、向田拳闘道場の1日を回想。
朝、上田さんのでっかいうがいの音で目が覚める、
石坂さんシューズにファブリーズしすぎじゃないか、
耕作さんがまたこっそりたこ焼きを食べているのを目撃、
とかいろいろ。

た・・楽しい~(笑)

感情移入しても楽しいドラマだ~。
と思いましたが、なんのことはなくいつもの妄想でしたわ、これ・・。

710

2008.02.09 *Sat*

カートゥンKAT-TUN 44

「俺思ったんだけど」
「歯磨きガーッてやって、着替えた方が早いことにこの間気づいたの」

お出かけアスリートかめなちくん
708


歯磨きしながらお着替え同時進行ジェスチャ。
そういうことなさると、リアルに想像してしまうではないの。
”黒沢家の朝”を思い出したりして(自分ネタです、すみません//)、可笑しい。

「今日の見せパンはどれにすっかな・・」
なんておパンツ選び悩みはないのだろうか・・。


●Today's Guest 土岐田麗子  おまけ 山ちゃん(南海キャンディーズ)

ソファの肘掛にしどけなくもたれかかる色っぽい仁くんと、
広げた脚の間に手を付いて、指ぴらぴら足ぱたぱた可愛い亀梨くん。

レースひらひら可愛い女の子オーラに戸惑い気味のメンバーの中で、さり気なく優しい仁くんと、気配り屋さん聖。
うっかり見逃してしまいそうな、ふんわか優しさに惚れます。

●人見知り度チェック

テンパリ王子中丸。
カミカミ、テンパリ・・どんどん称号が増えていってます。
土岐田さんとのトークにがんばらない中丸くん、31秒でポチッ強制終了。
妖怪アンテナみたいに天辺に一筋立っている髪の毛が、中丸くんが揺れるとぴこぴこいっしょに揺れて、”テンパリ度メーター”の針みたい。


●強力助っ人山ちゃん登場

わはは。
土岐田さんより、山ちゃん登場にほっとして和みまくるKAT-TUNさんたち。
山ちゃんいじりがちょ~楽しそう。
某バイオリニストの方にフリーズしていた田口くんも、いじりまくり(笑)
楽しそう・・よかったね。

上田 「亀、亀。お前ここ!」

すかさず仲間はずれ席を勧める竜也さん素敵。 ←大好きv


●筆跡診断

同じ文字を並べてみると、全然書き方違うものですね。面白いな~。

・金運ランキング

ビリっけつかめなちくん。右下からも左下からも、金運流れだしまくり。
亀 「だって、俺ちょーすき間あるし、山ちゃんすき間ねぇし」
スネてる言い方が可愛い。

聖 「金使うなぁこいつなぁ」
  「でも、その分もらってっけどな」

そ・・そんな生々しい!(笑)
ギャラネタより下ネタカラーですから、キミたち。


・スター性ランキング

1位:赤西、2位:亀梨。
嗚呼成程、と頷いてしまうこの結果。

全然得意気じゃないガッツポーズ仁くん・・。わかるわかる(笑)
でも、スポットライトを浴びた赤西仁は最強ですわ~。


・腹黒ランキング

金運6位、スター性6位の田口くんが、堂々1位。


この手の企画は、じつは全然違う面がある・・というオチがありそうなんですけれど。
ふんふん、そうかなぁという結果になってるKAT-TUNメンバー。

見えてるままのかな~、この人たち(笑)

何気に金運2位、スター性3位、腹黒3位の好成績(?)を誇る中丸くん。
侮れない。


●部屋着コレクション

土岐田さんの部屋着コレクションフォトを見て、ぽかーんとしている仁くん。
「これ何すか?」亀梨くん。
可愛すぎるアイテムはさすがに守備範囲外でしょうか。ネグリジェなし残念。

亀 「洗濯大変じゃないですか?」

女の子趣味を貫いている土岐田さんに、生活感溢れる現実的質問。


●柔軟性アップ

ストレッチングボードの効果に、おぉ!と驚いている仁くん。
こういう健康器具お好き?
そそくさ自分も試してそうです。

「山ちゃんの存在が大きかったんじゃないですか?」
KAT-TUNさんたちにとって大きかったと思いますわ。山ちゃんいじりでリラックスしているKAT-TUNさんたちが楽しかったです。

2008.02.08 *Fri*

2008.2.8 Mステーション ~LIPS

●リハーサル (追記)

Sさまより、とても楽しいリハレポをいただきましたv

?本番直前、スタンバイしている番協の前にメンバー登場。
一人一人挨拶をしていく中…

亀「明日も来てくれるかなー?」

番「いいともー!」

仁「…(ボソッと呟いたので聞き取れませんでした、ごめんなさい!) 」

すると…亀が笑いながら2人の間に立っていたゆっち・上田・田口の前をつかつかと歩いて1番端に立っていたハット着用済の仁の頭をはたく!
はたかれた仁も笑顔でした。

?本番中「♪こんなに~心奪われた~」の歌詞を間違えかけた仁、照れ笑いを浮かべて亀をチラ見。
離れていたから視線は合わなかったみたいですが、キプフェの逆でした!



メンバの笑い声が聞こえてきそうなレポが楽しくて楽しくて、頂いた文章のまま転載しちゃいました。
嬉しかったです。ありがとうございます~v

ツッコみツッコまれている仁亀、そうそう、仁くんぽそっとつぶやくの。
たとえふたりの間に距離があっても、聞き逃さない亀梨くんはさすがです(笑)

歌詞間違いしてそうだった仁くん、亀梨くんを見ていたところが可愛いv
にこにこ。



●OP

亀 「今日、ボクシングやってきました」

という亀梨くんの真後ろに立っている仁くん、後ろから亀梨くんの腰辺りをじろじろ。
じろじろ、何か気になることでも・・。 
無意識にじろじろ・・?
習い性でじろじろ・・・?

腕がパンパンで衣装が攣ってしまうんですと熱弁ふるわれる後ろで、
「中丸、パンパン!」
「してねぇ」
の小芝居。
こそ~り遊んでいる二人の動きに大笑いする竜也さんと田口くん、その時点で、なにもしてませんなおすましポーズおすまし顔している仁くんが可笑しい。
亀梨くんのよろしくお願いしますに合わせて、ゆるいぺこっとおじぎをする仁くん。

でっかいちょがきだな~(笑)


●街中で偶然ばったり邂逅譚
709


仁 「あの~、ぼくなんですけど・・。あ、赤西です」

タモリさんにぺこっ。カメラに向かってぺこっ。
照れ照れ笑顔。 
あは。可愛い//

仁 「田口も渋谷で見たんですけど、ちょ話しかけたら面倒くさくなりそうなんで、シカトして」
亀 「実は、ぼくも田口に会ったことがあるんですけど、ま、ぼくも話しかけなかったですね」

話しかけてくれても・・悲しそうに眉毛が下がる田口くん。どんまい!(笑)
偶然街中で遭遇率高いKAT-TUNさんたち。
結構みんな行動パターンが同じなのかな。

田口くんを見かけた仁亀、ばらばらじゃなくていっしょにいたときのお話かと思いました(笑)

亀 「ぼく、車運転してたんですね」
   「信号待ちで、隣バイクヴゥーン止まって、パッ見たら赤西で、ビー開けて「おいっ!」つったらちょ~びっくりしててぇ、「じゃぁねv」ってそこで終わったんですけど」

おいっ! ←再現トークは控えめですが、おらおら調っぽく叫んでそうなの。
仁くんでなくとも、びっくぅ驚きますよ、それは。
ちょ~びっくりしててぇ ←発音甘くなる語尾が可愛いv

亀 「その日、ぼくらよぉく考えるとKAT-TUNのリハーサルだったんですね」 
  「赤西その日なんか休んだんですよね・・」

休んだんですよね、の途中から堪えきれなくなって笑ってしまう亀梨くん。
くふくふくふ。
うんうん頷いてる仁くん。

仁 「ちが、勘違い・・」
  「風邪ひいてたんですよ。で、バイクで病院に行ってた・・」

明らかに嘘とわかる嘘をつき始めた仁くんに、隣の亀梨くん、肩ふるふるぶちゃかわ大笑い。

仁 「タクシー乗るより、バイクが・・・すいませんでした~っ!」

わはは。あー・・認めちゃった、仮病。
もっとトークの時間があったら、「ちが、ちが・・」ってぐだぐだいいわけしている仁くんが見られそうだったのに。
惜しい~(笑)
バイク移動、お気をつけて。

いいわけしている仁くんを覗き込んで楽しそうな亀梨くんと、とぼけきれない仁くんの絡みがちょ~楽しかったです。
くふくふ。いっぱいリピってます。


●LIPS

ファンの歓声のなかで、ライブパフォーマンスモード。
最近、仁くんくるくるいろいろな表情を見せてくれるから目が離せなくなる。
お帽子の影から、眇められる目にどきどき。

聖の肩を組んでにこにこなかまるお兄ちゃん。
聖、元気になったかな。

コマネチコマネチかめなちくん・・その振り好きだなぁ。しつこくやるなぁ(笑)


●ひな壇

ジャケットパンパンがきついのか、ひな壇で、脱ぎ脱ぎ亀梨くん。
二の腕にどきどき。

2008.02.05 *Tue*

1ポンドの福音 R-4

Round 4 <2008.2.2>

●R-4 福音シーン

しょっぱいおにぎり なみだ味  「うまい」

706


みんな耕作のことが好き。 元気に突っ走っている耕作が好き。
言葉なくとも励ましている気持ちがあたたかい。

前回、苦しく泣きながら食べている耕作を見せられているだけに、余計にきてしまう。
みんなのあたたかい気持ちに包まれて、泣きながらおにぎりを食べている姿。
うるうる魅録泣きです。

「おかげで、すっごく元気でましたっ!」

体重増えても、にこにこ嬉しそうな笑顔。 素知らぬ顔して練習をはじめる仲間たち。
おにぎりといっしょにぱくぱく食べたみんなのあったかココロ。




●素晴らしき動体視力

「見えましたっ!」
天才的動体視力を見せつける耕作。 食べ物にのみ発揮。
「シュ~ゥクリィ~ム、食べてました」
「コーヒーにゅ~にゅ~飲んでました」

シュ~ゥクリィ~ム、モーモーのにゅ~にゅ~。
堀口くんにぴとっとくっついて、通り過ぎる車ウォチングスタンバイ。
隅々まで可愛いかめ耕作くん(笑)

動体視力がいいということは、”ハイスピードがコマ送りのように見える”。
切れ味鋭い速くて見えないパンチも動体視力のいい耕作にはスローなコマ送りのように見えるため、しゅぱっと避けられるのだ。すごいぜ耕作。
以上、竜崎スミレ先生(@テニプリ)の受け売りでした~。


●素晴らしき身体能力

「ラブパンチ!」

「シスターッ! どうして逃げるんですか!?」

わはははは・・・っはぁ
笑い疲れの息をついてしまうくらい可笑しかったこのふたつのシーン。

恋のライバル出現にて、”ラブピンチ”危機を感じる耕作。シスターへの恋心で上の空なのに、ドガーンズガーン、サンドバックに叩き込まれているハードパンチャー威力。
自転車で全力疾走するシスターに、走って追いついてしまうダッシュ力。

どうでもいいようなところで惜しげもなく発揮される耕作の運動能力の高さ。
この落差が大きい分、大きく可笑しくて。わははは。 

こういう漫画的な動きを体現できる亀梨くんの運動能力も、すごい・・。
”動くことができる”という役者亀梨和也に求められるオプションを磨かれた賜物というべき笑いですわ~。
起きたら腹筋が無くなっていたらどうしよう、なんて不安になるくらい鍛えられた成果がありましたね。
身体能力が高いという下地への説得力があるから、面白さがピシパシ生っき生き。

1話から比べて、パンチの威力・スピードが増しているように見えるけど、気のせいかな。
R-4ラスト近くボクサー姿の耕作が一層逞しくなっていたことにびっくりです。
ほんと硬そうなボディ・・。

少年漫画を読んで育ったせいか、この手の何気にすごい能力発揮パターンに弱い羽鳥ですが、この手の小道具にも弱い。

●”ニワトリでもできるシリーズ 調理師免許読本”。
705

”これを読めばあの娘と店が持てる!” ←なんだこの耕作ピンポイント狙いの煽り文句は(笑)
ほいで、にわとりシリーズ・・鳥頭さん用?
3歩歩いても忘れないゾ(電球マークピコーン)みたいな。



●若王子 V.S. 耕作

「だってこれ食べたらシスターこの人のこと好きになっちゃうかもしれないじゃないですか」

スマッシュヒットに笑ってばかりですが、この科白もふるふる笑い・・。
若王子のプレゼント作戦が、餌付けに見えちゃってる耕作。
阻みながら自分で食べてしまうの図。
「わたしの前に二度と姿を現さないでください」 
シスターからきつい一言を浴びせられて、放心しながら、若王子を人睨み、サンドイッチを頬張りつつ去る。


704

カレーの匂いにつられない耕作。ヘコんでるな~(笑)

勝己 「なんでだろう・・なんで思いついたらすぐやれるわけ?」
耕作 「だめ?」
勝己 「ま、だめじゃないけど・・」

だめ?に怯む勝己くんが可笑しい。
怯んじゃうくらい可愛いかめなちくん。 って、そっちじゃないか(笑)

悩める少年勝己のなかに問いかけが生まれたぞ。 



●耕作のココロそのままに

”シスター好きです!
次の試合勝ちます!”

四の五の言わずストレートパンチだ~。

ガッガッて勢いのある線運びと、しっかり安定感のある、でもちょっと踊ってる間隔の字。
好きです!って耕作のココロみたいな真っ直ぐな字。
亀梨くんの書く文字好きだなv



●ちょこちょこ萌えと笑いと可愛いの詰め合わせ

練習シーン、ときどきストレートになってる髪の毛。耕作の動きにあわせてさらさら揺れるところ。

ミサに潜り込み。フードを深く被って詰め寄る怪しい不審者耕作。

ラブレターにハンドパワー。ちゅっちゅっちゅーっ気合ちゅ~にゅ~。

左端がほつれて肩辺りにかぎ裂きができてるのに気にせず着てる、芥子色のフードパーカー。

会長「蚊も殺せないぞ? プゥ~~ン」  蚊は殺せるもん、ぱふん。

707



●迷うよな~

1ポンドの登場人物は成長しない、と以前書いてたけれど、認識不足でした。
成長しないのではなくて、元々みんな逞しい。
突然覚醒するような成長も、また日々の中に取り込んで消化されながらしたたかに逞しく過ごして行くんだな。
と、気づかされるR-4。

会長 「お前さ、ボクシングと店どっち選ぶの? んっ!?」

若くて素直な耕作くんは、ボクシングもシスターも食べることもともにに大好きなので、恋敵出現に対抗して、シスターへの恋に燃えて、ボクシングのことを見失ってしまう。
ここで、ボボボボクシ~ング!とならないところが、耕作の複雑に悩めるところ。

単純にボクシング一直線に奔らない。


●しあわせ



院長 「555よ。しあわせよねぇ」

上田 「俺はさ、しあわせだなぁって、思う」


戒律厳しい修道院で慎ましい生活の中にいるシスター・アンジェラ。
555(GOにかけてるのかな?)のゾロ目、ちょっとした縁起のいい判じ物を楽しむ余裕をなくしてたり。
けっこう伸び伸び好きなことしてる耕作も、恋敵に触発されて、好きなボクシングができるしあわせ見失っちゃったり。

違う世界に住んでいるようで、実は同じな対比。

耕作のラブレター作戦に熱くなっちゃうピントのずれたところのある上田さんだけど、耕作が調理師免許取得に突っ走っていても、やれやれって黙って見守ってる。

耕作もシスターも、それぞれ迷ってしまうけれど、いつも回りに見守ってくれる1世代・2世代上の人たちがいて。

世代が繋がっている。 
いいなぁって思う。

耕作とシスターの周りに、彼らをちゃんと見ている人たちがいる。
すごくしあわせなことだ。


耕作 「なんで・・来たんですか?」
シスター 「なぜ・・でしょう」

耕作に会いたいココロに少し素直になってみて、耕作の顔を見てほっとして。
時計の針が重なる一瞬があることに気がつくシスター。

なんだか理由はわからないけれど、微笑んでいるシスターが嬉しくてつられて笑ってしまう耕作。
照れながら見詰め合うふたりが可愛い。ふふ。


そうそう。
ドアを開けたら、シスターが佇んでいて、みんな一斉に壁際によってしまうところも面白かったです~。
海をわるモーセみたいなの(笑)

2008.02.02 *Sat*

カートゥンKAT-TUN 43

仁 「ちょ、ちょっと、中丸くんのこれ、いいっすか」
   「こ・・こぉれ・・ひゃははは」

703


フィリップの裏側に、折りたたみ携帯人間を描いていた中丸くんのイラストを発見したときの仁くんのちょ~嬉しそうなお顔。

か・・可愛い~///

「ちょ・・ちょっと」  ←足ばたばた。
「こ・・こぉれ・・」 ←可笑しくて震えている声、喉の奥でころころ笑い、肩ふるふる。
つられ笑顔になるんだ~。あひゃひゃひゃ(笑)

中丸 「なになになに」 ←赤西うぜぇ不機嫌声
    「こっちかぁ」 ←思いのほかウケてしまってバツの悪そうなお顔

中丸くんからの流れも可笑しい。 
仁くん、にこにこ笑顔いっぱいご機嫌~♪
座りトークで、ときどきココロここに在らずになる、手遊びくねくね亀梨くんも面白かった。


●Today's Guest 中川翔子

今までで一番感想を書きにくいような・・。
ジョジョ立ちレベル1・・ジョジョ立ち集会の図を思い出すな~(@カジポン氏)
WJ・DQネタを振られる・・トランクス(@DB)とバスケットマンですから桜木(@スラダン)は同じ声優さんだったな~トルネコ、鉄の金庫・破邪の剣を仕入れたとき嬉しかったな~幽遊、光一くんが堂本兄弟で中川さんプレゼンツ蔵馬のコスプレさせられてたな~
うむむ。カツンさんたちに集中できないなりよ。



●しょこたんのギガアサンは赤西ファン 

亀 「しょこたんのおかあさんに、なんか(一言)・・」
仁 「しょこたんのギガアサンに?」

ギガアサン、って(笑)
亀梨くんのパ行擬音もびっくり可愛いですが、仁くんのとりあえずドッキング言葉もびっくり感動する。

CD,公式うちわ、フォト・・写っていないところで、大量の仁亀どーじんしもありそう・・なんですけれど。あは。

●トゥットゥルー♪

仁  「なかまる? トゥットゥルー♪」
中丸 「べしっ!」

亀  「トゥットゥルー♪」
中丸 「かんでなーい!」

仁くんも亀梨くんも中丸くんに、トゥットゥルー♪
トゥットゥルー♪もれなく実験台なかまるくん。


●好きなアニメは?

ドラゴンボールを身を乗り出して見ている亀梨くんが可愛い。ちょがきv

トランクスの萌えについて熱くなる中川さん。 
2次元萌えに触れるの久しぶりだ・・懐かしい(笑)

ナメクジものまねのとき、「途中で塩をかけてもらって」の件で、右の眉毛がぴくっとしている亀梨くん、
バーダックに「お~!(喜)」、セラムンものまねに「・・・(ぽかーん)」仁くん、
かむ危険性が一番高いのは中丸、と振られたときの、むーなお顔中丸くん。
このフリーズしたお顔よく見かけるんですけれど、最近の癖なのかな。
竜也さんと亀梨くんに「なかまるのしっぽ~♪」って弄られてたときのフリーズお顔シリーズ。(シリーズ?)
ちょっと冷たい視線ビーム放っているフリーズお顔とか。大好きv(笑)

 ↑
ちっこいところでゾクゾクッ どきどき萌え。 ・・KAT-TUN萌えもあまり変わらないか。


●なめくじセーラームーン

中丸 「塩をかけられるセーラームーンっていうのは」

むちゃ振りするする。
「がんばり屋さんだから!」フォローする亀梨くん、素敵。
可愛い♪愛と勇気の正義の味方~。


●アニメソング イントロ対決!

キミたち6人で固まりすぎ。

上田 「なんか聴いたことあるぞ、これ(じたばた)」
亀   「しぃ・・!」

本気で勝ちに行きすぎ(笑)

後ろの方でうろうろ、ピンポンが鳴ると「どっち?どっちが鳴ったの?」って、きょろきょろしている仁くんが可笑しくて可笑しくて。
可愛い・・v

アニソン対決でどんどんテンション上がっていく亀梨くん。
「アンパンマーン!」 ガッツポーズ!
「こっちを向いてよハニィ♪」 あは。力入り過ぎてお鼻ピクッてしてる。 大熱唱。
「スラムダンク!スラムダンク!」 カメラ越しにすっごい勢いでどーだ!
またもやお鼻ピクピクさせながら迫ってくるくる。
「すげぇ興奮したよ、俺」
テンション上がりすぎて壊れちゃった・・?(笑)
Myojoお買い物日記企画のときに”スラムダンク”コミックスをあげてましたね。

仁くん、アニメキューティハニィを知らないのか(驚)

「俺たちタッチなんです」
「せーの。 ちょっとちょっとちょっと」

急にネタ振りされて慌ててあわせている竜也さんが可愛いv

702

本気組タッチ’s


●擬人化イラスト対決 お題:携帯電話が人間だったら・・

亀 「おしり出てる (ぽそ)」  

↑ぽそっとつぶやく亀梨くんにきゅん。ぽそっとゆってるところに弱いの・・きゅんv

中川さんのイラスト、意外にりぼん(高須賀由枝とか椎名あゆみみたいな)かわいい系。

竜也さんのイラスト、サインボールを思い出すんですけれど(笑)
仁くんの携帯おばけ、
「ちが、ちが、おばけなの。足がないでしょ?」
擬人化ではなくて、人型をした携帯・・。
セーカンタイに番号つけてあるのかと思いましたわ~//

亀 「今回はイッてない?」 

ラクラク~♪自分で歩いて充電しに行く携帯なのかな。
裏面に試し描きしている女の子のイラストが、何気に仁くんと同系なの。ロリロリ。
なんだか中川さんのイラストの絵柄につられてるっぽい感じなんですけれど。

何故ふたりしてつられるかなぁ。 同じ思考回路してる(笑)



●ちょびっついたたたたまれないなくないかもしれない妄想の図
701

02
1
3
4
6
7
10
14
18
20
22
24
26
27
28

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2008年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。