This Archive : 2008年09月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.25 *Thu*

cartoon KAT-TUN 77

6歳にして“てんどん”を操る少年に幸いあれ
819

愛の答えを求める6か月 未公開映像SP


・大人の愛のてほどき 中丸雄一

年上の女性に生気を吸い取られている中丸くん懐かしい。
ふたり掛けソファで、精一杯相手との距離をとろうとケツをもぞもぞしている中丸くんが好きでした。
ケツもぞもぞ。視線きょときょと。

中丸: まずはインターネットで検索しますね

情報を集めるタイプなりか。
テンパってる中丸くんがあまりにも楽しくて気が付きませんでしたが、うむ~。
愛をてほどくには手強いキャラだったんだなぁ、中丸くん。

中丸: うまくふかふかに乾いてくれないんですよ

今日はもうちょっと1メモリ増やしてみるかなぁって・・←柔軟剤をキャップで量るジェスチャの中丸くんが愛しくなっちゃいます。ラブv
洗顔に柔軟剤・・・こだわり所が、インドア派だなぁ(笑)



・リアルな恋愛事情に唖然 赤西 仁

6か月前。
こんな路線でしたわ、そういえば。ははは。
性欲と食欲に貪欲なおねぃさんたちを前にとまどう仁くん。
対照的なところを狙ったミエミエ演出でしたけれども、恋に一途な仁くんが見られて良かったです。

仁くんって、“人を信じる”人なんですよね。
時には、それが言葉よりも表情や視線にでる人でもあり。
仁の周りにいる、よく彼の口にのぼる人たちは、そんな仁くんの信頼をとても大事にされる人ばかりだなぁと思うし、打算的な気持ちで近づく人は本能的に避ける人だと思うのだけれど。
傷つくこともあるのではないかと、余計なお世話とわかっていながら心配してしまうことも。

マジで!?なんて、眉根寄せて目をくりくりさせてしまう仁のままに。
一途で素敵な恋していってくだぱい~。
KAT-TUNさんたちみんなも。こっそりとね(笑)



・愛を探す旅 亀梨和也

ちょがき’sに混ざっている、でっかいちょがき亀梨くん。
でも、“近所の気のいいお兄ちゃん”してる。
大人用の本気を出してはいけないし、子供相手だと手を抜いてもだめだし。

亀: 勝負? いいよ

   やった~抜かした~ 勝ちぃ~

リレーも結構とばして走ったりして。
うまいなぁ、このバランス。
ほんと、いいお兄ちゃんっぷりです。


亀: ヒロト、ちょっと話聞かしてもらってもいい?

ぽっちゃりヒロトくん、可愛いv
ヒロト・・どんな漢字なんだろ。弘人・・はないかな。
ヒロトくんを誘ったところで、自然に手を結ぶ亀梨くんがいいですよね。

ふたりで寄り添って話しながら、目をあわせて、笑いあってるところも。
亀梨くんの笑顔がやわらか。ほわほわ。

亀: これじゃあ、いっぱいお肉はいってんだ、おま。
   ちょっと見せてよ お肉見せてよ

お兄ちゃんしてるけど、やっぱりちょがきかめなちくん。
Not カネナシくん。 
ヒロトくんのおなかをぷにぷに。

ぽにょ

そこ、揺らして楽しまないように(笑)

ひとりロードムービー亀梨くん、もうちょっと見たかったです。
初夏の風に揺れる髪の毛が気持ちよさそう。
これは、スタジオでは見られないものね。

相手の笑顔を引き出す気さくな青年の旅。
りんご畑のおじいさんに話しかけるとき、少し腰をかがめて、低い姿勢になっておじいさんと視線をあわせていて。
何気ない動作に、相手への尊重を感じる。そういうところあちこちで感じられて。
だから、笑顔になってとけこめるんだろうな。
スポンサーサイト

2008.09.17 *Wed*

2005.2 Wink up

●KAT-TUN Original Style


コンサート(海賊帆)直前近況報告。

亀: オレの場合、落ちたのは狭いすき間だったけど、頭もぶつけなかったし、ホント、ラッキーだったよ

中丸: しかも速攻復活してたもんな

亀: うん、ホントそう
   オレ「強ぇ」って思った。しかも強運だなって

中丸: きっと守護神がいいんだよ

仁: わかった!
   きっとカメの守護神ゴキブリなんだよ(笑)

亀: めちゃめちゃ強いじゃん、ゴキブリ
   それで死ぬときは仲間に「あとは頼む」って言いのこして、部屋のすみでコロッと(笑)

上田: そう言えば、赤西って、今までそういうことなくない?

仁: うん、身体的なものはないね
   でも、ちゃんと痛めてるところあるよ

メンバ: (いっせいに) いつ、どこで!?

仁: え~っと・・そんなみんなの姿を見て「かわいそうだなぁ」って心を痛めてる(笑)

亀: ・・・・・・・・・・・あんまおもしろくなかったな

聖: あんまり考えないで話しだしちゃったって感じだったよな

仁: うん、その通り。
   オレって、パーティとかでしゃべっちゃいけないタイプ(笑)



なぜ、パーティ限定なり?(笑)
「今回は、ステージから落ちたりしないで(笑)ケガなく行きましょう」の亀梨くんの前振りからはじまる6人の対談。
みんな、ステージのハプニングやケガの思い出を振り返るなかで、つつがない仁くん。強運の人。

守護神ゴキブリって・・ははは。
まんざらでもなくノッてる亀梨くんもちょっと変だぞ。ははは。


  ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


仁: まだ振りも全部覚えてないもんな

亀: 昨日は、コンサートでやるラテン系のダンスの振り付けがあったんだけど、オレ、足がマジでヤバいんだけど

聖: オレも!すっごい筋肉痛で、今日は1日中階段が憎かった(笑)

仁: あの振り、超~難しいよな!オレが行った時点で、みんなちゃんと踊れてるの
   上田までできてるんだ

上田: なに、その「まで」って

仁: でも上田、オレの分まで覚えてくれてさぁ、あとでちゃんとオレに教えてくれたじゃん
   あれは感動したよ

中丸: いや、あれは最初・・

上田: (かぶせるように、しかもものすごい大声で)おーいっ!!

メンバ: うわっ、ビックリした~~

亀: マジで心臓止まるかと思った

中丸: 今の止め方、本気だったよね(笑)

仁: なんだったの、今の「おい」は?

亀: いやじつはですね。赤西くんは「上田がオレのダンスの振りを覚えて教えてくれた」って感激してましたけど、もともとあそこは上田のパートだったの
   変更で、そこが赤西のパートになった・・と。実は感動ストーリーには、こういう裏があったんですね(笑)

上田: あ~あ、言っちゃった

亀: 上田が仁のパートを覚えたのは事実なんだけど、それは決して「仁のために」っていうわけではなかったということです

仁: マジかよ!?
   なんだよ、せっかく「上田ってめちゃめちゃやさしい人だな」って感動したのに!

上田: だから聞かなきゃよかったのに

聖: 本気で止めたもんなぁ
   オレ、久々に上田の「心からの声」を聞いたもん(笑)



「あ~あ、言っちゃった」「だから聞かなきゃよかったのに」
振り付けを仁くんに教えている時点で、変更のことをヒ・ミ・ツにしている竜也さんが素敵~。

「じつはですね」ひとり状況が飲み込めていない仁くんに、竜也さんの代わりに説明し始める亀梨くん。
楽しそう(笑)


  ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

仁: でも昨日のラテンは、みんなホントにがんばったよなぁ。オレも筋肉痛すごいわ

中丸: オレはぜんぜん平気だな

亀: だからおまえの場合は、3日後くらいにくるんだって(笑)

中丸: ふざけんな!違うよ!
     そう言えば今日、電車の中で足がガクガクしたわ

聖: それはぁ、ただ単に足腰が弱ってきたってことなんだよ(笑)

中丸: ちげ~よ! 悪いけどオレ、足腰は強いんです!
     あのさぁ、オレのことを年寄キャラにするの、そろそろやめてよ。マジで本気にする人がいるんだからさぁ(笑)



振り付けの激しさに筋肉痛と闘いだったらしいラテンメドレー。
はしゃいでいるようにしか見えなくて申し訳なかった(笑)
メンバー同士顔を見合わせて、ピタッと静止するとこが好きです。
みんないたずらっ子になってるの。


  ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

亀: 今までのKAT-TUNコンっていうと、とにかく「騒げる」がキーワードだったけど、今回はそこに「見せる」っていうキーワードが加わった感じだよね

仁: さっき、スタッフさんに、なんとなくみんなの顔が輝いてるって言われたよ

亀: あ、それはですね、パール入りのファンデーションを使っているからなんです(笑)ちょっと肌が若々しく見えるように・・って、ウソです(笑)
   でも、そう見えるってことは、やっぱ気持ち的に充実してるんだろうね



お仕事忙しいくらいの方が、充実して輝いて、いいらしいゾ(笑)




●ごくせん

ごくせん1話の隼人。頬のラインがシャープ。
wu10

師匠が以前、仁の好きなところは?の質問に、を“さみしそうな瞳”と答えられていたことがあって、ずっと心に残っています。
人恋しがる人で、仲間を大切にする人で、芸能界の仕組みに慣れない人で、仁くんのそういうところを一言で言ったら、“さみしい瞳”をした人なんだなぁと思うのです。

1~2話の竜が側にいなくてさみしい瞳をした隼人も良かったですよね。



●伝言板

・堂本剛より 亀梨くんへ

亀梨くん、そのままいい子でいてね。キミは、とても先輩思い、後輩思いの優しい子だとオレは思うので。
ところで今度ドラマに出るそうですね。がんばれよ!
楽しんで自分らしく芝居して、芝居界でガーンとジャンピングしてくれたまえ。応援してるから。
で、カメ役?(笑)


剛くんからKAT-TUNへの伝言って、珍しい気が・・。
剛くんって、剛くんの言葉を持ってるなぁ。優しいなぁ。


・赤西 仁より 以下のみなさんへ

亮ちゃんへ。やっと言ってきたか。
中丸へ。あのさ~、中丸ってさ~、○○したとき、○○みたいな感じで、○○を○○してたよね(笑)

<でっかい初夢をひとつ教えて!>

映画に出演!
絶対出る!! 連ドラにもいっぱい出たい!!




さて、久々のデビュー前雑誌発掘でした~。
仁くんの映画発言がいつ頃からか遡って探してたの。
2003~4年の雑誌のインタビュでも見かけたのだけれど、どの号だったかわからなくなってしまった。
仁くんもKAT-TUNみんなも、まだまだ、夢の途中だ。


2008.09.16 *Tue*

2005.1 Wink up

HAPPY MERRY CHIRISTMAS! クリスマスツリーの前ではしゃぎまくる6人

●KAZUYA KAMNASHI +JIN AKANISHI

亀: お互いドラマ、がんばらないとね!これから、さらに毎日会うことになるんだね。
   でも、オレらさぁ、すごい人見知りするじゃん。どうする?

仁: 悪いけど、俺は今人見知り度、MAXいってるから(笑)
   でも、カメって人見知りしてるようには見えないけどね

亀: 人見知りっていうのとは、ちょっと違うかもしれない。仲良くなれそうか、そうじゃないか、最初の1時間くらいで見極めるの。それでそうじゃないってわかったら、もうそこから進まないって感じ。でもそのオレの変化みたいなものは、本人にはもちろん、周りの人も見ててもわからないと思うけど

仁: でもそう思ってるんだろうなぁっていうのは、オレはなんとなくわかるよ

亀: さすがにつきあい長いもんね。仁の人見知りは手に取るようにわかりやすい(笑)

仁: でも仕事場では、なるべく出さないようにしてるよ。普通の同年代の人と初対面のときとかが、一番苦手

亀: そんなこと言ったら今回のドラマ、周りは同年代だらけじゃん。心配ですね

仁: ・・・・今、想像しただけで人見知りしちゃった(笑)
   でも仕事だから大丈夫! 速攻、仲良くなるとおもうよ

亀: 仁は一度心開いたら、すぐにガッと仲良くなれるから大丈夫だよ。
   オレ自身、今回心配なのは集団行動。ほら、ふだんからオレって、誰かとツルむのとか好きじゃないし。丸二日いっしょにいたら、もういっぱいいっぱいになるタイプ(笑)



ごくせん撮影前、まだ隼人と竜の名も知らない頃のふたり。
撮影現場での人間関係を杞憂してナーバスモード。
お互いに自分の方が人見知りだと思っているところが、なんだか可笑しい。
同年代に人見知りな自己申告の仁くんですが、端から見る分には、年上(目上)の人に人見知りの仁くんと同年代に人見知りの亀梨くんに見えるかも・・。

亀: お互いに弱い部分をフォローしてやっていこうぜ。でも2人でくっつきすぎていたら雰囲気壊しちゃいそうだから意識して離れてみるとか

真剣に現場の雰囲気を考えているのが伝わってくるのですが、ははは。
意識しないと離れられないんだな、きみたち(笑)

   ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

仁: 1話から殴り合いのシーンがあるらしいね。なんか燃えるね(笑)

亀: ハワイで仁に腕相撲で勝ったけどね(笑)

仁: オレらふたりでケンカしたら、どっちが強いんだろうね

亀: え~、想像できないね。だってオレ、絶対キレない自信あるもん。
   たとえば仁とかに「かかってこいよ!」って胸ぐらつかまれたとしても「・・え?あ、あぁ、すいませんでした」って、たぶんめっちゃ冷めて言う(笑)

仁: オレも、どこかで押さえる部分はあると思うよ。・・・でも負ける気がしねぇ(笑)

亀: オレも、もしも殴られたら殴り返すけどへ(笑)
   やられっぱなしはないね。でもケンカは絶対にしない!



腕力だけがケンカの強さじゃないぞ~。と、ヤンクミも言ってたぞ~。
マシンガントーク勝ち、なんでなんで攻撃勝ち、ジャイアン勝ち、スネ押し勝ち・・とかありそう。
フィフティフィフティ、いい勝負なふたりです、きっと。


   ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

仁: これから収録スタジオに通うのが、大変そうだね。収録スタジオのそばに、アパートとか借りたいよね(笑)

亀: いいねそれ! でもふたり暮らしは・・・

仁・亀: (声をそろえて)ない!(笑)

亀: これで共同生活まで始めたら、24時間いっしょってことだもんね。それは耐えられない(笑)


といいつつ、“ふたり暮らし”前提の会話になってるんですけど。
収録後、ふたりでこそ~りマッサージに行かれていたことがわかるのは数年後・・。


   ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

仁: クリスマスのドラマにも出させてもらえることになって・・、うん、ホントがんばらなくちゃ!

亀: 仁、衣装学ランだよ? 大丈夫?(笑)

仁: 17,18歳の役でしょ。トッツーとか東新と同い年ってことかぁ・・がんばろ(笑)



恋に一途な翔役大好きでした。
そいうえば、このドラマはDVD化しないのかな。



●JUNNOSUKE TAGUCHI + KOKI TANAKA


聖: 田口のソロってカッコいいよね。ザ・ダンサーって感じで。
   いや、今日はぶっちゃけちゃうとさ、じつは今回田口がやろうとしてる曲って、いつか自分がやりたいと思ってた曲だったんだよね(笑)

田口: えっ、そうなの!? 知らなかった~。
     ま、早いもん勝ちってことで(笑)



「狂いかけた歯車」 聖Ver.・・田口くんとまったくアレンジ変わりそうですね。


   ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

聖: 田口には、いつまでもKAT-TUNの王子様キャラでいてほしいのよ。
   ほら、ほかのメンバーにはそういう人、誰もいないから(笑)

田口: まぁね~(笑)
    うん、わかった!



でも、その後、封じこめていたおたくキャラを開花されてしまうのだった。


●TATSUYA UEDA + YUICHI NAKAMARU


中丸: 上田のキャラチェンジも、よくもってるよな。
     っていうか、まえのクールキャラに飽きちゃったんだろ?(笑)

上田: いや、この年になったら、礼儀正しくっていうのは、人として当然かなって思っただけ。悪いけど、最近のオレは自分がそうなった分、人の礼儀とかに厳しくいくよ(笑)

中丸: 自分だけの世界にしておいてくれよ(笑)
     じゃあさ、大人のマナーブックとか読めよ。上田ってわかってるふうで、じつはわかってない部分があるから

上田: ちょっとやめて。そういう人を落とし込むような発言をするのは(笑)


   ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

中丸: オレは今回、ソロコーナーでかなり踊りますよ~

上田: 中丸くん、ダンスがとっても上手いですもんね!・・・ね?

中丸: なんだよ、その「ホメたらホメ返せよ」みたいな流れ(笑)
     そ、そうですか?

上田: 本当だよ。中丸見てると、ダンス好きなんだなっていうのが伝わってくるよ。
     自分のいいところ、見せるべき部分が、ちゃんとわかってるんだなっていうのもわかるし

中丸: (小声でこっそり) あとヒューマン・ビート・ボックスもっ!

上田: あっ、そうそう、あとヒューマン・ビート・ボックス!これもすごい。本当に人間が出してる声だって思えないくらい。やっぱり陰の努力ですよね~、ホント

中丸: ハハハハ。そこまでホメられると、だんだんうざくなってきた(笑)

上田: (はき捨てるように)まぁ、ホントはだれでもできることなんですけど

中丸: おい!

上田: ハハハハ。さぁ、中丸くん、ボクのコーナーも説明して!

中丸: 今回、彼は作詞作曲に挑戦するらしいです。冬の恋心を表現したいらしく、今は本番に向けて、磨きをかけていってる状況です。できあがりが楽しみですよ・・・
    (ボソッと) まぁ、きっとたいしたことないんですけど

上田: おい!

中丸: ウソだよ、ウソウソ!
     でもマジで、自分で曲が作れるっていうのは、すごいことだと思うよ。まだ、デモっぽいのしか聞いてないけど、本番を見るのがオレもたのしみだもん

上田: ありがと(ハート)


うむー。
ロバ丸さんたちの世界が出来上がりすぎていて、入り込めない・・。
楽しすぎです、ロバ丸おにいちゃんたち(笑)













さらさらストレートのはちみつ色、竜ビジュ亀梨くん。髪の毛の隙間からのぞく耳先が可愛いです。
隼人ビジュ仁くん、眉毛を薄く茶色に脱色されているので、儚げな隼人になってるの。
儚げな隼人って一体・・。

2008.09.15 *Mon*

cartoon KAT-TUN 75

エスカレータ上りにて。デリシャスな腰つき。エクセレ~ントv

817

●109をジャック with パトリシア・フィールド


亀: May be・・

a littleな指つき。
パトリシア氏に、果敢にEnglishを繰り出す亀梨くんが、こそばゆいです~。
なんだか、もにょもにょしてしまう。
でも、通訳前にパトリシア氏の言葉にリアクションとられたりして。
んん・・? 英語のおべんきょしてらっしゃる・・?

誰かさんと、とか・・?

もにょもにょ。


さてさて。パトリシア氏のパワフリャーさすごかったですね。
スーパーモデル(仮)のおふたりのかしましさ併せても太刀打ちできない熟成されたパワフルさ。

パト氏のマイクを持ってまわる亀梨くんが、バッファローにリードをつけてお散歩させている子うさぎのようでした。

818


下っぱかめなちくん再び。
パト氏専属AD亀梨くんは、働き者。

P氏: わたしが着てる服はどう?
亀:  Sexy~!

お~!そしてそして、とても気も利く下っぱです。


「むっちゃかわいい~」 「ね」

ね、って。
女子にまじってのお買い物に溶け込んでいる亀梨くんが可笑しい(笑)
下着売り場だって入れちゃうZe。

亀: わーお! すげぇ! せくしー!

むー。声だけのじらしプレイ哉。
Noベージュな下着に囲まれている亀梨くんが見たいぞ。
「むっちゃかわいい~」 「ね」の会話とか聞きたいぞ~。


ムラサキブーティにOKが出て、スタンディング親指な亀梨くんの得意げなお顔がわるなちくん風味でたまりません。ラブv

スーパーモデル(仮)をコーディネイト。

亀: ブラ上? ブラ上? ブラ上?
3回言う亀梨くん。
亀: 大沢さん、結構アレですよ
アレってドレですか。つか、そこ胸をもみもみしないように(笑)

直後、なぜかけつをチェックされる亀梨くん。

てんてんてーん♪(@火サス仁ver.)

パトリシア氏の亀梨くんけつチャック何故!?

キャリー&サマンサ風コーディネート、ファンタスティックだな~。
アキバにこんなゲームキャラクタコスプレした人がいそうな感じですが(失礼)、モデル亀梨くん編も見たかったです~。
キュート&セクシーチラリズムでよろぴくお願いします。

Girl Talk。
亀梨くんを交えての3人トークにつけられているナレーション、“ガールズトーク”。
アカネのメール作戦~。まめまめにメールを送り続けたあと、放置。

亀: わーやだそれ > <

わはは。違和感ないな~。
男の子思考じゃなく、女の子思考になっちゃってる(笑)



ついでに、9月12日のKBK。
メールの一文の「和也さんは・・?」というくだりにて、そのメールを読みながら「和也さん、ふふ」って照れ笑いしてたの。
そ・こ・で。仁くんへご提案なり~。
ここ一発勝負呼びが必要なとき、“さん”付けノススメ。

「和也さん」

その際は、

低めのささやき声で甘く耳元に、
または、棒立ちでちょ~棒読み、

は、いかがでしょうか。にゃは。

2008.09.11 *Thu*

2004.9 POTATO

●KAT-TUNのオレに言わせろ!31 8月のお題“ 怖~い話”

仁: お化けは、見たこともないし、ホント苦手なんだよ。お化け屋敷もダメ!怖い話とか聞いた後にひとりで帰ると、途中で怖くなって走って家に帰るからね

中丸: オレも幽霊は見たことないけど、怖いのはイヤだよね~。だから怖い番組とかCMとか絶対に目をそらすもん。ここ数年、怖い番組とかをまともに見たことがない。だって間違えて見ちゃったら、2週間くらい怖いからね


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

亀: オレの怖い話聞く?
   (怖い話過ぎてカット)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

仁: オレはそういうお化けとかよりも虫が怖い(笑)
   毛虫とか最悪。ムカデも無理。蜂も無理。ハエも蚊もダメ。
   でも、最近、怖く感じるのがモンシロ蝶(笑) 
   ね、ね、中丸、モンシロ蝶って怖くない?

中丸: 怖くないよ(笑)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

亀: みんな、肝試しとかやったことある?

仁: オレは肝試しなんて、絶対にやらない!
   だって肝を試す必要なんてないもん!それにお化け屋敷も二度と入らない!
   この間、ジミーに無理やり入らされて、めちゃめちゃ怖かったもん

亀: 確かにお化け屋敷はイヤだよね。
   昔、オレはジェットコースターに乗れなくて、お化け屋敷も入れなかった

聖: 20歳になったんだから、赤西も記念に肝を試しに行こうよ。都内でお化けが出る有名なトンネルに。

仁: 絶対に行かない! 
   もし行ったとしてもオレ、途中の非常口から逃げ出してやる(笑)



ここは、やはり、KAT-TUN参上で、ばかばかばか・・って逃げ出したへたれ仁くんを思い出します~。
お化けへの拒否っぷりが、番長(笑)
亀梨くんの「~聞く?」な言い方が生意気な末っ子っぽくていいのです。
聞いてあげないとスネて大変そうな手のかかる末っ子くん。
中丸くん、自分の身を守るために譲れない線があるのは変わらず。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

お化け屋敷をプロデュースするなら?

亀: 1mごとにお化けが出てくるお化け屋敷はどうだろう。うわっ、うわっ、うわって。しかも全員同じ人。お化け役は、経費がかかるから学生バイトにして(笑)
でも最後に、僕がお化けに変装して、優しく「わっ」って脅かすの。

仁: 血のりとか全くなしで、中も電気がついてるような明るいお化け屋敷を作る。
   で、何かお化けもセクシーな超美人ばっかりなの。お客さんは、スーパーの買い物でカートに乗って、店員に押してもらって、猛ダッシュで中を回るだけ(笑)


お化けの人件費を気にする亀梨くんと、わきあいあいフレンドリーなお化けのいない屋敷をプロデュースしちゃってる仁くんが可笑しい。


●One fine day

仁: 7月4日で20歳になるんだけど(取材は誕生日前日でした)、超うれしいんだよね。
   別に20歳になったからって、「こう生きるぞ!」みたいのはないけど、今までと変わらず成り行きで生きていくよ(笑)
今年の夏はとにかく英語を覚えたいと思ってるんだ。今以上に英語がしゃべれるようになれば、言葉が違う人との交流も持てるし、いろんな人との出会いもあるでしょ。この夏が勝負だと思って、英語を勉強する!

亀: 赤西くん、誕生日おめでとうございます!  
   (赤西に聞こえないような小声で)今日の0時を過ぎたら、誕生日メールを送ろうと思ってるんだ。


英語については、仁くんのひたむきさがストレートにあらわれてるところなんだな。
0時の段階で送ろうと携帯を握り締めているロマンチストかめなちくんが目に浮かぶようです。
くふくふ。


●ザ少年倶楽部収録

ビニール質感のレモン色ブルーのアクセント衣装のKAT-TUN。
Jr.は~いスクールMCで白衣に黒ぶち眼鏡で先生キャラになっている亀梨くんが可愛い。

リハーサルの合間にはどこからか赤西の歌う声が・・

仁くんの歌声が好きなのは、こういうところに繋がっているんだなと思います。
自分の欲するままに、そこら中メロディであふれさせてしまうところ。
無防備な仁くんの歌声、聴いてみたいなぁ。


●SUMMARY記者発表
wu5

4年とちょっと前。
みんな若い~細い~(笑)

昔のフォトを見ると、大人になられたところと変わらないところとあって、楽しいです。
仁くんと亀梨くんの立ちポーズの脚のカタチ、変わらないですね。ふふ。

2008.09.09 *Tue*

HEY×3 蔵出し未公開トーク

耕作かめなちくん。
黒髪短髪懐かしい。 
1ポンドDVDBOXのメイキングをリピリピしているところですが、懐かしい~。
色白、見せたがり♪の腕ぱつぱつ。

平泉氏のものまねをして自ら撃沈。
うなだれる亀梨くんの天使の輪っか付きつむじが可愛いかったです。

816

HEY×3 蔵出し未公開トーク 08.02.04 O.A

平泉氏ものまねの後、くしゃくしゃになって笑う亀梨くんは何回見ても、可愛い~v

亀: お疲れさまって、終わりました
あは。状況説明しちゃうところも可愛いな。

亀: もう1個!

ふたたび撃沈することが目に見えていても、この時のやる気満々のお顔(笑)
「俺がやりたい」
やりたいかめなちくんを止められる者なし。燃え上がれ本能。

亀: タ○○ヨォぷひょっ

堂々とネタを披露された後、間髪入れず照れ笑い。目を線にして大笑い。
表情くるくるくるん、可愛すぎです~。

聖: これだけ似てるんです
仁: それじゃダメなんですよ

ダウンタウンさんたちに突っ込まれると、やりたがりな末っ子のフォローのまわるおにいちゃんたちが楽しい。
ふふ。

ものまねの元はわかったのですが、ほとんどTVを見ないので、伏字の意味がわからず。
後に、微妙なネタだったことがわかりましたけども。
そんなわけで、どこらへんがメジャーなのかマイナーなのかがいまいちわからないのですが、亀梨くんのものまねネタのラインも微妙(それともマイナ寄り?)で可笑しいのです。

2008.09.08 *Mon*

cartoon KAT-TUN 74

仁:大丈夫かなぁ・・

  挑戦!

迷っている自分を吹っ切るかのように奮い立たせるかのように、「挑戦!」って言う仁くんの表情と声が好きです。
プレゼント選びから、ルミノドットで富士山を描いているシーンがすごくいい~。
表情も仕草も・・誰かを想って一生懸命な仁くんが素朴なの。

唇をかみ締めたり、指でなぞってみたり。
プレゼント選びに迷う仁くんの瞳の幼げなところに・・きゅん。
最近、おともだちへのお渡し用に、裸少やスタジオ時代の少クラ(仁16~17歳)をダビングしながら見ていたのだけど、感情が揺れるときの表情ってちっとも変わらないんだな。
眉毛下がってしまうところとか・・。

仁: 日本の感じを出さないと意味ないな、と思って

じーん。
仁くんの意識が“日本”にあると思って嬉しかったところ。
富嶽三十六景的ファンタスティック(@ジュディ評)な赤富士、縁起も良しでござる。

ほいで、作業開始から8時間後。真夜中1時半。
814

Tシャツの襟首が、片方だけよれれ・・ってずり落ちているところも大好き!(笑)
なんでかなぁ、丸首Tシャツのとき、いつも片方ずり落ちてしまうことが多いみたいなの。
首をぽしぽし掻いているうちに、よれれ・・ってなっちゃうのかなぁ。


cartoon KAT-TUN 74 今夜はハリウッドスターSP

●ウィル・スミスとパワー対決

や~すごいすごい。ハンコックパワフリャー。
ウィル氏と並ぶとガタイのいい田口くんや仁くんでさえちっこく見えます。
サービス精神にあふれとフレンドリーにハイテンション、ハリウッドスターって素晴らしい~(笑)
ウィル氏は、山寺宏一氏の吹き替えの声が羽鳥には沁みこんでいるからご本人の声なのが変な感じ。

番傘プレゼントで踊るウィル氏の横で、仁くんが足首を外向きに、こてん・・ってこねてるの。
これこれ、亀梨くんがよく同じことしてる。
仁亀仲良しスペシャル~。
ふたり並んで、足首こてんなところが見たいなりv

ウィル氏 V.S. 仁、踏ん張る仁くんの髪の毛もふもふ~モップみたい。
埃がよくからまり取れそうです。



●赤西仁×ジュディ・フォスター 通訳なし!2人きりデート

仁: 当ててみ?
中丸: うんこ

わははは。
平均23.7歳男子の会話やこれ如何に。平和だな。

仁: 無駄な時間過ごしたかなぁ
中丸: うまっ!

はは。平和だ。
つか、仁くん、「なかむらくん」って呼んでないか(笑)


当日。
フロックコート、ブラックタイで正装仁くん。

格好いい・・!

フォーマルをばっちりキメる男赤西仁。素敵v
ふわくるの髪の毛と眼鏡がCool Manに見えます(笑)

仁: も~・・やだ

待っている時間って、緊張を増幅するよね。
緊張しすぎて、笑い出してしまう仁くんが可笑しい。壊れ笑い。

英語を話す仁くんの、言葉と連動するジェスチャがアメリカ~ン。
肩ぴくぴく、眉毛ぴくぴく、口角ぴくぴく。
815

普段、ぼそぼそっ・・と話されるところがあるから、Englishに必要な抑揚つけて話される仁くんが余計に珍しく見えてしまう。

ジュディ氏: 冗談でしょ? 信じられない! 見て!

さすがハリウッドスターは、前フリも上手い。
ひざ上のメモをちらちら見ている仁くん、質問内容は自分で考えられたのかなぁ。
メモ紙が汗で、しとしとになってそう。

仁: 次、ハリウッドの方が来たら、カメラ回ってないとこで話したいですね

お仕事でなければ会えないのでは・・と突っ込みそうになりましたが、近くにプラベでジョニー・デップ氏と会っていた人がいたわ・・。
暴走かめなちくんモードで、ジョニー氏との逢瀬マシンガントークくらわされちゃったのでは。
1~2回どころか、何回も言われるから、ふんふん聞き流していて「聞けよ!」ってキレられちゃったりとか。
ないかな~(笑)

仁くんもマシ・オカ氏からお誘いを受けてロスに行ったというお話をしてありましたね。
そういえば、仁くんの話に“映画”が出てくるようになったのはいつからだろう。
映画のこともあって留学先がロスだったのか、ロスで英語の勉強をしているうちに映画に興味をもたれたのか・・。はてさて。

仁: いつか自分の映画を撮りたいと思っているんです

役者としてなのか、製作に携わってみたいということなのか、ちょっとわからなかったけど、マシ・オカ氏といろいろ話されたんだろうかと想像してみたり。
何はともあれ、仁くんから、未来への野望が聞けるとわくわくします。

フロックコートでのキメ立ち姿を見たかったなりよ。


2008.09.04 *Thu*

Happy Birthday なかまるくん

かてぇこと言うなよ~

(個人的に流行しているつぶやき語)


にょきにょき 
はとりかのです


お誕生日のお祝いの気持ちをこめて、なかまるのページをまねっこしてみました。
ということで。

中丸くん、25歳のお誕生日おめでとうございます。

nakamaru2

観に来てくれた方には自分がどんな人間かさらに理解してもらったんじゃないかなと思ってるんです (カツマニュ中丸くん)

えと・・2.3巡ってみた中丸くんの楽しい時間レポで、一様にあった感想が、”S”と”ブラック”だったんですけれど。ははは。

3年程前、主役のタイプではないけれど、キーパーソンとなる脇役を演じたいと言っていた中丸くん。
KAT-TUNの中にいるときも、どこか自分の立ち位置を脇役に置いていた中丸くんが、いまや中丸君の楽しい時間の主役“中丸雄一”です。
河太郎はキーパーソンキャラだったし、中丸くんだからこそ生まれた”キー”がそこにはあったなぁと思います。
脇役だからこそ持つことができるアクの強さみたいなキーを持って、主役も演じられるなんてすごいですよ。
喜劇人中丸くんに会いたかったな~。

学問の道を志し、ひとり舞台を成し遂げられ、強い信念とプライドを見た24歳の中丸くん。
世界に通じるボイパ技も磨かれて。
これから、ますます個人“中丸雄一”が深まっていかれるんだろうな。
格好いい中丸くんにきゅんとさせられそうです。
ほいで、へたれな長男Nででもきゅんとさせてくだぱい。

素敵なことがたくさんある25歳でありますように。

2008.09.03 *Wed*

おうちそざい Part3 ~仁くん

ベストジーニスト亀梨くん、破けたジーンズから覗くひざこうぞうさんにもどきどき。
亀梨くんのひざこぞうさん、大好きv
チラリズムひざこぞうさん、イェ~!

ベストギンガムチェックネルシャツ腰まき~ニストとか、
ベストアーガイルニストとかもあると楽しいのにな~。
ベストスカルゴムニストがあれば、亀梨くん2冠を手にできそう。

いろんなものに“ニスト”をくっつけて、ベスト~ニストひとり祭りしてました。


さて、KAT-TUNのAを待ちうけに加工してみました。
隼人のころの仁くん。少クラの白衣装好きだったな。

おうちそざいは、3回くらいでおしまいのつもりでしたが、待ちうけに加工するのがちょっと楽しくなってきたので、忘れたころに細々な感じで続けてみたいと思います~。
フォトショの素材ブラシをたくさんDLしたので、いま使いたがりなの。えへ。




<終了しました。もらってくださったみなさまへ、ありがとうございました~v>

おうちそざい DL配布期間 ~9月3日 23:00まで


“KAT-TUNのA ”携帯待ちうけ =size 240*320=

jin4m1

画像をクリックしてください。 別窓が開きます。

”名前をつけて画像を保存” してください。


~禁止事項~

・Web上でのご利用 (Web素材ではありません)

・再配布

・画像の加工


Please click an image .The other screen opens.
Please download and save the images on your computer to use.
It is prohibited to use in homepages.
The prohibition of the redistribution.
You must not change color and size.
category : 日々是好日

2008.09.01 *Mon*

V3! ベストジーニスト 亀梨和也

ベストジーニストおめでとうございます! 

くるくる髪の毛、さぱっとCutされちゃいましたね。前髪はちょっと長め。
小麦色の肌、首から胸元あたりがガチッとたくましい。
ライブを終えて、ちょっと遅めの、夏の男の子を楽しんであるのかな。

ストーンズの黒T(袖くるくるv)、ダメージジーンズ・・シンプルシンプル。

“亀梨和也”の素材で勝負!

格好いいv
スネっぽいおみ足アピールの半パン姿も見たかったかも(笑)

亀: 殿堂入りに相応しいように自分を位置づけられるよう頑張っていきます

ふふ。いいなぁ。
謙虚だけれど、しっかり前を見据えている力強い言葉。
こういう亀梨くんを見ているだけで、元気になります。
活力(エネルギー)いっぱい~。

夕刻のNEWSで少し見ただけですが、なかなかに落ち着いておられたような。
ミリタリー風でキメてミタリー、なんて言ってすべっていた亀梨くんも好きなんだけどな~(笑)


kame44
 ↑
8月に、さちさんが主催されたひと恋オフ会用に描かせてもらった弘人くん。
参加された方のなかには、この弘人withイガイガくん待ちうけVre.をDLしていただいた方もいらっしゃったとのこと、どうもありがとうございました。


さてさて、ついでに。
SelfishKANも、いつの間にやらご訪問100万Hitでした~。
個人的感想とらくがきしかないブログではありますが、遊びに来てくださってありがとうございます。
ぺこ。

深秋あたりかと思っていたのですが、コンレポ関係で一時的に一見さんが増えたからかな。
ライブ中で9のゾロ目キリ番が何もできずに流れちゃったから、キリの良さそうな数字が出そうなときにでも何か・・ちょびっつイベントをしてみたいです。


KAT-TUNが好きである。
KAT-TUNが出ているTV、雑誌などを見て同じ情報を共有している。
KAT-TUNブログという小さなテリトリーを作っている。

わたしの拙い文章でも、どうにか気持ちが伝わっているのは、この下地があるからですが、少しでも認識が違えば、それは通じがたくなります。
すれ違ったり、誤解されたり・・。
でも、自分の伝えたいことを的確に記せる術は無く。
ブログ(ネット)のシステム上、少しずつ話あって歩み寄ったり、違う意見を認め合ったりすることは難しいこと故、スルーして終わるだけなので。

「つぼが同じです~」なんて、メッセージをいただけたときは、いっしょに楽しんでもらえた~ってすごく嬉しくなります。


他人の良し悪しを判断しない、いい面だけを見る、というのは無責任なようだが、むしろ、距離のあるもの同士だからこそ、許される特権だ。
親子や恋人だったら、とてもそんなことはできない。責任があるから、判断したり、干渉や介入をしたり、悪い面だって引き受けなければいけない。
(中略)通りすがりに花を渡すような気持ちで、自分をとりまく人間環境に、距離があるからこそ、自由になって、何か良い気持ちを送りあえたらいいと私は思う。


親密な人たち(白)、アカの他人(黒)、その間=グレーゾーンの人たちとの付き合いについて述べられた山田ズーニー氏の論文の一部です。

これは、ブログを通じて関係することにもあてはまるものがあるんじゃないかなぁと、ブログをはじめて3年目の羽鳥は思いました。

性別、年齢、取り巻いている環境なんかわからないけど、KAT-TUN大好きってココロで通じ合えて楽しめる。
あたたかい気持ちを送りあうのに、ブログというものは適しているツールなんじゃないかなぁ・・って。
ブロガー同士、ブロガーとメッセンジャー、たとえば、こんな風に。
亀梨くんのベストジーニスト受賞おめでとうって、伝えられる場所を持っていることとか。


うむむ。
お祝いとお礼のつもりが、うっかりとしみじみしんみりになってしまいました。

がんばっていることが、ときどきはこうしてカタチになるっていいですね。
V3おめでとうです。ピース!

09
2
5
6
7
10
12
13
14
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2008年09月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。