This Archive : 2008年11月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.30 *Sun*

ガリレオとコードブルーと神の雫

わぉ!
神々しい。

福山氏のラジオで、カラオケエピがあって楽しかったです。
福山氏、山下くん、亀梨くんとスタッフ。
4人パーティだったんだ・・すごいなぁ。
それは、じぃっくり語り合えるわ。
じぃっくりエロ話しできるわ(笑)
ま、福山氏といっしょでエロネタがないわけないか。あはは。

メンバーたちが今なにをしているのか、プラベでなにをしているのか。
ちょこちょこ見せてくれるのも楽しいな~。
ナツになってるんだなぁとか、ロープ訓練してるんだなぁとか、いい男と飲みに行ってる交遊録とか聞こえてくると、なんだかわくわくしちゃうですね。
わくわく。

おともだちDさん(ラブv)から、じんかめらぶらぶ情報もたっくさん届くこの頃。
うふうふ。

ラジオは、弘人を描きながら聞いていて、録音忘れちゃったけど、涼華さん家に詳しくレポがあがっていて嬉しかったです。
涼華さんラブv
 

どういう立場のスタッフさんかわからないけど、山下くんと亀梨くんを福山氏をそれぞれ知っていて、この3人を会わせてみたいと思われたというところだけでも、なんだかもうドキドキしてしまうわけです。

才能ある人同士を繋げたい、ぶつけてみたい。

スタッフにそんな欲求いだかせる、価値を認められてると思えるところ。
しかし、福山氏のエロを伝授させたい、だったりして・・。
福山氏=エロネタのイメージが強すぎる(笑)

マンピーではなく、最愛を歌った福山氏。
それは、よかった。
「最愛・・きたぁ・・」と言ってた亀梨くんの目、思い出し感動でキラキラしてましたよ~。

山下くんも亀梨くんもお酒強いらしい。
亀梨くんの場合、マッチ氏や中丸くんたちから、からみ酒エピばかり聞こえてきてましたが、今回は違った模様(笑)

福山氏が出られるまでドアのところで待ってたり、椅子をのけて通りやすくしたり、
乾杯のタイミングを見計らったり、一番箸しないところ。

ちゃんと見てるんだな~。
そういうのにちゃんと気が付いている福山氏が素敵v。
ジャニーズってジャズーズのなかでまず鍛われているのもわかりますね。


先日、糸井氏のコラムのなかで、奥さん(樋口氏)が若い女優さんたちを素直にリスペクトしているっていう話題があったのです。
自分の地位・名誉だけを大切にしてる上司ってどこにでもいると思う。
誰だよこんなヤツを出世させたのは、っていいたくなる人。
そういう括りがなく、年下の人に、がんばってる、礼儀正しいって、尊敬できる大人の人っていいなぁって思ったの。

福山氏の目を通して見えた、山下くん亀梨くんも素敵でした。
にこにこ。
スポンサーサイト

2008.11.30 *Sun*

2002.4 Duet

亀: 真ん中にロープがあるんでしょ?
   大変なことになるじゃん

聖: 寄せろ!寄せろ!

中丸: 隊員さんからも、・・

亀: ちなみにどっち?

中丸: ひだり


28日ミニステをYou Tubeでチェックしてきました~。

弟たちにまんまとのせられて、生放送で、思わず「ひだり」と答えてしまう中丸くん。
ひだりですか、中丸くん。
う~む。あまりにも情報がナマナマしすぎて。
ロープの訓練シーンがある度に、「あ・・今ひだり寄りか」なんて思ってしまいそうです///
左寄せのダンディ。


2002.4 Duet 湯けむり“秘”温泉合宿

湯けむりギリギリKAT-TUN。
仁くんタオル透けすぎ~。
春先の亀梨くんは、色白で、温泉であったまった肌はほんのり桜色に染まってそう。
d5
↑中丸くん、ひだり寄り中・・?


温泉であったまらなくとも、はしゃいで体温あがってそうな6人。
竜也さんと中丸くんの高校卒業祝いの温泉合宿。

浴衣でたわむれる人たち。
温泉宿の白地に紺色の幾何学模様の浴衣、栗皮色の半纏は地味ながらも、胸元足元ちらちらチラリズムなところがいいのです。
着崩れさいこ~。

貸切状態なのをいいことに露天風呂ではしゃぐちょがきな6人。

「さすがに晩い時間だから、オレたち以外誰もいないね~」
亀梨がニヤリ笑うと、バシャバシャ泳ぎ始める。
「カメ、ほ~らっ!」
水中から顔を出した亀梨に、冷水を浴びせる赤西。
「ちべてぇぇ~」

「(竜也さん、修学旅行の思い出話しに続けて)今日もKAT-TUNみんなで泊まってるじゃん。これもすごく修学旅行っぽくて、オレ、好きだなぁ」
顔を見合わせ、ウンウンとうなずく6人。
そして、亀梨。
「ま、高校には卒業があるけど、オレらはKAT-TUNとして、学校の友達よりもずっと長いつき合いになると思うんで、みんなよろしくっ!
オレたちの関係に卒業、つまり別れって言葉はなしにしような」


照れくさい言葉もストレートに伝える少年亀梨くん。

仁: 寝ないでしゃべるのって、楽しいよな。ストレス発散になる

なにをそんなに夜通し話してたのかなぁ。
女の子のことを意識する年頃でも、男の子同士でつるむ気楽さがちょ~楽しそうなの。
にこにこ笑顔のフォトが、ほんとに修学旅行のスナップショットみたい。

何年経っても6人集まるとミニステみたいにがちゃがちゃしているところがいいよね。
それにしても、中丸くん。
ひだり寄せですか・・。



2008.11.28 *Fri*

2008.11.28 Mステ ~White X'mas

中丸くん凛々しい・・

眉毛きりり。 おでこキラリ。
すてきv

レスキュー隊員だものね・・きりっと短髪が格好いいです、中丸くん。
なんだか不器用さがアップしたみたい。
中丸くんも役者なんだなぁ。どんな大地を描かれているのかなぁ。
早く大地くんに会いたくなりました。
あ・・、

リアルバート・・!

と思わず叫んでしまったことはヒミツです。えへ。

アーニーとバート(@セサミストリート)
ex4


2008.11.28 Mステ ~White X'mas

亀梨くんも髪の毛すっきりCUT。
ふわふわくるくる、エアインチョコな髪の毛がかわいい~v
甘い香りがしてそう
誘われてそう。←誰が。

髪の毛の透き間から、ピアスがキラッと光るところも好きだな。
ドラマの番宣時期にはいってアイドルスイッチオンな亀梨くん。
キラキラキラ。

1ポンド耕作とドリボカズヤの後、ニュートラルなところにいて、いろいろな方向にチェンジする亀梨くんも良かったけれど。
放電しそうなくらいお仕事電流が流れている亀梨くんもいいな~。
亀梨くんの不思議に思うところのひとつなのですが、忙しくて寝る間もないだろうってくらいのほうがビジュがあがられるんですよね。
結局、仕事人だよな・・と思うところ。


福山雅治氏とカラオケエピ。
山下くんと青春アミーゴしたかな。
桑田氏に電話のところで、膝をぴっと揃えてかしこまっているところが可愛かったです。
はいっ!はいっ!って相槌うっている、瞬きぱちぱちの表情が、緊張再現。
電話だけでもいい刺激を受けそうだなぁ。

亀: 帰りふたりで・・歩きながら散歩して帰って
   星、きれいだねぇ・・とかいう感じで

亀梨くん、年上のいい男コンプレックスなところありますが、福山氏なんてどストライクっぽい気が・・。
憧れのオーラぴしぱし飛ばしてそう(笑)

ほいで、仁くんのちらりショット。
瞳を閉じて、おちょぼ口。
わはは。
仁くんの、飄としたおちょぼ口がつぼにはまってリピリピ。
うっすらおひげさんでしたが、お肌つやつや。
調子がよさそうでよかった。

White X'mas。
曲につき1衣装のKAT-TUNさんたちでしたが、今回は複数パターンあるのかな。
先週の私服っぽい衣装は、等身大のクリスマスストーリー仕立てでしたが、白衣装をまとわれると、心のなかにある思い出を取り出してみている感じ。

仁くんのキャメルブラウン色、亀梨くんのクリームブラウン色のブーツの優しい色合いの組み合わせもいいな。
仁亀がふたり並んだときのシンメの雰囲気も。

今週の眼鏡当番は、仁くんなりか・・。
雪の結晶みたいに儚くとけてしまいそうな思い出のなかで、仁くんの眼鏡がやけに現実的。

仁: 俺、眼鏡かけよう
亀: それ、俺先週やったから
仁: そう? じゃ、俺眼鏡かけよう


ってことはないか・・。
眼鏡キャラクタでいくなら、雫の義兄(←眼鏡かけてる)はいかがなり?
にゃは。

♪銀色 きらめく街

亀梨くん、指を重ねあわせてマイクを両手で持ってるの。ここ好き。


ひな壇。
上着を脱いじゃってる亀梨くん、二の腕ラブv
曲フリパフォーマンスで聖といっしょに、ヘン顔。
白目むくのはやめてくだぱい~(笑)


来週もKAT-TUNに会えるなんて、すごく贅沢してるみたいだ。
どんなクリスマスストーリーがつむがれるのかな。 

2008.11.26 *Wed*

じんかめ☆おにいさん

さて、KAT-TUN祭りの途中ですが、じんかめパスティーシュプレゼンをお送りいたします。

「聖☆おにいさん」@中村 光
目覚めた人ブッダ、神の子・イエス。世紀末を無事に越えた2人は、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごしていた。
近所のおばさんのように細かいお金を気にするブッダ。衝動買いが多いイエス。
そんな最聖コンビの立川デイズ。


ブッダ=亀梨くん

イエス=仁くん

ふたりのぬくぬくバカンス6畳一間同居ライフ・・はいかがなり~?

834

徳が高いことを言うと後光が差す、仏スマイルを放つとみんなをめろめろ化してしまうブッダかめなしくん。
シルクスクリーンでTシャツを作るのが趣味。
ふたりが着ているロゴ入りTシャツの3割はブッダかめなしくんのお手製。
ロゴは、シッダールタ、ほけきょう、ミレニアム、13などいたってシンプル。
金銭に細かい。

ブッダ亀: 100円玉が返ってこないロッカーだった、これ・・
イエス仁: ・・かめはこういうことびっくりするくらい落ち込むよね!


イエスが無駄遣いをするとピカーッと光って怒る。

イエス仁: 怒ったかめの敬語超怖いよなぁ・・(ぷるぷる)

四コマ漫画を描くのが好き。
イエス仁のわがままに振り回されるが、結局上手く丸め込まれてる苦労症。


1日1万HITを誇る人気ブロガーイエス仁。
コスプレが好き。
ときどき、我思うがままの買い物をして、ブッダ亀にこんこんとお説教される。
が、ブッダ亀のご機嫌とりを心得ているため回避率が高いかもしれない。

お笑いが好きでネタ帳を常に携帯している。

イエス仁: いつかかめとのコンビで発表したいと思ってたんだよ
ブッダ亀: (ひー!)そんな前から私のことをそんな目で!?


コンビ名は、「パンチとロン毛」。

カナヅチで泳げないイエス仁。

ブッダ亀: 布教時代とかも泳ぐことなくやってこれたの?
イエス仁: あぁ・・沈みかけた舟を助けに行かなきゃな時もあったけど
       気合で5km湖面を歩いたからね・・


後ろ向きがなせる技の奇跡。
本人の後ろ向きさとは関係なく、伝説となる。

自分がしたいことを言い出せなくてもじもじしてしまうこともあるけれど、イエス仁のわがままをわがまま言いなれていないブッダかめなしくんは楽しんでいる模様。
お互いの足りないところを上手く補い合っているナイスコンビ。


この作品が、もし実写化するとしたら、仁亀のおふたりではちょいと渋さが足りませんが、同居設定が楽しそうということで。うふうふ。

ちなみにコンビもので一番好きな漫画は、「今日から俺は!」です~。
三橋くんと伊藤ちゃん。←学ランv
三橋=亀梨くん、伊藤=仁くん・・・。
うむ~・・これはキャラクタ的にムリがあるなりか。

やはり、仁亀には古本屋と探偵コンビかな。
category : 日々是好日

2008.11.26 *Wed*

止められるか俺らを

KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES DVD発売決定 <2009・1・1>

ひゃっほ~!

「愛のコマンド」「SIX SENSES」マルチアングル収録!

ヤッター!


SIX SENSESのマルチアングルうれしい。じーん。
軽快に大地を蹴飛ばすステップから、SIX SENSESのイントロが流れる瞬間大好きなんだ~。
さわぐさわぐ。じっとしてられない。

KAT-TUNの好きをリズムに変換したら、SIX SENSES!


頭の中で、SIX SENSESが鳴りはじめるときがあって、じっとしていられなくて足の親指だけでリズムとってたりする。

♪One time 手ぇあげろ

天高く人差し指を突き上げるのだ。ココロのなかで。


亀梨くんのティアドロ、肩先落ちそうなTシャツ、
仁くんのアースシェイクステップ、肘までめくったスタジャン、
中丸くんのキラキラアーガイル、生まれたての小鹿バンビステップ、

マルチアングルで思いっきりじろじろできるんだ。ヤッター!

センターステから、バクステへむかう6人の姿もいいのです。
俯いて髪の毛を揺らしている亀梨くん、
ぺったんこなスニーカーでぺたぺた歩いている仁くん。
目深に被ったキャップから飛び出ている結わいた後ろ髪、顎から耳にかけてのフェイスラインも見逃せない。

大きくステップ踏みながら大きく腕をぐるんと1回転させるとき聖と見つめあいながらくふくふ笑ってる亀梨くんも思いっきり見たいな~。
あとあと、中丸くんのちらちら揺れる腰巻(笑)

じっ・・として待ってられないZE。じたばた。


ほいで、毎度おなじみ特典希望。
メンバーがメンバーのソロにスペシャルゲストしまくった回。
地方オーラスに当った福岡マリンメッセのソロ収録をお願いします~。ぺこ。

2008.11.25 *Tue*

ちょがきなかめなちを召し上がれ♪

kame51

ちょがきなかめなちを召し上がれ♪

↑このフレーズを使いたいがためだけのらくがきにはりきってしまった・・。
てへ。
ナツ、雫、大地くんもはやく描きたいなぁ。
category : 日々是好日

2008.11.21 *Fri*

2008.11.21 Mステ ~White X'mas

仁: ヤンクミー!


は・・隼人ーーーっ!

まさかの隼人仁。しかも生。
うるうる。
X’mas頃の撮影なら、まだ隼人は「ヤンクミ!」って呼んでないはずなんですが、「くわーっ!」って、懐かしそうに隼人の表情をしていた仁くんがうれしかったです。
仁くんも、もう隼人を懐かしく思うようになられたんだなぁ。

他局の話なので、さらりとスルーされてしまいましたが。
ごくせん放送当時に、テレ朝日テレコラボが実現して、KAT-TUNが3Dの教室で、“GOLD~絆”を歌ったMステは、今もリピリピが止まらない映像。
“ちょ~リピリピ”DVD編集のなかにはいってるのです。はは。


2008.11.21 Mステ ~White X'mas

・OP

中丸くん、黒髪だ。
北島大地だ~。
黒髪の中丸くん、きりりシャープ。
大地ってどんなヤツなんだろう。頑固者・・いや、意志が固そうに見えます。
素敵v

亀梨くんに言われたらしい筋肉具合は感じませんでしたが、着替えの時のエピということで、きっと
脱がれたらすごいのでしょう。
ふふ。
そういえば、「筋肉ついたねぇ」なんて言われながら、さわさわ触られませんでしたか。
このところをぜひ詳しく中丸ページでレポートしてくだぱい。
ふふふ。

こちらは、脱いだら確実にすごい筋肉の持ち主竜也さん。
かわい~v フェミニン。
竜也さん、女の子だ///

聖の髪の毛のくだり。
あたらし~あたらし~言いながら、仁くん亀梨くん、ふたりの視線がバチコーンぶつかって、あはあは笑うお互いを見て、またあはあは。
つぼが同じなんだな、きみたち(笑)

仁くん、ちょっと肌荒れ気味みたい。目元にお疲れの様子もうかんでいて。
それだけナツにエネルギーを注いであるのでしょう。
赤西仁と高杉ナツ、今は、ふたり分のエネルギーが要るものね。


・White X'mas

蒼い光のなか。白い雪のなか。
6人の歌声がきれいに重なる。

KAT-TUNって、ひとりずつレコーディングしてMixingされたCDよりも、お互いの声を聞きながら歌う生歌のほうがきれいに歌声が重なるんですよね。
亀梨くん、眼鏡をかけられたままだったので、照明がレンズに反射しているのが残念なり。

曲のおわり、消え行くピアノの音のなか。
6人横並びに佇む姿が、なんだか切なくて。
この切なさはなんだろ。

最後くるん・・とひとり後ろ向くところが亀梨くんらしい。
ほいで、仁くん。
そのアイ~ンポーズはなにですか(笑)


・槇原氏とサーフィントーク

“てっぺんまでもうすぐ”という曲が好きです、槇原氏。

亀: 天下とった感じですよね
   ヤッター!って

あれ? 槇原氏って亀梨くんと同じノリなりか?
意気投合してる~(笑)
波を征服した感じってことなのかなぁ、サーフィン。


CM入りの亀梨くん、カメラ目線で2回、眉間に力を入れたお顔。
槇原氏の顔真似してるのかと思った~。はは。
ふっ・・な照れ笑いが可愛いv

832

曲振りのときの仁くん、竹内アナウンサの影から、ひょ~こ~と顔を覗かせるとこが可愛いv
833

2回目のひょ~こ~は、仁亀シンメトリの曲紹介アクション。
あ、聖もいましたね。すまん(笑)

強張ったメンバ表情に緊張が伝わってきてドキドキしました~。
露出ラッシュスタート。
リアルタイムに、モニタの向こうとこちらで、緊張つながり感も久々ながら、気合はいりました。

バチコーイ!

2008.11.20 *Thu*

きっとアタマよりココロで考えるタイプ

今週末から、TV出演ラッシュですね~。
新曲ご披露から、年末の歌番組SPまで続くかな。
春クールのドラマの主題歌もある(だろう)から、さらに続くわけか。

うひょ!
たいへんたいへん。
のんびりから急加速。

夏ライブが終わったあとは、ゆっくり活動ということだったので、KAT-TUNさんたちのペースでこちらもゆっくりできました。
cartoonKAT-TUNやドル誌をひとつひとつじぃっくり味いつつ。
出演ラッシュ時映像で未消化だった分をリピリピして消化。

コンサートや出演ラッシュのときの熱に浮いてる状態も楽しいのですが。
卵をあたためる親鳥みたいに未来のビジョンと。
活動が少ないときの、少しの寂しさと共に好きなココロを抱き込んであたためている時間も好きなんです。

TV情報誌の前フリのフォトに、早く動いているところが見たい~って待ちわびるカツカツとか。
メールを読む前に息を吸うフンガな鼻息とか、ひとしきり自分の体験談を語った後フガと息をつく音に耳をそばだてる(前置き長いな)KBKを待ちわびる金曜日とか。
このちょこっとした“待ちわびる”感を楽しむ。

wavisavi!(←違)



さて、あおり文句につられて立ち読みしてしまった先週の“週休5日生活”週刊誌記事などについて。


週刊誌は、KAT-TUNをよく知らない人に向けて世間話のタネを提供しているのだな・・と理解してからは、いちいち記事を確認する事もなくスルーしてます。
KAT-TUNにはまって、週刊誌の情報まで律儀に拾っていたころは、このところがわかってなくて、ヘコんだりしたこともあったのです。
週刊誌自体あまり読んだことなかったしなぁ。週刊ジャンプ読んでた。

KAT-TUNに限った事ではないのですが、どうやら「芸能人ってヤツは・・」「アイドルなんて所詮・・」と読んだ人が見下せる位置に立てるように書くことがおシゴトらしい。

ファンにしてみれば悪口の詰め合わせ。
好きな人の悪口なんてわざわざ見たくないもん。

週刊誌の記事は“消費される悪口”だと思ってます。


今回、“わざわざ”したのは、「人気停滞」「週休5日」がなんだか可笑しくて、中身が気になったからだったんですけど。
減退や衰退じゃなく、停滞・・。
はて。5日も休んで停滞って、それって、結構な人気で安定してるってことか・・?
ま、そんなことが書いてあるわけはなく、立ち読みでぱらっとめくってみたら、メンバの行動に、暇だ暇だをくっつけてありましたが。
聖は暇でいい人してるんじゃないZE!
見たら見たで、やっぱりムカついたZE!ははは~だ。

メンバのプラベ情報として出ていたのは、非公開ながら、ネットやファンの間のメールで出回っているネタもあったので、週刊女性もネットでネタ拾っているんだろうか。
メンバーを近所で見かけた人や同じ店にいた人が「暇そうで大丈夫か心配」というコメントをした書き方でしたが、この人たちが架空の人物というのもわかってきますね。

そうそう、春に大学生になった中丸は勉強のしすぎで仕事がおろそかにならないか心配されてます、の記事には笑いました。
そんなわけないだろ(笑)
こんなとこでもプラベ情報のガードが固い中丸くん哉。

どうせなら、
「KAT-TUNの赤西仁(24)と亀梨和也(22)がふたり、深夜コンビニで買い物しているところを目撃された。接客した店員は、噂と違い仲良く買い物してましたよ、と語った。
KAT-TUNのツートップといわれるふたりがこんなに暇そうにコンビニで買い物をしていて大丈夫か心配だ」
くらいのファンサービスを混ぜといてくれればいいのに。


週刊女性は、ジャニーズ事務所のゴシップしか書くことができない出版社ですので、ま、こんなものでしょう。
と思っていたら次の号はもっと過激なあおり文句が。
前号くらいの生ぬるさでは、反響がなかったからかな。


亀梨くんとタクシー運転手の記事。
これはヤフトピのデイリーの記事のみ見ました。
ヤフトピにのってると、つい見てしまいますよね。はは。

本当に口論があったのかねつ造かわかりませんけども。
一般男子の平均的な柄は悪さを持ってあるので、本当だとしても別に大したことないですが。
亀梨くんがどれくらいの酔い方だったか、タクシーの運転手がどんな感じの人だったか書いてないんですよね。
亀梨くんが酔ってタクシー運転手にカラんだようにイメージさせる誘導してくる。

詳細は不明にして、ある事を匂わせる、そうなんじゃないかと思わせる、この手の書き方はよく見かけるように思います。


ついでに、ヤフトピでときどき見かけていたゲンダイ。

“1ポンドの福音”のときのこと。
ヤフトピで見かけたゲンダイの記事は、てけと~に情報をひろって想像だけで書かれたんだなというのがわかる間違いだらけの1ポンドの作品説明の後、、仁くんと亀梨くんの不仲をほのめかしてありましたが、どこかで見たことある気がする文面。
仁くんの記事が出たときも同じようなことが書いてあったような・・。

曰く、互いに相手のことを「面白くない」と思っていて、事務所の扱いに「ふてくされている」。
仁くんと亀梨くん、どちらがメインかで名前が逆になるだけの感じ。
今度、ゲンダイで「ふてくされている」を見かけたら、おいおい仁くん亀梨くんはふてくされっぱなしだなと密かにツッコもうと思っていたのですが、最近見かけなくなりました。
見逃してるのかな。



コンサートで、
TV・雑誌で、
ラジオで、

思えば、結構たくさんKAT-TUNの姿を見ることができるわけです。
ほいで、じろじろ見て、好きだなぁと思う。
単純に好きだなぁと思うのは、以外に難しくて、ややこしく考え込むこともあるけど。
まぁそれも必要なことかもしれないしなぁ。
無駄に考え込んでみても、結局戻るところは、

好き。


彼らを信じてるとはなかなかにこっ恥ずかしくて言えませんけど。
羽鳥は、彼らを好きな自分を信じてるのだ。←ん?・・こっちの方が恥ずかしいかも。はは。



(22日追記)

ネットを巡って拾った情報と印象。
デイリーの記事は、週間女性の記事をフォローして出されたものであり、芸能ニュースを二次配布しているサイトでは、デイリー記事を引用していているところを多く見かけましたので、フォローされた部分の効果は少しあったのではという感じがしました。

他のブロガーさんたちは、ちゃんとこういうゴシップ記事をスルーされていたそうで、きっとそれが一番よい抵抗だと思いながら、我慢がきかないアオクサイ羽鳥であります。とほ。

有名人が、週刊誌や写真誌などで、ある事ない事書かれるのは、書かれる側にも最終的にどこかで利益が発生するシステムになっているのでしょう。
個人ではなく所属している団体として利益を享受されるので、個人としては悲しいだけだけれども。


ところで、週刊誌の情報は、世間話のネタとして消費されていくもので、雑誌自体もおそらく1年も経たずに捨てられて保存されない媒体だと思いますが、ネットになると変わってきちゃうんですよね。
数年前の噂であっても記録として残っているところ。

今までは消えていってた噂がデータとして蓄積されてしまう。

今や情報伝達の主体はネット。
完璧ウェブ社会。
これはウェブ社会の知識を仕入れないといかんな~というところで、ぐるぐるしていた思考がストップ。
う~む。
たまにはがんばってアタマで考えねば・・。

category : 日々是好日

2008.11.17 *Mon*

ぼくも連れてって!

少クラプレミアム、カトシゲくんのJr.時代回想シーンで、仁くんと対決したけん玉ファイトが流れるものだから、そのままココロころころ、仁亀沖縄旅行に流れてしまいました~。
ふたりの沖縄旅行リピリピv


仁: 引かないでけん玉
   けん玉引かないで


山下くんにこそ~っとお願いしている仁くん。
ここ、リハでカトシゲくんに負けていたからなんだ。ははは。
本番一発でキメて勝利しちゃうあたり、ツイてる(@仁)

仁くんのうしろで、ちょろちょろしてるちまちまかめなち少年。
成功したことに驚いて、きょとーんとしている仁くんに、後ろからがっしーん!と合体する勢いでつっこんでくるかめなち少年。

 ↓13歳亀梨くん、仁に抱きつきたがり
831

はぅ。
全身全力で、仁にぶつかっていくかめなち少年可愛い。
照れくさそうな仁くんも可愛いですにゃ~。

仁 v.s.上里大魔神のときは、客席から「んしょんしょ」とよじ登ってきて、勝利した仁くんに抱きつこうとしてつっこばされていたり。
ころりん・・と転ばされてる亀梨くんが可愛いのです。



亀梨 v.s. 中丸。

亀: 夢は、北海道1.5人旅
山P: ? どういうこと?
亀: だから~自転車も買って欲しいんですよ
   自転車もぜひ買ってください(ぺこ)
山P: YOUはお願い事が多いね
亀: あと、もうひとつ
山P: まだあるの?
亀: うん。ある
   えと・・カメラマンに赤西を連れてく


ちっこくても亀梨語録は健在。
ひとり旅ならぬ、“1.5人旅”。
仁くん、0.5人扱い(笑)
「うん、ある」とうなずくところがちょ~可愛い。

山P: 夢はなんですか?
中丸: ワカサギ釣りやりたいです
山P: なんじゃそりゃ~
    なんで?
中丸: あの~寒いとこ好きだしぃ
    あの~氷の上とかで釣りやってみたいなぁと思って


亀梨くんお願い事リストをあげている間、背を向けていなくてはいけないのですが、後ろの様子をちらちらふりかえって確かめる中丸くん。
緊張して強張ってるの。がんばれ~!って念力送りたくなる。

HOI FIGHT対決。 ←あっちむいてHOI。
じゃんけんのタイミングが合わず、亀梨くんに仕切りなおしの後、負けてしまう中丸くん。
あは。
KAT-TUNになる前から、亀梨くんには弱い中丸お兄ちゃんなり。


仁 v.s. 亀。

亀: 1.5人で、北海道旅行
   オレがもしチャンピョンになったら、赤西はチャンピョンじゃないわけじゃん?
仁: そりゃ・・そうっすね
亀:  でしょ
    だから、赤西はオレがもし優勝したときの付き人!
山P: それでいいの?
亀: いいです!


ジェスチャ付きで、一生懸命語ってる亀梨くん。
仁くんを北海道に「連れてく!」気満々。
瞬きしながらうなずく表情が今とちっとも変わらないのです。
きゅっ・・と口角が片方あがる笑い方も。

仁: ぼくも、沖縄旅行
   んで、オレこれ勝って優勝したら、付き人・・ 
   や、罰ゲーム!
山P: どっちみTVに映るんだ、ふたりとも
仁: そう!


じゃれあう仁亀の真ん中で、ちょがき山下くんも大変ですにゃ。
仁くんのふにふにふにゃ・・な笑顔とか、
手首をぷら~んとさせる角度とか今と同じ。
こう・・ちっちゃな仕草って、わりと変わらないものなのかな。


メインのカトシゲくんトークもよかったです。
一度挫折して立ち直ると強くなるものですね。
エリートキャラを挫折して、新エリートキャラをつくられたカトシゲくん。
国分くんと同じく大好きになった~。

もともとWeb日記からはまって、ライブでいじられキャラなところ好きな人ですけども。
お仕事シーンだけではなく、学生生活シーンを楽しく切り抜いて伝えられるところが楽しいWeb日記。
自分の日常を相手にわかるように伝えるのって難しいことだと思うんですけど、カトシゲくん、そのところがうまいんですよね。

カトシゲ王国の建国がんばってくだぱい~!

2008.11.16 *Sun*

神の雫 ~時を飲む

雫が感動するワインを求めて辿りついた“シャトー・ペトリュス’70年”を飲んだとき、その感動を言葉にする、「時を飲む」。
そっか~ワインってこういう飲み物なんだ~。

ワインを飲んだことが無い羽鳥には、「肉厚のプラムやラズベリー、ブラックチェリーなどの芳香が襲ってくるに違いない」とか、「柔和で女性的なメルロー」とか、誌的な表現は楽しめるのですが、ワインの素晴らしさとは結びつかなくて。

「時を飲む」

この抽象的な言葉で、ワインの魅力が伝わってきました。
生まれて成熟するまで、壜のなかで静かに時が流れるワイン。

ワイン色に染められた時を飲みたくなる。

飲めないけど・・。 
どうやらわたしのカラダには、アルコール分解プログラムが構築されていない模様。
とほ。


ワインを感じるとき、亀梨くんはどんな表情を見せるんだろう。


ただいま、“第三の使途”対決にむかう10巻まで読破。
長編らしい人物相関が出てきて面白くなってきました。

熟したワインを知るには、飲み手も熟す(成長する)ことが必要で。
数十年という長きときをわたるワインは、世代を超えていく飲み物。

雫といっしょに悩むキャラクタ。
いいヒントをくれる中堅どころのキャラクタ。
答えはくれないけれど、答えがある場所まで辿りつく道標になっている老人たち。

雫を見守る老人たちの視点がいいんだな~。
時を経るワインを絡めて、飲み手の世代が繋がっていくところがいいのです。

ワインを探す途中で、亡き父の残した意志にいつの間にか触れるところも。

あと、遠峰 一青がなかなかダークになってきたところ。
ワインの持つドラマティック性を盛り上げるために、キャラクタの方が、あっさり描かれてたから。
ワインへの情熱はあるけど、狂気がない。
青年誌のフィールドとしては、狂気をどう描くかが見どころなわけですから、これが見られないところが物足りなかったのかも。
一青のダークさによって、雫のまっすぐなところも生きてきました。

しかし、普段は、のーてんきでも、ライバル以上の純粋な狂気を抱え込んでいるのが主人公のポジション。
原作のなかの雫にも、亀梨くんにも見たいものです。

潜んでいる狂気を。

category : 神の雫

2008.11.13 *Thu*

神の雫 ~大人の亀梨を召し上がれ

ではでは、遠慮なくいただきます。ぱく。

役者亀梨和也召し上がれNewsで、朝からハッピー。
にこにこ。

神咲 雫。

雫・・1滴味わえばすべてがわかる、神の雫。
また、亀梨くんに素敵な役名が加わりましたね~。

しずくちゃん。
と、思わず“ちゃん”付けしたくなるのは、日曜朝に放送しているアニメ“しずくちゃん”のせいだな(笑)

文字は違うけれど、神崎弘人と同じ読みだったので、「これってディスティニ~」(@野ブタ。)な妄想をしつつ、仕事帰りにジムをさぼって、「神の雫」を買ってまいりました。
The 大人買い。
大人ってすばらし~!と思う瞬間。

KAT-TUNにはまってから、あまり漫画にアンテナをはっていなかったので、「神の雫」もスルーしてたんです。
近年モーニングKCでチェックしたのは、「聖☆おにいさん」くらい。
あ・・ブッダとイエス、仁亀ではまりそう。
↑ブッダが亀梨くん、イエスが仁くん。
というのは置いときまして。

ただいま、5巻まで読破。
ワインうんちく漫画だけあって、さすがに科白が多い・・。
でも、シャープな絵柄で読みやすかったです。
ちょっと困ったところは、井上雄彦氏の絵柄の影響が強くて、スラダンの同人誌を見ている気分になること。
三井とかリョータとかに見えるときがあるんだもん。

青年誌特有の息苦しい毒っ気もあまりなく、
主人公を取り巻く、なかなかにクセがある人物も登場しますが、
アクがないので、青年誌に慣れない方でも読みやすいのでは。

亡き父の遺産であるワインコレクションを手にするべく、ライバルとワイン対決をしたり、ワインを通じてゲストキャラを幸せに導いたりしながら、主人公の雫もいっしょに成長していく「美味しんぼ」的ストーリー。
ワインありきのためか、ちょっとキャラが淡白かな~という感じでしたが、その分、亀梨くんが自分の味付けをしやすいのではないかなぁと思いました。

神咲雫くんは、普段はお調子ものでかる~いのですが、ワインが絡むとぴしっとオーラが変わるキャラクタ。
その二面性を、亀梨くんがどう演じられるのかわくわくするところです。

ワインの味をポエムのように表現する場面が見どころのひとつ

ワインを語るときにジコトースイの心象風景シーンがはいるんですけど。
ははは。
ここ、見どころとしてやるんだ~(笑)
のぞむところですかも。
うん、見せどころですよ。

ポエマーかめなちくん。


スーツ姿ということで、シュル・・とネクタイに手をかけるシーンとか。
ベルトのところでちょっとシャツがたくれるスーツ姿の腰付近とか。
そうそう、5巻では、ソムリエコスプレの回があったのです~。
このシーンはぜひ見たい。
白と黒、モノトーン衣装の亀梨くん。
“大人の”衣装に身をつつむ亀梨くんも楽しみ。

あとあと、神業のようなデキャンタージュ。
ソムリエの動きも特訓中かなぁ。
すす~っとさり気なく優雅な手つきなんてされたら、じたばたする~。

作画が女性の方ということがあると思うんですけれど。
本編ではへたれサラリーマンの雫でも、表紙・扉絵でのキメポーズは、色っぽいの。
さすがに女性にウケる男性の色気がどういうものかご存知ですわ~(笑)
そんな表紙と同じコンセプトの雫亀梨くんがいたら・・。
はぅ。
どきどきだな///


一口食べたら、忘れられない。
次の一口を求められずにはいられない、

“大人の亀梨和也”

が楽しみです~。
category : 神の雫

2008.11.12 *Wed*

Your Side

仁くんの番協のお知らせは、じつは、映画のライブシーン撮影だったらしく。
ナツになって、歌われたのかなぁ。
ネット巡りをしていないので、どんな撮影状況だったのかわからないのですが、仁のナツの物語はライブからはじまるのか~すごいな~。
仁くんを見て、よし!ライブシーンから撮影突入だ!と思われたんだろうか。

ナツの歌声はやく聴きたいな。


光一くんと剛くんのドラマはかろうじて見ていたものの、本編以外にいろいろな角度からドラマを見たのは、野ブタ。がはじめてだったのです。
メイキング、雑誌の記事、キャストのインタビュ、ブロガーさんたちの感想・・。

メイキングを見ていると、わ~ドラマをつくるってなんか大きなかたまりなんだな~というのが見えてきて、びっくりしてました。
創る人というのを意識したことがなかったので、まず脚本家、演出家、監督と物語の骨格を創る人が複数いることに驚き。
世界をカタチにする人たちがいる。
音楽係、大道具係、小道具係、衣装係、照明係・・あとなに係か・・。
なんでも係。下っぱADさんとか(笑)

そして。
アドリブをがんがんとばしちゃうよな演じる人がいる。
集合体なんだ。

小説や漫画は、いくら登場人物が多くても、どんなに舞台が広くても、ひとりの作家から生まれる世界で。
その世界しか知らなかったから。
メイキングに映る風景をきょろきょろ見渡して、すごいな~ってたくさんの現場の人驚いてました。
亀梨くんや仁くんが現場の空気を大事にするというのがわかる気がします。

そうそう、オンオフの亀梨くんも面白かった(笑)
カメラがまわっているときは、修二なのに、待ち時間には、同じ姿なのに亀梨和也なところ。
ごくせんのときも、クールな竜がいて、同じ姿できゃるんvな亀梨くんがいたりして。
はは。


アニメやゲームも集合体で創られる世界ではありますが、なんか違う感じ。
スシ王子!銀幕版のメイキングを見ていていると、映画とTVドラマのつくりも違うのね。
1個の直列と10個の並列の仕組みみたいに。

クランクインから1週間。
仁くんは、今日、どんなナツを過ごしたのかな・・。


今夜は、“Your Side”に浸ってます。
D&Yさんworldの“Your Side”なのだ。うふうふ。
category : 日々是好日

2008.11.11 *Tue*

奇跡からはじまる軌跡 ~必然の確立

同じ日にオーディションを受けて(何はともあれ)合格して、
同じグループになって、
5年後、6人揃ってデビューした、

確立ってどれくらいなのかな・・。


亀: やっぱ、がんばんなきゃね。ひとりじゃできないことも、6人ならできるじゃない? ね。

亀: この6人じゃないとダメなんだよな、俺ら。

亀: はいっ。最近、中丸くんと一緒にいるときに、「亀梨のくちびるすっごくかわいいよ」とか言ってくるのは、なんでなんですか?

仁: でも(亀が)そう思ってるんだろうなぁっていうのは、オレはなんとなくわかるよ

中丸: (亀は)赤西といると相乗効果でイタズラ好きになる。そして、ふたりして俺にイタズラするのはヤメテ!
中丸: (赤西は)亀梨とくっつくと、とたんにやんちゃになる。

亀: 仁ってせっぱつまると超キョドるよな。
   コンサートの直前も「カメッ、衣装どこ! 位置どこ!」って。

仁: カメは細かいの使うのヘタだよね。

仁: 俺は確かに目が覚めるたびに、気分が違うところがあるよ。
    だけど、それはカメほどじゃないね。     
    こいつホントにナミオ(感情に波のある男の意)。そろそろ直そうや

仁: 好きな子がいる自分は、普段の自分と微妙にズレてるんだよね。
   感じ方も、考えかたも、ひとりでいる時間の過ごし方も。

亀梨と赤西は、現在オリジナル曲を製作中らしく、飛行機の中でも歌っていた

亀: 俺は16才だから、まだコドモでいいけど、仁だけオトナになれば?18だしさ

亀: 俺はね、はやく18才になりたいと思ってるんだ、これでもね

仁: カメは、自分の中にためこむタイプなんだよ
  
仁: 俺がヘコんでるとき、カメはなにげに気をつかってくれてるよ

亀: 仁がそんな俺を密かに心配してくれてるの、気づいてるよ

中丸: ”お~い、そこでキレんなよ”ってところでね。そりゃマメだよね(笑)
    赤西も二十歳になって、さぞかし大人になってくれるんだろうなぁ
    いい?大人は周りに流されないんだよ?

仁: 違うよ、コラボってたんだよ
亀: オレらたまにコラボるから気をつけてよ。クロストークじゃないから

亀: もー、気休めバンザイ!



↑“本(B.D)”カテゴリのなかから、仁亀中丸発言をてけと~にアトランダムピックアップ。
「亀梨のくちびるすっごくかわいいよ」恋の手ほどきでテンパっていた中丸くんですが、亀梨くんにはこんな気障なくどき文句をさらりと・・。

ちょがき仁亀くんたちは、言葉にしない想いだって、ちゃんとお互いに届きあってる。
細かいの(小銭)使うのへただよねとか、仁くんは、亀梨くんのことをよく見てるんだなぁ。
フォローしてあげなくちゃ・・って見守ってる優しいお兄ちゃん。
でも、衣装どこ?位置どこ?って、テンパってしっかり者弟くんにお世話を焼かれたり(笑)

今だってお互いに想いが届きあっているふたりですが(ですよね)。
ガードが固い。固すぎる。
仁亀ごとに過干渉にもほどがあることはじゅ~じゅ~承知、反省いたしますので。
もっと絡んでいこうZe~。 ←反省の欠片もない。


羽鳥は、何をするにも時間がかかるぽやぽやしていた子どもだったので(今も変わりないけど・・とほ)とくにそう思えたのかもですが。
10代前半くらいまで、ひとつ年(学年)が上なだけでも、先輩がちょ~大人に見えてたのです。
高校生くらいまでの“ひとつ年の差”って、けっこう大きいですよね。

3人が出会った頃は、年の差を感じる距離感があったと思うのだけれど。
義務教育の終える年、運転免許を取れる年、お酒を飲める年・・。

たとえば亀梨くんの場合、どうやっても仁くんと並ぶことができないラインがあって、
はやく大人になりたい、
仁に追いつきたい、
なんて思ったりしたことあるんじゃないかなぁ。

対中丸くんになると、「年上なんだからもっとリードしてよ(ぶーぶー)」、張り合うよりはお兄ちゃんに甘えっこな部分が大きい感じかな。

メンバー全員二十歳を超えて。
外的規制がなくなって、成長期、思春期を過ぎて、自分の意思で動ける自由の幅も広がって。
メンバー同士の距離感も変わってきてるのではないかなぁ。
なんてことをつらつらと、10周年記念の日に思ってたりしました。
今のKAT-TUNさんたちを見てたら、すごくいい感じなんだもん。

仁亀ふたり結託して電撃ビリビリホッチキスを中丸くんに仕掛けちゃったり。
仙台ロケで中丸くんのフードを剥いじゃう仁亀だったり。
ふたりつるんで中丸くんにいたずらしちゃうとこなんて変わってないみたいだけど。
こういうとこ、ずっと変わらないんだろうな。きっと。



天までとどけ 未来への軌跡



天井までは届きそうな10余年分の軌跡・・。

ドル誌は全保存型の羽鳥。
なぜなら、切抜きが苦手だから。

床から天井までは、3M弱くらいあるかな。
4.5畳の本のお部屋の右壁面はほとんどドル誌関係で埋めつくされております。
スチール棚のなかにぎゅーぎゅー押し込み、上面にがしがし積み上げ。
ちなみにもう一方の壁面は、文庫・コミックスが、ぎゅーぎゅーがしがし。
たは~。



2008.11.10 *Mon*

奇跡からはじまる軌跡 10th anniversary

じゅっ・しゅ~・ねんっ!

ex2

おめでと~ございます。

・・でした。てへ。

“Selfish KAN”揃っての記念日。
めでたやめでたや。

ジャニーズ事務所に入って、10年ですか・・。
KAT-TUN世代になると、Jr.のなかで淘汰されずデビューできることもすごいことですが。
メディアに登場しはじめた期間、個々にまたはKAT-TUNとして認知されはじめた期間、プロとしての認識を持ち始めた期間は10年に満たないとしても。
10年目にプロとしていることがどんなにすごいことか。

10年間、表現者であり続けるというのはすごいことだと思うのです。

フィールドは違うのですが、処女作を上梓してから10年後にも本を出し続けている小説家は1割程度らしい。
自分を表現したい思いが強くあり続ける、誰かに強く求められ続けるって、すごく・・すごく大変なことなんだ。
プロとしての自分を維持することも。

ファンが彼らを求めるとき。
柔軟に変化して、時には意地っ張りに自分を通して、ファンが求める以上の

亀梨和也を、
赤西仁を、
中丸雄一を、

見せてくれる。

きっと、ずっと、これからも・・。
わくわく楽しみにしてます。

ビバ! Selfish KAN


2008.11.07 *Fri*

White X'mas

頬が冷たくなるのも構わずに、雪が舞い散るなか、ブルーグレイの空を見上げて。
佇んでいる、過去と未来の真ん中の時間に。

視線は、ほろ苦い過去を想っているけれど。
足元は、未来へ向いている・・。

雪が空から落ちてくる早さくらいのゆったりとしたメロディ。
ピアノの音色が、6人の歌声を優しく包みこんでくれる。

ソロの部分は、亀梨くんのソロからはじまるんだけど、ナレーションできゅん・・とする、あの声があるのです。
仁くんの低音ボイスも、語りかけられてるみたい。
しっとりと6人の歌声が届くWhite X'mas。

6つのソリチュードが、切ない。
人恋しくなっちゃうな。

2008.11.06 *Thu*

RESCUE~特別高度救助隊~

中丸くん、連続ドラマ初主演おめでとうございます!

お知らせに、うれしいとかヤッター!とか喜びの思いの前に、緊張してしまった。
ぷるぷる。

中丸くんがレスキュー隊!

中丸くんがレスキュー・・はわぁ。

スシ王子!の深夜ドラマ助演から、8時台枠の主演。
すごいことですよね~。

ドラマの経験が浅いからなんて甘えられない、
中丸雄一の北島大地を生み出さなければならない、
役柄の特殊性に併せて体を作らないといけない、

考えはじめると、あわあわテンパってしまいそうなことがたくさんありそうです。
でもでも。

KAT-TUNらしく負けず嫌いで、
苦労性だけどプライド高く、
自分を客観的に分析できる冷静さでもってて。
きっと当たり前のように“北島大地”として現れてくれることでしょう。
楽しみ。
マッスーとのコンビも楽しみだ~。マッスースマイル。

そういえば、10月31日の中丸ページで「情報の解禁」のことに触れてありましたね。
生々しいというか・・ダイレクトな単語を用いられていたので、どきっ・・としていたのですが。
中丸ページで、どこよりも先に、一番目にお知らせしたかったんだろうな。


スシ王子!で、気のいいお調子者の河太郎もなかなか胡散臭くて良かったんだけど。
コンプレックスに苛まれる河太郎もすごく良かったんです。
こちらの感情を揺らしてくるの。

また、そんな役者中丸雄一に会えるんだなぁ。


マッチョな中丸くん、ちょっと想像できないですが、筋肉が見られるのはうれしい。
静脈の浮き出ている腕とかたっぷり見られるかも。てへ。

訓練生、なのかな。
災害や人命がかかわるシビアな面はおいときまして。

オレンジのレスキュー隊服しかり。
制服萌えしそうです。
category : RESCUE

2008.11.05 *Wed*

聖は、いい子

「聖は、いい子」

あは~。
中丸ページのお祝いの言葉がつぼにはまってしまいました。

なでなでしている中丸くんの優しい手が見えるみたい。


Happy Birthday!こーき!


聖の言葉ではなく、態度ににじみ出る優しさが好きです。
人に優しくするばかりで、自分が優しくされるのが苦手そうなところも。

MCがぐだぐだになっているとき、どうにか収集せねばと人知れず苦労している姿が好きです。
ぐだぐだを延々と率先してひっぱっているのは、大抵亀梨くんですが、や~苦労しますね。
聖といっしょだと中丸くんも安心して甘えっこになっちゃうし。たいへんたいへん。

cartoonゲストのおもてなしを支えているのは聖だなぁと思ってます。
さり気なく気を配ってあるお姿にいつも感動しています。
ゲストの話を聞きながらトークの幅を広げたり、突っ込んだり。

持てる全エネルギーを歌声に変換しているようなラップも、透き通ったハイトーンの歌声も好きです。
あとあと、笑い声が可愛い。

照れてしまうあまりに、両手の平で顔中ぐねぐねこねてしまう仕草も好き。
あ、肝心なところが抜けてました。

聖、男前!

沈黙することが、偽りととられてしまいそうな世界にいて、できる限り言葉にして伝えようとしてくれる。
損な役回りとわかっていても引き受けられずにはいられない、男前さんです。

聖は、いい子。 なでなで。


まぁ、たまには、照れくさいでしょうけど、メンバに甘やかされてくださいな。
23歳の聖にも、たくさんの笑顔がありますように。

追伸。
髪型を変えるのもいいですが、地肌への気遣いをお忘れなく~。
そろそろ地肌が心配なお年頃です。

2008.11.04 *Tue*

cartoon KAT-TUN 69

今年はコシュチューム何にしようかワクワクしながら考え中です

カツマニュA-32より。 ←happy halloweenのジャックランタン装飾が可愛いv

昨年のハロウィンは、ピカチューのコスプレされたんでしたか。in L.A.。
させられたんだ(ぶつぶつ)なんて言ってありましたが、いざやってみたら楽しくなっちゃったのでは~。
と、想像(笑)
ミニマムな可愛さのピカチューを、仁くんが・・。
ピカ~?の着ぐるみの下にはたくましい胸襟が潜んでいるわけで・・。ははは。

ハロウィンの仮装とはちょっと違いますが、コスプレつながりで、cartoon仁コスプレをするの回。

セフィロスさま~!

と福岡マリンメッセ会場にて、客席からの掛け声に、ぷはっ・・と照れ笑いしちゃった仁くんを思い浮かべながら、リピリピv


コスプレをギザ愛する女 Guest:中川翔子

7月23日、中野ブロードウェイ“まんだらけ本店”ロケ。
お~!一度は訪れてみたいまんだらけ本店。
地元の福岡天神店も大きい規模ではありますが。ジャニショのすぐ近くにあります。
公式フォトを手にしたあと、J禁P禁本を手にすることも可能・・かも。ジャニーズ表裏堪能ルート。
といいつつ、仁亀本とか1冊も持っていない羽鳥ですけど(寂)←!?


カンカン帽に半ズボンにぺたぺたサンダル・・ゆるゆるスタイル仁くん。
なのに、やっぱり格好いいんだよな、この人。
どこコーナーにいても、「ちょ・・ウカせてもらっていいですか」のなじめませんオーラが可笑しい。
さて、問題です。仁くんは、

「マジで!?」

を何回言われたでしょう。
答え:なんか連発してた。
どのコ-ナーをまわっても「マジで!?」

ぽか~ん。ぽつ~ん。きょときょと。うろうろ。
ランジェリーショップに紛れ込んだお父さんみたい(笑)



・本館2

ときめきのコミックスコーナー。
バックに映るコミックス類をついチェックしてしまいます~。じろじろ。

仁: ジャンプ系。
   ONE PIECEとか好きなんですよ
聖: 現代っ子だな

聖に軽くいなされちゃって、自分だって好きなくせに~とも言い返せず、口をもごもごさせている仁くんが可愛い。
20万冊のコミックスのすき間でロリロリポーズ。
亀梨くんと聖の組み合わせだと、聖が照れてそうですが、今回は中川氏のエスコートも兼ねて男前聖。
男前に強面でもロリロリポーズ。

やはり仁亀で見たくなるなりよ。
830


・コスプレ館

テロップ“人生初コスプレ体験”。
ん? 女装はコスプレにはいらないのだろうか。
うつくしい女装で伝説を作っている仁くん(笑)

中川氏: 店員さん、アスカですね。アスカ・ラングレー。
仁: わっかんねぇ~~~ 

わっかんね~、魂の叫び。
コスプレの魅力は、わたしも仁くん並にわかりませんけれども、すごいですね。
2次元キャラクタの3次元化された衣装。
サムライ☆ラブアタックの衣装もまじってそうだ。

仁: セフィロス知ってるけど・・あれでしょファイナルファンタジーでしょ?

なんとか混じってみようとするも、中川氏と聖に置いてけぼり仁くん。
ぽつ~ん。
所在無く天を仰ぐさみしそうな横顔にきゅん。

仁: 12時前だよ!?
   わかった。ねぇ、俺、酒入ってて夜だったらやったかもしんない

アルコール入ったら、そんなにノリがよくなるタイプなりか?(笑)

中川氏と聖にまんまと流されて、セフィロスコスプレ。
試着室にて、

仁: 聖、そこ触んなよ
聖: あ・・赤西・・あんっ

小芝居は忘れず。
スーパーサイヤ人をはずして、クリリンになっちゃった聖に大笑いでしたが。

仁: ふつうの人間は愛せない!

セフィロス仁くん、へなちょこ~!

こういう時、キメられず、照れまくってしまう人ですよね。
可愛いなぁ。きゅん。

仁: ファイガ (ぽそっ)
   サ・・・サンダガ (ぽそぽそっ)

あは。なんて、へなちょこ魔法。
へなちょこさにやられそうです。最上級魔法なのに。

その体格、その逞しい胸襟(タトゥつき・・!)、バシッとキメれば、ベスト“セフィロス”ニストなのにな~。
ここで使おうZe、その胸襟っぷり~。

ウィッグの前髪を、ぷーぷー揺らして遊ぶちょがき仁くん(笑)
セフィロスさま~!偉大になる人類の遺産ですね!と、中川氏が絶賛するほどに、へにょへにょ照れまくる仁くんが可愛いです。

中川氏: 赤西様がセフィロス様という夢のコラボ
      ご自身でお分かりですか?
仁: ぜっんぜんわっかんね~!

セフィロスコスプレだけじゃなくて。
“赤西仁”の魅力をいちばんご自身がわかってないだろ!と突っ込みたくなる時があるのが仁くんであります。
ふむ。

2005年の秋ごろ、アッシュシルバーに染められたことがありましたが、あの髪色でそのままいけそうかな。
829
↑FF? ADVENT CHILDREN 
見下しながら冷酷に言い放ってほしい。


さてさて、未公開にて。
春麗の衣装を買おうとしていたところが公開されてしまった聖。
パジャマって・・(笑)



・スペシャル館

仁: わぁ!
   ケ・・ケーニッヒウルフだぁ
聖: わかってねぇだろ
仁: てへ

わかりやすい挙動不審っぷりが可愛いv
中丸くんにも聖にもフィギュアでいじられる仁くん・・。
芽生えるもしや本当は“フィギュア好き”疑惑。


・変やWEST

仁: 心が純粋な人が触ると・・

わはは。
テクマクマヤコンの起動条件は、心が純粋(笑)

やっと仁くんに余裕が。

仁亀コンビロケも見たいものですにゃ~。
ツンデレで結構ですので。
それでもシンクロして、同じ表情して同じ反応してるふたりがいそうな気がします。
ふふふ。

2008.11.02 *Sun*

cartoon KAT-TUN ~はちみつ館~

亀梨さま、亀梨さま。 おはようございます。

館内放送じゃなくて、耳元でダイレクトに囁いてほしいよな・・と思い、ふと気付く。
第二章のおいしい設定を見逃していたことに。


この6人、ひとつ屋根の下で暮らしてた・・!


828
眠り姫を目覚めさせる方法は、たったひとつ・・


しかも見知らぬもの同士集められた設定でしたよ。
駆け巡る妄想もやもやもや。

はじめのうちは、螺旋階段のところで偶然会ったときに、胡散臭げに会釈するくらいだったのが、音楽とか映画とか趣味の話で盛り上がっていくうちに、お互いの部屋を訪問するように。
部屋割りは、時計回りにぐるっとK-A-T-T-U-Nだろうか。
お隣さんだったりお向かいさんだったり。パズルチック。

あの部屋だけ空っぽ?
や、なんか旅に出てるらしい・・管理人がゆってた
なになに、自分探しの旅とか?
へぇ・・どんなヤツだろうね

ある日、旅から帰ってきた最後の住人は、かわいい男の子で、みんな笑顔にきゅん。
としつつ、“まりもっこり”をお土産+引越し挨拶にもらって、ちょっと困り顔。

6部屋の住人が揃ってみれば、みんなあまり年の違わない同年代ということがわかる。
最後に現れた住人が、いちばん年下であった。

彼は、料理が趣味らしく、しばしばおかずを差し入れてくれるのは有り難いけど、ドアを開けてちょ~にこにこ笑顔で立っているときは要注意。
彼お得意の新作創作料理だったりする。←あとで、詳しく感想を求められる。

やっぱり仁くん亀梨くんの出会いエピを考えるとにまにましてきますにゃ。

な~そのアクセいいじゃん
そう・・おまえのTシャツもよくね?

はじまりは、お互いに趣味が似ているところからかな。

入り口の鍵は、管理人が閉めてくれるから、気が緩んでうっかり自分の部屋の鍵をを閉め忘れ、真夜中、酔っ払って部屋を間違えたとなりの住人が入ってきて。
朝、目覚めてみれば、抱き枕になっていたり。
なんと!まったく不自然じゃないではないの。このありえねぇだろ・・なシチュが。

うむ~。
仁亀エピたちは、ここではくわしく書けないなり~(笑)

聖と中丸くんの出会い編を考えるのも楽しい。
竜也さんには、仁亀さんたちを邪魔しつつ仲をとりもつポジションでがんばっていただきたい。
田口くんは、おたくっぷりをがんばれ。


この場合、6人が事件に遭遇しそうな設定ってなんだろ・・。
住人のうちの誰かが、家出した政治家のひとり息子だった。
ビバ!ベタ。
実は誰か妖精だった。
ビバ!ファンタジー。


“はちみつ館~six beehive~”(←勝手に命名)に導かれた6人。
お互いに素性を知らぬながらも、螺旋階段の下で顔を合わせているうちに何とはなしに意気投合していく。

愛トハ何カ答エヲ出セ

6人で愛を探すスペシャルハピネスドラマ作っちゃおうZe~!

2008.11.01 *Sat*

おたんじょうびおめでと~なり~

827

しゅ~じくんっ! (おでこ、コンッ!)

なになになにっ!? 

・・・・・・

・・・草野?

・・・・・・

・・・届いた?

は?

しゅ~じくんへのメッセージ、テレパシ送信してみました

は?・・ばっかじゃねぇの。 届くわけないだろ

おかしいっちゃ。しゅ~じくんとオレの仲で届かないわけないっちゃ
と~ど~け~! (おでこぐりぐりぐり)

いてっ! 痛いってば・・や、やめっ・・

(おでこぐりぐりぐり)




しゅ~じくん、おたんじょ~びおめでと~!

11
3
8
9
14
15
18
19
22
23
24
27
29

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2008年11月 | 12月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。