This Archive : 2009年03月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.29 *Sun*

cartoon KAT-TUN 102

最強呪文発動

879


ヤンクミとラップを愛する人々 Guest:ベッキー&ジョイマン


なななな~♪なななな~♪ あかにしかめなし~♪
なななな~♪なななな~♪ かめなしあかにし~♪

イェイ♪
韻も踏めちゃうこのふたりに今宵もやられっぱなしなり~。



●番長ベッキー V.S. KTN

マリオでスピード勝負。
あ・・、何気にKAT-TUNのゲーマー3人組だ(笑)

亀: なつかしぃ~!

ファミコンにとびかかる亀梨くん中丸くん。
目にした途端、顔がちょがきにくずれるふたりが可愛いv

亀: これね、今のゲームと違ってとんじゃうから“ちょっ”とすると
中丸: 一番よくあるパターンはコードのこっちにあたっちゃうのよ

初心者ベッキー氏に、カセットの接触不良によるデータとびの注意をうながす亀梨くん中丸くん。
亀梨くんも中丸くんもデータとびして痛い目にあったんだろうなぁ。
やるせなくも悔しい過去の悲劇を思い出したのか、けっこう必死のふたり。
しかし、何を説明されているのかわからないまま、困惑気味にうなずくベッキー氏。
“20歳過ぎてるいい大人”というデータがとんでるぞ、君たち。

亀: 昔とかここが弱ってくると踏んだだけでブチブチッて切れておにいちゃんにめっちゃ怒られる

「めっちゃ」につい力がはいる亀梨家の三男坊かずちゃん。
男の子4人兄弟だと、コードなんかあっという間に弱りですけど。
ミスするベッキー氏に、

亀: だっせー!

あは。
亀梨くん、すっかり亀梨さん家のかずちゃんモード。
野次とばしな声音が、ちょ~ちょがきになってるの。
ちょがき笑顔全開、可愛いv

調子にのって、穴に落ちるマリオの真似する中丸くんと亀梨くん。
ほんとこういうところ気があうよね、長男と末っ子(笑)

亀: これよく2コンで邪魔してたよね
中丸: ね・・

しかも放っておくとまた~りファミコン話続けてそうなこのふたり(笑)

ゲームに熱中するあまり口半開きでコントローラを握ってたり、
田口くんの記録に届かなくて悔しげにコントローラを置いてたり、
23歳大人の亀梨和也はどこに行ったんだ?なちょがきっぷりが可愛いv



●ヤンクミベッキー & 隼竜 (はやりゅ~!) &ジョイマン

隼竜 on シングルベッド。
仁亀の間に流れるごくせんBGM・・これだけで胸がアツくなる・・。うる~。

じんかめコンビリターン。

ベッドの上にふたりっきり、
緊張して目が泳ぐ仁くん、
大股開きで腰掛けてる亀梨くん、
ハッピーリターン。イェイ。

ベッドの上シチュ、やっぱりいいな。
ふたりが身じろぎすると、スプリングで体がはねるとこにどきどきv
もっと激しくはねちゃえばいいのに。にへ。

中丸くん田口くんといっしょだと甘えたな末っ子の顔を見せてた亀梨くんが、仁くんといっしょだと強気な末っ子になるから面白い。
他メンバーといっしょだと飄々としてる仁くんがまったく余裕なくなるところも。
といいつつ、ぎこぎこぎこちなくしてるかと思えば、ふとしたところで同じ表情してたり同じ仕草してたりするんだよなぁ。

ジョイマン高木氏の恋愛相談、「仲直りの方法を教えてほしい」という高木氏を見つめるシーン。
「ありがとうございます」って携帯番号メモもらう高木氏に大口あけてわらうシーン。
ほか。

左アングルからツーショットで撮られてる仁亀のふたりがまるっきり双子。

「い~じゃんい~じゃん」

にゃは~。
手を差し出すタイミングも引っ込めるタイミングもいっしょ。
つか、ふたりとも同じ動作したことに気が付いてないっぽい。
気にもとめない程度の、そんなの当たり前茶飯事なりか?

ふたりが同じ質の雰囲気をまとっていて。

お仕事でいっしょになるだけじゃ、そんな雰囲気できないでしょ。
同じ雰囲気をまとってしまうくらい、同じ時間をふたりで過ごしてるでしょ。

って、ツッコミした~い。 聞きた~い。
赤西くんに何でも質問コーナー(ぼくが質問されます。そしたらそれに対して何でも答えちゃうよっていうコーナー)(@仙台ロケ)プリーズ。

恋愛感も同じようで、反応は違うんだな。
881

亀: 帰ってきて欲しいって言うより、迎えに行って欲しい・・おれは

亀梨くんは、自分の弱さから逃げたくない感じ。
ここ、厳しい表情と低い声にときめく。

仁くんは、相手の弱いところも含めてその人だと受けとめる感じ。
真っ直ぐな筋を求める亀梨くんも、ありのまま受け止められる仁くんもいいな。

恋に不器用なかわいさを見せるベッキー氏。
こんな弱さ見てしまったら、親身にアドバイスしたくなっちゃうね、亀梨くん(笑)
仁くんに頭はたかれるほどアツく語ってたとこ見たかった。

けど。
なんと「手つないでよ」シーンが・・!(歓喜)


亀: ね・・、ちょっと手つないでよ

仁: はっ!?

容量オーバー機能停止仁くん
880

リアル点目。
凍ってる。 固まってる。 ぽっかーん口開いてる。

仁くんが“素”で驚いてる!

驚いて固まる人、はじめて見たかもな勢い。
人って驚くとほんとに固まるんだな・・。

仁: ごめ・・マジでひいちゃったおれ

いやいやいや。
引く余裕なかったでしょ。 真っ白になってたでしょ。

「マジでおれくどかれてる!?」とか思ったでしょ。

他メンバだったら、のっかるとか、「なに言ってんの?」とかリアクションとれていたと思われ。
「手つないでよ」発言が強力すぎて、ネタに気が付かない仁くん。
亀梨くんじゃなかったら、口ぽっかーんと開いて、一拍遅れて声でるくらい驚いてないと思う~。

ほんとに手つないでいいの?って迷ったでしょ。

って、ツッコミした~い。 聞きた~い。
赤西くんに何でも質問コーナー(ぼくが質問されます。そしたらそれに対して何でも答えちゃうよっていうコーナー)(@仙台ロケ)プリーズ。

上着を羽織りなおして風を送る仁くん、なにかヘンな汗でも?
脇の下ひやっこくなってないですか(笑)
亀梨くんを追って、とぼとぼ退場するお背中がなんだかとてもかわゆいゾ。

や~。それにしても、だ。
亀梨くんの「して?」のお願いに弱い仁くん、が実証されちゃったね。


亀: そこは、「や~だよ」だろ、おま
仁: あ・・あ~!
亀: い~じゃんい~じゃん、なのに・・

「や~だよ」をさせたい無茶ぶりしたのに、マジに驚く仁くんに、TV的に困ったような、個人的に怒ったような表情してそうな亀梨くんも見たかったなり(笑)


882

ぎゅっ・・てしてくれてもよかったのに
スポンサーサイト

2009.03.27 *Fri*

2009.3.27 Mステ

東京ドーム1日間追加・・。
京セラドーム3日間追加。

うぉ~すげぇ~!

惑星、足りなくなっちゃいそうですね。
どうせなら福岡ドームまで羽つけて飛んできて。

めんたいこ~!って福岡ドームを震わせてv


連続公演記録とかドーム1個(5万人)単位で加算されていく動員数とか巨額な制作費宣伝費とか、戦略的なものは、あまりピンとこないけど。
今、たくさんの人が、生の、LIVEのKAT-TUNに会いたいんだ・・って思ってることに、びっくりとわくわく。

今まで、LIVEDVDだけしか見られなかったけど、今度こそ生KAT-TUNに会いたいってうずうずしてる人、
LIVEには参加したことがないけど、ブロガーさんたちのコンレポ見て生KAT-TUNに会いたいってうずうずなった人、
なんていうケースの人たちもたくさんいるんじゃないかと思うの。
あと、どんどん増殖してると思うケース。
最高最強のLIVEパフォーマンスのKAT-TUNを観てLIVEなしではいられなくなってしまった人。

いろいろなたくさんの人が生KAT-TUNを求めてるエネルギーを感じて、なんか・・どきどきした。
っは~。
すげぇな・・KAT-TUN。

個人的心配事とか杞憂とか、後からちゃんとやってきて、そういうのもセットでKAT-TUNごとなんだけど。
ちょろっと悩んだり画策したりせねば。やれやれ。


さて、今夜のMステ。

亀: 朝見たら、“侍KAT-TUN”って出てて・・
   ぼくたちは、まったく知らないんでびっくりしてます

わはは。
主役にもサプライズなんだ、社長さん。
つか、記録をつくろうっていうわりに、そんなその場のノリでいいのかというところが可笑しい。
ドーム連続8日間の長さが、亀梨くんの親指から小指までの間なところも。

亀: どうですか、あかにしくん、10曲って
仁: なんかふたつスタジオ使うんですけど・・今日
    Youたち使っちゃいなよ(ジャニさん)

あかにしくん・・v
そこは、「かめなしくん」って返そうぜ、あかにしくん。
ちいさくジャニさんのまねを続ける仁くん、ひろってもらえず(笑)

SIX SENCEの衣装を黒ストールでヘンにアレンジしてる亀梨くん。
白いひらひら上着の長い裾を脚に被せて座られるから、大胆なスリットのはいってるスカートみたいになっていて、チラリズム状態。
なぜ膝を隠す。
裾とブーツの間から覗くすね毛がもどってきてる素肌にうっかりどきっ・・としちゃったではないの。

10曲メドレー。び・・びみょ~?
身動きとれずに八の字眉毛で瞬きしてるカメラ目線の仁くんは可愛かったですけど。
開放感を出すために閉塞感を出したかったのかな・・、光る洞窟セットは、はらぺこ青虫のおなかの中みたいだった。
リアフェのじんかめWちぇっの演出が懐かしい。


ざっぱ~んKAT-TUN津波がどんどんおそってくるし、じんかめ波動もおそってくるし、羽鳥ん家みたいにまた~り更新では追いつけないな。
うむむ。加速装置が欲しいなり。

2009.03.23 *Mon*

2009.3.23 オリ☆スタ ~RESCUE

真ん中に座る仁くんに、少し体を預けて寄りかかりポーズ亀梨くんと。
亀梨くんに少し寄りかかられた分、重心がずれてる仁くん。
心持ち程度のずれ様が、照れくさそうに見えるのは、このところ続いているじんかめスペシャルのせいかな。

ところで、仁くんに隠れて見えないけれど、ソファについてる亀梨くんの右手、仁くんのお尻にあたってないなり~?

守りぬけ!俺たちのスタイル

オリ☆スタは、じんかめセットなのがうれしい~。
ビバ!王道~(笑)


●チームKA

ジャケット、スタジアムジャンパとカタチは違うけれど、レザーの質感が似ているから、じんかめお揃いなイメージ。

亀梨くんは、頬ふくろがかわいらしく幼げ。
ティーンエイジャーで通りそう(笑)

表紙はそうでもないのに、ピンショットの仁くんはどうにも胡散臭い。
何者か掴めない得体の知れない怖さがあるというか・・。
眼鏡をかけている違いだけなのに、シャープなフレームがアンバランスだからかな。
そういえば、この頃、ネックレスをしていない仁くんを見ることが多い気がする。

Q: メンバーでお酒を飲むとしたら
亀: ワインですね。
   結成した年のヴィンテージをメンバー全員で飲みたいなって思います。


デビューした年・・ではないんだなぁ。
ドラマのなかで、生まれた年のワインで成長を祝うエピソードがひとつの鍵になっていたから、そこにはきっとスペシャルな想いがこめられていて。
KAT-TUNが生まれた年だと大事に想ってあることに、ほろり感涙。

Q: 好きな言葉は何ですか
仁: おやすみ


わはは。
聖が、“甘ささ”で仁くんの真似をするのに、「っぽさ」を探していたけど、こういう風にハズされるとこだよな・・と思って、可笑しくなってしまった。
ちょっと真似できないハズしかたなんだよなぁ。
その日の気分でてけと~に答えてられているようで、実はそうでもないかもと思える妙がとくに。
耳元で、湿った吐息まじりで「おやすみ」・・なんてシチュいいよね。
かさかさ声しててもいいな(笑)


●チームUN

大地な中丸くんの眉毛が、鋭利。
眉の形でずいぶん印象が変わるなぁ。

Q: オススメの低カロリー食材は
上田: 豆腐と納豆とたまねぎを混ぜて、醤油で食べるとすごくおいしいですよ


豆腐も納豆もたまねぎも醤油も大好きだけど、ぜんぶ混ぜたらどうなるか想像できなかった・・。

Q: もし自分が救助されるとしたら誰に
中丸: 赤西かな。
     男気があるし、ちょっとアホだから危なくても助けにきてくれそう(笑)


仁くんを選んでいるメンバーが多かったけど、中丸くんの答えが一番的を得てる(笑)


中丸: みんな俳優1本でやってるから構え方が違うんです

役者の目で周りを観察してる感じ。
役者という新たなフィールドで、中丸くんはどういう方向を見ていこうとしてるのかな・・。


●対談

6人のショット。
好き勝ってに目線をとばしてる人たち。


仁くんがちょこちょこ面白い。

俺、CGが入ってからのやつ、まだ観てない。
そんな話、今はじめて知った。
え?俺、全然覚えてない(笑)


ほぼ定番な科白(笑)


亀: 赤西がミスする時は、アクション起こしてじゃなくて、アクション起こさなくてってことが多い。
   こっちが、フォローのしようがないパターン。


あ・・ちょっと怒ってる(笑)
舞台の失敗談は、“身振り手振りで立ち上がって説明”(@オリスタブログ)されたらしい亀梨くん、ほんとはもっと科白長かったのかな。

仁: いやいやいや~(苦笑)

ほんと困ったように笑って言葉がでない仁くんが目に浮かぶ、ここ。
“そんな亀梨くんをみて赤西くんもちょっと照れくさそうにしながら”(@オリスタブログ)

>ちょっと照れくさそうにしながら

想像どおりだ~!とにまにましちゃった。
オリスタの対談は、メンバの声が聞こえてくるライブ感があって、いつも楽しいけど、こういう何気ないリアクションをピンポイントにレポしてくれるところもいいですね。感謝。

2009.03.22 *Sun*

何よりも大切なものをそっと気付かせてくれてありがとう

KAT-TUNを好きなところをいくらでも語ることができる・・
と、思っていたのだけど、想いを言葉にしようとしても、ぜんぜん言葉にならないの。
困ったな~。

想いを言葉にするための思考まで到らず、想いは想いのままにある。
ココロのやわかいところを揺さぶられてる。

そんなデビュー3周年目の記念日。

3st Happy Anniversary

ex13

デビューのニュースが駆け巡った夜の、熱に浮かされたようなアツさと比べれば、好きなココロはずいぶんと凪いだ感じ。
でも、KAT-TUNを見れば見るほど。
知れば知るほど。
もっと見たい。もっと知りたい。
今のKAT-TUNを逃さずに見たいという欲求だけじゃなくて。
ずっと先のKAT-TUNも見たいな・・という気持ちが強くなってる。
進化という変化をしていく人たちだから。

KAT-TUNが結成した10代の頃の変化という現象は、個人の成長だったり、メンバーとのつながり方だったり、中の部分についてが大きいんじゃないかな。
変わろうと思って変わったんじゃなくて、気が付いたら変わってたみたいな。

デビューしてからは、ドラマ・映画主演とかCD売り上げで1位をとることとか、周りを大きく巻き込む立ち位置になって。
時には変化しないことを強いられたり。
変わりたいと思うことをわがままだと捉えられたり。
ちょっとしたことでも何か変えようと動くことが難しそうだなぁって見てることがあるのだけど。

現状を維持すること(これはこれですごく難しいことだけど)、変わっていくこと。
デビュー3年目にして10年選手のKAT-TUNはうまくバランスをとりながら、個人としてグループとして変わっていってるなぁ思う。
そんなKAT-TUNを見ていたい。
きっと、わくわく楽しいに違いないもん。

変わったところ、羽鳥にもあって。
この3年の間、立ち位置としてはあまり変わらないけど、環境は結構おっきく変わったのね。
環境の変化は、心持ちに影響するけど、でも、KAT-TUNが好きなココロは変わらなかったな。
今も楽しいし、未来のKAT-TUNも楽しい・・そう思わせてくれる3年目のKAT-TUN。

3周年、おめでとうございます。

2009.03.21 *Sat*

cartoon KAT-TUN 101

亀: (ピコーン!)まさか最後の曲が

仁亀: スマップとかね~

仁: ないよ

876

ビバ!じんかめコラボ。
ふたりでひとつのこの科白っぷり。

「なんでなんでなんで?」のココロ。
なんでお互いの言いたいことがそんなにわかるの、きみたち。


バラエティを愛する女 Guest:ベッキー


●Side:別所きぬ子

ひとり掛けソファに、シェアして座る竜也さんと亀梨くん。
高級ソファもおもちゃ並み。
小刻みに体を揺らしている亀梨くん、お背中カユイなり?

田舎者設定のきぬ子さん、登場。
帽子を被せてあげたりお世話焼きおにぃちゃんモードの亀梨くん。
でも、ものまねになるとシビア~(笑)

クレヨンしんちゃんのものまね。
「たまねぎ食べれるぅ~」くねくね波のりの後、唇とがらして一時停止ポーズが可愛いv
ひとりでしんちゃんものまねの時も、「せーの・・」から入る。
ちっちゃなつぶやきの「せーの」も、ちょ~可愛いぞ。

中川翔子氏のときのなめくじセーラームーンといい、ものまねシャッフルの無茶ぶりをする人たち。
あまり気をつかわなくて良さそうなゲストのときは、結構いじってくなぁ(笑)


●Side: もじゃ子

#11でゲストのときも、じんかめに「ヤンクミー!」と当時ミラクルな共同作業をふってくれたベッキー氏。
もじゃ子さんもやってくれます、じんかめ放出。
さすが、ジャニーズマニアもじゃ子さん。

亀: Hey!Say!JUMPとか全員言えるんだ
   言ってみて。 はい!

あは。
容赦なくいじる。
「ちねん、ちねん」耳打ちしている、ゲストに優しい聖。

「山田涼介くんとか?」
意外なところを攻めてきたもじゃ子さんに、口許にこぶしを当てて大笑いな仕草が同じ仁くん亀梨くん。
ふたり並ばれてると、同じ仕草や科白の被り具合がすごくよくわかるな~。
ワンフレームに、シンクロしているふたりの姿を見られるしあわせv

ジャニーズ限定イントロ対決。
“ガラスの少年”を当てた中丸くんに、

亀: なかまる、踊る踊る!

中丸くんにボケを要求する亀梨くん。
はんにゃの回もだけど、ちょっとS入ってる、ブラックテイストわるなちくんで場をメイキングする亀梨くんが面白い。
番宣でお坊ちゃまモードな亀梨くんを見てることが多かったせいか、オラオラしてる末っ子キャラが久しぶりで楽しい~。

#11から変わらずKAT-TUNに興味ないベッキー氏に、

中丸: (ピコーン!) おかしいと思う

ピコーン!パトランプを押す中丸くん。
ナイス小技、意見を伝えるのにもパトランプ(笑)
クールな言い方がまた可笑しいの(笑)

答えを決めると、ゴールを決めたエースストライカーの如く、ハイテンションアクションの中丸くんも楽しい。
中丸くんの狙ってるハイテンション大好きv

味方のパトランプが光ると、わかる?答えれる?って感じにメンバをきょときょと見てる仁くん。
V6“MADE IN JAPAN”のところで、思わず早押しスイッチを押したものの「わかんない」言う中丸くんに、

仁: なになに~?

上擦ってる声音がつぼ。
へたれ声ラブv

「ひとりちょっとこっち来てもらおうかな?」引き抜きにかかるベッキー氏に、

中丸: じゃ、赤西
亀: 赤西、ちょ~詳しい

わははは。
まったく戦力になっていない仁くんを放り出そうとする中丸くん、亀梨くん。
いい性格してるな。
こういうところ似ている長男と末っ子なり。

拒否るベッキー氏に、

亀: こいつのipod知ってる?
仁亀: ジャニーズしか入ってないから!
仁: まぁじまぁじ

877

ビバ!じんかめコラボ。
あ、うんの結託力。
「こいつのipod知ってる?」という亀梨くんをちらっと見て、
「ジャニーズしか入ってないから!」と応える仁くん。
一瞬のアイコンタクトでネタあわせ。
即座にネタをあわせて先に言う仁くんを見る亀梨くんがまた嬉しそうな笑顔なの。
あてられちゃうぜ。

ipodの曲目リストを示す手つきが同じだったり、あうんに通じ合ってる仁亀に萌えるけど。
いたずらっ子な笑顔が可愛くて。
ほんわ~かしちゃうのです、ここ。
いたずらしかけちゃう時って、なんか結託力が増すというか、隠せずあらわになるというか・・。
ふたりして、ちょがきになるんだもん。
おっきないたずらっ子(笑)

「ぜんぜん何も言ってない」ことを見抜かれても、もじゃ子テリトリーに、強者然と、とことこ歩いていく仁くんが可愛いかったけど。
ベッキー氏に思いっきり拒否られて、「きゃははは!」ふきだしてしまう仁くんも可愛い~v

ほいで、中腰で唇噛みしめてスイッチに手をかけてる、やる気満々体勢の仁くん。
戦力外を跳ね飛ばして見返してやろうとするも、よりによって“Keep the falth”を押せず。

878

答える中丸くんを映すカメラのフレームアウトしてるとこで、「おまえ、なぁ・・(笑)」ってくすくす笑う亀梨くんの声が入っていて可笑しいのだ。
まんまとリークされる仁くん。

亀: こいつの主演のドラマの主題歌なのに
仁: ちがちがっ (人差し指ふりふり)
   あげとこかなって

なんだかな~。
仁くんの発音が甘いんだよな~。
子どもみたいに物言いが甘いの。
黒いお帽子を斜に被って影の落ちる目元はクールで格好いいのに、へたれななさけない声音。
亀梨くんの隣で、キャラクタ作れずに油断してる感じ。 
いいな。


亀: 音が流れるとわかる
   あれ踊って言われるとわかんないけど
   音流れると(体が)
   何でも体が覚えてる

むちむち二の腕でフラワーを踊る亀梨くん。
軽やかな振りなんだけども、23歳の亀梨くんが踊ると大人の愛の花が咲きそうだ・・。

「何でも体が覚えてる」
踊るために動かない体が、曲が流れると自然に動き出す。
バックで踊っていたときはいろいろな葛藤があっても、それぐらい踊りこんできた時期があるのが強みとなる。
はじめてバックについた曲。
歌には一気に昔の記憶を呼び戻すところがあるから、ちょっとだけ遠い目をした亀梨くんにつられて、感慨深くなってしまった・・。


ラスト問題。
意見を言うときは、ピコーン合図てんどん亀梨くん。
「まさか最後の曲が」と言う亀梨くんを見て、同じ表情する仁くん。

「スマップとかね~」

ちょ~シンクロ。
ステレオじんかめ。
ふたりして同じ周波数の電波飛ばしてるのか。
タイミングが合いすぎな理由を教えてくだぱい。


っは~。
来週も、じんかめ on 仁’sベッドだ~。
だんだんこのしあわせ状態が怖くなってきたなり・・。

2009.03.18 *Wed*

カッチョよい。傷跡にできるように。

絵文字がついていない言葉には、亀梨くんの声がよりリアルに聴こえてくる気がする・・。


Kazuya Kamenashi *049* 2009.3.10 11:34


この3ヶ月間も色々なことを感じ、
学ばせてもらって、、、

何かに向かって歩むことって良いこともあれば、そうでない事もある。

歩まなければ、傷も負わないし、学ぶ事も出来ない。
今回、そう言った意味でも本当に良い経験をさせてもらった。

俺は、みんなの力があるからこそ歩み続けられてるなと、、、

~・~・~・~・~・

やり終えた感は確かにあるんだけど、進んだ距離以上に
大きなものが見えた。

与えてもらった事1つ1つが俺を変化させてくれてる。

~・~・~・~・~・

カッチョよい。傷跡にできるように。




「俺がメシ食えないくらい落ち込んでいるときも・・」
Myojo2月号の一文。
あの時亀梨くんは本当に大変そうだったけれど、そんな素振りはまったく見せられなかった。
ファンの前では・・。
ほんとこの人は辛さを見せることを好しとしない人だなぁと思う。
辛ければ辛いほど自分のなかにためこんでしまう人なんだなぁ。

後々、例えばこんな風に誰かに感謝を伝えることを前提に語れたりすることはあるけど、亀梨くんのなかで辛い感情が消化されるまで、言葉にされないように思うのだけど。
不器用で、プライド高くて、見ていてもどかしかったり切なくなったり。


>カッチョよい。傷跡にできるように。

やっぱり、男の子だなぁ・・って最初思ったの。
傷跡を格好いいと定義できるところ。
女の子にはなかなか言えない科白だもの。

そして、“傷”って表現されるんだなぁと思って。
“傷跡にできるように”・・まだ、その傷は癒えてはいないのだというところに心切なくなり。

カッチョよい傷跡にするんだと前に進まれるところが漢らしい、亀梨くん。


1人1人に心を込めて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いつもいつも。



ファンの心を受け止めて、少しだけ辛さを見せてくれた気がして嬉しくなりました。

真面目に書きすぎると重くなるから、ちょっとくだけてみたり、でも、真摯な気持ちが隠れている最後のKK日記。
読み終えたあとは、元気の力をもらっていて、それはきっと私だけではなくて。
たくさんの人を優しい気持ちにしたんじゃないかなと思うんだけど。


“何かに向かって歩むこと”

自分の力を信じて歩むこと。
自分の力だけではなくて、“みんなの力”を感じることができること。
そしたら、きっと何か見えてくる。

言葉だけでわかるんじゃなくて、亀梨和也から伝わってくる。

向かい風が一番あたる先頭にいて、みんなをひっぱって行く強さを持っている・・というか、強くはないから強くならなくちゃとがんばる亀梨くんの言葉は、ストレートに胸の真ん中に届きました。

2009.03.16 *Mon*

神の雫 Photo Book

ブラックオニキスのような硬質な光を放つカバーデザイン。
ふっ・・とこちらに気づいて何か問いたげな表情の亀梨くん。
ただそこに存在している亀梨くんと、透き通るCOOLな質感がいい。

最初の数ページは、胸が高鳴る亀梨和也がいっぱい。
仕立てのいいスーツに身をつつむ亀梨くんが素敵なの。
襟元着くずしてカラフルなビーズのネックレスが覗いたり、雫仕様じゃない亀梨くんにときめきのフォト。

魅入られてしまう攻撃的にあおる瞳、
キュートなウィンクあひる口、
あどけない半開きの唇。

あは。
見ていて飽きないな~。
いい表情してるな~。

ドラマでは見られなかった黒皮ベルト姿にどきどき。
個性のない黒皮ベルトも亀梨くんがしてると色っぽくなっちゃうから不思議なんですけど。

黒皮ベルトがのぞくデキャンタージュフォトの腰つきとか。
・・くる。
ワインの香りより亀梨くんの腰つきに酔うな、これは。はは。


続いて魂が高揚する撮影シーン。
雫をじぃ・・と見つめられるしあわせ。
雫になっているときの亀梨くんは、なんていうか亀梨くんだけど亀梨くんに見えない。
ちゃんと、雫がそこにいるの。
撮影の合間は、亀梨くんの顔に戻っていて、オンオフの違いが驚くほどわかる。

豊多香氏の机に座って小道具で遊ぶ仲さんと「なにしてんの?」て側に寄ってる亀梨くんのフォトが好きです。
このふたりのツーショット、可愛いv
オフショットの亀梨くんは、わんころみたいでどれも可愛い(笑)
あと、雪山のリフトに乗ってるフォトもいいな。
きゅん・・v


役者亀梨和也の言葉を聴くのが好きなのです。
神咲雫役としての亀梨くんの言葉が本にとどまることもうれしい。
TV誌でも聴けるけど、時が過ぎれば流れる媒体だから、あとあと聴ける機会がなくなるだろうし。
これからちょっと先に亀梨くんのファンになる人が手にできる本のカタチとしてあるがいいですよね。

演じる役によって、勉強しなきゃいけないことはいろいろ出てくる。
そのときにどこまで入り込むかっていうのは、それぞれの俳優さんによって違うし、何が正しいのかは決められない。
ただ、俺はけっこう不器用だったりもするから。
本当に自分の体に浸透するまでやるっていうやり方をとっちゃうんだよね。
もっと力を抜いてもいいのかもしれないけど。
でも、抜いたら抜いたで気持ち悪くなるんだよね、意味もわからずに台詞を言ってる自分のことが。


>意味もわからずに台詞を言ってる自分のことが

ココロに響きました、ここ。
こういう人だから亀梨くんを好きだな・・って思う。
演じるんじゃなくて、自分の体を使って自分ではない誰かを生み出す。
それはすごく体も心もハードに酷使することだと思うんだけど。
実体のない雫という人物を生み出す。

亀梨くんではなく雫がいるって見えること、すごいことなんだなぁ・・。

田辺氏と原作者亜樹直氏が、役者としての亀梨くんについて触れられていて、同じ現場に立つ人がとらえる亀梨くんの姿にも感じ入るものがあります。

この経験が、どんな実になってどんなふうに熟していくんだろう。

ちょっと他人事みたいに自分を見つめて楽しんでいる感じ。
これから熟していくところも見てたいな・・。
category : 神の雫

2009.03.15 *Sun*

お知らせ

ジャニーズブログランキングに参加していたのですが、やめることにしました。
来週中にはずしますので、こちらから遊びに来てくださっている方がいらっしゃいましたら、ブックマークなどつけていただいて、また遊びに来てもらえたらうれしいです。

先日、カレンダーのエントリ記事にて画像を使っていたので、JBRさまから規則違反のイエローカードが届きまして。
(というと語弊があるかな・・画像の取り扱い方法など丁寧な指導をいただいていて、お手数おかけして申し訳なく恐縮しちゃうご注意でした。)

画像を使うことはNGなのですが、ときどき写真が持っている力が欲しくなるんですよね。
写真に閉じ込められてるKAT-TUNのパワー。
「KAT-TUNパワー注入~」みたいな。
規則を守るか、画像を使いたいわがままを通すか・・自分のわがままを通してしまう羽鳥なのでした。
そんな理由です。

JBRへぽちぽち投票もありがとうございましたv
ランキング方式になっているので、1票投じていただいてると応援してもらってる~るる~♪とうれしかったです。にこにこ。

今、JBRバナがにゃんこ手竜なんですけど、にゃんこ手隼人と対にするつもりだったの。
にゃんこ手隼人バナが作れなかったことが心残りだな~。はは。

ブログめぐりをしなくなって久しいですが、3年くらい前はよくJBR経由でよく遊びに行ってました。
素敵なブログに出会えたし、そのなかでおともだちもできました。
好きなブログさんにはコメントする積極的な羽鳥だったのです。
つか、怖いもの知らずだった。今は、コメントする勇気ないもん。
いろいろなたくさんの楽しい想い出がつまった場所でした。
JBRに参加できて楽しかったです。多謝。


念のため書き添えますが、これから画像のせちゃうぜ~ってことではないです。
流通している段階のもの、TV画面のキャプチャはなるべく使わないようにしてますが、これは変わりません。
ドル誌などのバックナンバーは、えと・・ときどきちょろっとのせることがあります。てへ。

イケナイコトもまじっているSelfishKANですが、よろぴく~。ぺこ。



「しゅ~じくんパワーちゅ~にゅ~」
875
category : 日々是好日

2009.03.12 *Thu*

cartoon KAT-TUN 100 

カンペを確かめる亀梨くんを2回ちら見する仁くん。
隣同士に座るとき、お互いに相手のことをじっ・・と見てることがよくあるふたり。

間近で感じる視線は、ね・・しっくり落ち着くでしょ?
心強くなるでしょ?
874


へたれキャラを愛する男 Guest: はんにゃ

亀: いやぁ~掃除夫さんに呼ばれてきてさ~
仁: (ぷはっ)うそぉ
亀: そうなんだよぉ

亀梨くんの妙にうわずってる小芝居に、思わず「ぷはっ」とふきだしてしまう仁くん。
仁くんの照れ笑いを止められないでいるむにむにした唇を見ているだけで、もうもう・・しあわせなココロ。


テロップ → 第三十話「初めての2ショット」

ナレーション → 早速、この“うれしはずかし”な空気を切りさく・・

cartoonオフィシャルじんかめ。
てれてれ照れまくるふたりが可愛いです~。じたばた。

亀: めずらしい・・この部屋に俺がいるっていうのは
仁: この2人組みがはじめてなんじゃない

視線きょろきょろ、おしりもぞもぞ。
このそわそわした空気、ほんとあてられます。
シュガーなお年頃じんかめ。

なんでそんなにふたりっきりなのが恥ずかしいかなぁ(笑)
予告が流れたときは、カレカノか~なつっこみだったけど、プラベで遊んでいるヤツとメディアでお仕事するのが照れくさい・・という風に見えないでもない。

俯瞰のカメラワークもいいんだよな。
隠しカメラ的視点で、ベッドのうえのじんかめが映るから、どきどきもひとしお。
うしし。

山本KID氏の車に乗った回で、おっきく股ひらいて座ってる亀梨くんと横で押され気味な仁くんがいましたが。
ここでも、おっきく股ひらいて座る亀梨くん。
上から見るとけっこうすごい図だ(笑)


ゲスト“はんにゃ”の登場でちょっとほっとしているふたり。
それにしても、その場の流れを作る亀梨くんが面白かった。
いつもゲストのネタを見ているだけなことが多い第二章ですが、芸風を知っているいじっても大丈夫な芸人さん&隣には仁くんの心強さからか、ぐいぐいその場をひっぱるひっぱる。
いじったり放置したりちょっとだけ優しくしたり。

金田氏をいじる亀梨くんに惚れ惚れ~。

お隣に仁くん効果か、たまには面白くなるMCかめなちくん哉。
ほいで、亀梨くんにメイキングをまかせていていた仁くん、

亀: このリズムでもジャニーズ・・できるよね?
仁: おまっ・・ふるんじゃねぇよ

あは。
ナイス、ネタふり。
ゲスト同様いじられ役に。

仁: おまっ・・後でちょっ・・話し合おう

わははは。
仁くん、精一杯の抗議。
亀梨くんだとなんでそんな弱気なりか。ぷくくく。

本気で正当派ジャニーズダンスレッスンをはじめる仁くん。
2ステップ→ボックス。
お~!
基本ステップを踏む仁くん、フレッシュJr.みたい~。
いいもの見れました(笑)

野ブタ。トーク。

仁: 俺も落ちて山Pになったからな~

「しゅ~じくんっ!」てか・・。
亀梨くんの細腰に抱きついたり、背中ごしに羽交い絞めしたり、亀梨くんの寝ているベッドにもぐりこんだりしたかったなり~?(笑)
じんかめのふたりに、“ごくせん”じゃなくて、“野ブタ。”のBGMが重なってるのが不思議。
こういうのもいいな。
でも、仁は隼人だけど。


ベッドの上にカメラが転がってるけど、たしか撮影ごっこで仁くんをいじる亀カメラマンがあったんですよね。
これも見たかったな。むー。


目がなくなるくらい大笑いしてる亀梨くんの笑顔がいっぱいv
足踏み鳴らして、ブーツやベッドをばしばし叩いて大笑い。
仁くんの太もももばしばし叩いてたんじゃなかろうか。

亀梨くんのテンションがあがると見守ってる仁くん、ときには、いっしょに悪ノリ(笑)
猫背で胡坐かいてるガードの甘さが、見ていてしあわせなの。

同じフレームのなかで、並ぶふたりの笑顔がちょ~しあわせ。



じんかめ最高~!

2009.03.10 *Tue*

ありがとう、雫

雫の「ありがとう」が好きです。

本当に伝えたいときは照れくさくてなかなか言えない言葉だったり、
潤滑油的にとりあえず使ってしまう言葉だったりするけど。
雫は、いつも感謝の心を「ありがとう」のカタチにして相手に伝えるの。


ちゃんと相手に向きなおって。
相手の目をとらえて。
真っ直ぐ相手の心にとびこむ雫の「ありがとう」。

なんの飾りもない素直なありがとうは、ただシンプルで、シンプルに相手の心に届いて。
届いた相手の心を嬉しがらせて、じんわりあたためる。

そうして、確かなつながりが生まれる。

亀梨くんもまた、雫みたいに素敵な「ありがとう」を伝えられる人なんじゃないかな・・。



873

物語が閉じるときの寂しさには、いつまでたっても慣れることができないなぁ。

雫みたいにうまく伝えられないけど。
亀梨くんへ・・雫に会わせてくれて、ありがとう・・です。
category : 神の雫

2009.03.09 *Mon*

cartoon KAT-TUN 97

亀: 両手でいかないと
仁: 両手でいかないと 

同時かと思うくらい亀梨くんに被ってる仁くん。

亀: いっかいいこ!
仁: ぐーっ・・て

ふたりでたこをおさえるポーズ。
お兄ちゃんを挟むとシンクロ率アップするな~。

868

事件を愛する女 Guest:YOU

・暴露大会

掃除夫殺人事件発生。
原因を探るふりしつつ、ここぞとばかりに、イケテツ氏のプラベ趣味をリーク。
6人で固まって、目まぜしながら、いたずらっ子な男の子の顔してるKAT-TUNさんたちが可笑しい~。

この設定で、メンバ順番に死体役を持ちまわりしちゃえばいいのに。
KAT-TUN暴露大会(@中丸)。
メンバだからこそ知っている際どいネタリークでお願いします。にへ。

ソファをぐるりと囲むなか、めずらしくじんかめが隣同士ポジション。
ソファに両手をついて、同じポーズしてるふたりが並んでいるのを見るだけで、こう・・しあわせなココロ。
亀梨くんの肩越しに中丸くんを覗く仁くんの図とか。

いつもメンバの間をうろうろしてしまう仁くんですが、お部屋が狭いので、亀梨くんの周りをうろうろしているように見えて、やっぱりしあわせなココロ。

仁くん、お帽子の被り心地を直しているときに、裾がつりあがっておへそチラリズム。
ついでにおパンツもちらっ。
油断しているお腹ぽにょが可愛いv


・ダイイングメッセージの謎を解け

電卓はじく亀梨くんを、右から中丸くん、左から仁くんがむっちゃ覗き込んでる図がちょ~可笑しい。
計算間違って、暗号ミスリードの亀梨くん(笑)

聖: 一億だ
亀: ふはははっ

ふはははっ。


・取り調べ? 風船ロシアンルーレット

怖くないもんね~なポーカーフェイスを気取る亀梨くんの、思わずぴくっとなってる口許や眉根。
3.2.1・・の瞬間、目がテン(笑)
セーフの勝ち誇ったお顔がちょがき。

風船を近づけられただけで、肩びっくぅとなってる仁くん。
格好よくなっても、へたれ健在な仁くんラブv
奥歯かみしめておちょぼ口になってる仁くん、なんかあごあごしてる。
あごあご。

仁:次から耳ふさぐの無しにしよう
中丸: ふざけんな

まじで怒気を含んでた「ふざけんな」にときめく。
S中丸くん大好きv
不意打ちで割れた風船の欠片が飛んできて、驚きのあまり真顔でフリーズしていた仁くんがち可笑しかった~。


・取り調べ? 箱の中身当て

中丸くんの見せ場がやってきた(笑)
眉根による深いしわラブラブなかまるクオリティ。
秒速で飛び退く中丸くんに、

亀: 普段からその動きで仕事しろよ

プラベの電話は、「めっちゃトーン低い」言われてるし、楽屋の中丸くん見てみたいなぁ。
どれだけ動かれないんだろ・・。

一番離れて見ていたのに、なかなか触れない中丸くんにとうとう我慢できず指導に出ちゃう末っ子。
そして、「ふたりしていたずらするのはやめて」な弟’sに挟まれる中丸くんの図リターン

亀: かちゃ、ってやってみ!
   ぺっ、って!

わはは。
たこを触るためのレクチャー、かちゃ、ぺっ。
中丸くんに一生懸命になりすぎて、理屈じゃないんだNO REASONな日本語になってる亀梨くん(笑)


・取り調べ? 嘘発見器

ビバ! じんかめチョイス。

Q: 自分がいちばん格好いいと思っている
亀: いいえ (びょびょ~ん嘘発見器大反応)

肩先震わせて、困り笑いする亀梨くんが可愛いv
マジで焦ってる亀梨くんに、仁くんも思わず笑い出す。
中丸くんよりも格好いいと思っているの問いで、針の動きが気になって思わずチラ見する亀梨くん。
針より正直に動く視線。
末っ子がいじられ役にまわると、お兄ちゃんモードになってた中丸くんの「かめ?」「かめ?」な声音が好きv
「お兄ちゃんはそんな子に育てた覚えはありませんよ」とか言い出しそうな・・。

亀: これ汗かくわ~ 
仁: やっべ、俺もう手汗かいてきた

亀梨くんと入れ替わりながらGパンで手の汗ふきふきする仁くん。
手の平が触れていた机に汗で湿っていたのか、手の平で机ふきふきする亀梨くん。

ふたりとも汗かきすぎ(笑)

ポーカーフェイスしてても、おちょぼ口になる仁くんは、針の動きよりおちょぼ口の力の入り具合だな。

犯人は、みどりのアイツ。
去り行く中丸くんに一言、

仁: おまえがいない時、アルバム出すから

わははは。
久しぶりのLAネタ。
結局アルバムに不参加だった時期を寂しがっている感の仁くんが愛しいです。

しかし、まさかの夢オチであった。
嘘発見器の質問をもっと際どく夢みがちなのでもいいのにね。
だって、夢のなかだもん~。

2009.03.08 *Sun*

2009 KAT-TUNカレンダー

2009.4-2010.3 KAT-TUN KALENDAR With You

カレンダーキットが届きました。
今年のカレンダーは、セルフサービスなんだな。
小学生のときに買ってた“りぼん”とかの漫画雑誌の付録みたいで懐かしい感触。

白地に金の箔押しの、ほどよい持ち重りのする大きさのケースは、海賊からの贈り物の宝箱みたいでなかなかロマンチック仕様。
添えられている“With You”は、ライブが終わって照明が点いてもまだ現実に戻れずにいる余韻を思い出させます。ライブの決め文句だから。
ほいで、ぱかっと蓋を開けたら、

“おまえといっしょ”

というオチが。
罰ゲームでもなければぜって~言わなさそうな科白に思わず、ぷふっ・・大笑いです。
ロマンチックで終わらないところがKAT-TUNだな~(笑)

カレンダーの下には、小物入れの空間。
思い出を詰められるようになのかな。
実際に何かを入れることはたぶんないけど、この隠れた空間に何を入れようかな・・と想像すると楽しい。

フォトカードを順番に見ようと思っていたらば、封を開けた途端、パラパラ・・と下に落としてしまってバラバラ・・。
うむ~。
こんなに摩擦力が弱い紙とは思わなかった。
しかし、特に時系列もなく、カードを楽しむのには問題なくてよかったです。


フォト部分は、カードをめくるごとにいろんな表情をしているKAT-TUNメンバがいて楽しい~。
6人いっしょの撮影は、ちょ~楽しそうで、声が聞こないのがもどかしいくらい。
6人の騒いでいる声が聞きたい~。

ex12
 
ごはんの支度フォト。
このシーンなんか特に。
こちらもセルフサービスで、“ふきだし”をつけて科白を書き込みたくなる(笑)

上田: あのにんじんとじゃがの仲をさいておしまい!
亀: そんなご無体な・・

・・ちょっと違うか。
ふんぞりかえる竜也さんと大仰に驚いてる亀梨くんの小芝居っぷりと、その隣で“こにこにんじんさんとじゃがいもさん”を「どーっすか?」と見せてる中丸くんが可笑しいんだもん。
ふきだしとか効果音をつけたくなるフォトがいっぱいの仲良しKAT-TUNさんたち。


・相変わらず中丸くんに色仕掛けする亀梨くんと、気づかないふりしてピキーンと固まってる中丸くん。
・隣でシャンパンを開ける亀梨くんに、中腰浮いてる中丸くん。
・アメコミSRとリアルサラリーマン2本立ての中丸くん。
・マイクを握るフォトが、先輩に連れられて営業接待してる後輩で、その場盛りあげに演歌熱唱中みたいで気になる。
・クリームソーダとコーヒーのリバーシブルなお顔を見せてくれる中丸くん、クリームソーダをストローで吸ってる口許ラブv
・ちっちゃな女の子とおデート仁くん。
・父性本能全開。目が優しい。
・眠ったふりしてたらほっぺたつねられて、あへっなへたれ顔ラブv
・ときどきエスコートしてる格好いい顔みせてくれるところにどきどき。
・過去にとらわれてる笑顔の亀梨くんと未来へ踏み出したいけど涙を流せない亀梨くんが裏表。
・涙にうるむ瞳と濡れる下まつげラブv

さすがに枚数が多くて、見るたびに想いが増えてくな。
アトランダムにカードをめくっていくのも楽しいです。
カレンダーとして機能してないけど(笑)


どうなのこのごっきげーんなお背中。
ex10

2009.03.06 *Fri*

キ・セ・キ

中丸くん竜也さんといっしょのときには、そんな照れくささなかったのに。
聖田口くんといっしょのときは、そんなはにかんだ笑顔なかったのに。

照れてる仁くんを見て照れちゃう亀梨くんを見てまた照れる仁くんを見てまた照れちゃう亀梨くん・・

可笑しいくらいに意識しあってるふたりに、きゅぅぅぅぅぅんとしたまま一日過ごしました。
照れくささを隠し切れないとこが、お互いがお互いのスペシャルであるを物語っていて、“萌え”なアツさとは別に、じわんとあったかいココロにしてくれるのです。

しあわせに容量があるとしたら、今にもあふれそう・・。

昨夜は、照れてるふたりを見て、こっちまで照れくさくなってたけど。
今夜は、周りを気にせずいちゃいちゃじゃれあっていた頃のふたりを見て、照れ照れ。


キ・セ・キ めぐりめぐる軌跡が
872

少クラの思い出メドレーで、♪キ・セ・キが流れた途端、すだれが揺れる白衣装を着ていたころのちょがきKAT-TUNがフラッシュバック。
この曲を歌うタッキー&翼の後で踊るKAT-TUNが大好きで、繰り返しみていたからな~。
フラッシュするみたいに思い出しちゃうと、実際に映像が見たくてうずうず。
そんなわけで、少クラスタジオ時代のちょがきKAT-TUNを見てたの。

七分丈ズボンでぴょこぴょこ飛び跳ねてるちんまり亀梨くん。
手足がすらりと長いスレンダー仁くん。
空に向かって腕を広げる振り付けのとき、いっつも仁くんのお腹がちょろっと見えて可愛いv
踊りながら目があって、ふふっ・・て笑いあってるじんかめがちょ~可愛いです~。

すだれ白衣装のを描きたいなぁと思って、2002年秋冬くらいの映像を見ていたら、この衣装で“離さないで愛”歌っている亀梨くんが・・。
ぎこぎこぎこちない腰まわししてた(笑)
仁くんと田口くんふたりがバックについて踊っていて、このフォーメーション今の3人で見てみたい。

Four Tops、K.K.Kity、Ya-Ya-yah、KAT-TUNの4Gで♪Believe Your Smileを歌うシーンもあったりして、結成から変わらない6人の軌跡の奇跡をみる想いもまじってくるのだけど。

KAT-TUNへのラブとかセンチメンタルな気持ちは、いろんなことをミラクルにして、ピカピカ輝く。


照れながらみつめあうふたりが今ここにいるのもピカピカ輝く奇跡だな。

2009.03.05 *Thu*

JIN’S ROOM

仁: このふたり組がはじめてなんだよね (きょろきょろ)
亀: 番組はじまって以来、ね・・ (きょろきょろ)
仁: ね・・ (きょろきょろ)


わはは。
なんて落ち着きないんだ、きみたち(笑)

871

JIN’S ROOMへようこそ。
緋色の壁紙、ゴールドのベッドカバーでメイキングされたベッド。
はわ~・・なんてやる気に満ちあふれたお部屋。
ラブホというよりも、紅と金の彩りが高級遊郭みたいですにゃ。

お膳立てはととのえられてみたものの、はてさてどうしたものかとまどうふたり。
ふたりっきりで大緊張。
あまりにも困ったように照れているふたりに、きゅぅぅぅぅぅん。
照れ照れがこっちにも伝染しちゃいそうです~。
照れ照れ・・・///

訪問者亀梨くんをじぃっ・・と見つめる視線。
所在無くトランプをいじる手。
ドアが開いた瞬間、一拍跳ね上がった仁くんの鼓動が聞こえてきそう。

亀梨くんも仁くんのお部屋ははじめてでもないのに、きょろきょろお部屋の様子を見渡したりなんかして。
隣同士に座ってみたものの、お互いの視線をさけるようにきょろきょろ。

ほんとにはじめて彼女が部屋に遊びにきた彼氏とその彼女みたいだぞ。


予告の数秒でテンションMAX。イェイ。
でも、じんかめスペシャルのカートゥンのまえに、神の雫の最終回が待ってたんでした。
雫くんと会えなくなるのが寂しくて。
じんかめスペシャルが待ち遠しい。
哀楽ジェットコースター。


カウントダウンあと6日。(←rさん家に輪唱してみた♪)

2009.03.04 *Wed*

2009.4 with ~赤西 仁

うすく目を閉じて ふぅっと息を吐いて
いつもはちょっと猫背になってる背中を反らしているフォトが好きです。

期せずして素肌が色っぽい胸元も・・。

withjin

2009.4 with ~変わらずに歩み続ける力

洗いざらしのごわごわしたコットンシャツが、次第にやわかく素肌になじんでいく・・でもまだごわつきがのこってるみたいなフォト。
ぜんぜん笑顔のフォトがなくて、「あ、いたの」程度にカメラを見つめている表情がいい。
とっつきにくさを出している仁くんにときめく~。
同じ部屋にいるのに、こちらの存在を消されて、悲しくて泣きたくなるのにときめいてるの。はは。
にぱっと笑われたときの、きゅんvな笑顔を知っているからかもしれないけど。

ゆるゆるおうちスタイルもいいなぁ。
皺になっても気にならないシャツとパンツ。

ぽやぽや無精髭と左手中指のささくれがなんだか愛しいぞv

背を反らしている右隣の仁くんもいいです。
横アングルの胸元。
シャツの隙間からちょろっと素肌が覗くアングル大好きv(笑)

あちこち旅してくたびれたトランクにまたがる仁くんのここではない遠くを見つめてる瞳が切ない。
黒と白のウィングチップの靴が軽やかでいいな。
最近、もこもこしたキャメル色のブーツのイメージしかなかったから新鮮。

インタビュテキストは、仁くんの空耳声が聞こえてこなくて、ドル誌やTV誌は言葉じりや彼らの持つ言葉のイントネーションをそのままに文字おこししてるんだなぁと改めて思ってしまった。
インタビュの中身は、じんわりあったかい気持ちになります。
ひとりでインタビュのときは、ぽそぽそっとローテンションな話し方になってしまう仁くんの声で聞きたいなぁ。

「大切な人たちの幸せのためなら何でもするぐらいの覚悟を持って、僕自身が幸せになっていきたいなって思いますね」

あは。仁くんらしいプラス思考。
仁くんが大切にしてる人たちは、仁くんの側にいるのが居心地いいんだろうな。

2009.03.03 *Tue*

2009.2 月刊ザテレビジョン

ストレートVer.で二十歳の雫くんになってる亀梨くん。
片膝立ててちょいと寝転びポーズ好きv
体をねじっている向きに、膝立ててる足の内側が入られると、ウエストあたりにねじれが伝わって色っぽくなられるんですよね。
膝~太ももの内側にきゅっ・・と力はいってるときは、いつもどきどきします。
何気に足元が、聖とらぶらぶしてる。

どかっ!と胡坐をかいている仁くんの眉毛が強烈。
メイクのせいか印刷具合のせいか、眉毛が長方形に見えてノリ弁みたいというか。
胡坐のフォルムとあいまってだるまさんみたいなの。
でも、このどかっ!と感がたまらないんだよな。
こう・・駅のホームのベンチに座っていたら、隣にどかっとかっこいいお兄さんが座ってどきどきした感じのリアルなどきどきときめきがあるから。

中丸くんの髪の毛まりもみたい。
坊主にしていたときの聖じゃないけど、手の平でしょわしょわさせて欲しい誘惑にかられる短さだなぁ。
パステル調のヒヤシンスブルーとローズピンクのアーガイルカーディガンが素敵v
うむうむ、やっぱりこの人にアーガイルニストの王冠を捧げたい。


座談会につられて買ってしまったテレビジョン。
なんでドラゴンボールの話になると止まらなくなるんだ、きみたち(笑)

2009.2 月刊ザテレビジョン

・6人の好きなお酒は?

上田: オレ中丸にハメられたの。梅酒はうまいって暗示かけられて。

ハメられ暗示かけられ・・すげぇ影響力だな、中丸くん(笑)
わはは。中丸くんのせいにしている竜也さんが可笑しいの。
ほんとお兄ちゃんコンビは和みます~。

亀: 友達が来たら、うがい用のコップにしてると

家でワンカップ大関を飲むという竜也さんをいじる弟たち、聖亀。
ぽろっと庶民的なことを言われるときは、ネタじゃなくて実体験のような気がする(笑)

中丸: オレ、今度、赤西といっしょに飲みに行ってみた・・いな(尻つぼみ気味)
仁:  いいよ。行こ。グダグダに酔わせてやるよ
中丸: やっぱ、やめとく・・
仁:  なんだよ、情けない顔しやがって(笑)


お~。仁くんが兄貴~。
社交辞令に終わらなくて、ほんとにグダグダにされちゃいそうだな。
「行こ」って言い方が好き。
ふっとココロを軽くしてくれるところ。
仁くんって、肯定される安心感をくれる人だと思う。
ま、グダグダってオチがついたりするんですけど。

“遭難したときに頼りになるメンバー”として、「赤西。たくましいし、力あるし、仲間を裏切ったり見捨てたりしなさそう」とあげてる中丸くんに、手のかかる弟だけど頼りにしてるんだ~とにこにこ。
rさん家の勝運兄妹のまんまだ~。あは。


・6人いっしょにドラマか映画をするなら・・

亀: HIROESみたいのか、それかドラゴンボールみたいなのか・・

仁くんのHIROES熱がうつったですか、亀梨くん。
DVDいっしょに観たりなんてことはないなり?

仁: ヤムチャは中丸だろ
亀: 上田はピッコロ


うまい配役していくじんかめさんたち。
息ぴったり。


聖: オレ、べジータもいいな
亀: べジータは赤西じゃん?
仁: そう?オレ、悟天もいいな


そっか~。
プライド高くて不器用なべジータを仁くんにあてちゃうんだ~。


中丸: 亀は、亀仙人でしょ
仁:  それはすぐ思い付くじゃん。
    だから、亀梨は栽培マン(笑)
亀:  え~!なんでだよ~


栽培マン(雑魚キャラ)をふられて、「え~!なんでだよ~」
なんでそんな甘えた声なんだよ~。
って、わかんないですけど。でも、きっと甘えた声。


亀: 田口はナッパ。
   赤西(べジータ)にやられちゃうの
仁: 使えないからって、最後の最後にやられちゃうんだよね!
亀: 赤西にヒューンって飛ばされて、田口が「赤西くん、やめてよぉ~」って(笑)
 

田口くん当て馬状態。どんまい(笑)
中丸くんには「グダグダに酔わせてやるよ」なのに、亀梨くんには「やられちゃうんだよね!」。
語尾が甘い~。


フィクションかノンフィクションか真偽のほどはわかりませんが、仁亀のラブラブなプラベエピを教えてもらうことが多いのです。
フィクションでもしあわせになれるエピなの、これが。

ふたりの雰囲気が柔らかく感じるこの頃。
それだけでも、ちょ~しあわせ。
category : 本:TV誌

2009.03.02 *Mon*

keepHD ~YouTube動画をダウンロード

KeepHD =YouTube動画をダウンロードできるツール

というのが、百式さんのところで紹介されていて、試してみたらけっこう良かったです。
YouTubeから自分のPCにDLして見られるの。
気になる動画が欲しいときやうっかり録り逃してしまったときなんかに使えそう。

海外サイトなので全文英語表記ですが、Enter Youtube URL欄にYouTubeのURLを入力するだけなので簡単v
海外のツール系って面白いのがいろいろあるな~。
category : 日々是好日

2009.03.01 *Sun*

お絵かき道具

某Dさん(某の意味なし/笑)と電話でお話していたときに、ブログのらくがきをすべてPCで描いているということを驚かれたことに驚いたことがあったのです。
えと・・すべてPCで描いてます。

って、改めて書くほどのことでもないのですが、自分では当たり前なことが、誰かの想像外の出来事になってるってなんだか面白いなぁと思って。
某Dさんは、とても素敵なプリザーブドフラワーアートをされるけど、材料も創作過程も羽鳥には未知の世界。
どんなカラクリになってるのかぜんぜんわからないもの。

カラクリというほどのことはありませんが、カラーのお絵かきをしている時は、こんな感じです~↓
ex9

フォトショップ7.0使用。
WACOMのペンタブレット(Intuos)を使って色ぬりぬり。
これは、この間のBDかめなちくん。
ソファをワイン色の無地にしようかオリエンタル風の柄を入れようか迷ってふたつ並べて比べてみたところ。

絵描き屋さんたちは、イラストレーターやSAIなどのDrawing softwareで絵を描いて、フォトショで加工されるパターンが多いようですが、羽鳥は技術が足りないので、フォトショのみ。
ペンタブは、ソフトが対応していれば筆圧を感知してくれるので、力をこめると強く濃い線が、軽くなぞると薄い線が引けたりするマウスにはない機能があります。
フォトショもペンタブも多機能でちょ~強力アイテムなのに、装備している羽鳥がレベル不足でいかんともし難くへなちょこアイテムにしちゃっていて申し訳ない。


初めてPCを買って、
せっかくだから何か(メールやネット以外に)PCでできることがしたいな~
と思っていたときに、
そだ!HPを作ろうと思ったり、
フォトショがあると絵が描けることを知って「これ、やってみよ~」
と発起したのがきっかけで、今みたいならくがきを始めました。
図工が苦手で、同人していたわけでもないのに、突然やってみよ~ってなったんですよねぇ。
なんでだろ・・。
ま、わけのわからん衝動もたまにはあります。

描いたことなくても、漫画ばかり読んでいて、漫画の描き方もいつの間にか知っていて、どんな画材が必要かテクニックが要るか、知識として先に知っていたから、やる前から、無理・・ってなってたんですけど、ん?フォトショがあればとりあえず画材はいらないんじゃ・・?
ピコーンと電球閃いたことが大きいかも。←おおげさ


ほいで、こういういつものらくがきは、お絵かき用のレンタル掲示板(無料)で描いてます↓
869

お絵かき掲示板のなかでも一番機能の少ないやつ。
それでも充分カラーを描ける機能がついてるのですが、カラーが苦手な羽には時間がかかりすぎるので、単色のみ。シンプルシンプル。
トーン効果でてけと~にごまかせるところが好きv
しかし、しょぼいな~。
うん。なるほどこれはPCで描いてるように見えないのわかるわかる~。ははは。

2年目くらいに、
絵描き屋むり~っ!
とさぱっとあきらめましたが、下手の横好きKAT-TUN好きでちょろちょろ続いてます。
絵が描きたいんじゃなくて、KAT-TUNを描いていたいの・・みたいな。
だってKAT-TUN描くの楽しいんだもん~。
ブログを閉じたら、らくがきもそのまま止めてしまうんじゃないかなぁ。

今はKAT-TUN描いてるのが楽しいです。にこにこ。
category : 日々是好日

03
7
11
13
14
17
19
20
24
25
26
28
30
31

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2009年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。