This Archive : 2010年01月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.29 *Fri*

2010.1.29 Mステ ~THE D-MOTION

知り合いの亀梨和也が今日、ミュージックステーションに出るみたいなんでそっちも宜しくっ

まぶしい対策だからっ  

(@5およよ日記)


恭平くん、知り合いなんだ。
フルネームで呼んじゃうんだ?

まぶしい対策←亀梨和也が「ま、ま、まぶしぃ~」だから、覚悟するように通告かと思ってました。
ヒロシくんのサングラス予告だったのか。
わはは。

ほいで、恭平が、こっそりスナコひゃんの部屋からヒロシくんのサングラスを持ち出して亀梨和也に渡したらしいぞ。
ヤマトナデシコとのクロス愉しい~v


2010.1.29 Mステ ~THE D-MOTION


“ワレワレハウチュウジンダ”エフェクト面白いね。
圧力のかからない水中で軽快に踊ってるみたいな感じが面白い。
コポコポ。

どこか見え見え、どこか隠されてるえっちぃ歌詞、でもちゃんとキュートな曲歌わせたら最高KAT-TUN。

ねじ巻きロボットダンス、中丸くんの持ってるダンスのくせがはまる。
遠くを見渡すパントマイムの動きとか。
赤のタータンチェックに可愛さを残してパンクっぽい衣装もいいなぁ。
黒髪とのコントラストがシャープにキマってます。
英国の私立大学のパーティに出席してるお坊ちゃまみたい。イメージイメージ。

♪君と踊りたい

中丸くんのアップがまぶしぃ~。
D-MOTIONなのに、にこって、アクのない笑顔なんだもん。

時代ミックス国籍ミックスしてるような衣装のなかで、仁くんのジーンズだけが東京限定。
現実的なはずし方だなぁ。
ひっつめ髪も定番。
だんだん全開おでこが愛しくなってきました。ラブリー。
大きめイヤリングの重みで揺れる耳もとセクシー。
ENGLISHを奏でる唇もセクシー。
ラスト、マイクを回しながら軽く蹴り上げてる右足が可愛かった。

はじめてときめきました、亀梨くんの右目元のほくろ。
スカルサングラスをカッコつけつけでかけられたときは、思わずふきだしそうになったのに。
じらしながらサングラスを外し、
にらみつけて、
煽って、
流す、
目の横にあるほくろ。
きたなぁ。ドキッと刺さりました。

♪派手に揺らして 体揺らして

亀梨くんの腰を揺らしを感じて揺れる、コートの裾が悩ましい~。
真っ白なうなじに結わいた髪の後れ毛が悩ましい~。

ひな壇トーク。

中丸: 空気清浄機はとてもいいんです

豪語した後に、ちょっとしょんぼり中丸くん。
憮然としたお顔が、弟たちにからかわれてる長男の態。
本気と演出のラインがあいまいなところが面白くなってきたなぁ、中丸くん。
加湿器はついてないけど、自分家の空気清浄機を愛してるからいいのです。
スポンサーサイト

2010.01.27 *Wed*

2010.1.27 ザ・テレビジョン

ヤマトナデシコ七変化

televison2010127a

雫で見られなかったソムリエスタイルを、恭平Ver.で見られるとは。
ラリホー。
七変化ブラボー。
ベストは、背中のあるタイプかな、ないタイプかな。
カマーベストという、背中が大きく開いているタイプのウェイターベストの後姿が好きなのです。
アイロンでぴっちりプレスされた白Yシャツに肩甲骨のしわがよったりするのが、どきどきするのだよ。
亀梨くの背中がさらに魅惑に誘うアイテムだとも思ってるんだけど。
これは、後姿も楽しみだ。ふふふ。

笑い声が聞こえてきそうなくらいのにににこ笑顔。
静止画なのに見てるとほんとうつってしまうの。
自然とつられて笑ってしまうので、はっ・・と我にかえると大変恥ずかしい。
この面子でひとつのドラマを作り上げてるいい共有感が見えてくる。
楽しいv

亀: 普段はホント、(内は)ナチュラルボーイだからね

ナチュラルボーイ?(かめなち語録?)

宮尾: できる男はクリスマスイブを空ける?
亀: それそれ(笑)
   オレ、去年できない男だったな~。バリバリ仕事してた!


宮尾さんおもしろい(笑)
ムードメーカは宮尾さん?
いじられ役もこなす大人の男、亀梨くんのタイプっぽい。

ポ・リ・バ・ケ・ツ。イーーッ。
可愛いv
リンパマッサージ、おやつに千切りキャベツ、バスソルト・ハーブ・アロマオイルの湯船にちゃぷん。
あと、コロコロとスチーマー。
や~極める極める、ハマると熱いB型です。

televison2010127b

“清史郎くんのマネ”というか、つられてない?
かめなち&せいしろコンビ愉しい。


LANDS LAST LIVE

televison2010127c
↑あっはvな笑顔可愛い。大好きv

生音聴きたかったな。
ナツの声浴びたかった。

額の汗すごいね。
真っ赤なキルティングビニルは、なんか近未来からタイムスリップしてきたバタくさいにぃちゃんみたいとか思ってしまった。
珍しいよね、こういうテイストのアウターチョイス。

ずっとOlympos聴いてます。
まずは映画を観なくてははじまらんと思っているのですが、まだ観にいける時間がなくて。
週末に観にいく予定です。(それまでに去りたまへ私の風邪よ)
いい感じに乾いてますから、吸収するだけです。ナツを。
category : 本:TV誌

2010.01.26 *Tue*

僕ら極東の片隅で

ナツと恭平の出会い小ネタです。
芸能人Jと一般人Kのパラレルみたいになっちゃったけど。




category : Mix World

2010.01.24 *Sun*

ヤマトナデシコ七変化 第2話 

967


ゆ・・指、う・・・動かさないで・・・・・ 

はぅ


ヤマトナデシコ七変化 第2話


アクティブだった1話とは変わって、今回は、ほぼ中原家が舞台。
舞台固定型のシチュエーションコメディは、キャラクタが細かく動いていくのが楽しいね。

およ?

およよ?

ぷしゅー

亀梨くんの小技も恭平くんのかわゆさに華を添えてるぞ。(華・・?)


●タケルくんの管理人日記

女装を記録されてしまうクールキャラの武長。
家族の隠しておきたい恥ずかしい出来事を学校の作文の書かれて、みんなにばれるパターンみたいなヒミツがいっぱいつまってそう。
これは、恭平の部屋と同じくらい覗き見したい。
にへ。


●恭平 VS スナコ

にゅ~っとドアの隙間から出てくる骸骨のマジックハンド。
あらぁ・・なんて素敵な実用的コレクション。
「およ?」
まんまとえさ(おばけのマーチ)だけ盗られる恭平。
ドアで顔面強打、スナコひゃんから急所蹴り。
2段階、3段階とこてんぱんにやられる俺様恭平が可笑しい~。
おまぬけな恭平くん見たさに、リピリピ。

965

やられキャラ最高っす。


●恭平と武長

そういえば、恭平って何学部なりか。武長と同じ?
乃依にでっちあげのゴシップを吹き込んで武長に頭ごっつんされる恭平。
“ゴツッ”てリアルに鈍い良い音響いてるんですけど。
容赦ないね、内くん(笑)

乃依にぞんざいに扱われる恭平も楽しいね。
俺様キャラ恭平くん、やられてナンボですな。ははは。



●セバスチャン参上

ごまかせばごまかそうとするほどこじれるドタバタ劇を、気づかない振りして、見守りつつ楽しみつつ。
老獪な頑固じぃさんも楽しいエッセンス。
煙たがれてはいても、迷える子羊たちには、頑固じぃさんって頼りになる存在です。


●恭平 VS セバスチャン

舌を抜かれないように、お口チャック。
唇を硬く閉じたままの恭平、科白も口を閉じたまま。
舌を引っこ抜かれるようなことしてるの、バレバレ。
セバスチャンの子供だましなひっかけにあっさり引っかかる。
単純さが可愛いv


●お姫さまきのこ

この設定、自分のネガがポジに反転するホラー小説“天使の囁き”を思い出してしまった。
お姫さまになるための副作用大。
それにしても七変化するスナコちゃん綺麗v
つか、恭平くん、スナコの部屋もスナコの着替えも覗きすぎでは。


●つまんね

お姫さま化したスナコにつっかかる恭平の、おとがいにかける指が・・。
顎の下をかすかにくすぐる中指。
はぅ~。

冷めた視線。 捨て台詞。
勝手な俺様恭平に、どきどき。はぅ。


●ブラック雪之丞

武長: 360度じゃ元通りだって
雪之丞: ばかなんだね・・

弱きものにすぐほだされる心優しき雪之丞。
恭平のおばかさ加減に悲しみをおぼえる、そんな天然(悪気のなさ)がブラックに変化するキャラクタ好きです。
雪之丞のポイントアップ。


●迷宮入りの隠し部屋

“隠し部屋”ときめきをおぼえる場所である。←RPGではお宝が眠っている。
あの本に囲まれた狭さ、スナコの落ち着き気持ちがわかるなり。
マスターの「できる」認定をうけるスナコひゃん。
この隠し部屋、あとから活躍しそうね。


●迷宮入りにて 

恭平、今日も今日とて、水だけのご注文。
マスターとの手チャンバラにやられて、おでこぷしゅー。
美形たるもの、顔面回復力がなくてはならぬのだ。(@光流さん)


●やさぐれ恭平

「歩く出刃包丁」とは、またナイフよりナマナマしい血のニオイがする二つ名だなぁ。
はじめから4人組だったんじゃなくて、恭平は新参者だったんだ。

触れたもの皆ぶった斬りの目して、やさぐれてる若き日の恭平にきゅん。
恭平の心が次第に溶けていったエピソードもこれからあるのだろうか・・。


●恭平とタケル

恭平: どした? ん?

ん?の声音が優しい。
ベッドに沈むタケルの小さな背中がすごく寂しいのだけど、恭平の大きな背中が並ぶとじわんと心あたたかくなるね。

タケルも恭平だってまだまだ力が足りなくて、いっぱい悩んだり悲しんだりしなくちゃいけないけど、でも側に誰かいてくれることのあたたかさ。
光を絞ったカメラワークもすごくいいです。
ふたり並ぶ後姿、一番好きなカットです。

夜の明かりに照らされて、過去を回想しながら、階段に腰掛ける恭平が美人。
左足を投げさしている気だるさがまたいい。
たまには、ちゃんと美人になるのだ恭平くん。

恭平: タケル、早くママのところにいらっしゃい 
    んっ?
タケル: 子供だと思って適当になぐさめるの止めてくれる?
恭平: すみません

寂しさと可笑しさと、和むふたりの力関係。タケルが上ね(笑)
ヤケ食いする!なタケルが可愛いなぁ、もう。


●はじめてのちぅv

逆光に輪郭が淡く光るキスシーン。

ちゅっ

可愛いキスシーンでした。
亀梨くんのキスシーン大好きv

恭平くん、はじめてのちぅに目を閉じてそっと唇をかさねるあたり、乙女なシュミレーション済みなりか?
ふふふ。

恭平: 目、覚ませよ。中原スナコ

王子さまにぽえーん・・かと思いきや、「あれっ?(汗)」王子さまになれないおまぬけさん。
うっかりはじめてのちぅだったこともバレる(笑)

966


●恭平 VS スナコ ふたたび

ローヒールとはいえ、パンプスで回し蹴り。ひゃー。
覚醒するスナコひゃん、おもしれぇわ。

どんな状況であれど、女の子を殴ろうとするとは、恭平のポイントが下がりそうでしたが、セバスチャンの引っ掛けにあっさりひっかかったり、妖しいきのこを「ありがとう仲間の人」ってあっさり食べちゃったり、暗い過去だけではなく、小学生以下かという単純っぷりもそっくりなふたり。
まだ全然男女として意識してないパワーとパワーのぶつかり合いってところなのかな。

恭平: 晩飯、エビフライな?
    エビ

ま、好物をリクエストする程度には近づいたということで。
ゆっくり進むふたりを楽しむとしますか。

とっとともどってこい、このブスナコー!

「もどってこい」自分でも何を求めているのか気が付いてない叫びに声に、恭平自身が気が付いて慌てるところもね。



●プレゼント告知

およ。
グラビアカットでしか見られない煽りショットの亀梨くんが話しかけてくる。

やっぱり俺様恭平モードのかめなちくんには逆らえません。およよ。

2010.01.20 *Wed*

ヤマトナデシコ七変化 第1話 参

964

俺様キャラYeah~!
跡部くん以来のときめき俺様キャラでございます。

ヤマトナデシコ七変化 第1話 参

●下宿先

お互い好き勝手してるけど、なんとなく集まってしまう5人の感じがするリビングシーンがいいな。
豪華な調度類に囲まれて普段着なのに、馴染んで見えるところさすが美丈夫の4人組み。


●恭平のお部屋

アンティークな調度品で設えられた上品なお部屋なのに、大学生男子の生活の匂いがぷんぷん。
ダンボールが積み重なってたり、おこたがあったり。
恭平がおこたでぐだぐだしてるシーンが見たい。

寝姿恭平くん。
あ、なんだTシャツ着てるのかぁ(ちぇ)みたいな。
てっきり裸で寝てると思ってたよ。
って、それは亀梨くんか。
アンド“それは亀梨くん”なので、寝姿の色っぽいこと。
腰をきゅっとねじって膝曲げてる掛け布団のしわの寄り方にどきどき。
はぅ。

乱雑ななか、ベッドの足元にきちんと揃えられてるブーツが可愛い。
カツカツや1ポンドでもきゅんってなってたけど。
亀梨くんが脱いだブーツがちまっと並べられてるだけで、なんか可愛いんだよな。


●喫茶店“迷宮入り”

柔らかなオレンジブラウン色の光、木のぬくもり、コーヒーのいい香り。
いいなぁこの雰囲気。
この喫茶店に行きたいなぁって、ドラマの中に入り込みたくなる場所。
静かさを楽しみたい空間で、いつもと変わらず煩い恭平。
どこにいても変わらないヤツである。

マスターとの掛け合いが楽しいね~。
恭平の口調を真似るマスターと、マスターのイントネーションがうつってる恭平。
あは。なかよしさん。
人を排することが多い恭平だから、気の置ける人がいることにほっとするね。

亀梨くんと重なるところもあって、こういうシブさとガキっぽさのある大人の男の人との絡みもきゅんきゅんです。

「所詮この世は事件も人の想いも迷宮入りよぉ」

マスターのキメ台詞には、思わずふきだしました。
ははは。


●枯葉舞う

“迷宮入り”帰り、枯葉ひきつまった橋を渡る恭平を俯瞰視線で追うカメラアングルがいい。
どこからともなく見られてる不吉な感じとむちむちした亀梨くんの太もも。いい。
にへ。

空を突き刺す骨のような枝を背にぐるぐる回るシーンは、不穏な心象風景なのに、耕作が枯葉の山に隠れていそうで、笑いを誘うという。
だって、枯葉に埋もれてる耕平大好きだったんだもん~。


●雪の街

スナコのトラウマ。
「まっじくっだらない」って、一刀両断する恭平。
「人間は顔じゃないの。中身なの」
震えながら耳を塞ぐスナコもほんとはわかってるんだろうなぁ。
でも、正論だけでは進めなくて、迷っちゃうことあるよね。
中・高校生の頃って、なんであんなにくっだらないことでもバカみたいに傷つくんだろ・・。

恭平:探すったって店わかんねぇしなぁ
   無理だよな
   無理、だよなぁ

諦めかける恭平の背中にかぶさる雪女の声。
今回一番笑ったのが、実はここでした。
「無理、だよなぁ」って、生真面目に言い含めてる亀梨くんの言い方が可笑しいの。
お約束展開のご都合シーンがくるってわかってるのに、そんなひっぱり方。
わはははは。
やられまちた(笑)

●おぼっちゃま恭平

世間知らずを装うおぼっちゃまというよりオタク・・。
マサオに肩を抱かれる恭平くん。
ぽんっ・・じゃなくて、そのがっちりさはナニナニナニ。
計画がうまく運んでいたら、時を経ずして恭平にオトされてるね。
確実に。


●ホスト恭平

短髪・首筋・やさぐれ顔、恭平七変化Yeah。

髪の毛短くなっただけで、幼く見える恭平が可愛い。
高校生に見えるよ?
髪型だけでほんとイメージが変わる人だなぁ。

Sになりに来てる女性客をMに変える俺様恭平。
ふにゃーん、ヘンな吐息が出ちゃうなりよ。

スナコのおばけのマーチを取り上げて食べちゃうプチSさもいいよね。

ナイフを突きつけられて、のけぞる首筋。
ふにゃーん。

おー!パチパチパチと拍手をおくりたくなるケンカシーン。
きもちぃかったです。
ゲシッゲシッ相手を蹴り上げ、とび蹴り、パンチパンチ、チョーパンチョーパン。
きもちぃ~(笑)

そうそう、スナコに頭突きされ、雪女にクッションで殴られ、スナコに出かけの駄賃にぶん殴られ、ケンカシーンでチョーパン2発。
恭平、頭じょうぶぃね。

原作を読んでいないので、スナコもケンカ強くてびっくりでした。
戦う女の子好きv
いじいじスナコちゃんも可愛いけど。

帰り道。
ケンカの余韻冷めやらぬ調子で、パンチしながら歩く恭平。
はたと気づく当初の目的。
「あーーっ!金取り返すの忘れた」
Sだけど、俺様だけど、おまぬけさん。
この調子で振り回される恭平が楽しみです。

くるくるきちゃう・・!?のキスシーンもv

2010.01.18 *Mon*

ヤマトナデシコ七変化 第1話 ~弐

亀梨くん清史郎くんコンビも楽しいけど、恭平タケルコンビも楽しい~。


ヤマトナデシコ七変化 第1話 ~弐


●恭平とタケル

タケル: だいたいきょーへいのファンはヘンな人が多いんだよ

     そういうこと言ってるからきょーへいはちゃんとした恋ができないんだよ

恭平への評価が的確かつ鋭い小学生。
20円しか持っていない恭平を北海道まで連れていける財を持ち、吹雪の中スナコと雪女を探しに行かせる話術を持つ。

恭平に抱きしめられたり、
頭ぽんぽんされたり
顔をつかまれたり、
ソファに転がされたり、
はたまた馬乗りになったり。

なんと、朝、恭平を起こすこともできちゃうんだZE。
タケルのポジションおいしい~(笑)

将来、タケルが大きくなって恭平の身長を抜く日が楽しみです。下克上。
(それじゃメインテーマが変わっちゃう。にゃは。)

963

タケルのコンプレックスは、守りたい人がいるのに、まだ自分が守られる立場にある子どもなこと。
わかってはいても「ぼくが守るからね」と言うタケルくんが健気です。
もし恭平だったら、大事な人を守ってあげられるのにって、できる力を持っているのに使わない恭平に悔しさをおぼえるんだろうなぁ。
恭平に辛口タケルくん。
「ぼくが守るからね」は、自分の未来への約束でもある。
きっと将来いい男になるよ、タケルくん。


●恭平と武長

スナコの怒りの超常現象を見ても、「顔かぁ・・」ひとり腑に落ちている武長。
洞察力はあるのに、どこかズレてる反応が可笑しい。
竜タイプのサブキャラクタだな。

「恭平の心の闇に気づいている」武長(@公式HP)。
意味深な心配気な視線で恭平を見守っているのはそのせい?
恭平・タケルコンビもいいけど、アダルティな図も欲しい。
恭平と武長のツーショットがお気に入りです。ふふふ。

武長みたいに頭で考えるタイプは、大抵、恭平のような直情で動くアタマよりココロで考えるタイプ♪に弱かったりするんだけど・・。
恭平の短所が、武長の憧れのコンプレックスになる。

君の嫌いな君が好き。

恭平・スナコ・武長・蘭丸・雪之丞・タケル・・お互いが抱えてるコンプレックスが、誰かの憧れの部分になって繋がっているのかもしれない。

2010.01.17 *Sun*

ヤマトナデシコ七変化 第1話 ~壱

ナンで俺がこんな目にーーーーっ!!

ちょっとは静かにしてろよ、テメェらっっ!

メシとかメシとかメシとかーーーっ!

がぉーっ!
吼える恭平。
何を楽しみにしていたかって、もう吼える恭平だったのです。
柄わりぃ。 楽しい~。

962
イニシャルKのTシャツ。
恭平のK? 和也のK?
恭平くんも袖くるるん派だv

ヤマトナデシコ七変化 第1話 ~壱

男にセクハラされる恭平。
おネェ店長の手つきがやらしぃ。
なでなでなで・・、いかにも“ケツノアナ”狙ってますな粘っこい触り方。
羽鳥も亀梨くんのケツ触りてぇな・・(ぽそっ)
後ろ髪を結わいあげて、あらわなうなじも「ふっ」って息を吹きかけたくなる色っぽさ。

店長を殴りつけるパンチの早いこと。
恭平のハードパンチャーっぷり、さすが元ボクサー(笑)

ケツを触れるシーン、恭平の背中が怒っていて、全身から「ガマンしろ俺ガマンガマン」の心が伝わってくる。
表情は見えずとも、気配を漂わせる役者亀梨くんに、うわ・・ってきて、第1話を見終わった後は、恭平のコロコロ変わる感情のままコロコロ変わる表情にやられました。

短気な恭平くんなので、大抵怒ってるんだけど、

まとわりつくファンを拒絶する顔、
マサオに計画がばれてしまい、「面倒くせぇ」ってやさぐれる顔、
おネェ店長な店長を殴り倒した後やホストクラブで女性客を見下ろすときの蔑む顔、

感情は、どれも“怒”だけど、シチュエーションによって違う顔になる。
目の温度が違う。
喫茶“迷宮入り”のマスターとのケンカ腰や、武長に嵌められたことが分かったときの“怒”には親密な温度があるけど。
店長やホストクラブの女性客を見る目の冷たさにゾクゾクするもん。
後ろ向きなスナコに怒りを見せるときもまた違う顔をしてるよね。

傷ついて泣いている雪女をドア越しに覗く恭平は、雪女の痛みをそのまま受け止めてる顔。
同情なんかではなくて。
あ・・恭平ってこんなヤツなんだなって、一気に好きメーターが上がっちゃったな。

スナコに話しかける恭平の顔がくるくる変わる変わる。

恭平: オマエってさ、人のためなら結構がんばれるんじゃんかよ
    だからオマエはブスじゃね
    と、いうわけで・・くふっ
    俺様の家賃のためにとっととレディになりやがれ

がんばれるじゃん、ってがんばったスナコにうれしそうな顔して、  
家賃タダの旨みに無邪気とも見える笑みを浮かべ、
とっととレディになりやがれーっ!一瞬で短気な顔が出てくる。

そうそう、いつも怒ってばかりの恭平が、たまに見せてくれる笑顔がちょ~可愛いよね。
にぱーっと可愛い笑顔は、お金タダとごはん限定だけど。

どれくらいいろいろな顔を持ってるんだろか、役者亀梨和也。
コミカルな恭平の表情七変化を楽しんでいると、ぽえーんと見蕩れる美人さんで攻めてくるのが亀梨和也なわけで。

まぶたの二重の線が薄れて、切れ長の瞳がすっと流れる伏し目の恭平の美人さんなこと。
ぽえーん。

961
寝起きでぼさぼさの髪をいじる恭平。
伏し目がちで、指先が一房後ろ髪を絡みとりつつ髪を梳く。

“氷付けにして一生眺めたい男子NO.1”

恭平の顔とスタイルがあれば中身はいらないという象徴シーン。
氷付けにしてまったく動かない姿を見ても面白くないだろうと思うんだけど。
笑顔を見たいし、体温を感じたいし、くんくん匂いを嗅ぎたい。

でも、亀梨くんの伏し目で一時停止したまま、ぽえーんと見蕩れてしまうところはちょっとこれに近い・・?

一騒動終えて、ミニドクロを野球ボールみたいに放り投げながら、ベッドの上で寛いでる恭平。
サイドボードにコトリとミニドクロを置いた後、予感めいた笑みを浮かべながら、ドクロを見つめる伏し目の亀梨くんが綺麗。
お風呂入った後の洗いざらしで濡れた髪が無造作に頬にかかっていて(シャンプーの匂いくんくんしたい)、湯上りの熱い肌がまだ残ってそうな・・。
恋しいヒトを待っている憂い顔にも見える。

見蕩れているところを見透かされるように、カメラ越しに視線を射抜かれる。
ドキッ・・!
やーもう心臓が波打ちました。

恭平七変化。
魅せてくれます。

2010.01.11 *Mon*

2010.1.7 ひるなび!

亀梨くんと清史郎くん。

亀: プロですね
清: どこがプロなんですか?
亀: この間北海道に行ったんすけど
   マイナス18度とかだったんですよ、朝
清: 19度 
亀: 19度とかね
   すごい寒かったんですけど
   ジャンバーとかいろいろ着せてもらったんですけど
   「この寒さに慣れとかないと(清史郎くんのものまね)」うーわっ
   なぁ?
清: たしかに言いました(ハキハキ)
亀: ふはははは

ちょっとコイツなになにしっかりしすぎだろ感嘆の「うーわっ」、
「なぁ?」って清史郎くんに話をふる亀梨くんが、柄の悪いおにぃちゃん。
男の子同士の気安さがあっていいな。
女の子が憧れる男の同士の空気。

相手が小さい子でもちゃんとプライドを尊重して、年上として守ってあげるところは守ってあげるしっかり者なおにぃちゃんの亀梨くんなんだけど。
清史郎くんが面白いくらいにしっかりしてるからかな。
なんだか半分くらい「しっかり者キャラクタの清史郎くんを崩しちゃえ」に見えるんだよなぁ。

♪悪い遊びを教えてあげるよ~

(@ボニバタ)みたいな。
やんちゃさを取り出したいように見えるの。
しかし、ハキハキ敬語で返す清史郎くん。
プロです。
ちょっとやそっとじゃ揺るがない。
これから、いい感じのバトルが見られそうな・・。
年の差飛び越えてココロときめくコンビになりそうです。
亀梨くんと清史郎くんコンビも楽しみ~。ふふふ。


ヤマトナデシコ七変化スポット。
青白いスモークのなかにぬぼーっと佇む恭平くんがいきなり現れてびっくりでした。
しかも片肌はだけてるサービスショットなんだもん。

肩先のほくろが目に飛び込んできて、きゅん・・。

あ、恭平にも亀梨くんと同じように肩にほくろがあるんだなって思ったら、ドラマを見る前から恭平が愛しくなってしまった。
当たり前なんだけどね。
亀梨くんと亀梨くんの作り上げるキャラクタは、別個に存在してるように思えるのです。

960

2010.01.10 *Sun*

カートゥンKAT-TUN 141

中丸: どうもぉ ユウ・チュンガンです

ヒョオオオォ・・

厳寒の冬をさらに冷え込ませるユウ・チュンガンらぶv
959

冬木立のなかに佇む、冬のソナタコスプレ中丸くん。
前から見れば、お父さんのコートを着て遊ぶちびちび雄一くん。
後姿は、仕事帰りのくたびれたサラリーマン。
前後で、まったく印象の変わるリバーシブル。

トラッドに着こなすペ・ヨンジュン氏と同じスタイルでも、どこか懐かしい昭和の香り漂ってしまう中丸くん。
コスプレ姿のまま、ソウル~明洞~江南の街を探索されてたけど、冬のソナタコスプレしてるって気がつかれてないのでは・・?


カートゥンKAT-TUN #141 ~大人のオキテ未公開
中丸 meets チェ・ジウ 奇跡の2日間 (with 有吉弘行)


「アリヨシがなかまになった」

ナカマル: L3 ジョブ踊り子 アビリティ=ブンツカ
アリヨシ: L4 ジョブ=芸人、アビリティ=ピリッと辛いあだ名付け

新人じゃないのに、HPレベルが低そうなふたり。
旅の仲間が増えても、へっぽこ×2な感じなんだもん。

そんなふたり旅は、中丸くんのパスポート忘れから。

中丸: パスポート忘れました
有吉: なんで忘れる!?

まったくだ。ははは。
ラスベガスでもパスポートを忘れて噴水ショーを2回見るはめになったことを思い出したぞ。
スタッフに期待されているへっぽこを上回る剛毅な中丸くん。

自力でチェ・ジウを探せ!ミッションは、みんなの期待に応えて、遠回りの道を選ぶ人たち。
街の人から情報を聞いて歩く。

通りすがりの街の人: 芸能人がよく行く焼き肉屋だったら知ってます
中丸: 有力情報ゲットですね

リアルRPGだ(笑)

アリヨシは旅慣れていたので、しっかりトッポギ食べる。
ちゃっかり焼肉食べる。
難儀さが伝わってこないゆるゆるさ加減が楽しい。
いつ見ても何回見てもきゅんとくる、頬がガフガフ動く食べっぷり。
ごはんを食べる中丸くん見るの大好き~v

ホテルの部屋で作戦会議。
セミダブルのベッドの上に胡坐をかく中丸くん。
このベッドで中丸くんが・・。はぅ。
どうせなら、寝起きどっきりも見たかったぞ。

チェ・ジウ氏にインタビュ。
中丸くんとチェ・ジウ氏のまったくかみ合わない会話をお楽しみください。
わはは。
ほんとにぜんぜんかみ合ってない(笑)
ソファに座れば、チェ・ジウ氏との距離がやたら開いてる中丸くん。
や~もう(羽鳥の)期待に応えてくれる中丸くんです。
緊張で戸惑っているお顔が、可愛い。

へっぽこふたり組、チェ・ジウ氏にメロメロ。
なんだかふたりとも高校生の男の子みたいだ。

そういえば、チェ・ジウ氏は有吉氏のことを「同じグループ?」って聞いてたけど、ジャニーズとかKAT-TUNとかの自己紹介はしたのかなぁ。
放送内では、身分証明にKAT-TUNの名前を出さなかった中丸くんだけど。
チェ・ジウ氏に見て欲しいな、ライヴの中丸くん。
びっくりするくらい格好いいですから。ふふ。

有吉氏は、珍しく羽鳥が知っている芸能人。
“白い雲のように”の頃は知らないけど、最近、糸井氏との対談や雑誌のインタビュ記事で見かけて以来、面白そうな人だと興味を持っていたから、KAT-TUN絡みが楽しみだったの。
空港で、いきなり中丸くんを「中丸!」と呼びつけたところで、お、いいコンビになりそうって思って。
実際、凹凸じゃない、凹凹コンビなふたりが面白かったです。

2010.01.07 *Thu*

大人のオキテ 100 PART3

958


2010.1.6 KAT-TUNア~ンドくりぃむの先輩教えて下さい! 
大人のオキテ100 Part3


●亀梨和也&マツコ・デラックス

956

マツコ・デラックス氏の第一声を聞いてびっくり。
男の人だったのか・・。
マツコ氏初体験の羽鳥です。
ディズニー映画に出てきそうな悪い魔女というか、CGで描かれたような容貌の人だなぁ。
口からシュコシュコ空気入れで膨らましたら空に浮かんじゃいそう。

マツコ氏: どうにかしたいのよ!
亀: ・・どうにかされるんですね

ここでスイッチが入ってしまわれたのだろうか。
ガフガフ肉食獣のように鼻息の荒いマツコ氏に、どうにかされないぜというか逆にどうにかしてやろうぜというか。
マツコ氏を落としにかかる亀梨くん。
「おれ、かめなち」モードで落としテクニックにはしるときに出てくる“わるなちくん”顔。
そのちらちら覗くわるなち顔が格好いい~。
うむー。まいった。
わかっていてもだまされたい格好よさ。
でも、だんだんマツコ氏の毒気にあてられて、可愛い亀梨くんになっていっちゃうんだけど。

亀: 下ネタのみでしたね

そんな感じはしてたけど、やっぱり下ネタまじりだったのか(笑)
そう聞くと、何気ない会話も全部下ネタに聞こえてくるのだ、これが。

マ: 亀のほうをいかしたいのよね
亀: そうっすね。亀のほうが強いっすからね
マ: 亀のほうをいかしたいから、ストレートに・・カメは?
亀: いいですよ。
   かめぇv 呼ぶときは優しく呼んでくださいね
マ: もちろん、いろんなこと想定しながら呼ぶわ
   かめぇv   

ほらね。
「かめぇv」浴びたら跡形もなく溶けさりそうな摂氏1000℃の水蒸気みたいだな、マツコ氏のささやき。

わるなちくんより、やっぱりこちらが一枚上手か、
「目つむってるのがいいわね」
「目つむって。目つむって」
フープダンス亀梨くんをエロ仕立てにプロデュースするマツコ氏。
ブラボー!
しなやかにクネる腰つきだけでもイケるのに。
さらに遠くまでイケるジェット力、目をつむってフラフープ亀梨くん。

957
↑ど・・どうにかしたい!

白シャツ・ベスト姿もたまらない~。

亀: マツコ
   俺だけしっとりしてきたよ

うっかりフラフープ回しが楽しくなっちゃてた、ちょがき亀梨くん。
ま、濡れちゃわなくてよかった。(すまん、わたしが下ネタ。てへ。)

神楽坂ARBOL。
屋上で野菜作り、“ひとつ屋根のうえ”を見たくなるキーワード。
「わーうまそ」野菜を収穫して立ち上がる亀梨くん、鼻息が鳴ってます。ははは。

マ: あっ! 舌出した

おー!
一瞬の舌ちろっを見逃さず突っ込むとは、只者ではないですな、マツコ・デラックス氏。
「ナスコ・デラックス」黙殺切りもお見事。

コックコートの亀梨くん、見習いコックさんみたいで可愛い。
マツコ氏に押されっぱなしの苦笑い顔も可愛い。
そういえば、髪の毛の片耳かけ、マツコ氏側の耳を見せているのは偶然なりか?

マ: 亀エキス

やー、すごいですね、亀にかけた下ネタ(笑)
ワイプの仁くんも大笑いしてる。

マ: 具体的に言えって言われたらいくらでも言えるんだけど (言える言える)
   こうじゃなきゃだめっていうのがあるわけじゃないのよ (わかるわかる)
   どうにかなりたかったの (いやいや、どちらかといえばどうにかしたいのあの人と)

「どうにかしたいのよ!」マツコ氏の魂の叫び。
わーかーるー。共感に震える(笑)

どうにかしたい亀梨和也。
名言です。



●赤西 仁・田口淳之介&黒木 瞳

タッパとガタイがあるだけに、並ばれると迫力がある仁くん田口くん。
ブラックでカチッとシャープなラインの衣装がさらに魅せる格好よさ。

タップ教室。
「赤西くんはちょっと休憩していただいて」自分だけはずされちゃうとちょっと寂しくなってしまう仁くん。
後ろにさがってちょこんと坐りこむ姿が可愛い。

RealFaceの曲にあわせて踊りはじめる先生の足元を見る田口くんの目が真剣で、もう振り付けを頭に入れてる。
フラフープのインストラクタの人がマツコ氏に説明をしているのを、隣で聞いていた亀梨くんもすぐ実践してたの。
教わる前に素早く自分に取り込もうとするとするところ、さすがだなぁ。

田口くんのタップダンスの見せ場を良いとこ取りしちゃう仁くんの図。
人生ってこんなもの、ってやつなりか。

ラーメン屋さんにて。

仁: 友達とかが段々結婚し始めるじゃないですか
   最近考えるんですよね

剛くんも似たようなこと言ってたなぁ。

水川氏: ちょっとびっくりしました
     赤西くんのテンションの低さって・・いつもああいう感じ?

わはははは。
テンションの低さを驚かれる仁くん。
そのまま仁くんに問うてしまう水川氏が可笑しい。
ナイス質問(笑)

仁: 慣れてない人としゃべる時はこうなっちゃうらしいです
   最近気づいたんです、俺 (えーと・・最近?)
   あと、カメラの前

上田氏: カチッとスイッチが入るわけだ?
仁: パチですね
上田氏: どっちでもいいわ!

テンポアップな会話。
やっぱり上田氏と相性いいな、仁くん。
羽鳥は、カメラの前で、ぼそぼそお話してる仁くんも大好きですv



●先輩くりぃむしちゅーさんに聞け!! バラエティ番組でズル賢く目立つオキテを伝授

オチと突っ込みの役割を仁くんにふっていく有田氏。ナイス。
設定が決まるとイキイキ小芝居をはじめちゃうのがKAT-TUN。
みんなノリノリのなか、ひとりノリノリをがんばる仁くん。
ドヤ顔しながら、目がきょときょと泳ぐ。

亀梨くんへの突っ込みはちょっと弱気。
そこは、裏拳でいこうぜ。

仁くんのシャツの右襟が入り込んでいて、正したくて、う~(悶々)ってなっちゃうの。
どうにかしたい、赤西仁(の右襟)。
直してあげてくだぱい、亀梨くん。


ところで、マツコ・デラックス氏への疑問。
KAT-TUNメンバのなかでだれか一人を選ぶとしたら、実は“中丸くん”ってことはないのだろうか・・?

2010.01.05 *Tue*

2009.1.4 SMAP×KAT-TUN

♪誇らしげに しゃん!と胸を張っている

953a

木村くん、亀梨くんふたりで肩を鳴らして、しゃん!
いつも木村くんがしている、自分の胸をこぶしで叩く亀梨くん。
なんて誇らしげな顔。
亀梨くんの目が大好きな人の隣で輝いてるの。
キラキラ。
リスペクトキラキラビームを浴びて、亀梨くんに応えるだけじゃなくて、
「まだまだおまえには負けねぇぜ」
的に張り合ってくる木村くんがいいな~。


2010.1.4 SMAP×SMAP 史上最大!4時間30分生放送!超ド級の新春ドリームスペシャル


ちょ~楽しかった~v
SMAP×KAT-TUN。

×シンクロじんかめ。

じんかめ絡みも流れっぱなしだぜ、生放送Yeah。

SMAPから見ると、KAT-TUNって、孫世代になるのかな。
やんちゃしてても可愛いって思ってもらえる。
しかし、ただのおじぃちゃんではないわけで。

ファンキーモンキーベィベなおじぃちゃん’sにおされまくる孫’s。
いっやー、SMAPパワーすげぇですわ。

アウェイに置かれるとテンぱってしまうのは、Kinki(親)譲りなりか。
ふはは。


●メンバー紹介

ベージュブーツが効いて、お・そ・ろな雰囲気のじんかめさんたち。

恭平が入ってる亀梨くん、勝気そうな美人さん。

スタジアムジャンパにもハット仁くん。
2010年も「被ってこーか」、であるか・・。

黒ジャケットにネクタイ、プチフォーマルファッション。
前髪伸びて、良家ご子息のような中丸くん。素敵v
今のビジュ大好きだけど、最近ますます頬がこけゆく中丸くんがちょっと心配。

それにしても、緊張でカチンコチンだなぁ。
そんな強張るお顔も好きv
毎回リセットされて新たに緊張されるから、もうね、中居くんもいじりたくなるよね(笑)

6人わらわら集まると、いつもつつーっと後のポジションへと下がっていく仁くん。
ぎゅうぎゅうつまっているときは、隙間から顔だけのぞかせていたりして、でっかいのに可愛くなっていたりして。
2番目に出てきたのに、つつーと後に下がろうとするから可笑しかった。

「トントンワシントンレベルだよ」中居くんの突っ込みに、足を足を踏み鳴らして笑い出す亀梨くん。
途端にちょがきな笑顔。
相変わらず、笑いの沸点が低いぞ。
そして、ちょっとズレてる。

仁: あかにしです
中居: あかにし・・

うたばんでいじられて涙目になってた仁くんリターンかと思った。

中居: あかにしとかかめにしとか
仁: かめ・なし
亀: にし・なし、です

中居くんのHow to KAT-TUNおじさん向け講座みたいないじりが楽しい~。

すっかり中居くんに懐いてる竜也さん。
笑顔がきゃるるん。
ドラマで共演つながりができてよかったね。
なんて、うるるんしちゃう親ゴコロ。


●スケートボーイズ V.S KAT-TUNボーイズ

すっとこどっこい(@中居)な色物スタイルでも、ワンエロ醸し出しちゃうのがじんかめ。

色白透明肌、亀梨くん。
二の腕真っ白しろ。驚くほどの白さ。

ドキがムネムネ仁くん、脱いだらすごかった。
ほっそり痩せられたと思っていたけど、
ムネムネ分厚い胸板、
モチモチ二の腕、
にドキドキ。
着やせする人だなぁ、もう。

じんかめふたりして、タンクの下に黒タンク。
密かな反抗なりか?

955

タンク、短パン、ハイソックス、はちまき・・80’sアイドルの象徴?
ジャニーズの象徴?
光一くん曰く、ハッピに短パン、はちまきが一度は通るJr.の道でしたが。はてさて。
いざ、KAT-TUNがやると、

“わきの毛ひよひよ祭り”

だ~。
また下から見上げるカメラアングルが多かったりして。
ぼーぼぼぼ。ぼぼぼ。


きゃぴきゃぴアイドルスタイルで、すかし気味(@中居)な登場。
不良はイメージですからと否定していたのに、メンチきって出てくるKAT-TUN。
ほいで、やり直し。
♪SAY YES I$(アイドル)。
ホップステップジャンプで飛び出てくるきゃぴきゃぴKAT-TUN。

おもしれー!

仕込みか偶然かわからないけど、こういうシチュを設定されると実は盛り上がってしまうKAT-TUN(笑)
はじめは、ミニスカートを気にする女の子みたいに短パンの裾をもじもじ気にしていた亀梨くんもはっちゃける。
仁くんもゴールを決める。(なぜ!?)

ガッツポーズでわらわらしてる亀梨くんにつられて、隣の仁くんもちょびっつガッツポーズ。
あは。
相変わらず、亀梨くんにつられる習い性。

亀: 唇は乾燥したことがありませんっ(ぺろっ)
   カメぴーでっす
仁: みんなのハートが大好物アッくんです
中丸:クレープは絶対マロン味、マルヤンです

KAT-TUNにダサダサニックネーム、はまるね。ははは。
カメぴー、アッくん、タグッちゃん、ターさま、ウエぴょん、マルヤン。
80’S風味だと、ゆっちではなく「マルヤン」になっちゃうのか。
赤西仁がまさかのアッくん。
いたずらに呼びまくりたくなる、アッくん。

80’sアイドルぅが、一番ハマっているのが中丸くん。
胡散臭い笑顔(失礼)がはまるアイドルぅ(笑)
ゆるゆるパーマのカツラがぜんぜん違和感ないんだもん。
タイミングを計りそこなう、素人くささが残っているちょいダサアイドルのマルヤンがたまらなく可愛いのです。
きゅん。

ハイウエストに短パンを履いてキメてみせる田口くん、さすがコスプレ番長。


●青春! ドッジボール

タンクトップのKマークに、カメラが引きになると、みんな亀梨くんかと勘違いしそうになる。

球技になると仕切るぜ、末っ子和也くん。
「ヘイヘイヘイ!」
仁くんも仕切られるぜ。背中ポン。
野球で鍛えた右腕で、剛速球。狙うぜ足元。
ちょ~本気顔。

球技がダメダメすぎる竜也さん。
空振りして頭にゴッツン。またかー(笑)

中居くんににらまれて、フリーズする中丸くん。
おいしい~(笑)

地味でベタなドッジボールをアクティブに面白くする中居くん、さすがだなぁ。
おかげで、中丸くんを守るためわらわら集まる子犬なKAT-TUNが見られちゃうんだもん。


●青春! ドキドキ風船リレー

わきの毛ひよひよ祭りYeah。
ん?ぼぼぼ祭りか?

両脇ぐぐっとしめて、背中丸めて、おちょぼ口、両耳に人差し指差しツッコンでるへたれ仁くん。
冷や汗でちべたくなってそうなの。

SMAPの魅力、

亀: 中居くんの歌な感じ

何気に失言してないか?

タグッちゃん、風船爆発2連発。
容赦なくメンバに足蹴にされるタグッちゃん。
竜也さんマジ蹴りしすぎです、生放送。

KAT-TUN参上でも爆発にあっていた、田口くん。
当てるときは当てる男です、タグッちゃん。どんまい。


●青春! 息止め

中居: おまえの毛はどこの毛だっ
仁: (ぶはっ)ご・・郷ひろみさんを意識したんです

あぶねーあぶねー。
下ネタくるかと思った、生放送。
言うときゃ言う男ですから、赤西仁。

つか、仁くんのアフロ。
これこれ、アフロでくると思ったのだ。ふっふっふ。
ルフィもしてたし・・と思っていたら、郷ひろみだった。(郷ひろみ???)
うむー。
読めそうで読めない男でした、赤西仁。
あごひげと繋がって見えて、カートゥンキャラクタのポンデライオンみたい。

ぷくぷく亀梨くん。
水の中に沈むアップ顔の色白い~。
マジックで描いた直線のような無表情さがコ~ワ~い~。
インド生まれの濃味な能面みたい。

増えるワカメちゃんのなかに沈んでる、ぷくぷく仁くん。
だんだん充血していく目が苦しそうだけど、

仁: 俺、もっとイケたのー!

あは。ビバ!負けず嫌い。
ブーブー不満気なお顔が可愛い。

「もうそろそろ出ろよ亀梨・・」中居くんのささやきで、ふきだしてたのか亀梨くん。
どれだけ笑いの沸点が低いの。

ぷくぷく中丸くん、鼻から空気ぼっこぼこで大丈夫か心配した後は、目を閉じてまるで禅を組む修行僧の面持ち。
木村くんの耳もとにつぶやきに行く田口くんが何気に勇者だと思う。


●青春ドボン! チキンレース

プールにドボンしてる中居くんの後で、KAT-TUN内でレース台に乗る人攻防戦。
フレームアウトして逃げ出してる仁くん。
バンバンバン!
さっさと乗れよ!って、亀梨くんのレース台を叩く音がでっかく響く。
怒ると怖い末っ子にしぶしぶ乗っかるお兄ちゃん。

レース台の上が仁くんになるとなぜか落ち着きをなくす亀梨くん。
線路をパタパタ叩いてみたり、わらわら落ち着かない。

スタートの準備に仁くんの膝をちょいちょい叩いて注意を促す。
持ち手を握る仁くんの手を握って退かす。

ラブ!じんかめ。

仁くんの手の上に手を重ねる亀梨くんをリピリピ。てへ。

前屈みで膝に両手を挟み込んで、レース台を進む仁くんを見守る亀梨くん。
なんで仁くんだとそんなに落ち着きないんだ?

ぎりぎりセーフでとどまる仁くんに、でっかいガッツポーズで駆け寄る亀梨くんがちょ~うれしそう。

954

喜びのメンバのなか、びっくり固まっている仁くん。
驚いて毛が逆立ってる子猫みたいなの。
ぴよぴよ音がしそうな瞬きの、まんまるお目目が可愛いv

「こわいこわいこわい」マッチョなおにぃさんに訴える、へたれ仁くんラブv


●下克上

亀: 考えてきたんで
   ちょ、アッくんのほうから
仁: じゃあ、もっかいSMAPに出させていただいて
   ちゃんとしたカッコで出させていただいて
   敬語を使っていただく・・ぅ?

わははは。
いただく、って段々か細くなっていく声。
SMAPの様子を伺う不安気に揺れる目が、ラブリー。
最後まで強気に出れないへたれ仁くん(笑)

最後は、アイドルスマイルではけていくKAT-TUN。
短時間でKAT-TUNボーイズに染まったね、君たち。


●ドミノ

壮大でした。
慎吾くんの変わりにドミノを倒す役目を仰せつかった亀梨くんの緊張してる指先が愛しくなっちゃう。


●SMAP×KAT-TUNコラボ

コントでは、たどたどしいKAT-TUNだけど、歌になるとオラオラKAT-TUNで横に並ぶ。
いいだろぉKAT-TUNって叫びたくなるよね。

木村くんの肩先に寄り添ってく亀梨くんのキラキラ笑顔にきゅんきゅん。

木村くんと仁くんのツーショットもすごいドキドキの増幅装置。
お互いの魅力が引き合うような反発するような磁石みたいな感じ。
それにしても、このふたりの声質合うなぁ。
メインにならず、底辺を支える歌い方の仁くんだけど、木村くんとふたり張り合って歌うところが見てみたい。

中丸くんのボイパの見せ場がなくて残念。
次回はぜひSMAPの曲とボイパコラボも見たいです。

剛くんは、隣にくるKAT-TUNメンバの背中をいつも優しくぽんぽんしていて。
それぞれの立ち位置で、自分を立たせながら、KAT-TUNも立たせることができるSMAPってほんとすごいな。
ビストロで、宝塚の上下関係の話が出て、「KAT-TUNおかしいな!」なんて木村くんが言ってたけど、そういう上下関係を壊してきたのが、当のSMAPなんじゃないかと思うの。
といっても、Kinkiとリンクしている部分でしかSMAPのことを知らないのだけど。
少なくともKinkiに対する中居くんは、そういうスタンスをポリシーにしていたから。
刺激と成長をくれる先輩と仕事できるって、いいですね。素敵。


●次回出演なるか

中居: もっとだから遊びに来てくださいよ
亀: ビストロはちゃんとした格好で来させてください
木村: ビストロでやんの?

亀梨くん、いつの間にかビストロご指定。
木村シェフにちぅvしちゃうの図も見たいけど。
でも、羽鳥は思う。

次の出演もKAT-TUNボーイズだー。
ふっふっふっ。
カメぴー、アッくん、タグッちゃん、ターさま、ウエぴょん、マルヤンのはちまきが君たちを待ってる。
きっと・・。

2010.01.01 *Fri*

2010 あけましておめでとうございます

KAT-TUNから生まれるキラキラ光る大好き

KAT-TUNに届けたいキラキラ光る大好き


2010年、KAT-TUNに伝えたいキラキラ光る大好き


jk9c


大抵ひとりぽつんと参加していたライブ。
昨年は、ライブ会場で、ブログを通じて知り合えた方と電脳空間を飛び越えてお会いする機会が増えて、KAT-TUN大好きってキラキラ光るみなさんと触れ合うことができました。
ほんと、みんなKAT-TUNが好きな心あふれて、キラキラしてるの。
KAT-TUNにきゅんvってときめいている姿を見るのがすごく楽しくて。
仁くん亀梨くんファンの方と多くお会いすることが多かったのですが、彼らより年上の人が恋心にキラキラ、年下の人が何故か親心混じりでキラキラしているのがおかしかった。はは。

コメント欄や拍手メッセから、KAT-TUN大好きってキラキラ光るメッセージもたくさん発信してもらいました。
KAT-TUNにきゅんvとときめいている言葉に触れるのも、これがまた楽しいのココロ。

秋に設置してみた拍手メッセ。
この場所「SelfishKANが好きです」なんて、うれしい言葉を届けてもらえることが多くて、それは羽鳥の力になりました。

メッセージという形でなくても、カウンターの数字からもちゃんと伝わってくるもので、ひとりごとをつぶやいているようなブログでも耳を傾けてくれる人がいてくれるのがわかってうれしいのココロ。


“好き”って、なんてパワーになるんだろう・・って感じた2009年。


KAT-TUNから生まれる好きも、ブログにもらうことができる好きもパワーになる。
それは、また。
パワーが冷めないように、じんわりとあたためてくれる温度を持ってる。
ブログをしていることでそういうあたたかさがあることを知ることができました。

例えばネガティブなことがあったとしても、ちょちょいっと吹き飛ばしちゃうんだから。
すごいパワーなのだ。
“好き”って。

だから、ね。
2010年、KAT-TUNに好きな・・大好きなココロ伝えられる年にしたいなぁと思ってます。
直接は伝えられないのだけれど。
スパイラルの軌道で伝えてく。BANDAGE風。

大好きなココロを伝えるために、クリアでいることが目標。
自分がくもっていたら見えるものも見えなくなるから。
すごく難しいことだけど、目標にしようと思います。
がんばるぞ。がぉー。

2010年の幕開けは、年男亀梨くんの可愛い「がぉv」から。
早速、きゅんきゅんvお届けされちゃったなり。

好きなことを伝える=ブログの更新にはいたらず、また~りビートで刻んでますが(ちょびっつBANDAGE風)、今年もよろぴくお願いいたします。ぺこ。


みなさまにとって素敵で無敵な Happy Jhonny's Days!の一年となりますように。
category : 日々是好日

01
2
3
4
6
8
9
12
13
14
15
16
19
21
22
23
25
28
30
31

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2010年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。