This Archive : 2010年06月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.21 *Mon*

KAT-TUN LIVE TOUR 2010 熊本 MC2部

KAT-TUN LIVE TOUR 2010.6.19 熊本 MC2部

亀: 九州の娘、美人が多いよね
   
中丸: 今日は、持ち上げる方向でいいですか?

亀: 本心です

上田: そーだそーだ!
    本心だぞぉ!

明らかに本心じゃないだろ、な竜也さん(笑)

亀: 九州のおしゃれの感じ好き
   おしゃれしてるのにナマってるとこ
   「なんしようと?」

~・~・~・~・~・~・

亀: 今回、ワールドツアーの前に、アリーナをまわれて
   しあわせだな

 ~・~・~・~・~・~・

中丸: 髪型で悩めていいな
    
亀: 努力してるもんな?

中丸: 努力してるんです
    いつもセットしてないように言われるんですけど、ブローしてセットしてるんです

亀: 机置きブローですよ
   普通、ドライヤーを手に持ってブローするでしょ?
   中丸は、テーブルの上にドライヤーを置いて、風を固定して、そこに顔を近づけるんです

メンバしか見られない器用な中丸くんのブロー姿。いいなぁ。
毎公演セットしていると力説中丸くん。
でも、すぐ汗でちるちるに。羽鳥も天然だから(髪の毛ね)、わかるわかる、そのご苦労。うぅ。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: 中丸、最近説明が多い

中丸: 会話が説明くせえってことか?

上田: もう26歳ですからね

中丸: いっしょじゃん!

亀: 上田若いよ

中丸: や、こいつは若作りがうまいんですよ
    普段、初めて会う人に年齢聞かれて、「26歳です」って言うと、みんな驚くんだ
    私服童顔・・

ロバ丸おにぃちゃんたち、どちらもお若いっす(笑)

 ~・~・~・~・~・~・

上田: OPで壁を壊して出てくんじゃん 
    聖が、壁を蹴って出るんだけど、今日は亀もその気になっちゃったのかなぁ
    壁を蹴るんだけど、壊れなくてよろけてた(笑)

亀: 中心部重くて、反動で(弾き飛ばされるジェスチャ)
   真ん中蹴ったらアカンわ~

ティアドロでOP衣装でおらおら格好つけてるところで、格好つけそこなってよろけてるかめなちくん哉。
ぷふふ。
よほど可笑しかったのか竜也さん、おまぬけ亀梨くんをリーク。

 ~・~・~・~・~・~・

熊本が九州のどこに位置するか、上?上?下?下?わちゃわちゃ言い合うメンバ。

中丸: あんまり言ってると俺らあほみたい

田口: 頭がチーズ(地図)みたいに溶けてるからな

メンバ: ・・・・・・

亀: なに言ってんだ、このイケメン

中丸: あ、ちょっとうれしいでしょ?

亀: わかりやすい(笑)

田口くんのギャグがウケず、

中丸: これが福井だと笑ってくれたのにね

亀: あと3分後くらいに笑いが起きるよ
   時差があるから

福井と熊本の時差3分。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: はい、集合~集合~

アルバムをまだ聴いていないファンへ一言。
「後でKAT-TUN会議な」みたいな言い方が可笑しかったの。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: 離れても~♪
   FARAWAY、俺好きv

喉があたたまっているからか、かすれた歌声が綺麗に響いて、ほんの一小節口ずさまれたアカペラのFARAWAYにきゅんと切なくなる。

 ~・~・~・~・~・~・

聖: 離婚シンドロームに出ます
   明日も撮影

聖がさっぱりして見えると思ったら、ドラマ撮影中だからか~。
おひげゼロ、落ち着いた黒髪で正統派ジャニーズしてる聖がかわいい。

 ~・~・~・~・~・~・

上田: ソロライブが決まりました

中丸: え・・そんなあっさり

亀: 初だし情報なんだからね
   もっかいいくよ
   個々の活動もいろいろあって
   田口くんも ←遠回りして竜也さんにいく方向

田口: ぼくは、映画「アナター」に出ます

亀: 上田くんもお知らせが・・

上田: 2年くらい悩んで、決意したところなんですが
    2年間報告が遅くなってごめんなさい
    実は、この度、わたくし上田竜也は、(ためるためる) 
    ソロライブをやることになりましたっ!

メンバ: ふつーかよっ!

竜也さんがためにためたのに、ボケなかったことを突っ込むメンバ。
竜也さんが突っ込まれてるの珍しい(笑)
田口くんの「アナター」うまい(笑)
特殊メイク後の顔が思い浮かぶ・・。

 ~・~・~・~・~・~・

上田: 昨日、知ったんです
    社長から電話がかかってきて
    「もしもし、上田さ・・もしもし?もしもし?」(ジャニさん物真似)

中丸: ルス電にはいってたんだよな?
    社長からってわからなくて、こいつ「誰だよ、これ(怒)」って。
    はははは。

上田: どっかで聞いたことある声だなぁと思って、中丸に聞いたら、
    「ジャニさんだよ!」って

ラジオ収録中にて、中丸くんがちょうど傍らにいた模様。
そのときの竜也さんの様子を伝える中丸くんの笑顔が、聖のときみたいに気の置ける友達に向けた笑顔で、なんかもうライブ中ってことを忘れてる中丸くんの普通の笑顔だったの。
このにかっとした笑顔を見られただけで、ライブに来てよかったというくらいの素敵な笑顔。きゅん。

ここを発端に、ジャニさんにまつわる電話逸話で盛り上がるメンバたち。

聖: ルス電のテープを自分の声にできるやつのとき
   「もし? うん・・、うん・・、これルス電だから・・」
   そしたら、社長からルス電入っていて、
   「もしもし?もしもし?これ電波悪いのかな!?」
  
ルス電と気がつかれない社長さんがずっと話していたという。

亀: 俺も。ルス電に入っていたことがあったの
   「かめ、電話にでないな・・」
   電話の置く音がしてから、20分くらいキッチンをうろうろする音が入ってたの

うっかりプライベートの音を聞かされるはめになってしまい、しょっぱい顔する亀梨くん。
   
聖による携帯の(電話に出る方ではない)表面を耳に当てていたので、逆ですって言ったら、裏面にひっくり返さず、上下をひっくり返したエピ。
テキストにするといまいちか・・。
や~、このエピソードは笑った笑った。

亀: 会議中、「YOUたちなんとかかんとか」って怒ってたらしいの
   そこに電話がかかってきて、会議中だからってガチャって切って、
   「もしもし!!」机バーン

これも、テキストにするといまいちか・・。
みんな話しながら笑いがとまらなくなってるのが可笑しい。
社長さん最強伝説。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: ぼくらもソロライブに参加してるかもしれません
   
上田: ほんとですか?

亀: 言っていただければ

聖: ライブ終わってみれば、「キーボード田中聖」ってこともあるかも

 ~・~・~・~・~・~・

関西Jr.登場。
衣装ブツブツ、腕ムチムチをしょっちゅういじられることになる桐山くん。
先輩の立場から後輩をいじりまくるメンバが楽しいぞ、このコーナー。

亀: 俺、ダイチのものまねできるよ?
   してい?

OP自己紹介の後の顔真似をする亀梨くん。
口をへの字にして、視線を左右にふる。
似ているかどうかわからないけど、照れてぶっきら棒な顔真似をする亀梨くんの表情がちょ~かわいかった。
お返しに、ダイチくんによる格好つけてる亀梨くんの物真似。

聖: 亀梨くんは墓穴を掘ったということですね

亀: 中途半端にでしゃばるのはよくないということですね

 ~・~・~・~・~・~・

聖を笑わせるミッション桐山くんのすべらない話3・4連発。
横山くんのエピソードには笑いました。思い出しても可笑しい。
犬と獣医さんの話の後、

亀:ワンちゃんはね、お話できないからわかんないよね

ぽそりとつぶやいた亀梨くん。

 ~・~・~・~・~・~・

中丸: 遊園地で一番面白いのはコーヒーカップです

亀: 中丸さ、ジェットコースター平気なの?

中丸: 平気

亀: 何でバンジーだめなの?

中丸: 落ちるのがだめなの
    バンジーはもってのほか

亀梨くんの口から、バンジーという言葉が出たとたん、一瞬でこわばった中丸くんの苦いお顔といったら。
すごい拒否反応・・。

 ~・~・~・~・~・~・

Jr.の衣装チェック。

亀: 長野くんの衣装着てんの?
   じゃ、ウルトラマンに変身しちゃえ

 ~・~・~・~・~・~・

亀: KAT-TUNで振起しするときは、大体みんな田口見てるよね
   田口大活躍
   一緒にステージでなくていいから、振りだけ覚えておいてもらえるかな・・

聖: KAT-TUNのSDカードみたいなもんですよ

マイクを逆さまに持たしてみたり、いたずらっこな笑顔で田口くんもいじる亀梨くん。
でも、Jr.の子が田口くんをいじると、「KAT-TUNばかにしてんじゃね?」とかばってみたり。
メン愛。

亀: 今度みんなでガチャッとまじってごはん食べにいきたいね~

面倒見のいい先輩だったり、座長さんだったり、末っこで暴走してたり。
いろいろなポジションを持っている亀梨くんの、いろいろな顔を見られるのが楽しい。
ポジショニングの違いで、話し方も変わっていたりするんだよね。

そうそう、関西Jr.が前に出て話しているとき、KAT-TUNメンバはそれぞれセットの配管に腰掛けているのですが、なぜかバスタオルをひざ掛けにしていた亀梨くん。
ひざこぞうさんが見えない由々しき事態に。
バスタオルはずせ~はずせ~と念波を送る羽鳥でしたが、届きませんでした。がっくし。
スポンサーサイト

2010.06.20 *Sun*

KAT-TUN LIVE TOUR 2010 熊本 MC1部

KAT-TUN LIVE TOUR 2010.6.19 熊本 MC1部

中丸: この会場、縦に長いね

亀: LIPS、いつもより3倍長いじゃん?
   運動会のチャチャチャンチャチャチャンチャチャチャチャチャッ♪みたいだった
   めっちゃ走った

メインステからバクステまで遠い分、間奏も長くなってたんだ。ははは。
ちなみに、亀梨くんが口ずさんだのは、「クシコス・ポスト」でした。←徒競走、BGMでキーワード検索した。
こういう時BGMがついてくるのがかわいいかめなちくん。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: 飛行機、着陸できないかと思った

中丸: 上空で30分迂回してたんですよ
    機長さんが、「このまま降りられなかった場合は東京まで戻りますのでご了承ください」って

亀: 飛行機って降りるときは、ヴィーンって向かい風で降りるんだって
   昨日は手動で降りずに自動降ります、追い風だから機体が浮くかも説明あった
   で、ヴィーンホワッホワッホワッって

中丸: 俺の飛行機は、着くかもしれないってときにもう一回上がった

亀: 中丸みたい

中丸くんだけ別の飛行機搭乗のようでしたが、メンバが乗っていた飛行機が、霧による視界不良で着陸できなかったらしい。
低い声で話している亀梨くんが、ホワッとか擬音だけコミカルな鼻濁音になるのがおかしいの。
中丸くんの機長さんのアナウンスの物真似していて、きゅんv
パーサー役とかこないかなぁ。制服ちょ~似合いそう。

 ~・~・~・~・~・~・

中丸: 本番前にいきなり団子食べたね

亀: いきなり団子ってどのタイミングで食べるからいきなり団子なの?

聖が「いきなり客の口に突っ込む」と言うと、「おいもが喉につまります」と条件反射で冷静にうけてる中丸くんがいておかしい。

亀: だご汁うまいジュセヨー

韓国関係者が下見に訪れているとのことで、ちょこちょこ韓国語がまじる亀梨くん。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: 我ながら、今回のアルバムのバランス好きv
   5人そろってユニゾンで歌ってたりするのも多くて新鮮だった

中丸: N.M.P、9割くらいCG使ってるんですよ

亀: 田口現場にいなかったもんな?

田口くん、100%CG(笑)

 ~・~・~・~・~・~・

聖: 客席に鳥がまぎれこんでる?

亀: 昨日、リハーサルで歌ってたんだ
   そしたら鳥がぶわーっ飛んできて、えっ・・どゆこと?
   熊本ということで、鳥も“とり”こんでいこうかと
   田口、くやしいでしょ?(笑)

 ~・~・~・~・~・~・

亀: 聖は、KAT-TUN戦略大臣だから

えーと・・なんの流れだったっけ。
戦略大臣のインパクトが強くてこれだけ覚えてる。ははは。

 ~・~・~・~・~・~・

聖: 俺、明日事務所入った日だ
   明日で人生の半分ジャニーズ
   こう見えて、俺、一番ジャニーズ

中丸: 昔はかわいかったんだけどなぁ

ひとしきり聖とメンバの昔話。聖が突然田口くんに呼び捨てにされたエピソードとか。
「かわいかったんだけどなぁ」という中丸くんの笑顔が、ゆるっと緩んですごいおにいちゃんの顔になって、ときめいてしまった。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: 個々の活動がありますが、上田さん報告があるんですよね?

中丸: 初出し

聖: 中丸出し

上田: じつは、鼻の中ににきびができました
    というのは冗談で、
    ソロライブが決まりましたー!


ひゃっほー!
竜也さんが福岡に来るv
うかれてほかにどの地域を回られるのか忘れてしまった。
うれしいな~明太子ライヴ竜也さん~。
亀梨くんによると、ワールドツアーをやりながら、これから発表できることが増えていくらしいです。
HAPPYなお知らせがたくさん出てきそう。

 ~・~・~・~・~・~・

亀: みなさんにご協力願いたいことが・・

なになに?と思ったら、突然マッチさんの誕生日メッセージ収録に突入。
わぉ。

カメラ準備の間、情熱大陸を口笛で奏でる亀梨くん。
おめでとうございます、おめでとう、おっめー・・メンバがそれぞれどんな感じか軽く言い合いながら、その場の雰囲気に合わせて段取りされて、まとまっていくのが、もう面白くて。
現場で作品が決まるってこういう感じなんだ。
MC中だからみんな座ってたんだけど、KAT-TUNライブ盛り上がっているところを見せようということで、立ってくれる?なんて、シーンをプロデュースしてたのが、亀梨くんと聖。
俺らが先にコメント撮ったほうがいいかな、その後ファンのみんなでOK?って最終的に流れを決めていたのが亀梨くん。

亀: 校長先生の話わかりましたか?
客席: はーい!
亀: 茶髪にしてる子は後で担任のところへいくように

亀梨くんらしいベタな小芝居もはいりつつ。
カメラの準備ができて、スクリーンが収録画面に切り替わると、そこに映っているのがカメラモードのKAT-TUN。

亀: KAT-TUNです!

ライヴの顔とはまた別の・・。
一瞬で切り替わるお仕事モードのお顔。
目ぱちくり、びっくりした。

亀: マッチさん、お誕生日
客席: おめでとー!
メンバ: ございます

結局、中丸くんか田口くんがございます付け加えちゃってた(笑)

亀: 天使のような~ SAY!
客席: 悪魔の笑顔~この街にあふれているよ~♪

ギンギラギンをふられたら、会場一斉に“ギンギラギンにさりげなく”熱唱。
わははは。
歌詞カードも出てないのに、みんな歌う歌う。
羽鳥も歌ったよ~。きもちぃかった。

亀: みんなアドリブきくね・・

や~熊本すごいな、って羽鳥も思ったもん。くまもとさいこ~。
スペシャル収録楽しかった~。

 ~・~・~・~・~・~・

マッチさんが後輩に慕われている話から、

田口: 俺の後輩、平成JUNP?

亀: 後輩っていうけど、デビューから言えば1年くらいしか変わんないんだよ?
   そうすると、俺ら妙な貫禄あるよね

聖: 結成して10年だからね

 ~・~・~・~・~・~・

亀: 俺ら嵐のバックについてたの知ってる?
   黒い靴下を両手につけて踊ってたの

中丸: PV出た?

亀: 俺、出てない
   呼ばれなかった

中丸: 俺も呼ばれなかった
    すげぇショックだった、な?(亀梨くんと顔を見合わせる)

亀: 田口は、関東近郊だけ呼ばれる要員で
   俺ら、一生懸命全国ツアーについてまわってんのに
   カンコンキンコンの田口だけPV呼ばれてた

関東近郊がうまくいえなくて、カンコンキンコン、かみかみ亀梨くん。
Jr.のころの競争はげしいんだろうなぁ。
中丸くんも亀梨くんもいまだにほんとに悔しそうに話されるから。でも、こういう悔しさがちゃんと残っているのが大事なことなんだろうな。

 ~・~・~・~・~・~・

関西Jr.のすべらない話。
はまちゃんによる、田口くんエピ。
ドリボ舞台中高熱を出して、何もいっていないのに、ユンケルと風邪薬を差し入れてくれた優しい田口くん。翌日お礼を言いにいったら、田口くん本人が風邪を引いていた。

聖: 田口っぽい
   最後のつめが甘いとこ

亀: いい先輩じゃん

聖: 人柄なのかな 
   優しくしても後輩がついてこないところは

Jr.の姪っ子ちゃんエピの流れから

亀: じゃ、俺作るわって、がーってやってて(フライパンふるジェスチャ)、
   後ろにフワッて人の気配がしたから振り向いたら誰もいなくて
   またガーッてしてたら、
   「カンチョウ!」
   姪っ子にカンチョウされた

振り向いたときは姪っ子さんが小さくて見えなかったらしい。
なにをされてもうれしい甘いあま~いおにぃちゃんなのだ。

Jr.のすべらない話が次々と続き、いざ桐山くんという順番で、ハズして聖に突如指名される亀梨くん。
えー!?といいつつ前へ。
やる気だこの人。
恥ずかしさとやる気のないまぜになったお顔といったら(笑)

亀: はじめまして~KAT-TUNの亀梨和也です~(ぺこ)
 
ヤマトナデシコで共演した宮尾くんのエピソード。

亀: しゅんちゃん、見た目クールなのに天然で
   いろんなことが起こるわけですよ
   しゅんちゃんが家に泊まりにきたときに、僕、仕事が早かったので先に家を出て
   外からカチャって鍵をしめたんです
   2時間後、鬼電がかかってきまして
   そのころ、料理の番組に出ていて回鍋肉作ってたんですけど
   電話かけたらしゅんちゃんがセコムに捕まってました

みんなで台本を読みながらドラマの話をしていたら、宮尾くんの靴の飾りボタンが取れて、縁起悪いなぁとつぶやいて立ち上がったとたん頭を照明にぶつけて、即効不吉さがやってきたしゅんちゃんの話その二も。

そしてそして。
田口くんのエグザイル邂逅の話をうけて、再び立ち上がる男亀梨和也。

亀: ちょ、おもしろい話ありますよ
   
ここで、聖が「止めんなよ、面白いからいーじゃん」と口を挟むので、何かと思えば案の定、MCが長いとイヤモニにスタッフからクレームが入っている模様。
しかし、ここからもとことん長かった。

亀: ちょっとしゃべらせてもらおうかな
   普段はクールだけど(えっへん)
   よくいく健康ランドに空き時間があったから行ったんですよ
   シャワーガーッして、サウナにはいったら、タカヒロがいて
   「あ、どうもー」
   サウナ汗ガーッして、水風呂バーッして
   きもちぃねきもちぃねーって
   サウナ戻ったら、エグザイルのダンサーの人がもう一人増えてて
   サウナ入って、水風呂入って、エグザイル増えてて・・ 
   最終的にエグザイル4人に囲まれて 
   周りエグザイル、俺一人ぽつーん(ちっちゃくなって座ってるジェスチャ)

話が熱くなると、ジェスチャも熱い。
右むきがサウナ、左向きが水風呂で、サウナと水風呂を繰り返すくだりで、中腰姿勢で右左右左くるくる忙しいかめなちくんの図。

Kinkiさんと張り合うくらいMCが長かった。
血筋なりか。ははは。

2010.06.17 *Thu*

2010.6.19 TVぴあ

2010.6.19 TVぴあ ~Cool&Sexy


亀: あの、俺から自信取ったらなんも残んないですよ・・・(笑)
聖: 水分しか残んない(笑)
中丸: 亀は水分と自信でできてるからな!

 ~・~・~・~・~・~・

亀: で、ソロはですね・・・
中丸: やめとけ、傷が深くなるからやめとけ・・・(笑)


“亀梨がちょっぴりヘコみつつ、座談会がスタート” 
ってことで、唐突にはじまる座談会。
編集スタッフに誰のソロが良いか質問したらしい亀梨くん。
竜也さんのソロに票が集まり、結果、ちょっぴりヘコむことになったらしいのですが、その経緯を詳しく教えてほしいぞ。
そこ大事なところだ。
ネタっぽいけど、あとで本気でヘコみがきそうだなみたいな中丸おにぃちゃんがさりげなく予防線をはるところが可笑しいの。

 
亀: 演出の凝ったシリーズが2作続いてたんで、そこから一回外れようと思ったんです。
   等身大というか、“リアルな24歳、男・亀梨和也”が伝わるような楽曲にしたいなって。

   あ~年上の方から見ると子供っぽいですか・・・(笑)
   でも、俺はあの淡い気持ちを忘れずにこれからも生きてくと思うんですよ

   こういう曲って、二十歳くらいで歌っても響かないと思うんですよね。
   ちょっと大人になってきてる今だからこそ・・そうですよね、まだ子供ですよね・・すいません、勘違いしてました!(笑)

中丸: 亀、自信持とう!!


ラジオでも多々聞かれますが、自分で“リアルな24歳・男”とか冠つけちゃうクセ(?)が好きだな。
SWEETの世界は、亀梨くんにとって“淡い気持ち”なんだ・・。
二十歳だとたぶんまだ理想の恋愛だけど、24歳の今なら等身大の甘い世界なりか。

リアル亀梨和也は、「オレのソロ曲みたいな感じだろ(笑)」と聖の突っ込みに大笑いです。


中丸: 人は誰でも、恋愛で慣れて新鮮味がなくなると、飽きたとか愛情が薄れてるって感じると思うんですけど、(前のめりになって)そうじゃなくて、”恋愛は変わってないんだ”っていう素敵なテーマで詞を書きました!(満足げ)


素敵なテーマ(笑)
改めて語ると恥ずかしいものがあるのか、突っ込まれる前に一気に語ってしまおうというか。
中丸くんのソロもSWEETですよね。
等身大のラブソングなりか。ふふふ。

馬といっしょのジャケット撮影のエピソード。
亀梨くん曰く、“自分の性格が反映されている”馬にそれぞれ当たったくだりが面白い。
撮影日の聖のラッキーアイテム=馬刺しに盛り上がるメンバ。

亀: トーストに、ハムとチーズ超うまいよ!
中丸: それ普通だろ!(笑)
亀: もう自信なくしたから(笑)
聖: 無難なの言っとこうって?

 ~・~・~・~・~・~・

亀: 俺の馬は、超頭が良かった!(笑)
   まあ、これ自信があっていってるんですけどね!(笑)


自信ネタてんどん。

アリーナツアーのエピソード、田口くんの髪が焦げる・(驚)
RESCUEか・・ぼんっぼんっ炎が飛んでるものね。
立ち位置間違うとやっぱり炎に当たったりするんだ。うひょー。

中丸: セクシーなのは亀。
    ステージ上で、色気を出すのがうまいなと思う。



“クロストークは、ワールド級にやんちゃです”
唐突に始まるし、話はポンポン飛んでいるし。
テキスト化されてこれだけクロスしているのだから、現場はもっとクロス&クロスだったんだろうなと思えるクロスっぷり。
楽しい~。

PVのカラーにあわせて、ブラック基調の衣装。
Going!の爽やかなホワイト衣装でわちゃわちゃしているよりもティーンエイジャの趣き。
KAT-TUNに黒は、おらおら感だけではなくて、センシティブなところも引き出す組み合わせみたいだ。

ソロショット。
ソファに寄りかかる、亀梨くんのつり目がいい。
幼げにも見える表情にきゅんv

Coolにキメポーズの中丸くんですが、同じ瞬間なのに、カメラを意識して緊張している前身に対して、鏡に映る油断している後姿。
鏡に映っている後頭部がかわいいv
category : 本:TV誌

2010.06.16 *Wed*

2010.6.12 TV LIFE 

2010.6.12 TV LIFE ~NO MORE PAIN アルバムリリースインタビュ

5人並びのみんな同じ照明のなか白さが際立つ亀梨くん。
腕の内側なんて真っ白パールの輝き。
おいしそ・・。
吸血鬼でなくともかぷっと噛み付いて、自分印の痕を残したいぞ。
つか、誰かが残した自分印の痕を見たいぞ(ぽそ)。

tvlife20100612

衣装は、プライベートカジュアルっぽいけれど、コントラストを落としてざらっとした印象のフォトがいい。
亀梨くんは襟足を結わいてるのかな。ガーリーなかわいさ。
霜降りグレーにチェックシャツ中丸くんは、クールな加工をものともせず、ふつー(笑)

メンバが手だけ絡むソロショット。
全員の耳を触る亀梨くん、耳フェチなりか。
聖と田口くんは、こそっと耳打ちをもちかけてる風に見えるのに、竜也さんだといじっているように見えるのは何ゆえ。
サディスティックラブ効果・・?
ひとり、ぎゅうぅぅと耳をひっぱられている中丸くん。
ははは。
ま、なかまるおにぃちゃんだしね(笑)
仁くんにはどんな絡みかただろうか(絡む前提)。
中丸くん以上に、ぎゅうぅぅぅぅ!ってつまみあげてたりして。

座談会。

亀: みんな大人になって、自分が好きなものというより、“今のKAT-TUNに必要なものは何か”を基準に、いろんなことが考えられるようになったんだよ。
中丸: うん。カッコいい曲だけど、これを入れると一定のイメージが強くなるからやめようっていう意見が出たりね。


 ~・~・~・~・~・~・

亀: FARAWAYはライブがイメージできる。
   5人がリフターで上に上がってお客さんを見渡しながら歌うの。
   夏の野外だとさらによくない?
  
   ねー、野外ライブやりたい。1日だけでいいから。七夕とか。   
   やりたい!
中丸:駄々っ子になってるよ(笑)


1日限定、七夕の日。
1年に一度許された逢瀬、雨が降れば無情にも涙とともに流れていく野外ライブ哉。
ロマンチストなかめなちくん健在。
野外ライブいいですね。
そういえば、Kinkiの野外ライブのときに、バックについてたことがありましたっけ。
太陽の下でKAT-TUNと会ってみたいな~。
でも、夕刻~夜にかけて空の色が変わっていく中でのライブも楽しそうだな~。
“野外ライブ”を夢見てわくわくしちった。

インタビュー中に、突発ライブのアイデアを思いついてメンバと打ち合わせる亀梨くん。
ほかのことをしていても、ずっと頭のなかにライブの構想があるんだ・・。
ライブ前の練り上げてる時間も、大変だろうけど楽しそう。

 ~・~・~・~・~・~・

聖: 王様に扮した中丸を見て、おふくろが似合わないって言ってた(笑)

わはは。た・・たしかに。
王様加工をものともしないふつーの中丸くんであった。 
I LOVE ふつー。
category : 本:TV誌

2010.06.14 *Mon*

2010.6 婦人公論 ~亀梨和也

2010.6.22 婦人公論 江川卓×亀梨和也 「僕ら、直球主義!」

目次の笑顔がかわいいv
クラブを触らせてもらって、ときめきの笑顔。
クラブ(道具)にときめくことができるっていいな~。
男の子っていいな~。


亀: インタビューは、自分が受けているときの100倍難しいです。
取材されているときは、“亀梨和也”でいればいいし、見せたい姿を見せればOKですが、逆の立場だと自分をしまいこんで相手を引き出さなきゃならない。
緊張感を漂わせている選手に近寄れず、スタッフさんから「ほら、前に出て!」と背中を押されることもあります。

江:僕が上手だって言ったのは“うわべだけ上手い”という意味じゃないんだよ。
亀ちゃんには、相手を思いやる気持ちがある。思いやってくれない人が取材に来たときは、すごくイヤなもんだよ。

亀: 感じますよね。こちらに対する知識を持たないままで来られると、受けるほうはテンションが下がってしまう。僕らも感情のある人間なので・・。
自分が取材する側になったとき、そこだけは気をつけるようにしています。


移動の合間にも選手名鑑をめくっているようなことを言ってありましたね。
KAT-TUNのことをよく知らないままインタビュしている記事は、読んでいてなんとなくわかる。
KAT-TUN、或いはメンバの名前を他の誰かの名前に差し替えても通じる記事とか、インタビュする前から書く事を決めていたような記事あるものね。

インタビュの場を大切にされてない経験をしている。
“緊張感”がどんなに大事なものか知ってる。
壊されたくないことを知ってる。

フィールドは違えども亀梨くんも同じプロであるということが、亀梨くんの強みなんだなぁ。


~・~・~・~・~・~・

亀: 正直戸惑いました。
趣味が突然仕事になってしまったわけですから。
あと、ジャニーズでは「いかに尖ってカッコつけるか」みたいな感じでやっているのに、それがまったく通用しないフィールドに出て行くことへの不安もありましたし。
KAT-TUNのときとは着ている鎧の種類が違うんですね。
好きなことを仕事にするのは、幸せな面とつらい面の両方があると思いました。

江: でも、やってて楽しい?

亀: 楽しいです!
好きなことを体で学ぶことができるので。
「もっと野球が上手くなりたい」という、小学生の頃の気持ちを思い出しました。原点に戻った感じがします。

江:いい姿勢だ。その思いがあれば、たとえつまずいても大丈夫だよ。


~・~・~・~・~・~・

亀: 僕は人に相談するのがわりかし苦手なんですけど、本当に信用している友達とか家族には、ご飯を食べているときにポツリと「○○なんだよな・・」って吐いてますね。
あとはインタビューに答えることで「あ、俺って、こう考えてたんだ」と気づくこともよくあって。
僕が取材するときも、選手に同じように感じていただけたらいいなと思います。



楽しければ大丈夫、という江川氏の答えが明快。
「楽しい?」という問いかけ。
こういうのが、インタビュアのコツのひとつなのかな。
楽しいって言葉を引き出すことで、相手のなかに安定感を作り出すというか。

「相談するのがわりかし苦手」
「好きなことを体で学ぶことができる」

亀梨くんのなかのバランス。
吐いてますね、ってそれって相談じゃないだろって突っ込みつつ、らしいなぁと思ったり。
人にはなんで悩むかなそんなことなんて不思議に思われそうなちっちゃな悩みごととか皆がおろおろしそうな大きな悩み事とかマルチタスクでこちゃこちゃ悩んでそうだもん。
それで機嫌が悪くなるなら相談してくれって思うなかまるおにぃちゃん、というのはネタですが。
周りに相談してじめじめするより、自分のなかに嵐を閉じ込める人だと思うんですよね。
この人になら相談するかなっていう人たちが、いい男揃いだったりして、そういうバランス(というか嗅覚?)もすごいなぁと思ったり。

「インタビューに答えることで気づくこともある」

インタビュアとの会話で、インスパイアされることがある経験を応用できるところがすごいなぁと思うのです。
「相手を引き出す」だけではなくて、相手が気づいていないことも引き出そうとしてしまうところ。
良い質問だけが、それを引き出すとは限らないと思うんですけど、駆け引きというか、亀梨くんは、臨機応変にその場で相手を引き出す言葉をつかまえてそう。

~・~・~・~・~・~・

亀: ところで、江川さんの夢って何ですか?

わ・・(ぱちくり)
なにかの話の流れからなのか、ふと思いついた質問だったのかわからないけども、意表をつかれたこの問いかけ。
55歳の江川氏に「夢って何ですか?」って聞いちゃうんですよ。なかなか聞けないですよ。
おもしろいなぁ、亀梨くんのこの感覚。

~・~・~・~・~・~・

亀: そういう環境って、まず自分がしっかりしてないと成立しないじゃないですか?
芸能界にいても、一流の人と常に一緒にいることが正直しんどい部分もあるので・・僕ももう少しちゃんとしなくちゃ、と思います。


「正直しんどい」
これは、はじめて聞く亀梨くんの変化かな。
今までみたいに、年下の立場で甘えていられなくなってきているということなのかな・・。


選手が改めて気づくことがあればという、自分のインタビュを選手のプラスにしたい意識とか、誠実さが相手に届いているなと思うし、野球が大好きなところ、ほんと伝わってますよね。

亀梨くんの言う「すごい」は、漠然としたものじゃなくて、プロの技術を具体的にすごいと捉えていて、憧れと尊敬でキラキラした目をしていて。
そんなキラキラした目で見られたら、そりゃ選手たちもはりきっちゃうと思うのです。
自分が誰かの憧れのカタチとしているのを実感できるんだもの。
テンション上がるよね。

そのうち野球界に、亀梨くんにインタビュを受けると、好成績が出せるというジンクスが生まれるんじゃないだろうかと思う。
ラッキーかめなちくん。

2010.06.13 *Sun*

吸血鬼とワイン

6月も中旬です。あわあわ。
てれんぱれんしとりました。てれんぱれん・・どの地域まで伝わるかな。

本日は、サンドーム福井でしたね。
ティアドロなかまるくん見たかったな~。←涼華さん家レポ参照。
熊本でもやってくれないかな~。次の土曜日へと迫りましたよ。あわあわ。
熊本までには、福岡のライブレポを仕上げておきたい・・。

さちさん家で、ドラキュラとヴァンパイアの表現の違いについて記述がありましたが、どちらかといえば正確な意味合いよりも作品からもたらされるイメージが強い言葉ですよね。

ドラキュラ= 伯爵、ブラム・ストーカー、コッポラ
ヴァンパイア= 吸血鬼(ヴァンパイア)ハンターD、インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

が連想される羽鳥です。
あ、悪魔城ドラキュラもあるか。
プレイはしたことないけど、キャラクタデザインが小畑健で、亀梨くんビジュのキャラクタがいるので、気になるゲーム。
これに限らず、小畑氏が、髪の毛ストレート・酷薄の笑みを浮かべる薄い唇・色素の薄い肌のキャラクタを描かれると、どうにも亀梨くんに見えて仕方ない。

LOST MY WAYは、魔物のイメージだから、吸血鬼かヴァンパイア呼び?

1006
「神の雫」パロディ。わるなち顔のドラキュラ雫ちゃん。

さて、気合ゲージ補給アイテム(ひ・み・つv)も手に入れたし、更新がんばろ(ぽそ)。
category : 日々是好日

2010.06.01 *Tue*

KAT-TUN LIVE TOUR 2010 福岡 覚書らくがき

1003
1004
1005

ライヴメモの中から、らくがき部分を先にピックアップ。
これで3分の1くらいかな。
こんな感じでちょこちょこメモってます。

06
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
15
18
19
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2010年06月 | 07月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。