This Archive : 2011年09月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.30 *Fri*

DREAM BOYS 2011 観劇記2 ~MC

DREAM BOYS 2011 9月22日 2幕MC

亀:皆さん、本日は、お越しいただきましてありがとうございました
  100周年、たくさんの方に支えていただきながら、
  日々、全身全霊で挑まさせていただいてます
  KAT-TUNから3年ぶりに田中聖くんが帰ってきてくれました
  そして、約1000年ぶりにステージに立ってくれました中丸雄一くんです

雄:亀は万年といいますが、僕がこのステージに立ったのは、ちょうど1000年前です
  ・・そんなに経ってない
  急に振られて、亀は万年が出たのってすごくない?

亀:いつもは100年振りとか言ってるじゃないですか?
  残り3日、全部違うように言ってやろうかなと
  
雄:挨拶なのにボケるっていう
  一切普通に紹介しないってことですね?

「2012年から来た中丸雄一くんです」
「僕は未来人です。・・違いますね」
亀梨くんのぼけと中丸くんの軽いのり突っ込みがまったりと続く。

 ~・~・~・~・~・~・ 

亀:帝国劇場に立たせてもらえることは、
  何回やっても新鮮なんですよね
  メインキャストが変わるから、新しいものを創ってる感覚で

  ライブとは違うよね
  グループとして創っていこうと距離感が近いけど
  舞台は、一個人一個人で役割が決まってる

 ~・~・~・~・~・~・

聖:チャンプは、日本一で番が少ないメインキャストだと思う
  2幕に関しては、寝っころがって死ぬだけですもん

亀:ぼくは、何をしているときも聖が見てるなぁと思ってがんばってますよ
  壁フライングしてるとき、スタンバイしてるもんね
  ダーッと通り過ぎても、気づいてますよ
  聖がパジャマで立ってるの

 ~・~・~・~・~・~・

聖:ボクシングシーンで、亀の顔を殴っちゃった

亀:クリーンヒットしました

聖:そろそろ我慢できなくなっちゃって

亀:ここだけの話ですけど、鉛の板が入ってました

雄:物語変わってきますよ

亀:聖、優しいんですよ
  1幕終わった後、携帯電話が鳴り響いたんですよ
  「まじ、ごめん」って

聖と中丸くんの楽屋は同じ階だけど、亀梨くんは階が違うので、
ふたりとの会話は電話で行われるらしい。

 ~・~・~・~・~・~・

聖:シャワー室が中丸の楽屋の近くなんですけど、
  ものすごいルシエルが聞こえるんですよ
  なんだろうと思ったら、中丸が準備しながら、
  めっちゃルシエル聞いてた
  
雄:ランダムにして流してるから、
  たまたまルシエルだった

聖:しかもクリスマスVer.

亀:エルフの森のなか~♪(ヘリウムボイス)
  あのときの俺の声ときたら、ヒドイもんだよな
  歌い終わりの癖が、ちょーあんの
  さがすぅ~♪(びよーん)
  
ヘリウムボイスで、歌い終わりが鼻から抜けてびよーんと跳ね上がる、
昔の自分の歌真似してる亀梨くん。

 ~・~・~・~・~・~・

KAT-TUNの初持ち曲“RED SUN”を社長が大嫌いというエピから、
振り付け師さんの歌詞勘違いエピへととび、盛り上がる3人。

聖:Break Awayを激励と言ってたからね

亀:嵐~嵐~for dream♪じゃないですか
  それを「嵐~嵐~oh please♪」って
  「Jr.も声出して歌おう!」って言われて、
  oh please♪じゃねぇよ!って

聖:これが限界だって♪って歌があったんですけど、
  「採れたてうまいんだって♪」
  野菜・・!?

振り付け師さんのアバウトな歌詞に戸惑い、突っ込みたいけど突っ込めずもやもやする亀梨少年が
思い浮かぶ熱弁さ。


 ~・~・~・~・~・~・

亀:ここで言っていい?

雄:言いましょう言いましょう

亀:SHOCKで、おまえやらかしてない?

雄:(ごくっ)それは言えるエピソードですか?
  言えないエピソードは止めてくださいよ?


びくっと固まった中丸くん。
言えないエピソードがそんなに思い当たるなりか(笑)
帝国劇場の思い出を語られるとき、“SHOCK”時代からなのがうれしい。
Show must go onがちゃんと受け継がれてるんだなってこと。

この舞台で何を得られたか中丸くんに問うときに、
「ゆっち」呼びした亀梨くんをさらりとスルーした中丸くんが可笑しかった。

 ~・~・~・~・~・~・

話題は、中丸くんのオリジナルキャラクタ“ゲン タニシ”へ。

亀:中丸くんが、ヒューマンボー・・

雄:ボー!?

亀:ヒューマンビートボックスをやるときに、
  「みなさんこんにちは」って言ってたのが
  ゲンタニシっていうくっだらないキャラクタなんですけど(笑)

くだらないとはき捨てるように言うも愛情の裏返し。
ゲンタニシが大好きな亀梨くん。
中丸くんに、「ゲンさんやってよ」とおねだり。

雄:亀梨くん、このキャラ食いついてくれますね

亀:僕、好きなんですよ
  プライベートで使ってますもん
  みなさんおはようございます(ゲンタニシ調)
  すみません、ウーロン茶ひとつください(ゲンタニシ調)

雄:亀梨くんと気づかれた場合、すげぇ心配すると思うよ?

亀:だって、僕、ゲンタニシですもん
  プライベートはゲンタニシの気持ちなので、
  街で見かけたら、
  「タニシなう」
  にしてもらわないと

雄:亀梨くんですね?って言われたら・・

亀:ちがいますぅ(ゲンタニシ調)
  よく似てるって言われるんですよぉ(ゲンタニシ調)
  
  握手してくださいって来られるのは、まだいいよ
  「亀梨さんですか?」「はい」
  さーっっ(確認して去っていく)みたいな
 
ぽつーんと置き去りにされてしまうことが結構ある模様。

 ~・~・~・~・~・~・

雄:有楽町のエレベータだったんですけど、
  おじさんとおばさんがこっち見て、こそこそ話をしだして、
  「嵐!嵐!ぜったい嵐だし」
  俺、KAT-TUNだし!

聖:KAT-TUNです、って言えよ

雄:KAT-TUN知らないしって言われたら嫌だし

亀:そこは自信持ってけよ
  
雄:負けましたよ

亀:がんばれよ 

1073

 ~・~・~・~・~・~・

亀:新しい名前欲しいな 

雄:変えるなら、Kではじまらないとだめですからね

聖:きくらげ!

亀:それだったら、ゲンタニシのほうがいい
  GET-TUN~デビューシングル

雄:Kにしようよ

亀:Kがいい?

聖:Nをにらにするから、Kはきくらげにしよう
  Tはたまごにしよう

亀:一生のお願い!
  Tはタニシにして

聖:じゃ、タニシ

亀:これ一生のお願いな
  もうお前にお願いすることないから(ふっ)

聖:こんなんで使っちゃっていいの!?(焦)

亀:Uは、うに・・いや、Uだけ上田でいいや
  きくらげ、タニシ、たまご、上田、ニラ
  ふたりで歌うときは、ニラをちゃんとこう持って
  で、上田はちゃんと坊主なの
  
雄:すっげ、くだらね(ぽそっ)

1072

竜也さんポジションになって、ニラ(中丸)とシンメのお手本を見せる
ちょーアイドルキメ顔亀梨くん↓
1074
カメラにぬかれてアップになったときの背中合わせでカメラ目線を送るレクチャーの図。

 ~・~・~・~・~・~・

亀:この後、4時半から仕事なんで・・

雄:俺、坊主(上田)とラジオあるわ

亀:みんなばらばらに仕事して
  夜9時合流ですよね

舞台から中丸くんをはけさせようと絡む亀梨くん、
ひとり笑いがとまらなくなり、
  
雄:なにヘラヘラしてんだよ

聖:ヘラヘラって・・

亀:部活の先輩後輩みたい(笑)


仁くんもかなり絡みにくいぼけ方をしますが、これは亀梨くんも負けてない。
上田with野菜たちのプロデュースが楽しくなってしまう末っ子。
そんな末っ子を憮然ともてあますおにぃちゃん中丸くん。

甘くしっとりとした声音の落ち着きある座長のご挨拶からはじまったのに、
中丸おにぃちゃんというストッパーがいるからか、
ゲンタニシあたりから、単なる甘えたの末っ子へ変身~。
中丸くんが側にいると、ほんと安心しちゃうんだなぁ。

スポンサーサイト
category : 舞台

2011.09.27 *Tue*

DREAM BOYS 2011 観劇記1 ~大回転

回転に入る前の、
水面を鏡状に鎮めるみたいに、気を澄ましていく亀梨くんのゆっくりと深い呼吸が、
会場中の心を吸い寄せ、静かに支配する。
加速する回転のスピードが熱く刺激する。

大回転バンジー。

遠心力でかかる大きな力を制御するのに、どれだけの負荷がかかっているのか。
下からゴムが跳ね上がるとき、
すごく歯を食いしばられるんですよね。
スピードのついたなかを、体の中心がぶれないようにコントロールするのに、
亀梨くんのなかに一点に集められる集中力がすごい。
ロスマイは、とらわれますが、
ここでは、ぐっと掴まれる。

ふんばっている声というよりは、
「ひゅっ」と息をはく音がして、
体びびっと射すくめられました。

連続回転の動はすごい迫力ですが、
回転に入る前の、気を澄ましている静の亀梨くんに引きつけられます。
顎の先からぽたぽたしたたり落ちる汗、
前を見つめる目が、すごく綺麗なの。

それにしても、バンジー回転の迫力もすごいが、亀梨くんの腕もすごい。
力を込められたときの筋肉がもりもり。
驚愕。
この1ヶ月間で、めきめきもりもり二の腕が大きくなられたのでは・・。
しゅっと細くなられた顔と同じ大きさに見えるのだわ。
ほんと。

終わりに、どや顔で客席を見下ろす亀梨くん。
汗でキラキラ光る顔で、ふっといたずらっこな笑みを浮かべるのが
きゅぅんとする可愛さ。
知らぬ間に強張っていた体の力がほっと抜ける。

1069
category : 舞台

2011.09.26 *Mon*

DREAM BOYS 2011 ~千秋楽

舞台の興奮が、キラキラが、瞳に口元に髪の毛の先に残ってるみたい。
スーツとネクタイをきっちり着こんで、気持ちを切り替えることなく、
舞台の余韻に浸っていられたらといいのに・・と思うけれど、
うれしかったです。
千秋楽直後の亀梨くんに会えたGoing。
いい千秋楽を迎えられたんですね。
すっきりとしたすごくいい笑顔。

落合監督と江川氏のインタビュを感じ入って見ている亀梨くんも、
江川氏を見上げてあどけない笑顔の亀梨くんも、
ちっちゃなワイプのなかでくるくる変わる表情の亀梨くんも、
いいお顔。

EDはちょっと目元がしぱしぱされていたような・・。
Goingのお仕事が残っているとわかっていても、
舞台で全力を出してこられたんだろうなぁ。

『もっともっと進化しなくちゃいけないと思ったし、
 もっと進化できると確信しやした

 この関係ずっと宜しくっ

終演直後のメッセージ。
もう次のステップへ進むことを考えてあるところが、
ああ、亀梨くんだなぁ・・。
感動の文面に可愛い絵文字をくっつけてしまわれるところも、ま、亀梨くんだ(笑)

ほいで、“中丸のページ”。

『特にホットケーキはありがとう。
 美味しかった。
 また会う日まで。
 さようなら。
 ホットケーキ。』

帝劇へかける想いは、ホットケーキへのノスタルジアから始まり、
ホットケーキに捧げるポエムで幕が降りるのであった。
ははは。
観劇中、中丸くんの細さに、あの大量のホットケーキたちはどこに消えていくのだろうか・・、
という思いを胸に抱いてしまいましたよ。

1ヶ月間舞台の上で過ごされたことで中丸くんが得られたものについて、
語られる言葉を楽しみだー。←22日MCネタ。


千秋楽と300回公演達成、
おめでとうございます。


そして、舞台の感動をありがとう・・。

category : 舞台

2011.09.24 *Sat*

銀色の魔物

月の雫が、銀色の髪を滑り落ちる。

1068

亀梨くん、銀髪・・。
ベム人間Ver.お目見えの日が、旅先だったので、
“銀髪”という情報だけをちらっと目にできただけで、詳しいことはわからず、
おかげでドリボ舞台中も、ふとした拍子に銀髪亀梨くんの想像が膨らむ膨らむ。

亀梨くんの裸を見ながら、あ・・ボクサー姿ね、
色素の薄い肌と髪、
これは、月の光に、怪しく儚く映りそうだなぁ・・。
なんて思っていたら、
蒼月の光を浴びている映像があって、
これが、もう、想像以上の美しさ。
そして、触れることさえためらわれる儚さ。

そういえば、仁がグラチャンバレーの頃に、
アッシュシルバーの髪色していたなぁと思い出すと同時に、
あ・・リアル銀さん(@銀魂)もできそう
なんて思ってしまうあたりが、羽鳥であろうか・・。
銀狼怪奇ファイルも思い出してたりして。

実写化ということでリアルなのかと思ってましたが、
アニメのエトランゼな雰囲気を生かす設定になるんですね。
そっか、現代に置き換えるだけだったら面白くないものね。

銀色の髪ってどこから出てきたんだろ・・?
亀梨くんの白い肌ありき、の要素も大きそうである。

目の端に映った銀色の残像が、心をざわめかす・・
みたいなざわめきがもうすでに羽鳥の心に。
ぐおー、早くドラマを見たいぞー。

「洋服のディテールだったり、髪の毛ひとつにしても、分け目、長さ、帽子の形、本当にすべてみんなで、『あーでもない、こーでもない』って言い合いながら、この新ドラマにおける、この時代ならではのベムを作り上げることができたので、自分では非常にしっくりきていて、もうすでになじんでいます」

ディテールをつきつめていく作業、楽しそう。
このディテールの細かさが、キャラクタを動かすから、
ベムに体を貸す撮影前だとしても、ベムが入ってきてしまうものなのだろうか。
亀梨くん自身が考えているディティールもいろいろありそうです。

亀梨くんこだわりのベム仕様ではありますが、
ZIPの映像に何の加工もされず、ほわんと可愛い顔になっている番宣は、
なんだかスナフキンを彷彿とさせてしまうなり・・。

category : 妖怪人間ベム

2011.09.23 *Fri*

弘人が暮らしている街へ

二十歳の弘人がいた、
二十歳の亀梨くんがいた、
横浜の街へ。



ずっと行ってみたかった、弘人が暮らしている横浜。
ライブで気力体力を使い果たしてしまうので、ドームライブで遠征してもなかなか行くことができなかったの。
今回は、舞台一公演の観劇だったので、移動日を利用して、
うっし、横浜行くばい~、
と意気込み旅立った21日、よもやの台風(15号)直撃。
福岡から東海にいた台風を追い越してなんとか羽田に到着したものの、
元町のホテルに缶詰ですよ。
まいったまいった。ぷしゅ~。
後から振り返れば、見知らぬ土地で交通ストップに巻き込まれることなく、
22日朝、欠航で乱れた飛行機便に気をもまずにすんでラッキーだったと思えるのですが、
その日は、侘しくコンビニおにぎりを食べて、鬱々とふて寝。

翌朝、目覚めてみれば、目映く広がる青空。
わぉ!
早速、大桟橋へ、ミネラルウォーター片手に持って、お散歩。
少し冷たい潮風と、クリアな日差しが気持ちいい。



弘人たちがいた場所にいる・・!



朝7時。
ランナー2.3人とごみを拾っている人となぜかこんなところでPCしていた人が去ったあとは、
ぽつーんと羽鳥ほぼ一人。
しばし、街と空と風が波を運んでくるのを眺める。
ついでにかもめたち(けっこう可愛い)も眺める。
ぼぉー。

そして、
ここに弘人がいたら・・
の視線でもって写真を撮りまくる。
例えば、このフェンスに弘人がよりかかっていたら・・とかイメージしつつ。



変なアングルの写真を撮っている変な人になっていましたが、
目撃者はいないぜ。
ふっふっふ。
40分くらい大桟橋内を歩きまわったでしょうか。
木の床は、足音が優しく響くね。
風は乾いていたのに、日差しが強くて、汗でシャツがぴっちょり。
今からの季節、ここで毎朝ウォーキングできたら気持ちいいだろうなぁ。



ホテルへの帰り道、平日なので、出勤している人たちとすれ違って、
旅してるなぁとしみじみ。
観光地を巡るとテーマパークに行った感がありますが、
そこで生活している人の匂いがあると、俄然旅情に浸れます。

山下公園近辺しか歩けませんでしたが、この地区の美しさは、
たくさんのお掃除している人で支えられているんですね。
タクシーの運転手さんも年季の入ったちりとり持って、
足が滑らないように銀杏を駆除してました。
自分たちが住んでいるこの街がきっと大好きなんですね。
公園通りの立派な銀杏並木は、落ち葉が大変でしょうが、
黄色に色づく季節に行ったら綺麗だろうなぁ。

時間がなくて、赤れんが倉庫もコスモクロックも遠くから眺めるだけに終わってしまったけれど、
あまりにも気持ちのいい朝に心潤って、
また来ればよか・・、
と心軽くなって、次の機会がすごーく楽しみになってしまった。

弘人と菜緒が出会った神様がプレゼントしてくれた朝みたいな横浜を後にして、
(私は何の出会いもなかったけど・・)
いざいざ、帝国劇場へ。
category : 日々是好日

2011.09.22 *Thu*

羽鳥DREAM BOYSへ行く

22日、一公演、一発勝負観劇に行ってまいりました。
楽しかったーv
素敵な舞台でした。

先刻まで、帝国劇場にいたのになぁ。
心は、まだ劇場にいるのに、
体はもう福岡の夜空の下いて、なんだかふわふわしてます。

1066

はじめてのLost My Way指揮者Vre.に
こころふわふわ。
category : 舞台

2011.09.19 *Mon*

Going! Sports&News 2011.9.18

プロ野球プロジェクト ~ロッテ岡田選手に外野守備の極意を学ぶ

およよ。
1週間しか経っていないのに、胸板がもりもりに盛り上がって見えるのですけど・・。
両肩幅が、がっちり。
短期間で肉体に変化が表れるところ、舞台のハードさがわかりますね。

そして、ユニフォーム姿の亀梨くんは、太ももむちむちであった。
ま、好きなんですけどね、むちむち。

プロジェクト紹介時のグローブを早く仕込みすぎて、
慌てて右手でおさえて、姿勢を正す亀梨くん。
順位表に隠れて仕込むなぁ(笑)
「ご覧下さい、どうぞv」
斜からカメラ目線で、そのままドル誌の表紙になりそうなフォトジェニックスマイル。
上田氏のちゃちゃ入れにふきだしちゃって、決まりきらない笑顔が可愛い。

ボールへ向かって華麗なるジュテ。
1067
なんちて。
届かないボールへ向かっていく亀梨くんの動きが、アニメというか漫画というか。
「おわっ」「ぐわっ」
奇声がグラウンドに響き渡るのも、
ONE PIECE的書き文字処理したくなるコミカルさである。
一生懸命さが、面白さに変わっちゃう妙味は、亀梨くんならではの持ち味ですな。

盗塁プロジェクトのときもでしたが、スタートダッシュでどんくさく見えるのが、
えーと、可愛らしかった(笑)

でも、ころんと転がって、
すちゃっ・・と受身がとられるところは、さすがにすごい。
スピードがついた体勢からでも、受身で流せるってほんとすごいなー。

キャプチャになっている、捕れたvってグローブを高く掲げる
亀梨くんの野球少年の笑顔が可愛い。


亀: 半歩・・0.0何秒のジャッジでプレーが変わる
 
   ファインプレーで捕るのが全てではない

   打つ前に一歩動くというのは、データなんですよね

「極意・・なんもないっすよ」と答えていた岡田選手。
自分の体を使ってもくもくと経験を積み重ねていくタイプの人は、
近道がなくて、とくに極意としてはまとまらないのかも。
そして、自分の体を使って、学んでいく亀梨くん。
難しいボールを捕れるようになることだけじゃない、
大事なところを伝えてくれる。
このプロジェクトが伝える極意は、
野球を離れたところでも、極意であるなぁ。

VTRに反応してるワイプの表情が可愛い亀梨くんですが、
プロジェクトVTRを見てるワイプの亀梨くんの、
選手のプレーを惚れ惚れと見ている表情が、またすごくいいのです。
すごさ実感してる憧れできらきらのお顔。
と言いつつ、
江川氏の予言的中のときに、一瞬だけわるなち顔になられたのがつぼであった。

going20110918

ありさ嬢のクイズに首をかしげている姿の頬のラインの萌えたり。たりたりー♪
イチロー選手の似顔とハンチング突っ込みに笑いが止まらなくなっちゃう亀梨くん。
思わず手もたたく(笑)
無防備な笑顔に、きゅん・・v
category : Going! Sports&News

2011.09.17 *Sat*

K’s by K’s ~2011.9.16

こんばんは。亀梨和也です。
今晩はいつもとちょっと雰囲気が違うんですが、わかんないですよね~?
勘のいいあなたなら、もしかしたら・・。

現在、僕は、帝国劇場100周年ということで、舞台“DREAM BOYS”の真っ最中でございます。
そして、なんと亀梨和也の楽屋からお届け!ということで。
2年前にも、実は、この楽屋からK’s by K’sをお送りしたことがあるんですが、
そん時と今年は、ちょっと楽屋の(様子が違う)・・。
そん時木とか結構置いてたんだよね~。
ま、目の前には、西武の中村選手からいただいたバットが置いてあったり、
バスケットボールが置いてあったり、
あと、目の前には鏡台ですかね。
いつもここでメイクをして、あとカメラがあります。
これはリハーサル風景を撮ったり、出演者を撮ったり、スタッフさんを撮ったり、
けっこう面白い写真が撮れたので。
そして、左側には、殺風景だったんで、なんかねぇかなと思ったら、
マネージャーさんが、KAT-TUNの2010年のライブツアーのバスタオルを持っていたので、それを飾ってます。
自分でやりました、画鋲を。
後は、普通ですね。
ソファにかけているでっかいタオルは、自分の家から持ってきました。
やっぱ自分の家のものがあるとやっぱ落ち着くなぁという感じでしょうか。
さぁ、今日は一体どんな放送になるのか、僕もちょっと予測不能です。

いやぁ100周年ですよ。
ほんとにすばらしい年にね、またこうして約2年ぶりにDREAM BOYSを上演できているっていうことは、
ほんとにありがたいなと恵まれてるなと感じながら、毎ステージ毎ステージ立たせてもらってますが、今年のスケジュールもまたすごいことになってますからねぇ。
22日間で全38公演という、怒涛のスケジュールを行っておりますが。
今年は新たなアクロバットをやらさしてもらいながら、
酸素のありがたみ?
本番中、酸素ボンベを吸ったりするんですけど、酸素すげぇよ!
普通のときに酸素ボンベ吸ってもなんも感じないじゃん。
キツいときの酸素、ハンパない。
すーーーってなる。うん。
これを機に、より一層地球の環境にも気にかけていけたらいいなと思いますが(笑)

メール。
(1階の最後列でも、かめちゃんの「ふーっ」って力のこもった声が聞こえる)
これ、俺ね、声、ちょっと恥ずかしいわぁ。
すごい言われるんだけど、なんかもれてるみたいだね。
ちょっと恥ずかしいよね。
だって、ふんばってる声でしょ?

(2部の頭がダンスとリンクしているところが好き)
うれしいですね、日本全国いろんなところから来ていただいて。
2部、今年から新しい演出で、
映像と自分が踊って融合するみたいなことをやらさしてもらった後に、
壁フライングで、ビルの映像が来るんですけど、
あのくだりハンパないっすよ。まじで。
ぶわーって思いっきり踊るじゃん?
そのまま、壁走りね、無酸素運動なんですよ、言っちゃえば。
ずっとこう・・寝転がって足をずっとちょっと上げてる状態・・?
で、動かしてみて。
ちょーキツいから、ほんとに。
そう言ってもらえると、僕もがんばり甲斐があるので、ありがとうございます。

(大回転フライングは圧巻)
ここだけの話、ちょー憂鬱だったもん。
稽古行くの。
あのね、怖い!
今回は、ほんとに。
初めて稽古場行った時は、子どもが初めて自転車乗るとき(プロテクター)全部つけるじゃん。
膝つけて、肘つけて、ヘルメットつけて。
あの状態からスタートだったんですよ。
だんだんそれを外していくのも怖いよね。
頭が最後まで残ったんだけど、飛び越えるところで、一回髪の毛掠ったんですよ、ふぁーって。
うっわぁって思って。
教わるとかないからね、基本。
ある程度見させてもらって、雑技団の人がやってくれて。
なんとなく、こうこうこうってのは聞くけど、
もうやるしかないわけよ。
例えばこういう感じって、練習の仕方が無いから。
これはこれで、巡りあわせですから、
伝授していただける貴重な経験でありがたいなと思いながらやらさしてもらってますけど。
最後まで怪我無く終わりたいなと思ってます。

 ~・~・~・~・~・~・

アポなし“むちゃぶりBOYS”。
DREAM BOYSに出演しているJr.を勝手に楽屋に呼び出しちゃおうというコーナーなんですが、
全くアポなしなので、今この時間に楽屋に来た子、誰が出てくるか僕も楽しみなんですが。
(安井謙太郎、二宮、岩本照登場)
今日みなさん早いですね、入ってくるの。
いつも何時間前に入るんですか、本番。
2時間前、それがJr.のルールということで、
じゃあ後、2.3分して来てなかったらおかしいということで。
DREAM BOYSに出ているJr.だからすごい奴らの集まりだろうということでですね、
どんなむちゃぶりが来てもしっかりホームランを打ち返すという、
そんなことをやってみたいと思っています。
一発目誰から行く?
二宮くんいくつなの?
(二)12です
12歳!? ちぃっちゃいねー(笑)
いつJr.に入ったの?
(二)8月の終わりくらい
最近やん! まだ1ヶ月経ってないんじゃん。
すごいね。
このDREAM BOYSがはじめての仕事じゃん。
(樹、宮里登場)
宮里くん、眉毛薄くないですか?
(宮)本番はじまる前、気合入れようと剃ってたんすよ
したら、案の定、ぞりっ・・と
いった?
(宮)いってしまいました
今日、(楽屋入りが)ギリギリですね。ちょうどぴったりぐらいじゃないですか?
僕、今日2時半入りですよ。
(宮)気持ちは2時半なんで
今日は学校ですか?
(宮)学校じゃないです
今日は学校じゃない。じゃ、結構ゆっくりして来たんですね。
何やってたんすか?
美容室ですか。眉毛ちょっと薄くなっちゃったけど、髪の毛切ってこようと(笑)
(むちゃぶりBOX)
(宮)亀梨和也の魅力を五・七・五で言いなさい。これは、僕はやばいっすよ。五・七・五超えます!
五・七・五超えちゃだめだから(笑)
(宮)ととのいました!「かっこよく なんでもできて すばらしい」
無難ですけどね(笑)
二宮くん、1ヶ月経ってないもんねー。
今、びっくりだよねー。
これ、ラジオだからね?ラジオ初出演じゃん。
ね?すごいね?
4時回りましたので、これから来る奴は遅刻ということで。
(亀梨和也になりきって妖怪人間ベムの豊富を語る)
(Jr)妖怪人間って感じで面白いストーリーになってると思うんで。
妖怪人間って感じって、どんな感じなんですか?
(Jr)普通の人間じゃないって感じです。わかりやすく言えば
ぜひチェックしたいと思います。
田中聖の弟、樹が。
俺になりきんだぞ?
(樹)まかしてください。干しぶどうのあの干された感じが無理なんすよね
なにそれ?(笑)じゃ、宮里くん、亀梨和也になりきってください。
(宮)レーズンパンはまだ食べれません。なぜなら・・
ばかにしてんだろ!(笑)
お前が2時間俺のこと語ってくれた後に、俺が3時間説教するわ(笑)

 ~・~・~・~・~・~・

あなたと過ごす金曜の夜のひと時、K’s by K’s in 帝国劇場も終わりの時間です。
ここで、番組からお知らせがあります。
2008年の4月からスタートしましたこのK’s by K’s、
僕の初めてのレギュラーのラジオだったんですが、
なんと今月をもって終了することになってしまいました。
あっという間の3年間でしたね。
3年半の気持ちといいますか、感想はまた今度の機会にゆっくりお話したいな、
と思いますけども。

 ~・~・~・~・~・~・

舞台が続いているなかの掠れた声。
でっかいタオルって、えーとバスタオル?
ライナスのあんしん毛布みたいなものでしょうか。
亀梨くんのことだから、肌触りが良いのだろうと思われ、
頬すりすりしてるのかなぁ。

ラジオ収録モードなので、Jr.に丁寧語で絡む亀梨くんが可笑しい。
気心の知れたJr.には手厳しく、
ちっちゃい子には優しく。
保父さんみたいに優しい声音で話しかけてるの。

さらりと終了のお知らせありましたね。
すぐに、FMで亀梨くんラジオがはじまるニュースが出るわけですが、
さよならの寂しさでしんみりしちゃったよー。
KAT-TUNファンになってから、
終わりがあることを、
そしてまたはじまりがあることを考えることが多くなったなぁってしんみり。
なんか、まぁそんな時間もちょろっとで終わっちゃったですけど・・(笑)

FMは朝からなんですよね。
夜の帳のしたで、亀梨くんの声が聞ける時間、好きでした。
アポなしテレフォンで亀梨くんと信じてもらえない低い声とか、
引きつった笑い声とか。


ex20110917

耳元で亀梨くんの声を感じさせてくれるイヤフォン。
音質よりも可愛さで勝負。

プラス、ペンタブは、サイクルの早いPC界では、6年目に突入した年代もので、
すっかり手に馴染みました。
亀梨くんの声を聞きながら、亀梨くんを描き描きする、
これが楽しいのだ。

2011.09.16 *Fri*

FRaU 2011.10 ~赤西 仁

fraujin201110

電流が奔って、Bomb!って髪の毛ちりちりになっちゃったみたいなエレクトリカル仁。
ボンバーというのかフラッパーというのか、
ちょっと見、竜馬っぽい印象を受けたせいか、なかなかソウルフルに見える髪型。

髪型のインパクトはありますが、
新しい発見を外界にではなく、
自分の内側の深い深いところに求めるような孤高さ。
ハリウッドムービーとはいえ、
武士を演じられていた先入観があるからかなぁ。
仁のなかにまだ色濃く残っているみたいに見える。
ガーリーなベストやレザージャケットにサングラスを見につけて演じていても、
6枚のフォトはいずれも、ジャパニーズスピリットが貫いている感じ。

自分を見つめてはいるけれど、
自己陶酔しているわけではない硬質さが、仁の持ち味ですね。
そういえば、セクシャルに煽られるときでも、ナルシズムさがないなぁ、仁には。

P200の大きな手にどきどきしたり、
P205のおでこの生え際が愛おしかったり。

ボウタイとグローブの大きさの比率がアンバランスさが
どこかコミカル。
そして、どこかノワール。
彼の視点からみると正常なのに、周りの視点からみると異常であるという、
不条理な物語がこのままはじまりそうな、レトロな仁。
P202、これ、一番好きかな・・。

大地と繋がっているように立っている仁もいいですね。


「友だちと会ったり、家のことをしたり、銀行に行ったり。
 普通に暮らしている感じ」

ふふ。
家事をしてる仁が見たいなー。

「曲を作っていても楽しいし、
 出来上がったときも楽しい。
 その楽しさを発表できる場所がある、
 その幸せを感じている毎日です」

楽しいなかにいろいろあるだろうことを突っ込んで知りたいのだが、
ま、ファッション雑誌ですしね・・。
仁が創造の現場にいられることが、
いちファンとして、とてもうれしい。

2011.09.14 *Wed*

ラストマネー 第一回 ~中丸雄一

大野圭吾23歳。
ふふふ。

ぴかぴかスーツにぴかぴかショルダー鞄、
フレッシュな役がほんとお似合いです、中丸くん。
らぶりーv
「実はキャラクターのなかで一番スーツの数が多いおしゃれさんです(@スタッフブログ)」
幅広のネクタイをかっちり締めている圭吾が、
中丸くん本人にもとてもお似合いで、スーツ姿にきゅん。
それにしても圭吾くん、
ストライプのネクタイを何本持っているのだ?

紋切り型で顧客への説明下手さ、
嫌な顧客に嫌な顔をする子どもっぽさ、
如月に胡散臭さを感じながら「はい」と素直に返事をしてしまうところ、
圭吾の新人らしい青臭さとか育ちの良さとか、
中丸くんの中から良く出てますよね。

悪人がいなくて、普通のいい人が救われない物語は、
割り切れなさが残る。沈む。
大野圭吾は、向野に感情移入させるための役どころも担っているようですが、
情に流されやすいところや、
お仕事はやる気いっぱいのところや、
向島や如月に対してものおじしない鷹揚さが、
ヘヴィなストーリーをあたたかさで支えてる。
ほっとさせてくれる存在の圭吾を、
中丸くんが愛しくさせてくれるのです。

ところで、中丸くんは、お芝居用に声を作られたりしないのかなぁ。
声というかイントネーションというのか・・
地の声に近く聞こえるんですよね。

汗っかきの設定があるらしく、
これは、リアル中丸くんと同じ。
どんなシーンがやってくるのか楽しみだわー。

ところで、
“けいご”が当たり前のように“景吾”と変換されるmyPC。
「俺の美技に酔いな」の人と同音なんだもの。
“けごたん”と呼びたくなって困るぜぃ。

1064
中丸くんの眉をよせる表情が好きv


2011.09.12 *Mon*

Going! Sports&News 2011.9.11

およ?
先週に比べて、毛先が少し軽やかになってるような・・。
2011Ver.のカズヤは結構強くウェーブがかかってるんだ。

目元にお疲れが感じられますが、
VTRを見つめるワイプの亀梨くんのリアクションは、
小首を傾げたり
目を見開いて驚いてたり、
いつも通りの可愛らしさ。

江川氏の大予言に、思わず腕を組んで身を乗り出してしまう
ちょいと油断してる姿も可愛かったです。
「かめたんv」呼びが効いてるなりや。
しかし、江川氏、ほんとうれしそうに「かめたんv」呼びますなー。

ホークスからの挑戦状。
ははは。
サプラーイズ亀梨くん、
初耳だったんだ。

亀:えーーーーっ!?
上:わかりました
  受けてたちましょう!(他人事上田氏の大見得)

そうこなくては。うむうむ。
「えーーーっ!?」って、
時間差で、1びっくり、2びっくり、3びっくりくらいしてる亀梨くんが可笑しいですが、
試練に萌える・・いや燃える男ですよ、亀梨和也。
これは、対決の日が楽しみ。

太ももむちむち感もなくなって、
修二くんみたいなO脚さにもどっちゃいましたね。
太ももむちむちも好きですが、
この膝の隙間も好きです。

1063
category : Going! Sports&News

2011.09.10 *Sat*

体のくねくねが・・

鳳氏:ますますセクシーになったのでびっくりしました
俯いて照れくさそうにはにかむ亀梨くん。
小さな声で「ありがとうございます」
レポ:どのあたり?
鳳氏:体のこのくねくねが・・
   おばさんにとっては、もう超セクシーです
鳳氏の隣で畏まっていた亀梨くんが、
ぶはっとふきだして、ちょがきな笑顔。可愛い。
体のくねくねがますますセクシーになられてますか(笑)

各WSで少し紹介されていた中国雑技団の大技をこなす亀梨くんもすごくセクシー。
フライング直前の気をためる、
流れる動きがすごく綺麗。

1062

そして、
フライングの勢いを一気にゼロにする気迫が、
凄みのある美しさ。
息をのむ。


中丸:飛んでるというより吊るされてるといったほうが
   近いかと思うんですけど
聖: 洗濯物といっしょだよな
中丸:そうっすね

いえいえ、実に格好よかったです。
舞台のきらきらフォーマルの衣装が中丸くんのスレンダーなお体に映えて素敵。
以前にも書き記した覚えがありますが、
フロックコート調の白衣装の中丸くんが、新郎に見えてしまうこの胸の高鳴り・・。
どきどき。
category : 舞台

2011.09.09 *Fri*

KAT-TUNの絶対マネたくなるTV(仮)

冠番組はじまるんですねー。

「KAT-TUNの絶対マネたくなるTV(仮)」

毎週、KAT-TUNに会えるしあわせ。
うれしいなーv

(仮)カッコかり、懐かしい響きだ。
番組名は、これでフィックスしてしまうのかな・・。

10月からKAT-TUNチェックが、慌しくなりますね。
TV・雑誌を見るだけで忙しいとは何事かと怒られそうですが、
リピリピしてしまうし、
ココロがKAT-TUNで占められてしまうし、
ファン同士でしかわかりあえないうれしい忙しさ。
長い間忘れていたけれど、この感じを私は味わいたかったんだなぁ。

マネたくなるものをメンバがプレゼンするコンセプトなりか。
中丸くんの得意分野として紹介されていた、“生活の知恵”。
ははは。
あまりにも中丸くんらしいこだわりの分野に思わずふきだしてしまった。
これは、楽しみ。

亀:グループでのバラエティーは久しぶりなので、自分たちの知らない自分たちを発見できるよう、楽しみながら、そして皆さんに楽しんでもらえるよう頑張っていきたいと思います

「自分たちの知らない自分たちを発見できるよう」

新しい挑戦がはじまるという思いとともに、
亀梨くんがKAT-TUNを好きな想いにじーん。

2011.09.07 *Wed*

Going! Sports&News 2011.9.4

DREAM BOYSの幕があきましたね。
亀梨くん、聖、中丸くん、出演者の方々が、
つつがなく千秋楽まで駆け抜けられることをお祈りいたします。

ハードな公演をこなしながら、深夜の生放送。
これは、お体もカズヤから亀梨和也への切り替えも大変だわ。

ライブと比べて舞台は観劇者数が少ないし、
舞台中はなかなか生のお姿を見ることが叶わないので、
劇場では、ひとり占め感がちょろっとあったりするんじゃないかと思うんですけど、
えーと、羽鳥だけかな・・。
なので、舞台中誰かにひとり占めされてる感あるなか、
Goingお休みできたらいいのにと思いつつ、
亀梨くんに会うことができて、うれしいなり。

亀:ちっちゃいんですけど

亀梨くんのちんまりな手に、きゅん・・とできちゃったりするんだもん。
かすれた声にも。

始球式プロジェクト ~中村選手とガチンコ対決

スタジオのヘアメイクされたきらきら亀梨くんから、
VTRの亀梨くんにうつると、
野球少年成分のゲージが、一気にぎゅうぅぅんと上がる。
ちょがきの頃と変わらないはにかみ笑顔に、きゅん。
きゅんvでいっぱいになってしまうのだ。

中村選手の腕の太さをまじまじ見ながら、
自分の腕と比べて、にぎにぎしまくり。

1061

亀:めっちゃすごいっすね

練習着だとほんとすごい、とワイプの声。
HPに挑戦した後の亀梨くんには、特別な憧れがまじるものなのかなぁ。

各方面へのリサーチで、球団のカラーが出るのが面白いのですが、
西武のみなさんは真面目というか固いというか。
いや、阪神が芸達者すぎるのか(笑)
土井コーチとの会話中、
打たれませんように・・と手を組みあわせて、お祈りポーズがラブリーv

亀梨くんにとっては、脅しまじりのアドバイスのように聞こえますが、
仲間から中村選手が信頼されてるのがすごく伝わってくるの。
愛されキャラクタなんだね。

ブルペンで投球練習。
横目でミットを捕らえる目、汗の玉が浮く肌。
いつもながら惚れ惚れするいい表情。
一時停止して、しばらく眺めてるんですけど、
いつの間にか息をつめて、見つめていたりする、
モニタからでも届く気迫。

中村選手と真剣一打席対決。
きめ球の一球もなく、
リサーチ中にも、中村選手のパワーとテクニックに追い詰められ、
デッドゾーン9分の6で挑む投球は、かなり苦しかったのでは。
中村選手がまた、リアクションなくポーカーフェイスで、
試合用の攻撃オーラが出ていて怖い怖い。
楽天サイドから見守ってくれてる応援の声がうれしいね。

キャッチャーのサインに何回か首を振って、
3球目、パコーンと大きなセンターフライ。

亀:ありがとうございます
  ごめんなさい
  インコース攻められなかった・・

この時点で、「完全にヤラれたな」という実質負けた気持ちでいっぱいだったんだね。
対決を振り返る亀梨くんが、興奮を引きずっていて、早口で、
だだ漏れしてる負けず嫌いさ。

亀:不思議な・・
  投げさせられたって感じ
  なんなんだこの感覚・・
  もっかい投げたい 自分の気持ちで
  のまれた 完全に

眉をひそめて、下唇をふるわせて、
始球式対決を、本気で悔しがってる亀梨くんがいいなー。

ところで、何故、亀梨くんだけビタミンカラーのソックスを
履かれていたのだろうか。

しばらくは、プロ野球プロジェクトもお休みかなぁ。
球場に足を踏み入れるときに深々と一礼して、
グラウンドで練習している選手たちを、
まぶしそうに目を細めて見渡す亀梨くんを見るのが好きでした。
しみじみ。

category : Going! Sports&News

2011.09.04 *Sun*

Happy 28th Birthday to YUICHI

中丸くんへ

お誕生日おめでとうございます

nhb28

ジャニーズの魅力のひとつに、“二面性”というアビリティがありますが、
中丸くんの場合は、“隠し玉”と言ったほうががぴったりなのではなかろうか。

普通っぽさに包まれているけれど、

ボイパの凄腕、
フィクションにリアルさを与える役者、
レポートに追われる大学生、

を隠し持ってる。
「シューイチ」の「まじっすか」を見ていると、
KAT-TUNのNであることも、
中丸雄一の隠し玉に思えてくるなりよ。

他にもたくさんの隠し玉を持ってそうな中丸くん。

ドリボの舞台へかける思いを聞いていると、
厳しい現場をくぐり抜けてきた人の言葉だなぁと思いました。
経験に裏打ちされた信念。
お仕事してる男の人の背中にときめく感じ。

イラストは、大正~昭和初期の書生スタイルの中丸くん。
Pedanticで、
知識に誘発されるPessimistで、
そして、中丸くんと同じで、
Prideが高い。
書生を演じる中丸くんを見てみたい願望です。
似合うと思うんだけどなー。
この時代の人特有の、Pureさも。

28歳・・に見えない男日本一も記録更新かなぁ。
ははは。


なかまる’s世界を思いっきりまわせる年になりますように。

2011.09.01 *Thu*

Hanako (2011.9) ~亀梨和也

6枚のフォト、どの亀梨くんも素敵・・。

6人の亀梨和也 or 6分割された亀梨和也。

光と影が対でありながら、同義でもありつつ、お互い引き合うみたいに、
表裏になるデザイン構成。
しかし、2枚のフォトが表裏を為すとは限らず、
フォト1枚だけで表裏としてしまうのが、亀梨和也なのだ。

透明だけれど、無色ではない。
innocent⇔obsessionの両端に位置する。
迷い事に揺れているようにも見えるし、強い意志で未来を見つめているようにも見える。
指先で心を掴まれたり、舌先で翻弄されたり。
亀梨和也のなかに取り込まれてしまいそうになります。
彼が創りだした幻想の中でもいい・・みたいな。

P116の亀梨くんが一番好きだなー。
斜めアングルでこちらを見つめてくる角度と、
ぴたっとはりついている影。
この影がよい。
奥歯をかみ締めて唇を突き出して、前髪でさえぎられた半分だけの視界。
目に見えるものを拒絶しているかのようにみえて、
濃くおちる影が、裏側にいるもう一人の亀梨和也を教えてくれる。

ざっくりしたセーター、これもまたよいです。
網目から覗く素肌というのは、どうにもエロっちぃなぁ。
P121のレザーパンツに素足。
これは、ディフェンスが固いのか、気を許しているのか。
もう、どきっとするね。
眼鏡の亀梨くん好きだけど、このフォトは素顔で見たかった。

それにしても、頬ののラインがすごくシャープになられましたね。
頬骨がとんがっていると、本能的ハングリーにみえる。


「自分のペースでいちゃつきたいときと、
 距離をとりたいときがあるから、
 相手のペースでこられると、どうしていいかわかんない」

あまりにもイメージどおりの発言で、逆に驚いてしまうなり。
どこに定着しているイメージかというと、
えーと、PASSWORDのかかっている世界なんですけど・・。

「いちゃつくのは後でベッドでいいじゃん、とか思っちゃう」

でね、「なんでなんでなんで」って、
相手がすねてつまらないけんかがはじまったりするわけですよ、これが(笑)

「セリフに“全部引き受けてやるっ”ってのがあって、
 事務所の社長からも“YOUはいろいろ背負っていかなきゃいけないんだよ”
 と言われて、“嫌なんだけど、そんな俺”と思いながらも、
 まあ、そういう運命なのかなと」

和也とカズヤがリンクする科白・・。
まぁ、10代の亀梨くんにしたら、そんな予言されたら嫌だよね。
でも、受け入れはじめてる。
KinkiとKAT-TUNのライブで、MCのネタにされている
エキセントリックなエピソードの持ち主ということしか知らないけれど、
導く力がすごい人なんだなぁと思う。

甘えがゆるされない場所、そこで亀梨和也が創られる。
全部引き受けてやるという運命の重しが、亀梨和也を研ぎ澄ます。

ずっと前から、この科白に思い入れがある話をされていたのに、
あまりひっかかってなくて。
でも、25歳の亀梨くんからは、すごく響いてくる。
今回の舞台、この科白でフィルタリングして観てみようかな。

09
2
3
5
6
8
11
13
15
18
20
21
25
28
29

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2011年09月 | 10月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。