2013.06.26 *Wed*

俺俺 増殖と削除

「これがオリジナルです」

画面にはただ均等に並べられている3本の鍵。
穴井さんはどれとも指差さない。
どれがオリジナルなのか見分けがつかない。

抽象的なメタファがたくさん散りばめられているなかで、
このシーンは鮮明に3人を象徴していて、ドキっとするのだ。
俺山という秘密基地の鍵、3人だけが入ることができるわくわくした感じと、
複製がオリジナルにすり替わってもわからないだろう怖さ。
このシーンがあるから、もしも大樹の企みが成功していたら、均の表層意識は大樹になっていたのかなぁって考えこむことになってしまうんですよね。むむー。

均が入り込む世界は、パラレルワールドっていうのかな、インナーワールドになるのかな。
if the world、それとも、胡蝶の夢なりか・・。
“永野均”が特異点になる世界。
監督の言葉にあるように、入口は、白バイ警官・・かなぁ。
均がバンッて撃ち抜かれる瞬間、消失点の向こう側にスライドするイメージ。
ここから流れる時間のスピードも変わるし。
均が元の世界への出口をつくるのは、大樹を撃ち抜く力。

均が再生するための死・・。


カメラマンの夢が潰えている均。
クリエーターを目指していたのならば、何も創ることができない今の自分に価値を感じることができないんだろうなぁ。
可愛いなぁって見てたハンバーガーショップのお姉さんにあっさり忘れられて、印象の薄い自分にショックを受けるし、直属の上司は虫が好かないし、同僚にのせられて奢らされる羽目になっちゃうし。
格別に悪いことが起こるわけじゃないけど、まったくいいことがない起伏のない均の日々。
オープニングは、均に添わせてまったり時間が流れる。

バーガーショップで隣り合わせたサラリーマンが、鼻につく嫌なヤツで、
携帯電話を持ち去ったのは、ちょっと困らせてみたくなっただけだったのに程度。
成りゆきってそんなもんだよなぁ。つい魔が差す穴に落ちる。

「俺」を騙るとき、
もし自分がスーツを着ているサラリーマンだったらという想像とか、
自分ではない誰かになる好奇心とか、
いつもは劣等感しかない自分に騙されてる相手に感じる優越さとか、
これでお金を手にできたらラッキーくらいのずるさとか、
でもそんなに大金をふっかけられない小市民さとか、
いろんな均がいる。
増殖していく「俺」が。

そういえば、均が携帯を川に捨てるシーンは、可笑しいのに哀しいという。
死にゆく自分へ自分で奏でるレクイエムみたいな、憐れとばっちり食った携帯電話くんに同情しちゃったもん。
キミならメモリ復活できる。がんばれ。


ところで、私、まだ原作が未読のままでありました。
映画は、自己再生がテーマですが、原作も同じなのかな。
再生に必要な要素は、死(=削除)。
物語が内包する普遍のテーマなので、私はこれに捕らわれて思考が終わってしまいそうですが、
亀梨くんは、

デジタルでの人の結びつき
或いは今の世の中のスピードの速さの恐怖

になぞらえるんですよね。
うーむ、なるほど。
体で感じてる人なんだなぁ、亀梨くん。
category : 俺俺

COMMENT

これがオリジナルです!
均がパラレルワールドに入り込む瞬間が白バイ隊に打ち抜かれるのであれば
アタシが射抜かれた瞬間は、、かのさんのこの言葉です

―複製がオリジナルにすり替わってもわからないだろう怖さ―

ロックな店主とオリジナルな鍵
喉にひっかっかる小さな魚の骨の存在をずっと感じていたのに
かのさんちにおじゃまして、、スッキリ!!
ずっとひっかかっていたものがスンと落ちました
ありがとーございます

あ!ついつい夢中になって挨拶が遅れました
かのさん、、こんばんは
シマシマことmyaoことシマチャンです(^^)/


そうそう。。何が悪いわけでもないのに、、つい見落とされがちってこと、、ありますよね??
幼稚園時代の我が娘のそんな体験目の当たりにして、、いまだに覚えています(笑)

決して主張しすぎない、、物わかりのよさだったり、、人のよさだったりするんだけど
現代社会の中では薄いのかな。。
鼻につくヤなヤツより好きだったりしますけど(^_-)-☆

10万円はなんとかした
そう、、この後に及んで、、笑
そんな均を彩るエピソードも、、何きっかけで誰でも陥るやも知れぬ
人間の弱さとタイミング
現代社会の怖さを象徴して
許される『俺』と許せない『俺』にも繋がるのかなと。。思ったりするわけです

実際、、単純明快にしか物事を受け取れないアタクシではありますが(笑)
俺俺、、二回目に疑心暗鬼に陥り
意味のあるものなのか、、ないのか、、俺が誰か、、誰が俺か
混沌とした、、糸~巻き巻き状態

三回めはスッキリ初心に戻り←早っ(笑)
疑わしきは罰せず(笑)

元サスペンスの女王としては、、伏線無き結末は許せないところでもあるんだけど
猜疑心の塊になるには監督の思うツボと、、思いがけないとこで
亀梨くん同様の『あまのじゃく』が出て、、
考えることを放棄して、、心のままにたどりついた場所で落ち着きました
D&Yさん曰く、、十人十色の受けとめ方ってことで勘弁してもらいましょっと。。(^_-)-☆

小ネタはそこそこ見つけました
何せ行ってる回数が回数ですから^^;
(一度きりの。。かのさん、、恐るべし♪)

入口と出口の瞬間は撃ち抜かれるという共通項とすると
パラレルワールドへ繋がる道は、、電車なのかなぁ。。

かのさん的俺俺ワールド、、
亀梨くんにも三木監督にもぜひぜひ触れてほしいですっ

あ!か~のさん♪
ブログアップしたらメルマガとか届くとうれしいんですけど、、
ご一考願いま~す(^O^)/

だめ~??←エイデンの同僚女子風に(笑)


ダイエットを目指し気休めに…特保のコーラ飲んでますが(笑)
『ぷしゅ~』の音を聞く度にタジマを思い出します(笑)

まだまだ増殖中~♪
どうやら重症です(*'▽'*)
by myao #bxvF113M
2013/07/02(火) 21:03 [Edit
感想も鮮度のいいうちに。。。
かのさん こんばんは。

5月26日に大阪遠征してからひと月以上。。。

昨日から岡山も上映開始と言うことで、今日やっと二回目の「俺俺」。

地元とは言え、高速かっ飛ばして1時間強ですが。。汗

俺俺も公開からひと月以上も経つと 色んな発見とか、個々の見解が見えて 

友達から小ネタも教えてもらい、一回目より10倍は俺俺ワールドを楽しめました。

ちなみに本日の観賞前に友よりきた注意すべき点は


大樹の家から聞こえるピアノ曲
白い服の老人登場シ-ン
家電量販店のイメージソング
最後に大樹の家から聞こえるこどもと家族の笑い声
など耳を澄ませてよく聞いて!

あとFACE to face のシール
醤油の五輪のシミ
パナ亀
女子高生になりすましたおばさん
駅コンビニ名デジャブ
その他諸々。。

ボーリング場のシーンで緑の服着た人がこけるのは
まじゴケってカメチャン言ってたけど
そのシーンの時、後ろ姿の大樹の肩が笑ってるのも必見!

最後の大樹ん家の
現実に戻ったシーンの家の中の生活音はわかるんだけど
駐車場の血?の汚れは意味あるのかないのか?


↑のピアノ曲はツイに上がってたのを教えてくれたブルグミュラ-の進歩(Progres)かな
楽譜を引っ張り出して見たら確かにD .C ダカ-ポ(最初に戻って)Fineフィーネで終わる!

あの家の前の白い無気味な老人?て思っててよ~~くきいてたらTVのシーンで
「本日~76歳の~」って告知放送流れてた!もしかして行方不明の徘徊老人?

もう考えだしたらキリがないと。。。語りたいと。。

なんか宿題出されて 終わったら答え合わせしますよ!的な。。。
 なんで映画ごときで緊張してんねん俺!←みたいな 笑

でも小ネタとか小物が確認できたらテンションあがるぅ~

と同時に、背景から小物から動作の細部まで、こんなに食い入るように映画を見たのは初めてです!


初見ではスルーした三本の鍵のシーンの 「これがオリジナルです」 
私も今日はここがひっかかって
ああ、他人には見た目は同じでわからなくても 使い込んだ鍵の持ち主のナオなら光沢や質感で
わかるのかな。。。とかその程度だったのに

>複数がオリジナルにすり替わっても。。。からの、かのさんの↑見解に脱帽!!!
かのさん一回しか見てないんですよね?凄すぎる どんな洞察力!!!

私も、頭の中見てみたいって良く言われるけど、かのさんの頭の中も見たーーーい!微笑


いつも思うことですが、かのさんの書く文章ってどこか哲学的なのに
綴る言葉がファンタジーだから

読んでると不思議の国のアリスになった感覚になるのですよ。。。

。。。。アリスが不満? ならアリクイぐらいにしときますけど。 苦笑

でね、今日2回目で私が鍵以外に「!」ときたシーンは

携帯が均のトレーに落ちたとき、敷かれた紙に赤い大きな{チャンス}の文字

人は日頃から 視覚で捉えたものが無意識のうちにメンタリズムに働きかけ行動を促す。
とされるなら この赤いチャンスの文字も かるく均の背中を押したのかも・・・


そして、嫌味な上司の勘違い目線を避けて、さやかと裏の倉庫を歩きながら

さやか 「じゃぁ勘違いした私が悪いってこと?」のセリフの時 

横に置かれてたダンボールには OAIKOの文字。。。おあいこ、、の意味なのかなぁ~とか

その嫌味な上司にまで均が増殖して 二人で屋上の駐車場を歩く引きの絵の時

掃除してる黒い服の人 監督?とか・・・

さやかの住居の47の数字のアップには意味があるのか?とか

もう考えだしたらキリがないですよね。。。

まさに「俺俺」は脳と第六感を刺激する アハ体験ムービーですよ!!!


漠然とですけど 最近ツイッターとか、ちょっと便利になった情報化社会に振り回されてる感があったので

そうだ、久しぶりに本を買おう!と思い 映画の後、大きな書店に入って直感で手に取った本の題名は

「大事なことほど 小声でささやく」 

やばい。。さやかの夫の小声にメンタリズムを刺激された模様。。。爆

ではまた。。。

by D&Y #x9c5GV3o
2013/07/01(月) 02:37 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


06
1
6
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)