2013.09.04 *Wed*

Happy 30th Birthday to YUICHI

なかまるくんへ
お誕生日おめでとうございます

三十路へ一番のり~。

30thnakamaru

30歳という節目につき、振り返ってみると、
中丸くんのことを好きになって、まるっと8年経ってました。
8年間、ずっと中丸くんのことを好きで見てきたんだな・・。
けっして短くはない時間、感慨に浸れるくらいの長い季節、リアルな恋心変わらぬまま。

出会った頃の中丸くんは、22歳。
好きになった中丸くんは、遡って17歳の少年でした。
KAT-TUN初心者で、過去のKAT-TUNのことを知りたくて、
少クラや裸の少年を探し求めて、むさぼるように見ていたころ。
「裸の少年」(今や伝説となってしまいましたな)での負けっぷりがほんと良くて。
惚れちゃったです、生身の等身大の中丸少年に。
だからリアルな恋心なのだよ、中丸くんには。
17歳の中丸くんのクラスメイトになりたい願いもずっと胸の奥底に流れてます。

思えばあのときから、最高にかわいらしい22歳だった。
少年体型でもなく、隣あったときにふとどきっとしちゃうような男性の骨格で、
中性的なところもそんなに見受けられない男らしさがあって、
ピュアさを全面に押し出しているキャラでもないのに、はて、なんでだろう、この可愛さ。

先端恐怖症は、今ではもう克服されているかと思うんですけど、
ふいに出てきてしまうことがないか心配になることがあります。
制御できない恐怖心、中丸くんの形成にどんな影響があったのかな。
 
22歳の頃、先輩・目上の人と話すのが苦手だと言っていた中丸くん。
少クラで司会を務めていたころ、Jr.との距離の取り方に戸惑いを見せていた中丸くん。
根っこは同じところにあるのではないかと思うのですが、
自分の年・立場に、相応のものがあるかつい考え過ぎてしまうところあるのではないかと思うの。
きっちりと型にはまらなければならない状況になると、
平常に見えて、照れくさくはにかんでいる気がします。

デビュー前、KAT-TUNが尖がっているイメージを持たれていた頃から、
「YOUたち」の企画コーナー脱普通”で、“すでに普通っぽさをいじられていた中丸くん。
この“普通”さ、すっかり中丸くんの武器になっちゃいましたね。
中丸くんだからこそ醸し出せる普通さ、極めてほしいです。はは。

Chainコン、大分初日、会場の照明が落ちて、これからライブがはじまる~って高揚が一気に高まって、
かめなしかずやー! キャー!!
なんて、モニタに映し出されるメンバ―紹介に、怒涛の一発目の嬌声で会場の空気が膨張するあの瞬間。
中丸くんのとき、なぜかふわぁってさざ波のように笑いがひろがったの。
なんだったのかな、あの現象・・。
2日目は、ちゃんと、怒涛のキャー!!だったけど。
中丸くんがモニタにばーんと出て、なぜか思わず吹きだしちゃった人多くて、キャーと言いかけた人にも伝染しちゃって、みたいにふわぁっとした笑いの感じ。
中丸くんには、失礼だったかもですが、
「ゆっち、愛されてる」感じに包まれてた。
なかまる味が沁みこんでいるなと思った出来事。

長期計画で大学生を全うされた素晴らしさには、大きな大きな尊敬をはらいます。
こつこつと力をつける、中丸くんらしい自由の獲得の仕方だと思う。


かすみ草みたいにちっちゃな幸せがいっぱい咲きほこって花束になる30歳になりますように。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


06
1
6
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)