--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.11.25 *Wed*

「がけっぷち」

田口くんの脱退について、本能が拒否するのか涙が出ないの。
しかし、さすがに昨夜は眠れませんでした。
眠れないと、夜が明けても、新しい夜明けではないんだなぁ。
昨日と同じままの今日がきただけだった。

愉しいことを共有するために。
消化できていないネガティブなことを吐きださないそれは独りのもの。
ブログを記すときの個人的な指針。
今日は、でも、自分の掟を破ってしまおう。

さみしいよね。
そして、心細い。

微笑むことで伝えようとする田口くん、ってTwitterに書きましたが、
頑固なことを知っているから、
同時に微笑みの拒絶さも感じていました。
もう声は届かないのかなぁ・・って。

脱退の理由、わからないことよりもわかってしまうことの方を怖がってます。
「何度も何度も説得しましたが」という竜也さんの言葉。

それは、
田口くんのなかで、KAT-TUNのTでいることが損なわれてしまったということだから。

仁と聖のときとは、違うダメージ。
(仁と聖は損なわれてはいないと思っている)
少しずつ積み重なったものなのか、
ある日突然だったのかわからないけれど。
修復できないほどに損なわれたのだということ。

4人みんな要だったのだもの。
ひとりが脱退するということは、
KAT-TUNが分解してしまう追及も当然及んだと思うのですよ。

ライブで一緒に楽しもうではなくて、たたきのめしてやるぜのステージ。
アーテイストとしてプロとしての誇りとプライドを持って攻めてくる。
舞台もドラマも個人のコメンテーターの仕事もプロに徹して。
でもKAT-TUNで集まると、10代の蜜な時間を一緒に過ごした仲間で。
仕事と仲間が切り離せないのがグループの魅力のひとつで、
KAT-TUNはどうして仲間としての仲の良さが弱さになってしまうのかなぁ。

仁の留学会見のとき、聖の解雇のとき、
中丸くんが救い上げてくれました。
KAT-TUNを終わらせない強い響きがあったから。
その中丸くんのこわばって動けない姿を目にしたら、心細くなっちゃいますよね。

亀梨くん竜也さん中丸くんが3人で始動を望んだとして、
ファンが3人を求めて、
でも、始動の場が作られるのかわからないから今は。
道標がほしい。

向かい風に前髪をなぶらせているKAT-TUNを好きになったの。
GOLDの。
実際、いつも向かい風に立ち向かうことになるKAT-TUNで。

ただいま「がけっぷち」で向かい風。

SLAM DUNK に出てくる「がけっぷち」。
負けなければ上っていける。
category : 日々是好日

COMMENT

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by #
2016/05/09(月) 18:12 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。