--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.16 *Mon*

プレミアム 田中 聖

「絆が・・一致団結したのはあった」

強く結ばれた絆を示すごとく、右手を左手で包み込むようにぎゅっ・・と握った聖。
その手の熱さを思って、泣けました。ほろり。


少年倶楽部プレミアム 田中 聖 <2008.6.15>


「聖がどうにかこのグループをしてやろうというようなものを、ものすごく感じた俺は」
当時、仁にエールをおくってくれた国分くんだから、KAT-TUNのことを、聖のことをちゃんと見ていてくれた人からの言葉はうれしかったろうなぁ。

笑いの中の冗談まじりの言葉だったけど、突き刺さって抜けない聖の言葉があって。

「うそうそ、解散になっちゃうもんね」

cartoonコン、お手紙を読むコーナーでLAをネタにしていたにしていたときのことです。
一瞬、息がつまった。

国分くんとの対談では、「空中分解」って言葉が出てきてたけど、あのときみたいな動揺が全然なかったの。
逆に、安堵感さえあったくらい。
それは、聖が、もう過ぎ去ったことだと淡々と話していることもあるけれども。

結合してなければ、分解しないということ。

仁の留学前も、復帰後も、KAT-TUNはKAT-TUNとして個々結ばれているんだなぁと思って、なんかほっとしました。
右手をがしっと握りしめたみたいに、繋がってるんだなぁっ、て。

以前にも書いたことですが、5人でKAT-TUNをやっていくことはできたと思う。
低速はするだろうけども続けられたと思う。
でも、こういう5人だったから、仁が戻ってきてもぐらつかないKAT-TUNが見られたのかもしれない。
ご本人たちは、ぐらぐら揺れて大変だったと思うのですが、少なくとも私たちにはそういった面を見せられなかったので。
半年間、5人でがんばっていたから、仁が復帰しても、揺るがない6人のKAT-TUNがあったのだなと改めて気づかされました。

私の場合、職場仲間と友達は、まったく別のポジションにいて、友達との間にビジネスは入り込んでこないから、彼らの特殊な関係を推し量るのは難しい。
仕事仲間と友達との境界線が複雑に入り組んでいて、ある部分家族よりも一連托生で。

「俺たち6人でKAT-TUN」

いつも感動に胸響くのは、彼らがほんとに大切にKAT-TUNを守っていることだからなんだな。


地方までは、半分だけ参加していたcartoonコン。
中央ステージでPeakを歌う5人と、曲が終わる頃、ライトのあたっていない暗いメインステにひとり佇んでいる仁が、ライトを浴びている5人のいるところへ花道を渡って歩いていくところが好きだったの。

仁の留学は切なくなる出来事でしたが、KAT-TUNを好きな季節の中で、同時的に過ごせてよかったと思います。


それにしても、今回の社長さんのエピソードも面白かった~。
フォアグラさん改め、開けゴマ社長。

KAT-TUNを辞めたいという15,6歳の少年の話をじっくりと聞いて引きとめ、
「YOUたちだけで決めていいから。ぼく、違う部屋にいるから」と引き止めることなく彼らを信じ、
開けゴマ!を一押し、RealFaceに最後まで渋面だったという・・・

これが、J事務所の社長なんだな~。いやはや、まったくもって、すごいお方だ。



そして。
聖、いい漢です。

COMMENT

コメントありがとうございます♪
●fukkyさまへ

はじめまして。
拙ブログに遊びに来てくださってありがとうございます。
当時を語られる聖の声が、優しくて。
実際にご覧いただけないのが残念ですが、6人で未来に向かって進んでいく道を選ばれて、それがご本人たちが楽しんでありますよね。
一緒に楽しんでいけたらいいなぁと思います。


●まつりたくんへ

だんけつとだんごって似てると思う。
・・・ん~そうでもないか。


●punipuniさまへ

誰にでも自分のことを見せられるわけではないし、まっすぐな言葉も伝えられるわけでもないから。
仁くんが、KAT-TUNからまっすぐな言葉を伝えられる仲間であることが、いちファンとして嬉しいです。


●EIMYさまへ

ともすれば、ご本人たちよりもわたしたちの方が引きずっていることも無きにしも非ずなところがありますね。
6人で乗り越えた、6人だから乗り越えられたという自信をつけられたKAT-TUNさんたちを見るのが楽しい。
きっと、無いよりはあったほうがよかった出来事なのかもしれません。
えと、RealFaceで開けゴマ?←これ、間をとってるんですか~(笑)
真顔で開けゴマ、言ってる仁くんは見たいかも(^^)
by 羽鳥かの #mQop/nM.
2008/06/18(水) 22:28 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by #
2008/06/17(火) 00:04 [Edit
はじめまして
いつも楽しく拝見させてもらってます。
『過去』のことではあるけど忘れてはいけない事。
『忘れない』んだけど引きずってはいけない事。
『引きずらない』から笑って話せる今。
ロクーンそれぞれの胸にしまって、ファンも胸にしまって、KAT-TUNを変わらず応援していこうと思いました。
間を取って『Real Faceで開けゴマ!』は?意義ありですか・・・(笑)
by EIMY #-
2008/06/16(月) 09:53 [Edit
聖君すてき☆
かのさん、ワタクシもTVを見ながら、
涙が。。。

仁君復帰の会見の時、6人の話し合いの中で
「俺達の半年間の苦労をわかってるのか。。。」
と言ったと、はっきりと発言した聖君が、
自分の気持ちを正直にTVの前で話す姿に、
何故か涙が止まりませんでした。

あの時から今までに、一緒に乗り越えてきた
大きな絆が、ますますKAT-TUNを大きく逞しく
したのだということを再認識させられて
またまた惚れ込んでしまいました~♪
ど~しましょ?こんなに好きで^^にはっ^^v

by punipuni #-
2008/06/16(月) 08:49 [Edit
団結って…なんだ
団結って…なんだろう…?
by BlogPetのあとの まつりた #-
2008/06/16(月) 08:43 [Edit
はじめまして
いつも(ほぼ毎日)お邪魔してます。
家では少クラ見れないので、ブログアップするの
まってました。
かのさんの感想も・・・

聖から語られるKAT-TUN。
N.Yでの話し合い。
ずーっと聞いてみたいことでした。

KAT-TUNメン達にはもう過去のことなんですね。

これからもただただ、KAT-TUNを信じてついて行きます。
by fukky #-
2008/06/16(月) 08:35 [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by #
2008/06/16(月) 07:23 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。