--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.23 *Sun*

妖怪人間ベム EPIAODE1 ~ベムの涙

心に強い願いごとを抱いて、
冷たい風を頬にうけて、高く澄む青空を見上げるときの、
懐かしさと優しさがまじる、しんとしたさみしさ。

そこに確かにいるのに、永遠の命を持っているのに、
消えてしまいそうな儚さを持つベムがいて、
ベムのさみしさがしんしんと胸に迫りました。

「俺たちはただの妖怪になってしまう」

心は人間でいたい。
それをジャッジできるのは、自分自身だけという孤独。
3人の絆といつか人間になれるはずだというわずかな希望は、
ベムを支えているけれど、
いつ心が折れてしまうかわからない怖さと常に闘ってる。

ベムの涙。

このシーン、きたなぁ。
帽子の下に隠れた涙があらわれた時、
決定的にベムに掴まれました。
思いだしただけで、うるる・・切なくなるです。

謎の博士の手がかりが掴めると思ったのもつかの間、繰り返される落胆。
村人に迫害された癒えない傷の記憶と共にある、同じ雨の夜。

家庭のささやかな日常のエピソードを語る夏目刑事の軽口が、
ベムの気をひく。
傘をさしかけてくれる夏目刑事の優しさに気付く。
目にしているものが信じられないような、
憧れにまぶしく目を細めるような。

おそらく、悔しくても哀しくても泣くことがないベムが、
はじめてこぼした涙だったんじゃないかと思う。
涙で浄化することがなく、何十年も癒えない傷をかかえたまま。

でも、小さなしあわせが涙になる。

なんてきれいな涙・・。

自分の涙に驚いて、思わず夏目刑事を見上げるベムの頼りなげな表情。
もしかしたら、今まで誰にも見せたことがない、
ベムの頑ななガードがとけてしまった顔。
なぜ涙が流れているのか理解できない。
口のなかには、自分を元気づけようとしてくれたチョコレートの甘さがまだ残っている。
視線が会うのをさけていたベムがはじめて夏目刑事の目を見る。
そうしたら、ほんとに自分のことを気遣ってくれてる目があって、
ベムのなかにせき止められている感情がどれだけ動いたのか。
夏目刑事は、ベムの心に入り込んでしまった。
特別な存在になってしまった。


だから、そうとうは知らずとしても、夏目刑事がベムに銃を向けるシーンが、
哀しい。
あっという間に消えてしまう銃弾の傷も哀しい。
体に傷は残らない。
けど、ベムの心は傷つく。

夏目を守りたかったベム。
娘を守ろうとする夏目刑事。
そこには、正義しかないのに、それでも引き金は引かれるんだなぁ。

傷ついても、やっぱりベムは泣いたりしなくて、
あの夜の涙がどんなに特別なものだったか。

ベムは、夏目刑事がくれたチョコの包み紙を大事にとっておくんじゃないかなって思ってしまう。

夏目刑事に、トゥフェイスの役割がふられるのなら、
もっとも哀しい雄叫びをベムはあげることになるかもしれない。
詮ないことなのにいろいろ考えちゃって、
EDの後も随分長い間、“妖怪人間ベム”の世界から抜け出せなかった。
キャラクタが深く入り込んでくると、
彼らの痛み哀しみもしみこんできちゃうんだよね。

しあわせを願わずにはいられない、
それだけ確かな存在になる。
亀梨くんの生み出すベムが確かにいる。
category : 妖怪人間ベム

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。