--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.28 *Fri*

妖怪人間ベム EPISODE1 ~マーメイドが守る家

銃を向けられるシーン。
ベムたちの正体を知っているから、
「違う‥俺だよ」
と夏目刑事に近づいていくベムの心の声が届いて、
心が痛くなってしまうのだけど、
夏目刑事にしたら、純粋な恐怖なんですよね。

意思の疎通のできない、
“恐怖”しか与えない自分の姿を思い知らされるベムの
吼える声が哀しくて。

例え傷をおったとしても同じ再生能力があるはずなのに、
銃弾のさきにいるベロをかばって盾になるベム。
夏目刑事が恐怖をこえて、いつかその違和感に気づいてくれたらいいのにな・・。

“社会の歪み”なんてもっともらしい便利な言葉なので、
つい使ってしまいそうになりますが、
ベムたちの回想シーンを見ていると、
別に現代だけが歪んでいるわけではないことが描かれてる。
ま、そりゃそうだ。歪みなんて元々ないものだし。

変わらず大切なことはなにか・・。
時を超えるベムたちが、教えてくれる。
例えば、お箸の持ち方とか、小さなことでも大切にする
一日一日を大切に過ごしていること。

だから、彼らの正義が先走って見えない。
ちゃんと彼らのなかから生まれてくる感情のひとつに見えるの。

「テーマの単語をストーリーの中で使わないようにしよう」

河野氏のインタビュの言葉。
ベムを見ているときの羽鳥のキーワードになってました。
第一話のテーマ、なんだったのか。
私は、“家”かなぁと思ってます。

「さ、おうちに帰ろ!」
「おうち?」
の科白が印象に残っているせいかも。

自分が帰る場所。
ごはんを食べて眠る場所。
短い間でも家であった記録の手帳。

廃船がベムたちの家になったとき、
マーメイドは、ベムたちの家を守る存在なんだなぁと思ってました。

なんとなく
「土に根を下ろし 風と共に生きよう
種と共に冬を越え 鳥と共に春を歌おう 」
というシータの科白を思い出してもいる。
「ポーの一族」つながりで、
萩尾望都フィルタをかけて見てたりも・・。

見る人によってテーマが違うというのが、
きっと“妖怪人間ベム”なのでしょう。

ところで、
ベムたちは、人間になりたいと願っているけれど、
妖怪である身への愛着はないのかなぁ。

涼華さんのメールにて、
「大きな瞳がうるうる」
(勝手に引用。てへ)

そうそう、うるうるしてるの。
で、まばたきもする。
このまばたきが、心をひっぱる。
妖怪姿であっても、ベムたちが愛しく感じるまばたき。
ここは、妖怪デザインの重要ポイントだったと思う。

さて、ベムかめなちくんらくがき奮闘中。
ですが、難しい。
ベムを描いているのに、いつの間にかスナフキンになってくんだもん。
いつもの頭身の比率が低いイラストなのですが、帽子のバランスが大きくなると、
あっという間にスナフキン化してしまうのです。
うむむ。
category : 妖怪人間ベム

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。