--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.02 *Fri*

妖怪人間ベム ~ベムのカナシミ

1088

話が広がらない天気の話しか出てこないベム。
こういうのを唐変木というのか朴念仁というのか。

愛しくなるぶきっちょくん。

無表情でわかりにくい奴だと敬遠されているクラスメイトとの作業をみんなに押し付けられて、
しぶしぶやってたら、わかりにくい表情のわずかな変化を少しずつ読みとれるようになって、
彼のことがわからないという奴に「なんでだよ!?」と怒りを覚えるようになって、
気になって気になって仕方なくなって、いそいそお世話をやいてしまうキャラクタの気持ちがわかる・・・みたいな。うーん、ちょっと違うか。

ベムの視線が揺れると、羽鳥の心も揺らされる。

1089

思いがうまく言葉にならなくて、
何か言いたげに眉がぴくっとして俯くベムの表情が大好きで、
見る度にぎゅむー(心つかまれる音)となってます。

ベラに、あんたも刑事に近づくんじゃないよって叱られて、
眉ぴくってして言葉もなく俯くベムとか、もうぎゅむぎゅむーでした。
哀しいベムは見たくないけれど、
虐げられてる感じがたまりませんのだわ。(←え・・?)

ベロに対する優しい声音も心つかまれる。
「ん?」
って、なんかふわぁってベムの優しさにとろけてしまいそうなり。
まじでまじで。

「気が早いぞ、ベロ」
ベロの無邪気な質問にも、ちょー生真面目に答えてしまうベム。
ははは。
冗談を言う機能がなくて、いつも本気で、それがどこかちょっとズレてて、
可笑しくてくすりと笑えて、
ベムへの愛しさがぶわーっとあふれちゃう。


死が訪れない能力がもたらす時間ってどんな風に流れるんだろうって思うんですよね。
哀しい出来事を癒す一番の薬は時間だとよく言いますが、
これは本当で、時間の経過とともに記憶の底に沈んでいくけれど、
肉体が滅びないベムたちにはどんな時間が流れてるんだろう。
薄れゆくことなく、いろんな記憶が並列して並んでいるんだろうか。
哀しい出来事は常に哀しいままなのかなぁとか
ベムの執着のなさとか静かなあきらめがあるのは、
自分を守る術なのかなぁとか。

自分の心はセーブしても、
自分が大切な人が傷つく時には感情を抑えることができない。
夏目刑事がベムにとって大切な人になればなるほど、
切なくなってしまう。

亀梨くんの役は多かれ少なかれ他人のために一生懸命に動く性質を持っていて、
亀梨くんのなかにも重ねて見てしまうから、余計に切なくなってしまう。
ま、亀梨くんは、基本的にちゃんと自分を好きな方なので、不安にはならないんですけど。

5話で、月夜の空を飛び翔けて夏目刑事を助けにいくベムたちのシーンがビッリビリ格好よかった。
愉快痛快妖怪くん。

姿を隠す必要がない自由と
自分たちの力を生かせる肯定があるからで、
妖怪のまま好きになってくれる人がいて、
ベムたちが妖怪の自分を好きになれたらいいのにって思う。
しかし、妖怪のままでは、好きな人たちといっしょにいることができない矛盾。
もどかしいな、くしょー。

category : 妖怪人間ベム

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。