2011.12.18 *Sun*

妖怪人間ベム EPISODE9 ~カナシミのBIRTH

「さぁっ」

名前のない男の恫喝の直後、EDが流れてびっくり。

はふ・・。
いつの間に1話分の時間が過ぎていたのやら。
ベムたちと夏目刑事の過去の記憶のエピソードをはさみながらも、
ほぼ名前のない男とベムベラベロの対峙。
緊迫したまま最後までひっぱられてたです。

ベムが衝撃を受けるシーンでは、びくっと退いてしまった。
博士の記憶が突然フラッシュバックするシーン、
見開かれるベムの目がフリーズする。
つられて固まる羽鳥。
こんな形でも亀梨くんの目にやられるとは思わなかった。

1097


「みんな無事に生まれてきておくれ
 はやく人間になるんだよ」

「はやく人間になりたい」
ベムたちの願いは、記憶に刻まれた博士の願いでもあり、

「私を受け入れてくれないでしょう
 わたしも人間になりたいのです」

名前のない男にも同じ願いが刻まれていたとは・・。

3人分の名前、3人分の衣装、3本のステッキ。
結果的に“誰にも見守られずただうまれてしまった”としても、
博士の願い通り生まれたのだろうベムベラベロ。

イレギュラーに生まれてしまった“名前のない男”。
ほんとに名前がなかったんだ。

なまえのないかいぶつ“MONSTER”。
博士と共生できないパラサイト。

名前のない男もまた哀しい誕生だったんだ。
同じ寂しさを抱えながら、でも、分かちあえない。

「助けを必要とする人間を見過ごしたら
 俺たちはただの妖怪になってしまう」

善と悪、ふたつに分かれていたから、
永遠の時間を彷徨うことになっても
自己を保ったまま生きられたのかもしれないけど。

善と悪については、私には難しくて到底考えが及ぶところではありませんが、
ひとつになることで、怖いのは、
悪が入り込むことではなくて、
自分が自分でなくなってしまうことだというのはわかる。

ベムたちはどんな答えに行き着くのか。
気になるけど、気になるけど・・最終回はやだやだー。
うぅ。

ところで、子ども(または年齢から察するに孫)をもうけながら、
何故博士は人工生命を生み出そうとしたのかなぁ。
試験管から生命が生み出されるというところまで言及されると、
女性の性を持つ身としては、ちと複雑な気持ちだなぁ。
ベムたちはそれでも母性を求めるけれども。

やっぱり“いいひと”な夏目刑事。
ベムたちの廃船に、
「ごめんください」
って、普通の家を訪ねるようにやってくるの。
ははは。いいなぁ。

そしてそして、今宵のベムかめなちくんも雪の結晶のように綺麗でした。
category : 妖怪人間ベム

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


06
1
6
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

プロフィール

羽鳥かの

  • Author:羽鳥かの
  • KAT-TUN
    ときどきKinkiKids、
    日々是好日なり。

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事

最近のコメント

コンテンツ

おともだちLink

counter

Moon


・月齢・


moon phase info

プラネタリウム

ブログ内検索

Copyright © Selfish-kat-tun-KAN All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: もずねこ)